日清食品「カップヌードル ブラジリアンシーフードヌードル ビッグ」



昨日は車検に出していた愛車を引き取りに行ってきたんですけど、借りていた代車が18年前のマーチで、エアコンをかけていたら急な坂道だとベタ踏みしても20kmしか出ない(マジですw)車だったので、車検帰りの愛車に乗ったときに改めて有り難み的なものを実感しました。病気になって初めて健康体であるときの有り難みを実感する的な(笑) それにしても年季の入ったマーチだったなぁ…。

さて、本日の一杯は、日清食品の『カップヌードル ブラジリアンシーフードヌードル ビッグ』です。5月26日発売のワールドカップに便乗した感バリバリのオフィシャルすれすれだった「ブラジリアンチキン」3品に続く「ブラジリアンシリーズ」第2段の商品で、ブラジルの郷土料理「ムケッカ」を日清食品のSEAFOOD流にアレンジしたとのこと。第1弾は「シュラスコ」第2弾は「ムケッカ」と、どちらもブラジル料理を意識したフレーバーですね。「ムケッカ」自分は初めて聞く料理名だったので、ちょっと調べてみたところ、Wikipedia先生曰く、魚、タマネギ、ニンニク、トマト、コリアンダー等の材料から水は加えずに時間をかけて作られるブラジルの海鮮シチューだそうです。なるほど、たしかにSEAFOOD流にアレンジするにはもってこいの題材ですね。「ムケッカ」の味の特徴である魚介やトマトのうまみとココナッツの甘みを表現し、イカ、カニ風味かまぼこなど「カップヌードル シーフードヌードル」でおなじみの具材を加えて仕上げたとのこと。ちなみに「カップヌードル シーフードヌードル」は1984年7月23日に発売されたらしく、今年で30周年を迎えるそうで、今回は発売30周年の記念商品というのも兼ねているそうです。いやーシーフードヌードルもなかなか長い歴史を持っていたんですね。さてさて、ムケッカインスパイアなシーフードヌードルの仕上がりが楽しみです。





は『カップヌードルならではの、しなやかでつるみのある麺』とのこと。いつものカップヌードルの麺ですかね。相変わらず非常に柔軟性の高い麺で、今回のスープとも相性はバッチリでした。食感も風味もスナック的なtheヌードル麺で、それがまたいつものカップヌードルの麺だなーって感じで落ち着くんですよね。そんな“いつもの”麺なんですけど、フレーバーを変えることで表情を変化させつつすんなりと馴染んでいるあたりがさすがカップヌードルだなと。よっ、万能麺。今回もカップヌードルらしさが光っている感じで良かったです。あと、けっこう前から感じていたことなんですけど、カップヌードルの麺に限らず、最近の日清食品の油揚げ麺は油揚げ麺特有のニオイや風味なんかが以前と比べて若干変わったような気がします。ちょっと自分の舌がアレなだけかもしれませんが…ww

スープは『魚介とトマトのうまみを利かせ、ココナッツミルクで仕上げた、クリーミーな味わいが特徴のスープ』とのこと。魚介とココナッツミルクと言われると、なんだかトムヤムっぽい雰囲気ですね。あくまで雰囲気だけで味としては全く違うんですけど(笑) どちらかというとブイヤベースっぽい感じでしょうか。そこにココナッツミルクのクリーミーさがプラスされ、とてもまろやかな口当たりとなっています。このミルク感というか、ミルキーな感じが非常に好印象。シーフードヌードル的な海鮮味は思ったよりも控えめだったのですが、それっぽい雰囲気はきちんと感じられるレベルで、バランス的にみてもちょうどいい感じでした。「チリトマトヌードル」のようなスナック的なトマトの風味が効いていて、ココナッツミルクの風味や海鮮味と絶妙にマッチしています。トマト由来の酸味もあるのですが、ココナッツミルクで角がとれているような感じで、程よくまろやかな心地のいい酸味でした。メキシコ料理っぽいスパイス感もあって、それがスナック的なトマトの風味と相俟って更にスープに深みを与えてくれている印象。スナック的なトマトの風味とメキシコ料理っぽいスパイス感、ココナッツの甘味とクリーミーさ、そして海鮮味とバランスよく纏まっています。何かが大きくドーンと出張っているという印象はないのですが、明確な特徴が感じられ、それぞれが手を取り合っているような調和のとれた旨味のあるスープでした。なかなかありそうでないタイプの味だったので、食べていて面白かったです。


かやくは『カニ風味かまぼこ、イカ、キャベツ、スクランブルエッグ、レッドベル』とのこと。オリジナルの商品から貝柱とネギを抜いて、レッドベルを追加したような具材構成ですね。カニ風味かまぼことイカが入っていることによって、大きくシーフードヌードルらしさを感じることができます。どちらも風味があって、海鮮らしさをしっかりと醸し出していました。キャベツは割と大きめカットで厚みがあり、食感も良かったしキャベツの甘味とスープがマッチしている感じで結構美味しかったです。それから具材の項目には表記されていませんが、細かく刻まれたタマネギがけっこう入っていて、シャキシャキとした食感とタマネギらしい風味が非常に良いアクセントになっています。麺を食べ終わってスープだけになったとき、特に威力を発揮してくれていてとても印象に残りました。タテ型ビッグサイズの商品ですが、このそれぞれ違う表情を持った豊富な具材が食べている最中に様々な変化をもたらしてくれ、最後まで飽きることなく食べることが出来ます。量もそこそこ種類も豊富、相変わらずカップヌードルシリーズは具材頑張ってますね。海鮮的な雰囲気を醸し出すにも充分な具材構成だったと思います。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

スープの味はどちらかというとトマトとココナッツミルクが主体になっていて、シーフードヌードルらしい海鮮風味は思っていたよりも控えめだったものの、トマト、ココナッツミルク、海鮮の主張具合は1:1:1って感じでバランスのいい仕上がりでした。具材から明確な海鮮の要素も感じることができたし、きちんとオリジナルの雰囲気を感じさせながら、尚且つシーフードヌードルの変わり種として充分な個性も感じることの出来る仕上がりと言えるでしょう。自分的にも結構ツボな味でした。★は4か5で迷ったのですが、ココナッツミルクのクリーミーさがきちんと感じられたことと、絶妙に調和のとれたスープの仕上がり、さりげなく入っていたタマネギの活躍がとても印象に残ったので、今回は★5にしました。カップヌードルらしくややスナック的でありながら、「あームケッカってこんな料理なのかなー」と思えるような特徴の感じられる仕上がりだったというのにも好感が持てます。実際に本場の「ムケッカ」食べてみたくなりました。30周年記念商品としての個性がきちんとある印象に残る一杯です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:カップヌードル ブラジリアンシーフードヌードル ビッグ
製造者:日清食品
内容量:100g (めん80g)
発売日:2014年06月09日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4902105222713

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (100g) あたり

エネルギー:463kcal
たん白質:11.3g
脂質:19.6g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:1.55mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:122mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:463kcal (めん・かやく:390kca / スープ:73kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、魚醤、トマトパウダー、糖類、ポークエキス、加工油脂、玉ねぎ、小麦粉、ココナッツミルク、でん粉、酵母エキス、香辛料、魚介エキス、香味油)、かやく(キャベツ、いか、魚肉練り製品、味付卵、レッドベルペパー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、カラメル色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、落花生、かに、鶏肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・落花生・かに・豚肉・鶏肉・いか・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック