りゅうわ堂「燕三条系背脂拉麺」



株式会社セグメント運用「食べモール」という食の総合ショッピングモールからモニター依頼のお話をいただき、せっかくのお話ですし麺類であればということで協力させていただく運びとなりました。というわけで、今回はカップ麺ではありませんが、そちらの商品を紹介&レビューさせていただきます。

本日の一杯は、食べモールから送っていただいた『りゅうわ堂 燕三条系背脂拉麺』。今ではすっかり有名なご当地ラーメンですね。麺はうどんと間違えてしまう程の極太麺、ド迫力の炙り焼豚、煮干しだしの効いた醤油味のコクたっぷりの濃いスープに、大量の背脂をかけたラーメンとのこと。中でもこのド迫力な炙り焼豚が調理前からとんでもない存在感を放っていますw こういう家で食べる生麺タイプの燕三条系ラーメンは初めてですし、何と言ってもこのチャーシューw 楽しみだなー。





は『コシのしっかりとした極太麺』『コシを強くするために加水率の高い大加水麺を2度自然熟成させ、強烈な煮干だしの醤油スープに負けない極太麺に仕上げ』たとのこと。ちゅるんと滑り込んでくるような喉越しの良さが特徴的な幅の広い平打ち麺で、すするとピロピロっと弾むような感じが心地の良い麺です。その滑り込んでくるような舌触りと平打ちの形状から、雰囲気はきしめんっぽいですね。もちろん噛むとしっかりラーメンらしい食感と風味があって、歯応えはむちむちとしていて、多加水麺らしい粘りとコシが感じられます。じっくりと噛むことによって小麦らしい甘味がじんわりと染み出し、生麺らしい風味が感じられました。縮れた平打ち麺なので、形状的にスープもよく拾ってくれます。そしてあくまでもラーメンなので、一般的なつけ麺の麺ほど分厚くなく、きちんと調整してある感じですね。ただ、万人が受け入れ易いようにという配慮を意識されているようなので、極太麺というにはやや薄いかもしれません。存在感がありながらも食べ易い仕上がりって感じですね。自分的にはもうちょっと厚みが欲しかったのですが、女性のユーザーや、お子さんのいるご家庭で家族揃ってみんなでラーメンってときにはこのくらいが中間点って感じでちょうどいいのかも。量も150gと食べ応えのある量でした。

スープは『味は濃いめの醤油味』『そこにまろやかな甘みの豚の脂が、燕三条系の特徴である煮干しだしとの絶妙なマッチングを見せてくれ』るとのこと。自分は醤油の主張が強いラーメンはあまり得意ではないのですが、見た目ほど醤油は尖っておらず、それでいて醤油のコクやキレなんかがきちんと感じられるほどよい主張具合。背脂たっぷりですが、油脂感はそれほど強くなく、クドさなんかは全く感じられないのも好印象。背脂は背脂らしい粒感があって、独特の甘味が強く感じられます。高級感があって上品な背脂ですね。醤油の風味と背脂の甘味が絶妙にマッチしていて、醤油の深いコクとキレ、そしてそれを包み込むようなしっかりとした動物系の旨味があり、そこに煮干系の魚介の風味がささやかにスッと香っている感じです。予想以上に煮干感や魚介の風味は控えめだったものの、深いコクと複雑味があって、口に含むとじわじわ旨味が広がる感じが良かったです。醤油のキレで後口もすっきりとしていて、極太麺の強い主張にも負けない芯の強さときちんとしたコクと深みが感じられるスープですね。ただ、個人的にはもうちょっと分かり易く煮干や焼干系の風味に振ってあってもよかったかなと思いました。

チャーシューは『ド迫力の焼豚は食べ応えバツグン!肉厚の炙り焼豚の香ばしい香りが食欲をそそ』るとのこと。チャーシュー…デカいわ!w もう笑うしかないですw 極端すぎるだろww 定規を引っ張り出してサイズを計ってみたら真空パックに入っている状態で約25㎝弱という明らかな規格外サイズww 通常の丼では間違いなくコイツは入らないと判断したので、通常の1.5倍くらいでしょうか、口径30㎝以上の特大サイズの丼(ファミリーサイズの素麺鉢w)を用意したのですが、それでもこの迫力…w ただ長いだけでなく、厚みも1㎝以上あってかなりの肉厚。まさに“かぶりつく”という表現がぴったりの超弩級なチャーシューでした。頬張るとジューシーな肉汁が口一杯に広がり、噛めば噛むほどに肉の旨味が染み出してきて、もう口の中が肉、肉、肉!確実に贅沢感と満足感が得られます。ほんとにw 赤身の部分はしっかりと肉らしい食感ですが、パサついたような食感ではなく、柔らかくてジューシーなタイプ。脂身の部分はとろけるように柔らかく、脂身らしい甘味があって、それでいて全くしつこくないですね。脂というよりもコラーゲンって感じの軽やかなものです。味付は甘さ控えめで、やや醤油の比率が高い感じでしょうか。今回のスープは優しい感じだったので、醤油勝ちな味付というのも取り合わせ的に悪くないですね。あらかじめ湯煎しておき、スープに浸して馴染ませておくという行程が入るんですけど、(作り方にきちんと書いてあります)それがスープとの相性をより高めている感じで、なかなか効果的でした。このチャーシューなら単品でビールのアテにもできそうです。他にもオススメのトッピングは煮卵、ほうれん草、メンマなどとアドバイスがありますが、今回は製品自体のストレートな感想を書きたかったため、他の風味は敢えて加えないことにしました。トッピングのタマネギは自分で用意しなければなりませんが、燕三条系背脂ラーメンといえばタマネギが命。これは必ず用意しましょう。タマネギ特有の背脂とは違った甘味、しゃきしゃきとした食感がとてもいいアクセントになって、その風味と食感がよりスープの旨味や背脂の良さを高めてくれます。食べ終わった頃にはスープの熱でタマネギの風味もまろやかになっていて、タマネギをシャキシャキと食べながら残ったスープを飲むと二度美味しい感じでした。タマネギ、必須です。それと繰り返しになりますが、今回かなり大きな器を使用していますw

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

何と言っても今回のハイライトは化け物チャーシューですねw このチャーシューを食べるためにこの商品を購入するだけの価値があると言っても過言ではないでしょう。150gの生麺にデカいチャーシューで食後の満腹感はなかなかのものです。もっと魚介の風味を前面に押し出してもよかったんじゃないのかなーとも思いましたが、動物系の旨味は強く感じられ、コクと深みのある味わいにはとても好感が持てました。ほんとチャーシューにはビックリで、けっこうコストがかけられているように思えたのですが、それでもきちんとスープや麺も高水準な仕上がりというのが非常に好印象。「男女問わず幅広い世代に好まれるように食べ易く改良」とのことなので、ヘビーな男性ユーザーからすると麺やスープは比較的おとなしめで無難な仕上がりと感じるかもしれませんが、規格外サイズのチャーシューで明確なインパクトがあり、スープも決して浅くはなく、万人が受け入れ易いようなバランスというのがよく考えられているなと思えるような仕上がりでした。例えるなら“品のある燕三条系背脂ラーメン”といったところでしょうか。なかでも甘味、旨味、コクはしっかりと感じさせつつ、嫌なクドさは感じさせないという高級感と上品さを感じさせる背脂がそのイメージを強めているような気がします。一杯あたり1000円を超える価格設定なので、一般的なラーメン店と比べてもちょっと高めの価格帯ですが、家で食べるには充分すぎるクオリティですし、値段に見合った価値のある商品だと判断しました。作り方も画像付きで丁寧に書かれていたし、燕三条系ラーメンとはどんなラーメンかという説明分なども同封されていて、初めて食べる人にも分かり易く、雰囲気も掴み易くなっていいなと思いました。そういう配慮がなされているのもプラスポイントですね。思わず笑ってしまうような超弩級のチャーシューに食べ応えのある太麺、しっかり背脂に旨味とコクがきちんとある奥深いスープ、それぞれがしっかりと作り込まれていて、完成度と質の高さを感じました。「食べモール本店」のURLと、この製品の関連URLを追記の製品情報に記載しているため、興味を持たれた方はそちらから商品の詳細をご覧ください。自分へのご褒美にたまにはお取り寄せでラーメンでも頼んでみるかってときにはもちろんですが、思わず笑ってしまうような特大サイズのチャーシューのインパクトから、贈答用なんかにもってこいなんじゃないでしょうか。箱を開けた瞬間「なんじゃこのチャーシューw」と、ウケること請け合いです(笑) 親戚や友人に送ってあげたくなりました。ちなみに食べモールは送料全品無料です。麺類の他にも様々な食品を数多く取り扱っているお店なので、ぜひ一度覗いてみてください。それから食べモールさん、自分とんこつラーメン大好きなので、本格的なとんこつラーメンの取り扱い、ぜひとも検討お願いします(笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:りゅうわ堂 燕三条系背脂拉麺
加工所:株式会社 隆和堂
内容量:生麺150g×4ヶ、スープ40g×4ヶ、豚背脂20g×4ヶ、炙り焼豚90g×4ヶ
保存方法:要冷蔵 10℃以下
希望小売価格:4,158円 (税別) (送料無料)

原材料名:〔生麺〕小麦粉、かんすい、酒精、食塩、環元澱粉糖化物、卵白、小麦グルテン、酸味料(乳酸Na)、卵殻カルシウム、クチナシ色素〔打粉〕馬鈴薯澱粉〔豚背脂〕豚脂、食塩、酸化防止剤(ビタミンE)〔炙り焼豚〕豚肉、醤油(本醸造)、発酵調味料、砂糖、食塩、にんにく粉末、香辛料、カラメル色素(原材料一部に小麦、大豆、卵を含む)

アレルギー物質:小麦・大豆・卵

製品URL:http://www.tabemall.com/fs/iscfood/867830?tagid=top_widebr_867830
食べモール本店HP:http://www.tabemall.com

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック