東洋水産「マルちゃん ハリガネ バリうま博多風とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


昨日の「小倉バター味」に続きまして、カルビーの「ぽてとりっぷ ちゃんぽん味」を食べました。(青字のタイトルをクリックすると写真が表示されます)開封すると魚介の香りが漂ってきて、実際の味わいもファーストインプレッションは良好。イカの風味やアサリの旨味など、魚介らしさの感じられる味わいです。ただ、やや味付が薄味だったせいか、少しインパクト不足な印象が無きにしも非ず。最初の一口目ではイカの風味やアサリの旨味なんかを割と強めに感じたんですけど、すぐに舌が慣れてしまって、2,3枚目から途端に魚介感が影を薄め、ジャガイモの味が先行してくる感じ。それに一応、海鮮らしい魚介の要素は感じられたものの、長崎ちゃんぽんっぽいかと言われると、ちょっと微妙かもしれません。あんまり塩気が強いポテトチップスは苦手なので、塩の加減としては自分の舌に程よい塩梅だったのですが、もうちょっと海鮮っぽい旨味が強いと良かったかな。こしょうパウダーも入ってたんですけど、アクセントは弱かったです。ポテトチップスなので、カップ麺みたいに調味油を付けるのは無理があるでしょうしw 麺が入ってるわけでもないので、意外と再現が難しいのかも。いや、自分の指標にも問題があるのかもしれませんが…w やっぱり長崎ちゃんぽんのイメージ的に、魚介の旨味やポークベースのコクを強めに打ち出してもよかったかなー、というのが少し不満な点でした。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん ハリガネ バリうま博多風とんこつ」です。最近は「高菜明太味とんこつ」や、「担々とんこつ味」など、割と変わり種な新商品が多かったんですけど、ここに来て原点回帰か、奇を衒わない雰囲気の王道的な路線で来ましたね。このブランドは「ハリガネ」という本格的なネーミングでありながら、そういった要素には全くと言っていいほど期待できないスナック的なカップ麺なのでw 今回もカップ麺でしか味わえないようなスナック感を素直に楽しむ姿勢で記事作りに励みたいと思います。(← このシリーズ大好きな人w)





めんは、「ハリガネをイメージさせる、硬く歯ごたえのある極細の丸麺」とのこと。「ハリガネ」という本格的な商品名ですが、相変わらず風味も食感もスナック感フルスロットルで、本格さなんて皆無に等しい油揚げ麺です。ただ、お店のラーメンでは決して味わえないチープさはカップ麺ならではの加点要素だし、スープの方向性も同じくスナック的な路線なので、素直にカップ麺らしいチープさを楽しめるんですよね。前回の「高菜明太味とんこつ」から麺がマイナーチェンジしたんですけど、基本いつもの硬め食感な油揚げ麺です。本格さに期待すると大きく裏切られることになりますが、予めカップ麺らしいチープな油揚げ麺であることを理解してあげて、是非ともカップ麺ならではの味わいを楽しんでみてもらいたいですね。ちなみに熱湯1分で食べ始めると、さすがに中心部がサクサク過ぎるかもなのでw 1分30秒くらいからが食べ頃かもしれません。細さの割に意外と耐久性があるので、そんなに焦らなくて大丈夫だと思います。っていうか、アレですよ。パッケージの見るからに本格的な麺のリフト写真…詐欺ですよねコレw 実際は縮れ麺だしw

スープは、「ポークの旨味をベースに、香辛料で味を調えた豚骨スープ」で、「特製油付き」とのこと。麺の項目でも触れましたが、豚骨を炊き出したような本格的な味わいではなく、ベースは如何にも粉末スープチックな豚骨味で、植物油とラードを中心とした特製油を加えることによって、スープに厚みを持たせている典型的なタイプ。実食前のイメージ通り、奇を衒ったようなインパクトや新鮮味は感じられず、カップ麺を食べ慣れている人にとっては、スナック的な豚骨味として真っ先に思い浮かぶ基本の味というか、カップ麺らしい豚骨味の王道にあるようなスープでした。そんなチープでスナック的な味わいとは言え、きちんとポークの旨味や豚骨らしいクリーミーさが感じらたし、特製油で適度なコッテリ感もあり。新商品らしいインパクトこそ感じられなかったものの、ある意味これはこれで完成系にあるような立ち位置だったので、これといって物足りなさは感じませんでした。

具材は、「味付鶏挽肉、きくらげ、ねぎ」とのこと。具材もシリーズでは頻繁に見る馴染みの構成なんですけど、どれも熱湯1分で戻るように作られているのが嬉しいポイント。オーソドックスな豚骨ラーメンに味付鶏挽肉なんて如何なものか、という意見が聞こえてきそうな雰囲気ではあるものの、麺もスープも清々しく開き直ってスナック感あふれる仕上がりなので、全く以て問題なしw そんなに大きな挽肉ではないので、麺やスープと一緒に食べる感じになるんですけど、それなりに貢献してました。キクラゲもネギも奇を衒わないオーソドックスな豚骨味との相性はイメージ的にもピッタリだったし、「ハリガネ」らしい構成で良い取り合わせだったと思います。ただ、もうちょっとネギは多いと嬉しかったかなー。あと博多風なので、細切れの乾燥紅生姜とか、胡麻なんかが入ってても良かったかもですね。

(標準は★3です)

相変わらず各要素から受ける印象に本格的な雰囲気など皆無に等しく、もはや開き直ったかのように清々しくスナック的な路線を絶賛邁進中な一杯だったんですけど、それこそが「ハリガネ」シリーズの特色ですからね。ノンフライ麺を採用した本格的な豚骨ラーメンとは真逆を行くスタイルですが、そこに価値があると自分は思っています。これ、ラーメン屋さんじゃ食べられませんからね。「ハリガネ」という如何にも本格的なブランドのネーミングから、知らない人が高級感に期待して手に取ってしまうと間違いなくズッコケると思いますけど、お店のラーメンでは味わえない、カップ麺ならではの美味しさを楽しんでいただきたい一杯です。もちろん、カップ麺らしいチープな味に価値が見出せない人は、★の数に惑わされず積極的に避けてくださいねw 確実に好み外だと思いますから…w 一応、出来るだけ公正な判断を下したつもりですが、個人的な好みによるバイアスの修正が少なからず入っちゃってると思うので(★の数で言うところの「+」マークとか…っていうか本当は★5以上を付けたかったくらいの勢いなのでw)その辺お手数ですが差し引いてやってください(苦笑)カップ麺らしい豚骨ラーメンの王道を地で行くような一杯だったので、そういったカップ麺が好きな人は間違いなくハマれると思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん ハリガネ バリうま博多風とんこつ
製造者:東洋水産
内容量:95g (めん70g)
発売日:2016年8月8日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901990336253

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯1分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:460kcal
たん白質:13.0g
脂質:24.3g
炭水化物:47.2g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.92mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:154mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:460kcal (めん・かやく:370kcal / スープ:90kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油、卵白)、添付調味料(ポークエキス、植物油、ラード、食塩、砂糖、香辛料、香味油脂、でん粉、たん白加水分解物、醤油、発酵調味料)、かやく(味付鶏挽肉、きくらげ、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、カラメル色素、トレハロース、かんすい、香料、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/07/post_1244.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
今回はまたエラくオーソドックスでストレートな製品を
投入してきましたね!

あまりに直球すぎて今回は自分は見送りましたが、
いつもどおりのスナッキーさを開き直るように出してくるとは
ある意味予想外だったかもです。

というかもう捻りどころがなくなっちゃったのかな? (^_^;)
もしくはヘンに捻れば逆に売り上げが落ちる!
というデータが出ているのかもしれませんね。

このままご当地系で久留米→佐賀→熊本→鹿児島「風」という感じに
直球系でいってくれるのもおもしろいかもしれません。

その場合でもハリガネなので「風」は敢えてつけるでしょうがww
Re:たういパパ
ほんと拍子抜けするくらいストレートなテーマでしたね!w

でも、相変わらずスナック感満載で、
なんとも「ハリガネ」らしい一杯でした。

> というかもう捻りどころがなくなっちゃったのかな? (^_^;)
基本、焼き直しの再販が多いシリーズですからねw
次は高菜系か、無難にピリ辛系を焼き直してきそうな雰囲気ですし(笑)

> もしくはヘンに捻れば逆に売り上げが落ちる!
> というデータが出ているのかもしれませんね。
自分は完全にネタ切れだと思ってたんですけどw
言われてみれば、そういった解釈もできますね_φ(. .*)

> このままご当地系で久留米→佐賀→熊本→鹿児島「風」という感じに
> 直球系でいってくれるのもおもしろいかもしれません。
おーそれいいかも! 中でも「ハリガネ」でマー油系は新鮮味がありますし
東洋水産のマー油って結構インパクトがあるイメージなので一票です!

> その場合でもハリガネなので「風」は敢えてつけるでしょうがww
そもそも麺が “ハリガネ風” ですからね…w 完全に写真と実物が異なるのでww
No title
takaさん、こんにちは!

これぞハリガネ、これぞ東洋水産の縦型豚骨と言える一杯でしたね!

「ハリガネ」という名前でありながら本格度皆無の
縮れまくりのパツパツならぬサクサク感満載の麺に
スナック感あふれる豚骨スープに油脂を大量に投入し
それによって攻撃性を演出してくるスープといい、
いかにもハリガネシリーズといった一杯でしたね!(●・ω・)

本格派を求めてしまうと大コケ間違いなしの一杯ですが、
「これはこれ」と割り切ればこれもまたおいしいのですよね!

でもって、こうした豚骨スープにもまたニーズがあるのでしょうね!

だからこそ「黄色い博多ラーメン」の縦型が
毎年発売されるようになったのもあるでしょうしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

まさに東洋水産のスナック的な豚骨味に於ける真骨頂でしたね!
「ハリガネ」シリーズらしさを余すことなく打ち出していたと思います。

> 本格派を求めてしまうと大コケ間違いなしの一杯ですが、
> 「これはこれ」と割り切ればこれもまたおいしいのですよね!
ほんとココに尽きるシリーズなんですよね。そして後述されている

> でもって、こうした豚骨スープにもまたニーズがあるのでしょうね!
これなんて思いっきり自分の事ですしw

「黄色い博多ラーメン」今年も出ましたね!
記事にはしませんけど、もちろんコッソリ食べますよ(笑)

管理者のみに表示

トラックバック