明星食品「明星 沖縄風ソーキそば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ピザポテト サーモン & チーズPizza」を食べました。(青字のタイトルをクリックすると写真が表示されます)パッケージは超メープルですが、甘塩っぱい系ではないですw 袋を開けた時の香りは、いつものチーズが濃厚なピザポテトらしい香りで、実際に食べてみるとファーストインプレッションとしては特にインパクトは感じられなかったんですけど、後味に残る余韻にスモークサーモンっぽい風味が漂っていて、なかなか個性的。ただ、フロントは完全にチーズだったので、もうちょっとスモークサーモンの風味は強めて欲しかったかったかなー。基本、ピザポテトらしい濃厚なチーズのコクと風味がメインとなっていて、ほんのり魚介、って感じでした。捉え方によっては繊細さが味わい深さに寄与しているようにも思えたのですが、繊細さを売りにするにはチーズの主張が激しかったし、せっかくの変わり種ですから、もっと鮭パウダーには頑張って欲しかったです。オリジナルのピザポテトらしさやチーズの濃厚さを重視している人にとっては、このくらいのサーモン感がベターなのかもしれませんが、端的な味の感想としては、普通に美味しいなー、って感じだったので、あんまり印象に残らないかも。自分はサーモンらしさに期待しちゃってたので、満足度は★2.9な感じでした。ちなみにコンビニでは8月29日から絶賛先行販売中なんですけど、それ以外の店舗では9月12日から発売開始なので、もうちょっと待ったらお安くゲットできますよ。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 沖縄風ソーキそば」です。希望小売価格が税抜290円という強気な設定なので、定価購入を強いられるコンビニで買うと300円オーバー必須のカップ麺なんですけど、やはりレトルト調理を駆使した “炙り軟骨ソーキ” コレかなり注目ポイントですよね。明星食品が作ったレトルト調理品が売りのカップ麺といえば、「明星 長田本庄軒 ぼっかけ焼きそば」という製品が記憶に新しいのですが、ぼっかけ具材の完成度が非常に秀逸だったので、今回も期待したいところ。基本的に肉具材はレトルトよりも乾燥タイプが好きなんですけど、炙り軟骨ソーキなんて初めてなので、素直に楽しみです。





めんは、「表面がなめらかで食べやすく、ソーキそばらしい幅広の太麺」とのこと。今回の売りは、もちろん具材の炙り軟骨ソーキと言っても過言ではなかったんですけど…このノンフライ麺、めちゃくちゃハイクオリティですよ。定価購入300円オーバーという価格帯を考慮して、ハードルを高めに見ても素直に頷ける完成度の高さ。表面は滑らかで非常に口当たりが良く、うどんを思わせる塩気と小麦の風味を感じさせつつ、カンスイを使用することで中華麺らしいコシも兼ね備えていて、その方向性を実直に体感できる仕上がりが沖縄そばらしさをハッキリと演出。油揚げ麺ではなくノンフライ麺なので、クリアなスープに激しく干渉することもありませんし、麺単体として見ても雰囲気あり、クオリティ高し。もともと明星食品は沖縄そばに強い印象が自分の中にはあったんですけど、ひとつのノンフライ麺として今回は非の打ち所がない完成度でした。素晴らしかったです。太鼓判。

スープは、「鰹だしをベースに豚だしを合わせた、あっさりとした味わいが特長のスープ」とのこと。かなり王道の路線を意識したと思われるスープで、まず先行するのが鰹を中心とした魚介の旨味。さらに昆布の下支えが旨味の相乗効果を働きかけ、レトルト調理品から滲み出るソーキの風味が雰囲気を加速。ややベースのスープから塩分のカドが強めに感じたことと、ソーキの甘辛い味付がスープにプラスされるので、お湯は意図的に少なくしないほうがいいかもしれません。スープ単体で飲むと体感的な塩分濃度が高かったので、自分の舌には少し塩気のカドがキツかったんですけど、幅のあるノンフライ太麺を食べる分には丁度いい塩梅でした。奇を衒ったようなインパクトや派手さこそ感じられなかったものの、王道のソーキそばとして押さえるべきポイントは押さえていたと思うし、変な雑味や小手先の細工が無かったのは好印象。具材のソーキから染み出す旨味も含め、シンプルながらも本格さを感じさせてくれるスープは満足度が高く、とても印象が良かったです。

かやくは、「香ばしく炙ったジューシーな軟骨ソーキのレトルト具材をメインに、生タイプの紅生姜と、カマボコ、ネギ」とのこと。まず今回の売りとも言える炙り軟骨ソーキなんですけど…これは素晴らしいですよ! レトルト調理品の肉具材に有り勝ちな癖のある風味やパサついた食感など、そういったネガティブな印象が自分の中で根底にあったので、乾燥タイプが好きだと前述したのですが、全く以て杞憂に終わりました。肉の部分は柔らかく、解ける様な歯触りで、赤身はしっとりと、脂身はトロけるような質感。それでいて原型が崩れるほど煮込まれておらず、甘辛い味付も素直に美味しかったし、一手間かけて表面を炙った芳ばしいアクセントも効果的で好印象。軟骨の部分はコリコリとした軟骨らしい歯応えが感じられるのですが、その強度は硬すぎず、優しすぎずの巧妙なラインで、ちょっと文句のつけようがありませんでした。お酒のアテに単体で売って欲しいですコレw 次にポイントなのが生タイプの紅生姜なんですけど、乾燥の紅生姜では出せない瑞々しさと紅生姜特有のシャープさに生タイプならではのリアルなメリットが感じられ、もちろん王道のスープとの相性は申し分ありません。紅生姜は別添の小袋に入っているので、苦手な人は意識的に避けられますし、別添であることを活かして途中で投入して味変に使うのもいいでしょう。レトルト調理品で随分とコストを割かれている筈ですが、わざわざ紅生姜も別添で生タイプを起用してきたことに明星食品の本気度がうかがえました。カマボコも雰囲気の演出に一役買っていたし、実際に食べると練り製品らしい風味とモチモチとした食感がカマボコらしくてイイ感じ。ネギは…ちょっと色が惜しかったんですけどw 大きめカットだったし、完成度の高い炙り軟骨ソーキを筆頭に、値段に見合った拘り感じさせてくれる内容でした。

(標準は★3です)

自分の価値観として、まず高くて美味しいは当たり前だし、カップ麺で定価購入300円オーバーは正直お高いです。でも、日清食品の「贅の逸品」然り、いつの間にか消えてしまった「日清具多」然り、完全に高級志向な路線に振り切った具材特化型のカップ麺として、今回その完成度は非常に高い位置にありました。カップ麺に300円以上出すことに抵抗さえ無ければ、素直に食べてみてもらいたい逸品です。勿論お店で食べる様なソーキそばとは違いますし、カップ麺の中でも超高級な位置付けになるわけですけど、ここまで本格的な味わいが手軽に楽しめて、それも結果的に1食300円ちょっとで済むわけですからね。カップ麺で300円オーバーだからといって、一概に費用対効果が悪いとは言えないと思います。炙り軟骨ソーキの完成度は文句無しの出来栄えだったし、それでいてノンフライ麺もスープも本格的で一切の隙を見せず、コストを度外視したような姿勢から、明星食品が本気でソーキそばを作ったらこうなるんだぞ! という気合の入れ様を実直に体感できたことに明白な価値が見出せました。カップ麺の平均価格を思えば値段は張りますけど、本格的なソーキそばを手軽に食べたい時、その欲求は間違いなく満たしてくれるでしょう。明星食品が本気で作ったソーキそば、一見の価値ありですよ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 沖縄風ソーキそば
製造者:明星食品
内容量:125g (めん80g)
発売日:2016年8月8日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:290円 (税別)
JANコード:4902881421621

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:510㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・レトルト調理品・かやく・紅しょうが)

~標準栄養成分表~

1食 (125g) あたり

エネルギー:412kcal
たん白質:13.4g
脂質:9.5g
炭水化物:68.2g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.2g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.31mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:412kcal (めん・かやく:351kcal / スープ:61kcal)
食塩相当量:8.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:5.6g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、植物性たん白、酵母エキス、大豆食物繊維、デキストリン)、かやく(味付豚肉、紅しょうが、ねぎ、かまぼこ)、スープ(食塩、かつおエキス、糖類、香味調味料、たん白加水分解物、豚・鶏エキス、魚介エキス、かつおぶし粉末、昆布エキス、香辛料、しょうゆ、香味油、植物油脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、乳化剤、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、微粒二酸化ケイ素、酸味料、カラメル色素、クチナシ色素、ベニコウジ色素、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ごま、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5309

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
結局これ食べれていないのですよね・・・。
内容的にかなりのクオリティの製品だったのですが、
翌週以降の新製品に押し込まれちゃいました(^_^;)

具にレトルトを使い、かつ軟骨入りなんかかなりそそられますww

しかし一昨日自分が食べた行列シリーズもそうですが、
そろそろ300円超えの壁が破られつつりますね。

200円クラスもビミョーに205円から210円、220円とジワジワ上がってるしね・・。
No title
takaさん、こんばんは!

これはカップ沖縄そばの決定版と言ってもいい内容でしたね!(●・ω・)

自分も最初にレシートを見たときはその価格に驚きましたが、
「1つのカップ麺として」だけ見ればたしかに高くはあるものの、
「この価格でこのレベルの沖縄そばが食べられる」という視点だと、
むしろ300円程度であれば安いと思えてしまうほどでしたね!

ベースのスープもかつおの旨味の効かせ方が上手かったですし、
そこに絡んでくるソーキのタレの旨さも全体を押し上げていて、
さらに麺のクオリティも高く、さらに紅生姜もリアル感があり、
あらゆる点に手抜かりがなかったのは非常に大きかったですね!

そしてメインであるソーキの完成度の高さは実に見事でした!

レトルト具材にありがちな崩れすぎな状態になってないですし、
またパサツキもなく、単純に1つのソーキとしておいしかったですし、
さらに軟骨のやわらかさのラインが完璧と言えるものでしたね!

やわらかすぎても硬すぎてもダメという難しい素材なのに、
それをここまでピンポイントで完成させたのは流石ですね!(=゚ω゚)

さらに具材に力を入れたシリーズは過去にもいくつかありましたが、
その中でも全体との調和が優れていたのも高く評価できましたね!

「ぼっかけ焼きそば」もレトルト具材は素晴らしかったですが、
全体の中で具材の存在感ばかりが目立つという問題もありましたが、
これはちゃんとスープも良質でさらにソーキと相乗効果をなして、
さらなる高みに全体が達していたのはうならされるばかりでした!

もう年末の「カップ麺Award」で上位にランクインするのは確定ですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> 結局これ食べれていないのですよね・・・。
もったいない! これは食べといた方がいいですよ!

> 翌週以降の新製品に押し込まれちゃいました(^_^;)
パパは新商品の鮮度が命だから、押し込まれることも多いですよね…
その点、自分なんかは気楽だなー、と思います。

この炙り軟骨ソーキは単体で売って欲しいレベルでしたよ!
「ぼっかけ」でも感じた事ですが、カップ麺の具材という枠を超えてました。

> しかし一昨日自分が食べた行列シリーズもそうですが、
> そろそろ300円超えの壁が破られつつりますね。
これ、自分的には良い傾向だと思います。
まだまだカップ麺=取り敢えずの食事、みたいな風潮にあると思うので、
カップ麺でここまでやるか、くらいのハイエンド製品が増えると印象も変わるかと。

最近の本格志向は店ラーメンに匹敵するクオリティも珍しくありませんからね!

ただ、「麺職人」シリーズなど、希望小売価格が180円で、
実質、取得価格が100円前後のシリーズにも引き続き頑張ってもらいたいです。
Re:かーとさん
こんにちは!

> これはカップ沖縄そばの決定版と言ってもいい内容でしたね!(●・ω・)
はい! 明星食品の本気が見えましたね! 値段相応の質だったと思います。

> 自分も最初にレシートを見たときはその価格に驚きましたが、
おっと、かーとさん値段あまり気にせず買い物するタイプなんですね(笑)
自分なんかは常にスマホの電卓片手に1円単位で計算しながら買い物してますw

> 「1つのカップ麺として」だけ見ればたしかに高くはあるものの、
> 「この価格でこのレベルの沖縄そばが食べられる」という視点だと、
> むしろ300円程度であれば安いと思えてしまうほどでしたね!
ここが大きなポイントでした! カップ麺に300円は高い、
という価値観が根底にある人は、どうしてもネックになると思いますが、
このレベルで300円と割り切れる人は、ほんと素直に楽しめると思います。

秀逸なレトルト調理品の完成度も然る事乍ら、
シンプルかつ雑味の無いスープに高品質な麺という取り合わせも素晴らしかったし、
別添で生タイプの紅生姜が付いていたことも高評価に繋がる要素のひとつでした。

それにしても具材のソーキは単体で売って欲しいレベルでしたよw マジでw

量を3倍にして300円くらいの設定で
コンビニの総菜コーナーに並んでたら、
フツーに売れそうな内容でしたからね_φ(. .*)

> もう年末の「カップ麺Award」で上位にランクインするのは確定ですね!
今年もランキングの更新を楽しみにしてますよ!
こんにちは!

コレ、ホントに何処にも無い!探しても探しても無い。んです、笑。

それにしても凄そうですね。絶対食っとけ!ですよね!

ビジュアルからしてヤバいなと印象を受けますが、ここまでの評価ですものね、絶対に頂きます!

(なんとか影武者がゲットしてくれました笑)

はやく食べたいなあ笑
Re:ものグラムさん
こんばんは!

こっち各コンビニで普通に売ってます…が、
やはり値段がネックか大量に残ってますね(苦笑)

これは絶対に食っとけですよ!

> (なんとか影武者がゲットしてくれました笑)
そうそう、その影武者が気になってるんですよw
うちで言うところのカリメロ的な影の暗躍者ですかね?

管理者のみに表示

トラックバック