エースコック「CoCo壱番屋監修 カレー油そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ〈〈秋〉香るエール〉」を飲みました。(青字のタイトルをクリックすると写真が表示されます)去年の秋は「芳醇エール」でしたよね。あんまり昨年の印象は良くなかったんですけど、新商品のポップを見るとついつい手が…。で、やっぱり今年も同じ感想。軽いw いや、「香るエール」なので、香りはバッチリなんですよ。ワイングラスなんかに注いで飲むと、それはもう。ただ、琥珀色っぽい見た目の割にコクや甘味は控えめで、苦味も穏やか。ある意味それが飲み易さに繋がっている、という前向きな捉え方が出来なくはないものの、軽いテイストのせいでアルコールの風味が露骨になっているというか、せっかく “フルーティで芳醇” をテーマにしたプレミアムブランドからの限定醸造品なので、そのような着地点が勿体無いように感じました。冷蔵庫でキンキンに冷やして直ぐの状態だと、なおさら前述したようなネガティブさが目立って先行してくるので、大きめのワイングラスに半量ほど注ぎ、敢えて5~10分ほど待ってから、軽くビールの温度を上げて飲んだ方が美味しく飲めると思います。待ってる間はホップの香りを楽しみながら、アロマのリラックス効果に期待しましょう。時間に余裕を持って、という意味では、秋の夜長にピッタリな秋らしいビールと言えるかもしれませんね。

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 カレー油そば」です。エースコックとCoCo壱番屋といえば、言わずと知れた仲良しコンビですが、油そばのリリースは今回が初めてですね。そういえば、ここ最近になって汁なしカップ麺の新商品リリースが多いなー、って漠然と感じてたんですけど、「即席めん業界では汁なしめんがブーム!2015年は昨年対比で約3倍の新商品が誕生」していたそうです。…根拠の無い勘違いではなかったw 基本、CoCo壱番屋とエースコックがコラボしたカップ麺に大きなハズレはない為、初登場の油そばでも一定の安心感が漂ってはいるものの、エースコックの油そばは異様に塩カドが強い場合もあるので、ちょっと(いや、結構…w)不安な懸念もあったり。そろそろ自分的には汁ありが嬉しい気温に入りつつあるのですが、例の如く在庫の順番的に汁なしの在庫が残っているので…w 毎度ながら、お付き合いいただけると幸いです(ぺこり)





めんは、「しっかりとした噛み応えのある角刃の太めん」で、「めんにも味付けを行い、たれと相性良く仕上げ」たとのこと。熱湯5分の太麺で、ブリンッとした加水率の高い粘り気と噛み応えのある弾力が個性的。「カドメン」のように角張った麺ではないのですが、かなり力強く、麺単体としての自己主張が強い油揚げ麺なんです。しかし、今回はタレにも醤油のキレやカレーのスパイス感を筆頭に力強さがあったので、麺が独り歩きすることなく、お互いのバランスは保たれていました。麺量も120gと大盛仕様なので、食べ応えもバッチリだと思います。

たれは、「ポークをベースにガーリックでアクセントを加え、カレーの風味もしっかりと利かせた醤油だれ」に、「別添のとび辛スパイス入りシーズニングを加えることで、より強いカレーのコクや辛味を感じられる」とのこと。一般的なカップ焼そばと比べ、やや多めの油脂が油そばっぽさを演出しているのですが、そこまで凶暴性のある油脂感ではありません。底に油脂成分が溜まることもありませんし、油そば系のカップ麺としては控えめです。まず別添のスパイスを避けて味を確認してみたところ、ベースの醤油ダレは軽く甘味を帯びていて、醤油の風味も強め。一定の塩気によるカドを感じますが、麺の主張を思えば必要と思えるキレでした。そして濃いめの醤油ダレに負けないカレーの存在感が好印象で、スパイスを加える前の段階でもカレーらしさを明白に感じられるのが良いですね。そして別添のスパイスですが、これが非常に効果的。まず量が多く、カレーらしい香辛料の複雑味とシャープな印象をブースト。今までは「とび辛」の要素が名前だけの時も多かったんですけど、最近の「とび辛」は刺激的な要素も意識してくれていて、激辛とまではいかないものの、刺激はピリ辛以上にアップしていたし、唐辛子特有の芳ばしさを感じさせてくれたことに好感が持てました。それにスパイスの複雑味と辣味だけでなく、砂糖によって甘味も添加されるのですが、その甘味が辣味やスパイス感とコントラストを描いていてイイ感じ。油そばらしく一定の油脂感を持たせながら、カレーのスパイス感と唐辛子の辣味がクドさを感じさせない工夫となっていて、力強くも衝突しない適度な力関係にありました。醤油にカレーという組み合わせから、イメージ的に最初は若干の違和感があったんですけど、実際に食べてみると意外にも違和感なく楽しめたのは、それだけバランスが良かったということなのかもしれません。きちんと動物系の旨味も感じられたし、ひとつのカレー油そばとして、なかなか満足度の高い内容でした。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、風味の良い玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良い人参」とのこと。まず程良く味付けした肉そぼろですが、例の如くスポンジ状の肉そぼろだったので、詳細は省きます。まぁ混ぜちゃったら気にならないんですけどねw 存在感ないのでw キャベツは力強いタレの中で箸休めに効果的で、意識的に食べると瑞々しさがインターバルに。そして、注目して欲しいのが玉ねぎ。具材の中では主役級の働きで、玉ねぎのフレッシュな食感と香味感がカレー味と相性抜群だったし、アクセントとして多大に寄与しています。エースコックはカレー味の製品に玉ねぎを入れてくれることが多いんですけど、これ本当に相性がいいんですよね。肉そぼろ要らないので、その分だけ玉ねぎを増やして欲しいです。マジで。人参はコリコリ食感かと思いきや、意外に柔らかかったのですが、単体で意識して食べてみると人参の甘味が感じられて、ちょっと感動。混ぜたら肉そぼろ同様に存在感は薄かったんですけど、きちんと人参だったのが嬉しかったです。扇型か、せめて幅の広い短冊だと存在感あるんだけどなー。

(標準は★3です)

まず単純に量的なボリュームと、あとは醤油の風味とカレーのスパイス感の兼ね合いを受け入れられるかどうかが評価のターニングポイントになってきそうですが、ひとつのカレー油そばとして、素直に完成度の高いカップ麺だと感じました。個人的に量はレギュラーサイズだと良心的だったんですけどw しっかりとしたカレーのスパイス感と、確かな唐辛子の辣味と芳ばしさが好印象で、塩カドも立たせ過ぎず、油脂の量も多過ぎず少な過ぎずの適量と思えたし、最期まで美味しく食べることができました。油そばを好みそうなユーザーの視点に立って見ると、やや油脂の量に物足りなさを感じてしまう人も出てきそうな気もしましたが、総合力の高いバランスを思えば素直に納得できると思うし、着地点は履き違えてなかったと思います。それに最近のCoCo壱番屋コラボは、ちゃんと「とび辛スパイス」の刺激的な面も意識してくれているのが嬉しいですね。前まで名前だけのスパイス、というイメージが強かったんですけど、ここ最近の配分は印象が良いです。それに主張し過ぎない砂糖の甘味、これも効果的でした。油そばが苦手な人は射程圏外でしょうけれど、ひとつのカレー油そばとしての仕上がりは上々だと思います。この完成度であれば、これから夏の定番商品として、定期的に発売されるかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 カレー油そば
製造者:エースコック
内容量:150g (めん120g)
発売日:2016年8月1日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071207328

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:600㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (調味たれ・かやく・スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (150g) あたり

エネルギー:657kcal
たん白質:12.0g
脂質:27.0g
炭水化物:91.4g
ナトリウム:2.3g
ビタミンB1:0.48mg
ビタミンB2:0.45mg
カルシウム:315mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、たれ(しょうゆ、植物油脂、動物油脂、発酵調味料、鶏・豚エキス、砂糖、醤油調味料、香辛料、食塩、カツオエキス)、かやく(キャベツ、香辛料、玉ねぎ、鶏・豚味付肉そぼろ、砂糖、人参、牛・豚エキス)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、ソルビット、酒精、カラメル色素、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1607_COLA.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
なんかたれがおもしろい一品でした。
買った時は醤油味ベースって知らなかったので
実際食べてなかなかのインパクトでした。

その醤油ベースとカレー味とどのように仲良くするかが
この製品のポイントで、ここが好みの分かれる点なのでしょう。

そしてとび辛スパイスがこの製品は量が多いなと感じましたし、
自分的に初めてとび辛ものの製品で辛いと感じました。

そしてゴリゴリの太麺は自分にはやはりかなりの大敵!
その上の例のスポンジ・・・しかしこういう味の濃いのには比較的
マシな雰囲気になってしまうのが不思議ww

いつも安定感のCoCo壱カップですが、いつもと違って
比較的異色の製品だった気がします。
No title
ちわ~!朝夕涼しくなって来て嬉しいかぎりですが、食欲の秋で米が美味しいのは肥満が進む。(笑)

カレーはルーにも小麦が入って糖質なので、二重に太ると思うけど、ついお代わりしてしまうんですよね~。

先日taka:aさんがUPしておられた「明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン」七つ星だったので結構探しましたが、なかなか見つからない(涙)

共働きの我が家、子供たちは受験で大変なので、作り置きできるカレーとカップ麺が主食の座を奪って来ています(笑)
No title
玉ねぎや甘みを感じて感動すらするニンジン、最近のインスタントの具も侮れませんね!
カレーにはむしろ野菜が合うんでしょうね。
No title
お疲れ様です♪

いつにもまして前フリのビールが美味しそうな印象ですね。
相変わらず私がよく飲むのは
ローソンのカフェオレです(*´ω`*)

汁無しブームだったんですね。
そう言われれば、どのコンビニにも
置いてあった気がします。
カロリーが高いので避けてますけれども( *´艸`)

Re:たういパパ
醤油ベースのカレー味に違和感を感じてしまうのも理解できますけど、
自分としては割と違和感なく素直に楽しめた組み合わせでした_φ(. .*)

ただ、油そばにしては油脂感が控えめだったので、
それをバランス型と評価するか、物足りないとするか、
そのあたりも評価の分かれ目になりそうな部分でしたね。

「とび辛スパイス」は印象が良かったです!

思いの他に唐辛子の含有量も多かったですし、
唐辛子特有の芳ばしさが自分的に嬉しいポイントでした。

ゴリゴリの太麺は確かに人を選ぶでしょうね(苦笑)
況してやパパにとっては苦手分野ストライクですし…w

今回は初の油そばでしたけど何やかんやで結果的には良かったと思います!
Re:市良右衛門(?)さん
あれ? ハンドルネームは「市郎右衛門」に変更したのでは…(笑)

食欲の秋ですね〜。自分としては今が丁度いい気温です!
寒がりなので、もう2,3週間もすればストーブが稼働するかと(真顔)

たしかにカレーはルーが高カロリーで脂質も高いので、
ダブル炭水化物に近い食べ物と言えるかもしれませんね…w

> 「明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン」七つ星だったので
> 結構探しましたが、なかなか見つからない(涙)
今度お会いしたとき渡せるように、見かけたら買っときますねー♪

> 共働きの我が家、子供たちは受験で大変なので、
> 作り置きできるカレーとカップ麺が主食の座を奪って来ています(笑)
ここで自分のブログが活躍するわけですな!(鼻息)
とりあえず何とか発売から1ヶ月以上の差が出ないように奮闘中です(笑)
Re:AKIOさん
玉ねぎは効果的なアクセントで印象に残ることが多いんですけど、
基本、人参はコリコリとした食感で貢献してくることが多いので、
今回の甘味を感じる人参には少し意表を突かれたんですよね。

そしてココに喰らい付いてもらえたことに感動しましたw

インスタントの具材も侮れないといえば、
そろそろ具材特化型のカップ麺の記事がアップされますよー。

(基本、3,4日前からの予約投稿なので…w)
Re:くま子さん
まいどです♪

> いつにもまして前フリのビールが美味しそうな印象ですね。
そうですか? 自分としては低評価な気分で書いたんですけど…w

まぁ基本的にビールは美味いですよ!← ただのビール党

ローソンのカフェオレも美味しいですよね♪
自分は何気に小岩井コーヒーが好きだったりしますw

汁なし系のカップ麺って汁が無い分
必然的にカロリーや脂質は高くなりますし、
スープ飲まずに調整とかが出来ませんからね。、

私も避けたいのですが…ブログの関係上(泣)

いや、嫌いではないんですよw 連チャンだとキツいだけでw
No title
takaさん、こんにちは!

これは思っていた以上に満足度の高い商品でしたね!

焼そばとの差別化をどうするのか最初は心配でしたが、
醤油ベースのタレはちゃんと油そばらしさがありましたし、
そこに絡むとび辛の主張に見事なものがありましたね!

最近ではお店でもカレー系のまぜそばはよくありますし、
カレー+醤油ダレの相性の良さも再確認できましたね!(●・ω・)

でもって、最近のココイチコラボはとび辛がいいですよね!

以前はほんとおまけ程度についているという感じでしたが、
最近はちゃんと辛さをアピールするレベルに来てますし!

>私も避けたいのですが…ブログの関係上(泣)

いやいや、takaさんはカロリーや脂質をもっと取ってもいい気がしますが・・・(゚◇゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

自分としても好印象なカレー油そばでした!

ひとつ不満を挙げるとすれば、油脂成分の少なさだったんですけど、
バランスの良さが功を奏していて、喉に骨が刺さることなく納得できました。

今回も「とび辛スパイス」は刺激的でしたし、
やっと名前だけな汚名が返上されたような気がします。

> 最近ではお店でもカレー系のまぜそばはよくありますし、
そうなんですね! 自分は実店舗だと未経験かも…
最近は麺類と言えどもカップ麺ばっかりですからね(泣)

> いやいや、takaさんはカロリーや脂質を
> もっと取ってもいい気がしますが・・・(゚◇゚)
自分もそう思いますw 思っていますアタマではw
抵抗なく摂れるとようになれるといいんですけどね〜。

管理者のみに表示

トラックバック