エースコック「どっさり野菜×ワンタンメン タンメン味」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス のり好きのための、濃厚のり塩味」を食べました。(← 商品名をクリックしたらパッケージの写真が表示されます)これまでにも何度か青のり増量バージョンは目にしてきましたが、今回は “青のり×焼きのり W使用” ということで、焼き海苔が自分的に新鮮。袋を開けた時の香りは割とフツーだったんですけど、ちゃんと中身は海苔まみれ(参考写真)ちょっと写真では分かりにくいのですが、よく見ると緑色の海苔(青のり)とは別に、黒い色の海苔(焼き海苔)が確認できました。少し塩気は強めだったんですけど、風味豊かな青のりの香りと、青のりとは明らかにベクトルの違う焼き海苔の風味が…ふわぁ〜、って。ちょっと感動w 思ったとほどのインパクトは感じられませんでしたが、焼き海苔の風味が明白な個性となっていて、何とも滋味深い味わいでした。軽い醤油の香りと丸みを帯びた昆布の旨味、鰹節エキスなどによる下支えもありますが、あくまでも補助的な要員に過ぎず、ファーストインプレッションから余韻に至るまで、後にも先にも主役の座を譲らない海苔の存在感。この仕上がりであれば、海苔好きも納得できるでしょう。特に焼き海苔の風味、これ印象に残ったなー。のり塩=青のりという概念を覆す新鮮味があって、派手じゃないのに個性的で、きちんと記憶に残るポテトチップスでした。調べてみたら過去にも焼き海苔を起用したポテトチップスの販売もあったようですが、自分は初めてだったので、素人的な感想で申し訳ないんですけど…w のり塩系のポテトチップスが好きな人は勿論、海苔さえ苦手でなければ幅広い層が楽しめるポテトチップスだと思います。あ、食べ終わった後に人と会う予定のある人は、念入りに歯磨きをw ちなみにローソン限定発売です。

さて、本日の一杯は、エースコックの「どっさり野菜×ワンタンメン タンメン味」です。「どっさり野菜」シリーズと言えば、 “野菜たっぷり麺少なめ” の “多菜少麺” をコンセプトに掲げたブランドで、既存のレギュラー商品「ちゃんぽん」「チリトマト味ラーメン」「旨辛しょうゆラーメン」がリニューアルされ、期間限定で同社の「ワンタンメン」とコラボしたカップ麺が登場しました。ちなみに定番3品は、「具材の野菜をたっぷり詰め込み、めんを減らすことで全体のボリューム感はそのまま、カロリー200kcal台を実現」させ、「食物繊維をこれまでのレタス1/2個分から1個分へと増量し、よりヘルシーにし」たとのこと。ちなみに期間限定の「タンメン味」は、レタス1/2個分の食物繊維だそうですw あ、ワンタンが入ってるからか。カロリーは242kcalで、全体の食塩相当量が3.6gなのは嬉しいポイントですね。ただ、カップ麺を食べ慣れている身としては、なんていうか、あまりにも書くことが無さそうで…w ちょうど昨年の8月に、「タテロング 野菜たっぷりワンタンメン タンメン味」という製品が出ていたので、それの “多菜少麺” バージョン的な仕上がりなんだろうなー、って。うわぁ…やっぱり書くこと無さそう…頑張りますw





めんは、「滑らかでスープのりの良いめん」とのこと。ちょっと遡りますけど、原材料を見ると、2015年に販売されていた「野菜たっぷりワンタンメン タンメン味」の油揚げ麺ではなく、2014年に販売されていた「具だくさんワンタンメン タンメン味」と同じ構成ですね。丸刃でカットされた極めてオーソドックスなタイプの油揚げ麺で、いかにもカップ麺らしいスナック的な仕上がり。食感も軽く、油揚げ麺特有の風味も感じますが、全体の方向性とブランドのイメージから、油揚げ麺特有の風味は芳ばしさとしてプラスに作用しているように思いました。鶏・豚エキスや野菜エキスによる麺の下味も効果的だったし、優しいスープとのバランスも良かったです。ちなみに「どっさり野菜」シリーズの影響を受けて、麺の量は45gと控えめだったんですけど、基本ザクザクと野菜を食べるついでに麺も、って感じだったので、たっぷり野菜で量的なビハインドは感じませんでした。

スープは、「ポークベースに鰹だしと香味野菜の旨みを加え、ほんのり松茸の風味を利かせたタンメンスープ」とのこと。これまた2014年2015年の製品情報を遡って確認してみると、スープは2014年版ではなく、2015年版と同じ構成になってますね。ややオリジナルよりも豚脂の含有量が多くなっていて、豚の風味を高めたカップ麺バージョンとなっています。でもまぁ体感的には慣れ親しんだ “いつもの味わい” なんですけどw 鰹だし+ちょっぴり松茸の風味から、ホッとするような安心感が得られたし、裏切りのない美味しさで、そうそうこれこれ、みたいな。もちろん、具材の野菜やワンタンとの相性は申し分なかったし、ほんと間違いない(間違えようがないw)味でした。喫水線を守ると塩気が控えめで、随分と優しく仕上がったので、お湯の量は気持ち少なめが丁度いいかもしれません。

かやくは、「たっぷりのキャベツ、コーン、人参の彩りの良い野菜に、つるっとしたワンタン、愛らしいこぶたなると」とのこと。構成は「野菜たっぷりワンタンメン」と同じなのですが、明らかに野菜の量は多いですね。写真では随分と沈んでしまったので、完成写真の見た目以上のボリュームですよ。とは言え、大量に入っているのは主にキャベツだったので、コーンと人参は量的にも質的にも特筆すべきポイントはなかったんですけど、さすが「どっさり野菜」シリーズの血が流れているだけあって、 “多菜” のコンセプトはバッチリ感じられると思います。今回は “少麺” ですが、たっぷりのキャベツから一定のボリュームは得られると思いますし、野菜は麺よりも必然的に噛む回数が増えると思うので、意識的に噛むことで咀嚼回数が満腹中枢を刺激して、得られる充足感は一般的なレギュラーサイズのカップ麺よりも高いかもしれません。ワンタンは相変わらず滑り込んでくるような口当たりの良さが心地よく、中華風に味付された餡も美味しかったし、餡の食感も自然で、安心と信頼の実績を誇る具材でした。ただ、カップ麺版のワンタンメンを食べる度に同じ事を書いているような気がしますけど、いつか袋麺と同じ皮だけワンタンの採用を検討してもらいたいですw こぶたなるとも相変わらず気の抜ける愛らしさだったし、ボリューム満点のキャベツにワンタンでバランスも良く好印象でした。欲を言えば、キクラゲなんかも入ってると嬉しかったんですけどね。ちなみにワンタンは2個、こぶたなるとは8匹入ってたんですけど、こぶたが完成写真で随分と幅を取りやがったので、5匹キャベツの下に沈めました。すまぬ、こぶたよ…。

(標準は★3です)

ほんと実食前のイメージ通りというか、野菜どっさり入ってて麺が少なくなったエースコックのワンタンメン…でしたw いやほんとに、そのまんまで申し訳ないんですけど…w それ以上でも、それ以下でもなかったです。カップ麺を食べ慣れている身としては、どうしても新鮮味が無かったし、奇抜さも皆無だったのですが、このカップ麺に奇抜なインパクトを求めるのはナンセンスですよね、きっと。安定の味わいは素直に評価できるものだったし、たっぷりキャベツも好印象だったので、今回は良い意味で★3(標準)です。そしてイメージ通りの味わいと、 “多菜少麺” の機能性を加味して「+」マーク。コンセプト然り、栄養成分表の “炭水化物” が “糖質” と “食物繊維” に分けて表記されていることからも機能性を強く意識していることが分かりますね。ただ、せっかく期間限定の社内コラボカップ麺だったので、いっそカップのサイズはタテロングを採用し、麺量は45gのまま野菜バカ盛りバージョンとか作ったら面白そうだったのになー、って。それこそ「EDGE」シリーズ並みのインパクトでw(このカップ麺に奇抜なインパクトを求めるのはナンセンス、とかって直前に書いてますけど…w)オリジナルの「ワンタンメン」が好きな人は勿論、ダイエット中だけどカップ麺も食べたい、カップ麺も食べたいけど野菜も手軽に食べたい、そんな時きちんと需要を満たしてくれる一杯だと思います。炭水化物少なめ野菜多めなので、夜食や小腹が空いた時なんかにも使えそうですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:どっさり野菜×ワンタンメン タンメン味
製造者:エースコック
内容量:60g (めん45g)
発売日:2016年8月1日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071278823

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:320㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (60g) あたり

エネルギー:242kcal
たん白質:5.2g
脂質:7.3g
糖質:38.0g
食物繊維:1.7g
ナトリウム: 1.4g
(めん・かやく:0.4g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.18mg
カルシウム:126mg

(食塩相当量:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、ワンタン、なると、コーン、人参)、スープ(食塩、豚脂、デキストリン、でん粉、しょうゆ、植物油脂、カツオエキス、豚エキス、香辛料、オニオンパウダー、全卵粉)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、増粘多糖類、酸味料、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1607_BTF.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
>ほんと実食前のイメージ通り・・・
ここが最大の問題点だったわけですね。

単純に2つを平易に合わせてしまったという感じでしょうか?
これじゃときめかないのもわかります。

合体物として先日のマルちゃんの2製品を思い起こしますが、
ああいうちょっとした捻りがこの製品にはなかったみたいですね。
そう考えるとあの2製品(とくに黒豚と麺づくり)の商品づくりは
頑張っていたと思えます。

記事拝見していて、せっかくそれぞれいいところ持っているのに
なんかとても惜しい気がしました。

っていうか、この2つを合わせてももうこれ以上ならないんじゃ?
2品のチョイスがちょっと違っていたのかもしれませんね。

エースコックはぶっ飛び系ではおもしろい商品多いのですが、
「ワンタンメン」と「わかめラーメン」に至ってはいつも
面白みの少ないアレンジが多い気がします。
Re:たういパパ
> >ほんと実食前のイメージ通り・・・
> ここが最大の問題点だったわけですね。
問題点というか…ある意味では抜群の安定感だったんですけどw

> 単純に2つを平易に合わせてしまったという感じでしょうか?
ホントそんな感じだったので、トキメキとか皆無ですよw

東洋水産のフュージョン麺とは全くの別物ですね!
結果的に、ただ野菜が増えただけ、みたいな印象でしたから…w

> っていうか、この2つを合わせてももうこれ以上ならないんじゃ?
それ以上でも、それ以下でもない。って、まさにコレの事だと(苦笑)
でも裏切りの無さは保証できます!w(そこしかフォローできないw)

「わかめラーメン」はmうどん版だったり、汁なしアレンジだったり、
そこそこ捻ってきてるような印象ですけど、「ワンタンメン」は基本的に
あまり捻らないですよね。それこそ「チキンラーメン」以上に難しいのかも…。

案外、汁なしとかフツーに美味しそうですけどね。

具材にワンタンの入った汁なしカップ麺って珍しいですし!
No title
takaさん、こんにちは!

このタイプの商品は毎度スルー対象になってしまいますね;
ヘルシー系で必ず購入するのは「カップヌードル Light+」だけかもです;

どちらかというと、麺量がそこそこ多いものをチョイスしがちですし!(●・ω・)

本来はカロリーオフを実現するならノンフライ麺がよさげですが、
そうするとワンタンメンの良さが薄れてしまう感じもしますね!

スナック的な麺+マツタケの香り+ワンタンが大きな魅力でもありますし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

自分は機能性カップ麺贔屓と公言している
隠れ機能性カップ麺マニアなので(どっちやねんw)
コレ系はハズせないんですよね! ただ、今回はフツー過ぎて…w

> 本来はカロリーオフを実現するならノンフライ麺がよさげですが、
> そうするとワンタンメンの良さが薄れてしまう感じもしますね!
逆にノンフライ麺のワンタンメンとか新鮮味があるので
ちょっと食べてみたくなりました! 相性は分かりませんけど(笑)
ベースを濃い味にして、もちもっち多加水麺とか合わせて欲しいです。

まぁアレですよ、このカップ麺は見たまんまでしたよw

管理者のみに表示

トラックバック