サンヨー食品「サッポロ一番 塩らーめん ねぎ塩カルビ風 焼そば 大判」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


湖池屋の「じゃがいも心地 こく旨塩味」を食べました。(← 商品名をクリックしたらパッケージの写真が表示されます)自分の場合、最近は変わり種らしい奇抜なポテトチップスばかり選んでいたので、「こく旨塩味」とか逆に新鮮だったりするんですよね(笑)厚めにカットされたポテトは堅あげ(頑固あげ)系でもなく、波型でもないタイプが個性的で、厚みがあるのにサックリ食感。揚げ方ですかね。なんでサクサクなんだろう…不思議w なので厚みがあっても食べ易く、それでいて普通のポテトチップスよりもジャガイモ度はアップしてて、やや強めな塩梅でありながらも絶妙な塩加減。いや、ジャガイモ本来の風味を活かすのであれば、もう少し薄目でも良かったかもしれませんが。自分は多分、このシリーズを食べるのは初めてなので、厚みとは裏腹なサクサク食感に軽く意表を突かれたんですけど、一般的な厚切りポテト系とは一線を画した仕上がりが個性的で好印象でした。シンプルに素材の味を楽しむ、そんなコンセプトに確かな価値が見出せると思います。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん ねぎ塩カルビ風 焼そば 大判」です。今年の5月に「焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」という似たような雰囲気のカップ焼そばが販売されていましたが、一般的にイメージされるであろう事前の印象と実際の方向性に大きなギャップが生じていたことと、オリジナルの「塩らーめん」らしさが希薄だったことから、物の見事にズッコケたんですよね…。既存のレギュラー商品の中に「塩カルビ味焼そば」がありますけど、塩らーめん味をインスパイアした合いの子っぽいテイストなのでしょうか。いや、また変な期待してズッコケたら嫌なんでw 無垢な気持ちで食べたいと思います。





は、「しなやかでコシのある食感が特徴」の「もちもちとした中太麺で、たれの風味によく合」うとのこと。湯戻し時間は熱湯2分と短めで、おそらく「焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」に使われていた麺と同じ油揚げ麺だと思います。この油揚げ麺、なかなかのクオリティなんですよね。サイズは中太よりも少し細めなんですけど、しっかりとしたコシに密度の高さを感じさせる適度な粘り気と、歯切れの良さを兼ね備えた縮れの少ないストレート麺で、油揚げ麺特有の臭いなどによるネガティブな印象は極めて控えめ。「焼肉風味」の時に汎用性が高そうだと感じたのですが、タレの絡みも良く、今回の味付と麺の主張バランスも良好。少し芯の残るような歯応えと若干の粉っぽさから、 “焼そば” ではなく “焼ラーメン” っぽい雰囲気を確立しているような油揚げ麺だと感じていたのですが、 “焼そば” と言われても、それはそれで違和感なく受け入れちゃってましたw さすがに日清食品のストレート麺には僅差で及ばないものの、それに次ぐ品質の油揚げ麺だと思います。これはクオリティの高い油揚げ麺ですよ。ほんとイイ武器になると思います。イメージ的にヤマイモ粉を練り込んだ白っぽい油揚げ麺でも食べてみたかったんですけど、単純にクオリティの高さに好感が持てたので、全く以て不満には繋がりませんでした。

たれは、「『塩らーめん』の味わいに、ビーフ、ポークのうまみを加え、香味野菜や香辛料で味を調えた、レモンとごま油の風味が特徴の塩だれに仕上げ」たとのこと。お、ちゃんと今回はオリジナルの「塩らーめん」らしさが感じられますよ。あの時々ふと食べたくなるような香味野菜独特の風味がベースにあって、「塩らーめん」の亜種であることを例外なく感じさせてくれます。それなりの油脂感もあるんですけど、レモンの爽やかな風味がアクセントに効果的で、ここからは「塩カルビ味焼そば」の表情が垣間見えますね。胡麻油っぽい芳ばしい風味が食欲を刺激し、ねぎ塩らしくネギの香りも効いていて、きちんと牛の旨味も感じられる仕上がりから、一般的に「ねぎ塩カルビ風」という商品名から連想されるであろうイメージとのギャップは少ない味付だと思いました。レモンをアクセントに入れた焼肉の塩ダレと、素直に「塩らーめん」がコラボしたような雰囲気だったので、そのイメージで食べれば裏切りはないかと思います。ただ、ちょっと糖類の甘味が主張してくるので、気になる人は気になるかも。個人的に不快な甘さではなかったものの、製品の方向性を思うと、もう少し糖類の甘味は控えた方が纏まりは良かったかな。麺が100gと少し大盛だったので、後半に粗挽きの黒胡椒を投入してみたのですが、予想通り相性はバッチリでした。黒胡椒オススメ。

具材は、「牛肉のうまみがソースとよく合い、おいしさを引き立」て、「ねぎのさわやかな風味と袋麺『サッポロ一番 塩らーめん』でおなじみの別添パック<切り胡麻>の香ばしい風味が食欲をそそ」るとのこと。牛肉は「塩カルビ味焼そば」と同じ肉具材ですかね? ちょっと自信無いですけど…w 多分、同じでしょう(おいw)これがカルビかどうかは断言し兼ねますが、きちんと食感や風味に牛肉らしさの感じられる肉具材で、ダイスミンチや挽肉では演出できないリアリティを表現していて、タレとの相性もバッチリ。ちょっと甘味のある味付もイイ感じでした。量は特筆して多くはなかったものの、それなりに入っていたし、何と言っても質の高さが一定の満足度を確保してくれることでしょう。ネギは汎用的なネギだったんですけど、ねぎ塩カルビのイメージ的に必要不可欠な存在だったし、実際に食感や風味がアクセントに効果的でした。オリジナルのアイデンティティとも言える別添の切り胡麻と、きちんと「塩らーめん」らしさの感じられたタレとの相性は申し分無く、オリジナルの雰囲気を一層に掻き立ててくれます。「焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」の時には必要価値がイマイチ見出せなかったんですけど、今回はオリジナルの雰囲気を感じられる味付から、個性の演出を高める上でも効果的だったし、胡麻の香ばしさが味付と素直に合っていて、ちゃんと価値の見出せる存在でした。

(標準は★3です)

なんだか「焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」との比較ばかりしてしまったことと、無垢な気持ちで…とか言いながら何と無く事前に味のイメージを描いちゃってたんですけどw 今回は大きなギャップを感じることもなく、実食前に想像していたイメージ通りの味わいでした。っていうか…これを「焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」の時に感じたかったんですけどねw まずきちんとオリジナルの「塩らーめん」らしさが感じられて(というのは取り立てなくても当たり前であって欲しいのですが)同社の「塩カルビ味焼そば」を彷彿とさせる要素もあり、両者の個性やメリットをバランスよくミックスしている感じ。味だけなら★5でもいいかなー、と思ったんですけど、大判という仕様を加味すると、やや糖類の主張が蛇足的だと感じる節があったので、少し評価は厳しめに見ています。とは言え、塩カルビ系の「塩らーめん」亜種として上々の出来映えだと思ったし、体感的な満足度は★4以上でした。麺は高品質だし、具材は蛇足感の無いシンプルさが功を奏していて、タレの味付も満足できる内容だったので、オリジナルの「塩らーめん」が好きな人は勿論、ねぎ塩カルビ系の味付が好きな人は手に取って損のない一杯だと思います。っていうか、今回のような亜種製品の開発に意欲的なのは宜しいのですが、しれっと「塩らーめん味 焼そば」が廃盤になってるっぽいので、そろそろ純粋な「塩らーめん味 焼そば」の再販も検討してもらいたいです。あれ傑作だったのになぁ…。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 塩らーめん ねぎ塩カルビ風 焼そば 大判
製造者:サンヨー食品
内容量:129g (めん100g)
発売日:2016年7月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901734028376

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:610㎖
調理時間:熱湯2分
小袋構成:3袋 (特製調味たれ・かやく・切り胡麻)

~標準栄養成分表~

1食 (129g) あたり

エネルギー:577kcal
たん白質:11.0g
脂質:27.7g
炭水化物:70.8g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:224mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵)、たれ(糖類、香辛料、植物油脂、ビーフエキス、たん白加水分解物、豚脂、食塩、ポークエキス、酵母エキス、粉末レモン、ネギエキス)、かやく(味付牛肉、ごま、ねぎ)、加工でん粉、酒精、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、レシチン、増粘剤(キサンタン)、クチナシ色素、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・牛肉・ごま・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0550.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
この製品があの「焼肉風味」の延長線上の製品じゃなくよかったです。
再びサツ1塩らしさが戻ってきてホッとしましたよ!

ソースは塩カルビらしさ?なのか若干甘かったですね。
なのでもうちょっとレモンの風味を利かせてもらったら
自分はうれしかったかな?

そしてあまりウリにしていないこの麺!
何気にいい麺ですよね~。
2分戻しのわりにそこそこの食感で自分の好きなソフトな感じで!
この麺はこの先もいろいろな製品に使ってほしいです。

しかしあのノーマルサツ1塩焼そばですが、
廃盤になったままですね・・・。
もう秋なのでこの時期に復活はないでしょうから
復刻しても来年の春以降でしょう。
なんとか淡い期待を抱きたいものです。
Re:たういパパ
> この製品があの「焼肉風味」の延長線上の製品じゃなくよかったです。
> 再びサツ1塩らしさが戻ってきてホッとしましたよ!
ほんとコレに尽きますよね! ちゃんと「塩らーめん」らしさがあって、
「焼肉風味」の時に感じたトラウマが再発しなくて安堵しましたw

> ソースは塩カルビらしさ?なのか若干甘かったですね。
ここは「焼肉風味」の延長線上に思えましたね_φ(. .*)
「焼肉風味」の時ほどの甘味ではなかったですけど、
原材料の最初は思いっきり “糖類” ですから…w

そうそう! 麺のクオリティが高いんですよね!

「日清焼そばU.F.O.」に通じる洗練さがあって、
上品系の油揚げ麺として確かな手応えを感じています。

これは是非とも乱用していただきたいw

それからノーマルの「塩らーめん味 焼そば」
これ本当に復活して欲しいですよね…名作だったのに(泣)

確か初版のリリースが2014年の2月だったので、
来年の2月あたりに再販されないかなー、って密かに予想_φ(. .*)
No title
takaさん、こんにちは!

こちらは「焼肉風味」とうってかわって良作でしたね!
ただ前回の失敗が響いたのかあまり見かけなかったですが;

最初からこちらを出しておけば、と思わずにいられませんね!(=゚ω゚)

ちょっと甘みがあった点についてはやや蛇足ぽかったですが、
塩らーめんの個性と塩カルビ味焼そばにも通じる塩ダレの旨さとレモン、
さらにねぎも効いているなど、焼肉+塩らーめん味の汁なしとしては
かなり理想的な仕上がりにすることができていたと思います!

またいずれ似たような形で発売されることもありそうですね!

また、最近のサンヨー食品の汁なしは麺がいいですよね!

以前の軽さのある麺も決して悪くはなかったのですが、
このどっしりとしてしなやかな麺はかなり秀逸ですよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

今回は「焼肉風味」のリベンジが果たせていましたね!

> ただ前回の失敗が響いたのかあまり見かけなかったですが;
これ自分も思いましたw 自分が仕入れで向かう10数店舗の中で、
取り扱っていたのは、たしか2店舗くらいだったので…(苦笑)

ほんとコッチを「焼肉風味」で出して欲しかったですw
そのイメージにドンピシャな仕上がりでしたからね!

自分も甘味を若干、蛇足に感じてしまったんですけど、「塩らーめん」と
「塩カルビ味焼そば」の合いの子っぽい雰囲気は素直に好印象でした。

> また、最近のサンヨー食品の汁なしは麺がいいですよね!
これ地味に秀逸だと思います! 日清食品の油揚げ麺に次いで
完成度の高さを感じる上品な面持ちですよね_φ(. .*)

他にも「刀削風麺」など、意欲的な姿勢が嬉しいです。

オリジナルの「塩らーめん味 焼そば」に使用されていた
サンヨー食品らしい白っぽい麺も大好きですけどね!

っていうか、しつこいですけど、オリジナルの再販を切に…w

管理者のみに表示

トラックバック