明星食品「明星 ぶぶか大盛 にんにく辛みそ豚骨らーめん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス濃い味 ガーリックチーズ味」を食べました。(← 商品名をクリックしたらパッケージの写真が表示されます)前回の「バジルガーリック味」が好印象だったので、実食を楽しみにしていたガーリックテイストだったんですけど、鮮烈だったバジルと比べてインパクトは控えめ。ファーストインプレッションで先行するのはチーズのコクで、「ピザポテト」系のチーズ感ではなく、粉チーズっぽいテイスト。メインと思われたガーリックは後から追いかけてくる感じだったので、ガーリックのインパクトやキレに期待して食べるとコケてしまうかもしれません。確実にガーリックは存在してるんですけど、チーズをメインにガーリックが引き立て役として寄与しているようなバランスでした。でも味としては悪くなかったし、ビールのアテにはピッタリのテイストで、安定感のある味わいは素直に楽しめたんですけね。ただ、コンセプトの “濃い味” という割に、って感じだったので、ここも期待してると少し物足りないかも。チーズのコクは好印象だったし、遅効的に効いてくるブラックペッパーのアクセントも効果的だったんですけど、もっとガーリックはガンガンに効かせてもよかったかなー。チーズを軸にガーリックとブラックペッパーをアクセントにしている方向性に自分のイメージとギャップが生じてしまったのですが、単純に味としては美味しかったです。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか大盛 にんにく辛みそ豚骨らーめん」です。定期的に発売される「ぶぶか」シリーズですが、「油そば」と同じく、完全に「らーめん」も定番化しましたね。今回のテーマは辛味噌系なので、豚骨と辛味噌のバランスが気になるところ。ガーリックの存在感や、全体のジャンクさにも注目しながら食べ進めたいと思います。このシリーズ、麺が美味しいんですよねー。





めんは、「歯切れが良くてスープのりも良い、細めの油揚げ麺」とのこと。おそらくシリーズで汎用している油揚げ麺だと思うんですけど、これが秀逸なんですよね。製品スタイルは大盛バケツ型に分類されますが、食べ応えと品質を引き換えにしているような印象は皆無に等しく、しっかりと高水準なクオリティであることを感じさせてくれます。断面の丸い細ストレート麺で、豚骨ラーメンに合わせる麺のイメージにピッタリな加水率の低い歯切れの良さが印象的。やや素麺チックな風味ではあるものの、油揚げ麺臭は弱く、しなやかな質感と縮れの無さが大盛バケツ型とは思えない高級感を演出していて、この麺を大盛で食べられる、という時点で製品に価値が見出せました。明星食品が作るバリカタ系ノンフライ麺のクオリティは毎度の如く隙の無い完成度の高さで唸らせてくれるのですが、やはり油揚げ麺でも質の高さには目を見張るものがありますね。結構な細麺なので、歯応えを楽しみたい人は2分くらいで食べ始めても問題無いと思います。

スープは、「炊き出した豚骨に、ガーリック、ジンジャーの香味野菜で味を調えた、まろやかで濃厚な豚骨スープ」に、「別添で豆板醤ベースの辛みそを付けて、パンチのある辛さをプラスし」たとのこと。ベースの豚骨自体は相変わらずライトな風味で、あくまでも辛味噌を入れることを前提として作られているような印象。粉末スープだけの部分を味見してみると、それほどニンニクも強調されておらず、少し物足りなさを感じるスープでした。辛味噌を全体に溶かして馴染ませるとニンニクのキレが顔を出し、香味野菜特有のシャープな印象が物足りなさを補完。ニンニクの主張に人を選ぶほどのインパクトは感じられず、あくまでも常識の範囲内ではあったものの、ガーリックパウダー的な軽いニンニク感ではなく、ニンニク特有のキレを彷彿とさせる内容で、辛味噌のピリ辛感と相俟って、お互いのシャープな印象を高めているような相乗効果を感じました。辛味噌は豆板醤を中心に和味噌とラードが混ざっていて、糖類が緩和剤として寄与していたのか、辛味噌を全投入しても目立って塩気が増すことはなく、少し不安要素だった塩カドや体感的な塩分濃度に対する懸念は杞憂に終わり一安心。ベースのライト豚骨に辛味噌だけ加わると辛味噌一辺倒になっていたかもしれませんが、一緒に含まれていた多めのラードがスープに動物系の厚みを付与してくれていたので、むしろ別添の辛味噌を入れることで動物系の要素が増していたんですよね。ベースが辛味噌を受け入れて完成する体制にあったことが功を奏し、片方が主張し過ぎてバランスが崩れるような印象は受けず、裏を返せば無難なタイプの辛味噌豚骨だったんですけど、ニンニクのキレと辛味噌の相乗効果は個性となっていたし、キレがありながらも鋭利なカドの無い豚骨スープは素直に美味しいと感じました。もうちょっとジャンクな路線に振ってくれても、という不満が無きにしも非ずではあったものの、大盛バケツ型に有り勝ちな大味感も控えめだったし、バランス型の辛味噌豚骨として総合力は高かったと思います。ちょっとトロミのあるスープだったんですけど、不自然なほどのトロミではありませんでした。細麺との一体感アップな感じで良かったです。ちなみに辛さレベルは一般的に見ても極めてピリ辛で、アクセントの枠を出ない刺激かと。

かやくは、「フライドガーリックスライスに、キャベツ、タマゴ、味付け挽肉」とのこと。ほんと明星食品ってスクランブルエッグの使用率が高いメーカーですよねw まずフライドガーリックの存在感は顕著なもので、割とサイズも大きく、噛んだら超ニンニクです(当たり前w)スープの辛味噌で一定のガーリック感はあったんですけど、具材のフライドガーリックによってガーリックのインパクトが明白な位置に昇華していたし、ふと口に入った時の爆発力は中々の存在感ですよ。量も多かったし、印象が良かったです。キャベツは可も無く不可も無しな感じだったので、これといって書くことは無いですね。辛味噌のピリ辛感とニンニクのスタミナ感があるので、キャベツよりもニラなんかが合うと思ったのですが、コスト的な兼ね合いでしょうか。スクランブルエッグは相変わらず甘くて美味しかったし、スープがシャープな方向性にあったことと、フライドガーリックにインパクトがあるので、スクランブルエッグの優しい感じが対比に効果的でした。味付ひき肉は少し甘めの味付で、ちょっとチープでジャンクな肉具材。麺は本格的な内容でしたが、全体の雰囲気は本格志向というわけではない為、特に違和感は無かったです。ただ、量が少なかったので、しっかり混ぜた後は殆ど気になりませんでした…w

(標準は★3です)

事前の期待値によって、一定のジャンクさを打ち出しつつもバランス型という仕上がりに物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、大盛バケツ型らしからぬ油揚げ麺の質は今回も踏襲していたし、辛味噌とニンニクのシャープな印象に相乗効果を感じるスープもバランス型の辛味噌豚骨スープとして良く出来た内容だったと思います。良く言えばバランス型、悪く言えばインパクト不足という側面を同時に感じてしまったものの、具材のフライドガーリックによってニンニクのパンチは確固たる位置にあったし、質の高い油揚げ麺が大盛で食べられて、それなりにカップ麺らしい落とし所にありながら、大味っぽい雑な印象を感じなかったのは素直に好印象でした。辛味噌と香味野菜によるシャープなキレの効いた豚骨ラーメンが食べたい時、それなりに満足できる一杯だと思います。大盛だし。ただ、スープ自体にもニンニクの鋭利なインパクトを遠慮なく効かせるとか、具材もキャベツで妥協せず他に相性の良い素材を起用するとか、もうちょっと尖った部分があってもいいかなー、というのが正直な感想。というわけで、総評は及第点にしたのですが、決してクオリティの低いカップ麺というわけではありませんよ。今回は良い意味で普通に美味しかった、という気持ちを込めての★3(標準)です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ぶぶか大盛 にんにく辛みそ豚骨らーめん
製造者:明星食品
内容量:118g (めん90g)
発売日:2016年7月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881418355

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・辛みそ)

~標準栄養成分表~

1食 (118g) あたり

エネルギー:529kcal
たん白質:13.1g
脂質:24.1g
炭水化物:64.9g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:256mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:529kcal (めん・かやく:450kcal / スープ:79kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、ラード、食塩、香味調味料、香辛料、糖類、みそ、豆板醤、たん白加水分解物、香味油、粉末油脂、酵母エキス、ポークオイル、植物油脂)、かやく(キャベツ、卵、豚・鶏味付肉、フライドガーリック)、調味料(アミノ酸等)、香料、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カロチノイド色素、かんすい、膨張剤、カラメル色素、酒精、セルロース、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、炭酸マグネシウム、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、えび、ごま、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5266

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
この商品は「ぶぶか」ブランドでなかったらいい商品と思います。
それなりのワイルド感あって無難に収まっていましたからね。

でもこれが「ぶぶか」ブランドだった分(かなり)マイナスです (^_^;)
やはり今までのぶぶかを知っている人はかなり身構えるだろうし、
それくらいのものを期待しているでしょうからね・・・。

まさかこんなやさしい味のスープとは思いませんでした。
もっとにんにくガッツリ利かせて欲しかったですね (^_^;)

まぁ、自分にとっては・・・、
いつもの(と言って最近食べてないですがw)油そばのような
あの超ジャンキーで重々の内容じゃなく助かった部分もありますが。
Re:たういパパ
やはり「ぶぶか」のイメージに引っ張られていると
その期待値とは裏腹な大人しさから無難な製品に映ってしまいますよね。

やっぱり生おろしニンニク的な凶暴性を
ガツンと打ち出してもらった方が清々しいですよね!

これだと良くも悪くも普通に美味しいというか(苦笑)
商品名が違ったら確かに評価も変わってきそうですけど!

> まぁ、自分にとっては・・・、
> いつもの(と言って最近食べてないですがw)油そばのような
> あの超ジャンキーで重々の内容じゃなく助かった部分もありますが。
油そばは遠慮なく凶暴ですからね…w
ある意味これはこれで差別化になっているのかも?
No title
takaさん、こんばんは!

最近は「ぶぶか」のラーメンもちょくちょく出ていますが、
どうもこのラーメンは辛味噌系との相性がいいですよね!

以前にも同系統のものが出ていて内容が良かったですし!(=゚ω゚)

ただ今回はもう少しくらい攻めてもいい気はしましたね!

にんにく+豚骨+辛味噌という点では上手くまとまっていて、
かつ食べやすさもありましたが、あとちょっととがった方が、
このシリーズらしさが出たんじゃないかなとも思いましたし!

ところで明星は油揚げ麺でも豚骨系には強いですよね!
これだけのパツッとしたストレート麺はなかなか他社にはないですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> 最近は「ぶぶか」のラーメンもちょくちょく出ていますが、
> どうもこのラーメンは辛味噌系との相性がいいですよね!
> 以前にも同系統のものが出ていて内容が良かったですし!(=゚ω゚)
「にんにく辛豚骨らーめん」ですよね! あれは好印象でした_φ(. .*)

今回も一般的なカップ麺と比較すれば、
それなりにニンニクも効いてたんですけど、
やっぱり “それなり” じゃ物足りないんですよね(苦笑)

全体的なバランスで見れば整っていたし、
ひとつのカップ麺としてクオリティは低くありませんでしたが、
「ぶぶか」の看板を掲げるとインパクト不足感が否めませんでした。

> ところで明星は油揚げ麺でも豚骨系には強いですよね!
ここは安心して楽しめますよね! 豚骨に合わせる麺としては、
日清食品の「有名店シリーズ」を凌駕する油揚げ麺かもしれません。

次回の「ぶぶか」ではニンニクの鋭利な主張に期待したいですね!

管理者のみに表示

トラックバック