ヤマダイ「鬼金棒カラシビまぜそば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


湖池屋の「めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味」を食べました。「2004年発売の酸味をかなり強調した『爽味すっぱムーチョ』の発売終了後からの再販売の要望や、『もっとすっぱいすっぱムーチョを発売してほしい』との声に応え、さっぱりビネガー味の約40倍の酸味料を使用し『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』を完成させた」とのこと。まず袋を開けて匂いを確かめてみたんですけど…この段階から強烈w 深く鼻で息を吸い込んだら奥の方にグサッ、とw 何かがグサッ、とw で、実際に食べてみると、さすが40倍…強烈な酸味がフロントからガツンッ、と攻め込んできて、めちゃめちゃすっぱいw 例えるなら、直接レモンに噛み付く一歩手前くらい。でも不思議と嫌な酸味じゃなくて、夏に嬉しい爽快COOLな清涼感。もはや油で揚げてあることを忘れるくらいの爽やかさだったんですけど、ベースのポテトは厚みがあって硬めの食感なので、強烈な酸味でもポテトとのバランスは良かったんですよね。市販品として見たら並大抵の酸味ではありませんが、全く以てアリなポテトチップスでした。いや…むしろハマったw 普段は1回につき指折り数えるくらいしか食べないのに、これ書きながら既に10枚は食べているw すっぱいの大丈夫な人、オススメですよコレは。

さて、本日の一杯は、ヤマダイの「鬼金棒カラシビまぜそば」で、ファミリーマート限定のカップ麺です。鬼金棒(きかんぼう)のカップ麺といえば、ちょうど昨年の今頃に今回と同じくヤマダイから、ファミリーマートの専売品として、「凄旨 鬼金棒カラシビ味噌らー麺」というカップ麺のリリースがありました。スープの痺れ感が特筆するレベルで、今でもハッキリと記憶に残ってます。前評判では今回も強烈なインパクトを放っているらしく、実食を楽しみにしてました。ただ、自分はパクチーの主張が強すぎると少し苦手なので、ちょっと不安もあったり…。





めんは、断面の丸い中太麺で、東洋水産と同じくラードを原材料に含んでいます。なので、油揚げ麺特有の風味は強め。ただ、今回は特製ふりかけを中心に味付けが強烈なインパクトを放っていたので、そんなオーソドックスではない奇抜でジャンクな路線から、油揚げ麺特有の芳ばしさがプラスに作用しているように感じました。高級感のある麺ではなかったし、これといって特筆すべきポイントもなかったんですけど、取り合わせとしては間違ってなかったと思います。ただ、熱湯4分で湯切りしてタレを混ぜて、撮影の前にタレだけの味を確認するために食べてみたのですが、ちょっと芯が残ってて粉っぽいというか、普通に調理して食べるなら(普通はそうですけどw)4分30秒くらい待った方がいいかもしれません。

タレは、「醤油をベースに海老オイル・花椒を加え」たとのこと。ベースの味付は醤油と味噌が中心で、和味噌とは違う豆板醤の風味が味噌感の幅を広げ、ペースト状のニンニクとショウガによる香味野菜のシャープさが加わることによって、なかなかキレのある仕上がりです。まぜそばらしく動物油脂とラー油系の油によって油脂感は高く、それなりの重厚感があるんですけど、タレのシャープな方向性とインパクト抜群の特製ふりかけの刺激があったので、そこまでヘヴィな印象は受けませんでした。海老オイルは決して前に出てくるような存在感ではなかったものの、ふと感じる独特の芳ばしさは確かに複雑味として寄与していたのだと思います。尤も…ふりかけが入ると全く気になりませんけどw それにタレだけでは強烈な程ではなかったものの、ちゃんとベースからも花椒の麻味と香りを感じられたのが良かったです。唐辛子の辛さはピリ辛ちょい上くらいですかね。タレだけ見ると海老オイルと花椒の他は特に奇を衒った要素は感じられなかったんですけど、何と言っても強烈だったのは別添の特製ふりかけ。詳細は次の項目で。

具材は、「キャベツ・そぼろ肉」に、別添の特製ふりかけです。特製ふりかけには、黒胡麻,唐辛子,タマネギ,花椒,パクチーが入っていて、特製ふりかけを入れてから唐辛子の辣味は増したんですけど、これに関しては常識の範囲内だと思います。いや、でも間違いなくピリ辛以上ではあるので、得意じゃない人は注意してください。花椒は大量に入っているので、麻味は飛躍的に向上しますが、舌が麻痺して味覚が狂うほどではなかったです。とは言え、市販品としては確実に警告文レベルだったので、ビリビリとした痺れ感が苦手な人は絶対に避けた方が懸命。乾燥タマネギもサクサクした食感や特有の香味感が旨味として寄与していたし、黒胡麻の芳ばしい風味もアクセントに良かったです。で、懸念していたパクチーだったんですけど、量的に確かな存在感を放ってはいたものの、花椒が強烈なインパクトで主張してくるので、量の限度を越すと苦手な自分でも大丈夫でした。ただ、間違いなく癖は感じるので、パクチーがダメな人は気になると思います。なので、パクチニストには物足りないかもしれませんね。それにしても辣味・麻味・パクチーが織り成す味わいは独特で、これまでにない世界観を生み出していたことに確かな価値が見出せました。あ、キャベツは大きめで印象が良かったし、肉そぼろも違和感なくて普通に美味しかったです(忘れるところだったw)

(標準は★3です)

“カラ” は常識の範囲内ではあったものの、 “シビ” は結構な強さだったし、そこに加わるパクチーの癖が独特で、これまでにないテイストでした。いやーこれはインパクトありますよ。強烈なシビにパクチーですからねw 間違いなく人を選ぶカップ麺に該当しますけど、ここまで振り切ってくれたら、もはや清々しいw 多めのパクチーが苦手な自分ですら、新たな世界観に魅了されてしまいました。ゲテモノと例えたら響きが悪いですけど、その路線を敢えて打ち出したような奇天烈さに価値が見出せる製品だと思います。辛いの大丈夫、痺れ系も大丈夫、パクチーだって何のその、って人には是非オススメしたいですし、ちょっと自分は…って人も、未体験ゾーンな怖いもの見たさで挑戦してみるのも楽しいかもしれませんよ。カラシビパクチーのどれかひとつでも苦手な人は、素直に美味しいと感じられないかもしれませんが…w 自分はカラシビに一定の耐性があったし、パクチーも引っ掛からなかったので、素直に楽しむことが出来ました。それにしても強烈なやつ作ったなぁ…w しっかり今回も記憶に残ったし、お見事でした。来年の夏にも「鬼金棒」期待したいと思います。何と無く思い浮かんだイメージですけど、ナッツを砕いてトッピングしたら合いそうだなー、って。カシューナッツとか、ピスタチオあたり。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:鬼金棒カラシビまぜそば
製造者:ヤマダイ
内容量:137g (めん100g)
発売日:2016年7月19日 (火)
発売地区:全国 (Family Mart)
希望小売価格:208円 (税別)
JANコード:4903088011646

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:540㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (ソース・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (137g) あたり

エネルギー:586kcal
たん白質:10.1g
脂質:24.4g
炭水化物:81.5g
ナトリウム:1.9g

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩)、ソース(しょうゆ、動物油脂、糖類、食塩、香味油、植物油脂、味噌、ニンニクペースト、ショウガペースト、豆板醤、ポークエキス、香辛料)、かやく(味付肉そぼろ、キャベツ、香辛料、ごま、糖類、タマネギ、パクチー、オリゴ糖)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、鶏肉、ゼラチン含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.family.co.jp/goods/thisweek/160719/hc0g740000109qcv.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは食べる前はぜんぜん期待してなかったのですが、作ってビックリ!
とてもインパクトつよく記憶に残る一品になりました。
麺とかはフツーなのですが、具(ふりかけ)のアイデアが素晴らしすぎです。

これだけしっかり具を楽しめた汁なし製品久しぶりです。
その量だけでなく、味や香りも特長的でよかったですね。
まぁ、パクチーの香りやシビが苦手な人には向かないですが。
ふりかけの玉ねぎも何気に活躍していましたね。
なんかいろいろなものが多彩にブレンドされていて興味深かったです。

ソースも無難ながら全体をうまくまとめていて、
無難な部分とやりきった部分をうまく融合されたいい商品でした。
No title
こんにちわ~

これはなかなかのインパクトでしたね~~
でもおいしかったです!
いろんな方の感想でちょっとビビりながら食べたんですが(笑)
パクチーも強いけどまだ足りんくらいでしたわ~~
シビ感はめっちゃよかったし~~
辛さはそおでもなかったけど。。。
好きなタイプ♡
Re:たういパパ
特製ふりかけが実に効果的でしたよね!

ただでさえシビで強烈なインパクトを放っているのにも関わらず、
さらにパクチーのインパクトですから…兎にも角にもフツーじゃないw

自分はパクチーの主張に懸念があったんですけど、
痺れが強かったからか、良い意味で気になりませんでした。

なので、パクチー好きには物足りないかもしれませんね(苦笑)

> ふりかけの玉ねぎも何気に活躍していましたね。
ここも印象に残ったポイントのひとつでしたね!

単なるインパクトに振り切っただけのフリカケではなく、
胡麻の芳ばしさも含めて一捻りも二捻りも感じる凝った内容だったので、
ここまで満足度の高いフリカケは、まさに特筆すべきクオリティでした。

自分は麺の戻し時間に少し疑問を感じてしまいましたが、
位置付けは悪くなかったし、ソースもベースとしては申し分なく、
仰る通り無難な部分とやりきった部分をうまく融合させていた一杯だと思います。
Re:まうさん
こんばんは!

> これはなかなかのインパクト
> でもおいしかったです!
ココも大きなポイントのひとつでしたよね!

確かなインパクトを放ってるんだけど、ちゃんと美味しい。
ただ闇雲に突き抜けた製品ではなかったことに好感が持てました。

> パクチーも強いけどまだ足りんくらいでしたわ~~
やっぱり物足りないと感じる人も居る、ということですな(笑)
自分はパクチーが多過ぎると苦手なので、程よく楽しめる量で良かったです。

これでもうちょっと辣味も意識してくれると★6つけたい感じでした!

自分も好きなタイプです♪ この手の路線はガンガン発売してもらいたいですね!
No title
takaさん、こんにちは!

いやぁ、これは名前の通りずいぶん暴れまくってくれましたね!

ベースとなっているタレそのものの味もなかなか良く、
痺れの強さもカップ麺としては上々と言えるレベルで、
なおかつそこにパクチーまで加えてくるという斬新さで、
インパクト重視のまぜそばとしては最高レベルの満足度でした!

ちなみにまう姉さんはかなりのパクチニストなのですよね!(=゚ω゚)

「ぱくぱくパクチー」でも「パクチーが弱い」と言ってたぐらいですので!
おそらくこの3倍量ぐらいでも平気なのではないかと思います!

自分でさらに花椒やパクチーを加えて食べるのもアリでしょうね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

これはインパクト抜群でしたね!

前回同様、強烈な麻味も然る事乍ら、
何と言ってもパクチーの存在が印象に残りました。

> ちなみにまう姉さんはかなりのパクチニストなのですよね!(=゚ω゚)
ですよね!笑 「ぱくぱくパクチー」の段階で
もはや自分の耐性では厳しいレベルでしたけど…w

でも今回は麻味が強かったからなのか?
前評判のイメージほど強烈じゃなかったなー、って。

自分でもそう感じたくらいなので、
まうさん的には全く以て物足りなかったでしょう(笑)

麻味とパクチーの他にも胡麻や玉葱に魅力を感じたし
インパクトを強調しながらも見所の多い一杯でしたね!
No title
こんにちわ、純野でございます。
以前の記事でコメントいただいたように
実店舗では“ヤングコーン”が入ります
が、カップ麺では無理ですかね・・
http://blog.goo.ne.jp/masunojun1-02/e/2c8d5c198531c55e1a297e538b6ad48d

なお、takaさんの記事を読むまでずっと
「おににかなぼう」と読んでました。
「きかんぼう」なんですね。たはは・・
Re:純野一益さん
こんばんは! こちらではお久しぶりですねー。

記事を読み返して懐かしかったです♪

> 実店舗では“ヤングコーン”が入ります
> が、カップ麺では無理ですかね・・
2010年に発売されていた「激辛KING 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺」
というカップ麺にはヤングコーンが入ってたみたいですよ!

> なお、takaさんの記事を読むまでずっと
> 「おににかなぼう」と読んでました。
自分も最初は「おににかなぼう」だと思ってましたw
フリガナが無かったら読めませんよね(苦笑)

管理者のみに表示

トラックバック