明星食品「明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「おさつスナック」を食べました。言わずと知れた秋冬定番のスナック菓子ですけど、もうリリースが出る時期なんだなー、って。あ、言うてる間に9月かw 今年で発売35周年を迎えたそうで(ちょっとビックリしたw)「更にパワーアップすべく、『蒸し安納芋』から、より『香ばしさ』と『甘さ』を引き出した、『炭火焼き安納芋』に変更し」たそうです。炭焼きっぽい芳ばしさが前面に出ているわけではないんですけど、砂糖だけでは演出できないサツマイモの優しい甘味が相変わらず美味しくて、何だか食べててホッとする味でした。(でも実は「おさつどきっ」派)やっぱり10月か11月頃に食べたいですけどねw ちなみに発売35周年を記念して、11月には長年のご愛顧に感謝したキャンペーンを実施予定だそうですよー。嗚呼、いつの頃からだろう… “サツマイモ=焼芋” よりも “芋焼酎” のイメージが先行するようになってしまったのは…orz(ちょっぴりココロは秋模様なう…w)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン」です。「カシミールカレー」は2度製品化されていて、どちらもブログで記事にしたんですけど、「コルマカレー」は今回が初めてですね。相変わらず実際の味を知らないので、再現度は評価しかねますが、「ローストオニオンのコクと甘味に、複数のスパイスの香りと辛味をバランス良く合わせ」ているのが特徴だそうです。ローストオニオンの芳ばしさや特有の甘味、そこに交わるデリーらしい(実際のカレー知らんくせにw)スパイスの複雑味なんかに期待したいですね。





めんは、「香ばしく味付けをした、スープのりが良いノンフライ麺」とのこと。「カシミールカレー」のノンフライ麺と同じでしょうか。鶏肉エキス、香味調味料、香辛料などによって味付の施された味付ノンフライ麺で、ノンフライ麺なのに食感や風味にスナック的な要素を感じるノンフライ麺です。「すこびる辛麺」(最近めっきり新作のリリースが無くて寂しい…)に使われているノンフライ麺にも言える事なんですけど、非常に個性的な立ち位置なんですよね。スナック的でありながら、油揚げ麺のようにスナック感がネガティブに作用することはありませんし、油揚げ麺だと避けられない油脂感を持っていない為、本格的なスープをマスクしないのは大きな利点。それでいて適度なスナック感が全体の雰囲気やカレー味のスープと絶妙にマッチしていたし、既定の時間を守ると少し柔らかめに仕上がるのですが、敢えて柔らかめにすることでスープとの一体感が飛躍的に高まっているというか、麺単体としての存在感を弱めた事が功を奏していると思いました。それでいて麺の味付が存在を埋没させない工夫となっていて、今回は麺からも鶏肉エキスの旨味がハッキリと感じられたのも印象に残ったポイント。柔らかめの食感が賛否を呼ぶかもしれませんが、自分としては申し分の無い取り合わせでした。

スープは、「チキンをベースにローストオニオンを加えてコクを出」し、「クミン、ターメリック、コリアンダー、フェンネルなどのスパイスを効かせた、辛口のカレースープ」とのこと。ファーストインプレッションで感じたのは、製品説明にもあるローストオニオンを思わせる芳ばしさと甘味。原材料を見てもローストオニオン粉末が筆頭にあるのですが、かなり強く推していることが分かります。じっくりと飴色になるまで炒めた玉葱を彷彿とさせる深いコクと甘味が確かな個性となっていて、全体的にシャープだった「カシミールカレー」と比較して丸みを帯びた印象を受けるのですが、マイルドさの中にデリーらしい本格的で複雑味のある香り高いスパイス感が交わることで、明白なメリハリと本格さを演出しています。辛さは一般的に見てもピリ辛以上,辛口未満だと思うんですけど、きちんとスパイスらしい刺激があって、動物系の厚みと高い粘性で確かな重厚感を打ち出しつつ、芳醇なスパイス感が重たくなり過ぎないように全体を引き締めているバランスは秀逸の一言。スープの粘度に関しては、もはやライスと合わせても成立するほどの高粘度スープだったので、ドロドロ系のカレースープが好きな人はストライクゾーンかと。どちらかというとカシミールカレーは人を選ぶ路線でしたが、こちらは幅広い層のユーザーが素直に楽しめるカレー味だと思います。ちなみに粘度が高過ぎて、スープは最初に2,3口飲んだだけ。執拗なまでにスープが麺にドップリ纏わり付いてくるので、麺を食べ終わる頃にはスープほとんど残ってなかったですw

かやくは、「ダイス状の鶏肉に、キャベツ、ポテト、フライドオニオン、ニンジン」とのこと。鶏肉のダイスミンチということで、サッパリしてるのかなー、と思いきや、しっかり肉っ気があってワイルド。今回のカレースープには動物系の重厚感があったので、肉具材との相性は申し分なかったし、ひとつひとつのサイズも大きくて、食べ応えのある満足度の高い肉具材でした。重厚感のあるカレースープと瑞々しいキャベツの相性も素直に良かったし、ポテトはホクホク、ニンジンはコリコリ、それぞれの具材が役割を果たしていて、蛇足的な要素も感じられず、非常に印象が良かったです。フライドオニオンは具材として目立っているわけではなかったものの、ローストオニオンを主軸としたカレー味の中で特有の芳ばしさを後押しするような相乗効果を生んでいて、スープに対して確実に寄与していました。たまーに小さい粒がシャキシャキしますw 決して具沢山な量ではありませんでしたが、カップがタテ型ビッグでも少ないとは思わなかったし、サイズの大きなダイスミンチとポテトに存在感があったので、これならボリューム的な面もクリアでしょう。

(標準は★3です)

まずローストオニオンを主軸にしたカレー味のスープには確かな個性を感じたし、動物系のコクと超高粘度なトロミで明白な重厚感を演出しつつ、デリー監修のカップ麺らしいと思える本格的なスパイス感がメリハリを生んでいて、とても秀逸なバランス感を感じさせてくれたと同時に、バランス型では終わらない個性を打ち出していたことが印象に残る一杯でした。一般的に見ても広く受け入れやすい方向性にありながら、個性と本格さを兼ね備えていた仕上がりに得られた充足度は高く、ドロドロ系でスパイスの効いたカレーが好きな自分としては、ほんと手放しに美味しかったですw 麺の味付が今まで以上に効果的だと感じた柔らかめのノンフライ麺とスープのバランスもベストマッチだったし、具材では蛇足的な要素も大きな不満も感じさせず、ひとつのカップ麺としての総合力は非常に高い位置にあって、かなり完成度の高い一杯だと感じました。これはオススメですよ。高粘度カレー系が好きな人には特に。ひとつ注意点を挙げるとするならば、最初から入ってる粉末スープに強烈なトロミ成分が含まれているので、しっかりトロミが確認できるまで執拗に混ぜること。麺が柔らかくなってしまいますが、念には念を押して2分くらい混ぜ続けたほうがいいかも。どんどん粘度を増していくので、なかなか混ぜ終わるタイミングが掴めませんでしたw うっかり手を抜くとダマが出来たり、底に溜まってしまったり、せっかくの濃厚な高粘度スープが全力を出せなくなってしまうので、しっかり底から掻き混ぜてくださいね。ローストオニオンの個性と深いコク、超弩級の高粘度なトロミにも違和感を抱かせない確かな旨味、そこに交わる香り高い本格的なスパイス感が印象に残る完成度の高い濃厚なカレーラーメンでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン
製造者:明星食品
内容量:90g (めん65g)
発売日:2016年7月18日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427838

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (90g) あたり

エネルギー:357kcal
たん白質:8.7g
脂質:8.3g
炭水化物:61.9g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:1.85mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:142mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:357kcal (めん・かやく:318kcal / スープ:39kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏肉エキス、粉末油脂、香味調味料、香辛料)、スープ(ローストオニオン粉末、デキストリン、たん白加水分解物、カレー粉、でん粉、食塩、鶏肉エキス、香辛料、ラード、チキンオイル、リンゴ食物繊維、香味調味料)、かやく(味付鶏肉、キャベツ、フライドポテト、フライドオニオン、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、セルロース、増粘多糖類、かんすい、炭酸カルシウム、香料、乳化剤、酸味料、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、大豆、豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5259

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
カシミールカレーはスープシャバシャバ・・・(ノ´∀`*)
で自分的にはイマイチでしたがこちらはとてもよかったです。

カレー味カップ麺らしさをしっかり押さえつつも、
デリーさんのスパイスの豊かさを感じることができて
とてもよかったと思います。

カレー味カップ麺ってやはりカップヌードルカレーを
イメージする人多いのでしょうが(自分もそのひとり)、
そういう非マニアック勢にもしっかり対応した内容で満足できました。

No title
こんにちわ~

デリーさんのカレー。。
実店舗が関西にないので行けないんですが。。
レトルトをぜひ食べてみていただきたいですね~~
レトルトといっても手を加えなくてはいけないんですが。。
是非とも再現を実感してほしいです。。。

Re:たういパパ
カシミールカレーはスープの粘度やスパイス感から、
ちょっと一般的なカレー味とは一線を画しているので、
好み分かれるかもですけど、こっちは概ね万人が楽しめそうですよね。

自分はドロドロ系のカレーが好きなのでドンピシャでした!

> カレー味カップ麺ってやはりカップヌードルカレーを
> イメージする人多いのでしょうが(自分もそのひとり)
そうそう、やはり定番のイメージが根強くありますからね。

でも今回は非マニアック勢も素直に楽しめる内容だったし、
マニアック勢としても見所があって、実に印象が良かったです。

これは是非とも再販して欲しいと思いました!
Re:まうさん
こんばんは!

> レトルトをぜひ食べてみていただきたいですね~~
これも探してるんですけど、一向に見当たらないんですよね;

イオンとか大っきなスーパーも探したし、
コンビニに行く度にコーナーを覗くんですけど、全然。、

やっぱり通販しかないですかね? 華麗な女に勧められると食べないわけにはw
No title
takaさん、こんにちは!

この「コルマカレー」は想像以上に傑作でしたね!

自分は「カシミール」のシャープなスパイス感も好きですが、
一つのカレーヌードルとして見ると軽いという面もありましたし、
そうした声はおそらく他にも一定程度あったと思うのですが、
この「コルマカレー」はそうした不満を吹き飛ばす内容でしたね!(●・ω・)

デリーの大きな特徴であるスパイスの香りはしっかり生かしつつ、
カレーヌードルとしてのまとまりを高める濃度もしっかりとあり、
さらに炒め玉ねぎの甘みが他にはない重厚感をもたらすなど、
「デリーならではのカレーヌードル」としての完成度が見事でした!

この商品のおかげで今後の展開にもますます期待が持てますね!

記事ではおそらく★5はいくだろうと思っていましたが、
★7まで上がったのでけっこう驚きましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

どろ系のカレーヌードル好きとしては物の見事にストライクでしたw

もちろん自分も「カシミール」のシャープな路線は大好きですけど、
濃度で言えば明らかに「コルマ」が優勢ですし、不足感の無い具材に
スナック的なノンフライ麺との相性も絶妙で、実に満足度が高かったですね。

デリーらしい香り高いスパイス感も然る事乍ら
炒めた玉葱を思わせる旨味と甘味も印象に残りました!

カレー焼そばには向いてないかもですけど、
ひとつのカレーヌードルとしては完成系にあると思います。

かなりテンション上がってたので、
★ひとつ分ほど甘く見ているかもしれませんが…w

知ったこっちゃねーですw 美味しかった!!ww

管理者のみに表示

トラックバック