東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛赤味噌とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「堅あげポテト 北海道バターしょうゆ味」を食べました。最近、ポテトチップス版を食べて冒頭に感想を書きましたが、基本の味付は同じですね。調整しているのかもしれませんが、原材料を見ても違いがあったのは酸化防止剤(ビタミンC)の有無のみで、構成は並びからして全く同じでした。実際に2つ並べて食べ比べてみたんですけど、ほとんど味付は同じでもベースのポテトが違うと受ける印象は結構変わるんですよね。ポテトチップスではジャガイモの風味を手前に感じて、堅あげポテトではバターを強めに感じました。いやー、これ面白い。同じ味でも2個買って損じゃなかったです。個人的にはバター強めの堅あげポテトが好みでした。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛赤味噌とんこつ」です。「本気盛」で「辛赤」といえば、これまでに「とんこつ」と「ねぎ豚骨」を記事にしているのですが、「味噌とんこつ」は今回が初ですかね。同じような名前だったので、前にも食べたことあると思って危うくスルーするところでしたw





めんは、「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。最近は細めの油揚げ麺も採用されるようになってきましたが、今回は熱湯5分の太麺で、ザ・本気盛とでも言わんばかりの豪快で食べ応えのある油揚げ麺です。油揚げ麺特有の風味も容赦なく放ってますし、無骨でワイルドな質感とサイズ的な食べ応えが相俟って、麺の自己主張は激しく、存在感の強い油揚げ麺です。が、スープとのバランスは大丈夫でした。個人的には熱湯4分の本気盛麺の方が馴染んだような気もしたんですけど、今回のスープは繊細さや複雑味を意識したタイプではなく、食べ応え重視の麺を合わせてもネガティブさを感じさせない、やや大味でシンプルな方向性にあったので、単純に麺の食べ応えを楽しめたんですよね。むしろ油揚げ麺特有の風味がジャンクさに貢献していて、油揚げ麺臭が好印象とさえ思えました。ただ、やっぱり気になる人は気になると思います。スープとの相性自体は悪くなかったので、単純に本気盛の無骨な油揚げ麺を受け入れられるかどうか、そこだけですね。

スープは、「唐辛子の辛味を利かせた味噌豚骨スープに、豆板醤ベースの辛ダレを合わせ」たとのこと。製品説明には唐辛子の辛味を効かせたと書いてありますが、それほど唐辛子の辛味は目立ってないです。でも少しピリ辛。味噌の風味には赤味噌っぽい輪郭があるんですけど、それほどエッジが効いてるわけではなく、どちらかというと味噌の風味を重視したタイプ。東洋水産の味噌ダレはカドよりも旨味や風味を重視する傾向にあるので、塩カドが苦手な自分としては非常に有り難いんですよねw 案の定、ベースの豚骨に骨っぽさは感じられませんでしたが、土台を硬める要員としては充分、及第点はクリアしてるでしょう。ほんのり感じる甘味が塩カドを適度に丸め、そこに豆板醤ベースの辛ダレと香味野菜のキレで一定のアクセントを演出してるんですけど、何かが突出しているわけではなく、味噌,豚骨,辛ダレなど各要素の主張は調和を意識したバランス型。故に良く言えばシンプルで想像が容易く、悪く言えば没個性で大味、といったところでしょうか。単純に食べ応えという観点から見ると、方向性としては間違ってなかったと思います。途中から油揚げ麺の風味も干渉してきますが、押しの強いスープだったので、ボヤけたり野暮ったく感じるようなことはありませんでした。割と序盤でスープの印象が掴めちゃったので、何と無く途中からアレンジしたくなって一味唐辛子と山椒を追加で入れてみたんですけど、美味しかったです。特に山椒、オススメ。柚子七味も合いそうだなー。あ、花椒とかイイかも。 ← 花椒は何にでも合うと思ってる人w

具材は、「FD もやしブロック、味付鶏挽肉、ねぎ」とのこと。鶏挽肉とネギは混ぜてしまうと完全に行方不明だったんですけどw フリーズドライのモヤシは、さすが東洋水産の十八番、きちんと自己主張しています。「でかまる」とかに入ってるレトルト調理品ほどの存在感は感じられなかったものの、乾燥モヤシは埋没してしまう場合も多いので、きちんとした存在感に好感が持てました。乾燥モヤシにしては太かったし、量も申し分無かったし、ニオイとかも結構リアルだったので、モヤシが苦手な人は脳内警報発令するかもw 好印象でしたw ちなみに実際のラーメンだと、基本的にモヤシは要らない派なんですけどね…w

(標準は★3です)

良くも悪くも本気盛らしいと言いますか、私は基本的に本気盛シリーズが好きなので、そんなザ・本気盛らしい仕上がりに個人的な満足度は★4つけたいくらいだったんですけど、客観的に見たら平凡というか、中庸的というか。最終的に残る印象としては、食べ応えもあったし普通に美味しかったなー、って感じだったので、総評としては★3が妥当ですかね。良い意味で。安定感。あ、モヤシは記憶に残る存在感の持ち主でした。ある意味、このカップ麺の要だったと思います。このシリーズのファンとかじゃなかったら、販売期間を逃して食べ損なっても別に後悔はしないかもしれませんがw 本気盛シリーズが好きなら買って損のない一杯だと思います。反面、このシリーズの麺はちょっと…って人は避けた方が無難ですし、モヤシが苦手な人も避けた方が無難w 繰り返しますが、個人的には好印象な仕上がりでした。ちょっと大味なカップ麺だったんですけど、食べ応えに貢献していたし、存在感のあるモヤシは印象的で、本気盛らしさに価値が見出せる人にとっては(斯く言う私はそんな人w)ちゃんと満足できる一杯だと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛赤味噌とんこつ
製造者:東洋水産
内容量:105g (めん80g)
発売日:2016年7月11日 (月)
発売地区:全国 (CVS 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990336130

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:470kcal
たん白質:11.2g
脂質:20.8g
炭水化物:59.4g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:190mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:470kcal (めん・かやく:368kcal / スープ:102kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(みそ、豚脂、植物油、食塩、香辛料、醤油、乳糖、豆板醤、香味油脂、ポークエキス、砂糖、発酵調味料、野菜エキス、たん白加水分解物)、かやく(もやし、味付鶏挽肉、でん粉、ねぎ、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、pH調整剤、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/06/post_1240.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お~、まさに本気盛が本気(ほんき)を出したような
ビジュアルの製品ですね。

麺がまさに本気盛ですやん!
まぁ、この麺でなきゃ本気盛じゃない気もしますが、
ホントに細い麺の本気盛も出ているので
なんかシリーズ自体のバリエーションが広がっていますよね。
悪い意味でいうとそれを迷走というのかもしれませんが・・・。

具のクオリティの高さも本気盛の特長で
今回もFDが入って豪華な雰囲気!

いつもどおりにこの製品も食べていませんが、
スープと具はいただいてみたい一品です・・・ (^_^;)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんにちは。
私はマジモリはちょっと苦手なんですけど(でも新製品を見つけると食べちゃいますが)、フリーズドライは流石まるちゃんって感じですね。見つけたらもちろん買っちゃいます。
Re:たういパパ
麺は思いっきりパパの苦手なザ・本気盛麺でしたよw

あと具材のモヤシが結構ガチでした!

> ホントに細い麺の本気盛も出ているので
> なんかシリーズ自体のバリエーションが広がっていますよね。
> 悪い意味でいうとそれを迷走というのかもしれませんが・・・。
た、たしかに(苦笑) でも自分としては好印象ですけどね!
麺が細くても具材がガッツリならコンセプトも打ち出せてるわけですし!

多分、スープと具材はパパも素直にハマれると思います。
でも麺が許容できないのは致命的なのでw 避けた方が無難ではありますけどね(苦笑)
Re:鍵コメNさん
思うことがありますので、
後日、個別に返信させていただきますね。
Re:鍵コメYさん
コメントありがとうございました!

やっぱりそうですよね…ほんと、自分もそう思います。

鍵コメさんにもそういった経験があったんですね…。

っていうか大丈夫ですか?! 無理しないでくださいね(泣)

おっ。ポテサラの共通点、嬉しかったです(笑)
Re:カノッチさん
こんばんは! コメントありがとうございます(ぺこり)

本気盛は好き苦手が分かれるシリーズですからね…;

> (でも新製品を見つけると食べちゃいますが)
それでもきっとこれは “やっぱり好き” の証なのだと思いますw

東洋水産はフリーズドライに強いですからね!
今回のモヤシは見所のひとつでしたよ。というか、他が良くも悪くも
無難な路線にあったので、具材のモヤシの存在感は主役級でした(笑)
No title
takaさん、こんにちは!

これはほんと「本気盛らしい本気盛」と呼べる一杯でしたね!

ちょっと辛口で豚骨ベースの味噌味でもやしも入っている、
なんだか「本気盛」らしい要素を全部入れた感じでしたね!

そうでありながら過去になかったというのは自分でも驚きました!
うっかりスルーしそうになってしまうのもよくわかります!(=゚ω゚)

でもこの大量のもやしと本気盛麺、辛味噌系スープは合いますね!

最近の「本気盛」の中ではかなり満足度が高いほうでした!

しかし以前は「本気盛」はいつもスルー対象だったのですが、
最近はずいぶんとこのシリーズにも慣れてきちゃいました!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

良くも悪くも本気盛らしい本気盛でしたね(笑)

(もちろん個人的には好印象♪)

麺もスープも良い意味でフツーでしたけど
具材のモヤシは流石のクオリティでしたよね!

> しかし以前は「本気盛」はいつもスルー対象だったのですが、
> 最近はずいぶんとこのシリーズにも慣れてきちゃいました!
たしかに最近のかーとさんは本気盛に積極的ですよね!
ネガティブなバイアスも薄れてきたようですし、自分も嬉しいです。

> そうでありながら過去になかったというのは自分でも驚きました!
> うっかりスルーしそうになってしまうのもよくわかります!(=゚ω゚)
おそらくまた似たような本気盛が出てくると思います(笑)
モヤシが挽肉に変わりましたよ的なやつとか・・・w

管理者のみに表示

トラックバック