サンヨー食品「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス 甲子園カレー味」を食べました。セブンイレブンで購入したんですけど、今年の3月にも販売されていたようですね。袋を開けるとカレーらしいスパイスの香りが漂ってきて、自ずと期待値は上昇。ところが実際に食べてみると意外に大人しくて…いや、普通に美味しいカレー味なんですけど、ちょっと没個性な印象を受けてしまいした。エースコックが出しているカップ麺ではウスターソースの存在が明白な個性となっていて、きちんと印象に残る個性的な味だったので、なんか雰囲気違うなぁ…って。どっちが本物に近いんでしょうねw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味」です。これまた面白い路線を開拓してきましたね。ワサビを題材にしたカップ焼そばは珍しくありませんが、カップ油そばにワサビという組み合わせには新鮮味を感じました。パッケージのデザインと商品名からも伝わってくるように、肉具材にもチカラを入れているようですね。自分は唐辛子の刺激に対しては一定の耐性を備えていると思っているのですが、ワサビやカラシなどに含まれる揮発性の刺激は人並みか、おそらく人並み以下なので、ちょっと不安でもあるんですけどw ワサビの風味自体は大好きなので、程よい主張であることを願って(笑)





は、「張りがあり、しっかりとしたコシのある太麺」とのこと。カップ油そばの麺と言えば、無骨で自己主張が強く、密度の高いガッシリとした麺を合わせる傾向にあるのですが、この麺は見た目の雰囲気から受けるほどのウェイトは感じられず、どちらかというと軽いです。麺量は100gですし、太さからも一定の食べ応えはアピールしてきますが、他社がカップ油そばに用いてくる油揚げ麺ほど力強さは意識しておらず、粘り気のあるモチモチとした食感よりも、やや粉っぽさを感じるような歯切れの良さを重視しているようでした。これによって油そばなのに食べやすいというメリットにはなっていたものの、立ち位置が中途半端というか、ちょっと油そばのイメージ的には弱いと感じてしまうかもしれません。タレとのバランスは悪くなかったので、結果的にオーライだったんですけど、この軽さは意外でした。

たれは、「ポークのうまみに、にんにく、玉ねぎでコクを出し、胡椒で味を引き締めた、わさびがツンと香る油そばのたれ」とのこと。タレを入れて混ぜている最中、ワサビらしい揮発性の刺激が目に飛び込んできて、一体どうなることかと先行きに不安を感じたのですがw 実際に食べてみると刺激は強くありませんでした。もちろん鼻を抜けていくような香りは感じるのですが、鼻を刺してくるような刺激は殆ど感じられず、揮発性の刺激に弱い自分ですら拍子抜け。食べている最中も目に対する攻撃は続くんですけど、舌や鼻に来る刺激は比例してない感じ。パッケージにも記載されていますが、「わさび香料使用」とのことなので、それが要因だったのかもしれません。ベースは甘味の強い醤油ベースのタレで、油そばらしく油脂感は高め。それも豚脂が中心となっているので、なかなかにヤンチャです。ガーリックの主張はそれなりだったんですけど、玉ねぎのコクは割と明白で、味付の方向性は焼肉のタレを彷彿とさせる路線にありました。それなりに塩分濃度も感じたのですが、醤油のカドは豚脂と糖類が削っているので、刺してくるような塩気では無かったです。味付としては甘めの焼肉のタレ風で素直に美味しかったんですけど、ワサビや胡椒などアクセントになる要素が控えめだったので、後半は単調に感じてしまいました。魚粉や昆布出汁などの要素があれば、味に奥行きや幅が生まれたと思うんですけど、そのような下支えやアクセントは無かったんですよね。和風醤油味のイメージ的に、軽く魚介系の旨味かパンチを効かせて欲しかったです。

具材は、「W肉具材の他、キャベツ」とのこと。W肉具材は角切りのダイスミンチと、もう片方は肉そぼろですね。ダイスミンチの食感と風味は肉のワイルドさを意識していて、食べ応えを演出。肉そぼろは少しザラついた舌触りが気になったんですけど、味付が濃く、その旨味で食わせるような印象だったので、棲み分けの図られた個性の違う2種類の肉具材には、それぞれに存在価値が見出せました。量も申し分なかったし、肉のコンセプトはハッキリと打ち出せていたと思います。キャベツは量が少なくサイズも小さかったので、飾り程度の存在でした。たまーに食感はアクセントになってましたけど、たまーにでしたw

(標準は★3です)

面白い立ち位置にある反面、結果的に仕上がりとしては中途半端な印象が否めませんでした。油そばにしてはライトだった油揚げ麺は食べやすさに寄与していましたが、イメージ的な弱さは否めず、まずココが中途半端な印象を受けてしまった要因に。ワサビは目に対する刺激こそ警報レベルではあったものの、実際に食べてみると体感的なインパクトを感じるほどではなかったし、コッテリ甘めのタレは普通に美味しかったんですけど、アクセントの無さに後半は単調さを感じてしまうというマイナス面も。肉具材推しの具材構成はボリュームがあって分かり易かったので、そこは素直に好感触だったのですが、もうちょっと方向性を絞って欲しかったですね。やはり和風醤油味と名打つのであれば、魚介系の原材料も織り込んで味に奥行きと広がりを演出するとか、ワサビも香料だけでなく、粉末状の物も同時に使用するとか、希望小売価格が税抜220円の製品なので、それなりの工夫が欲しかったです。肉具材のボリュームには確かな価値が見出せたので、★の数は及第点としましたが、結果的に不満な思いは否めませんでした。ただ、ワサビを使った油そばというテーマは非常に面白かったので、いつかのリニューアルに期待しています。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 肉油そば 薫るわさび和風醤油味
製造者:サンヨー食品
内容量:142g (めん100g)
発売日:2016年6月27日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901734028307

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:600㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (特製調味だれ)

~標準栄養成分表~

1食 (142g) あたり

エネルギー:676kcal
たん白質:14.5g
脂質:37.0g
炭水化物:71.3g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:226mg

(食塩相当量:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、たれ(豚脂、糖類、植物油脂、しょうゆ、香辛料、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス、調味油脂、発酵調味料、酵母エキス、デキストリン)、かやく(味付豚・鶏肉、鶏・豚味付肉そぼろ、キャベツ)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(カンゾウ)、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0543.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

サッポロ一番 肉油そば
サッポロ一番 肉油そば
美味しそうですね〜
拍手&オールポチ
Re:awjp-reikoさん
個人的にはワサビもうちょっと頑張って欲しかったんですけど、
甘めの焼肉のタレ風味は素直に美味しいと思いました。

タイトル通り肉具材の満足度も高かったですよ!

> 拍手&オールポチ
ありがとうございます! 励みになります♪
No title
これ、パッケージがけっこうインパクト強かったので期待したのですが、
ちょっとタレがぼやけた感じになっちゃいましたね~~。

もっとシャープできりっとしたわさび風味が欲しかったかもしれません。

でも商品のコンセプトは悪く無いと思うので
この甘めのタレがもうちょっといい方向にアレンジして進化してくれたら
いい商品に生まれ変わるでしょう。
Re:名無しさん(たういパパ?)
タレを混ぜている時、湯気が目を直撃して襲ってきた刺激は
インパクト絶大だったんですけどw 実際に食べたら拍子抜けでした。、

肉具材には確かな手応えを感じたので、そこは好印象だったんですけど、
もうちょい和風の要素とか、ワサビの存在感とかが欲しかったですよね。

次回作に期待です!
名無しブーム到来
takaさん、こんにちは!

これ、まぜているときはけっこう強烈なのですよね!

「これは相当なわさびなんじゃないか!」と思わせておいて、
食べてみると「あれ、意外と普通」というギャップが来ますよね!笑

味付けはサンヨー食品らしい甘めの焼肉風に多少近い味で、
まったりとした醤油系油そばといった感じでしたね!

一応リピートしたのですが、2回目は少し飽きが来ました!(=゚ω゚)

肉具材についてはどちらもなかなかよくできてましたね!

形は似ていながらも味にはちゃんと個性の違いがあって、
なおかつ量も多いので食べごたえ十分でしたからね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:名無しかーとさん
ハイそこ変なブーム作らないw

タレを入れたときは結構な衝撃でしたね…w

自分は湯気がダイレクトに眼球を直撃したので、
軽く尻込みしちゃったくらいだったんですけど、
でも実際に食べてみたら大したことないっていう…(苦笑)

むしろ自分でも物足りないくらいでしたからね。、

魚介出汁系の要素も見当たらなかったので、
「和風」という部分にも物足りなさを感じてしまったし、
もちろんコレはコレで美味しかったんですけど、やや不完全燃焼的な。

肉具材は好印象だったんですけどね!

方向性は面白いので、リニューアルの価値アリだと感じました。

管理者のみに表示

トラックバック