東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 地球(ほし)の中華そば 塩そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


7月26日(火)コンビニエンスストア限定発売、サントリーの「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム〈無濾過〉」を飲みました。元々、今年の3月~5月の間に開催されていたキャンペーン用の非売品で、密かに自分も狙っていたんですけど、もはや呪われているとしか思えないクジ運の悪さを遺憾無く発揮しましてw 有り付くことができなかったんですよね。でも当選者の方々から好評で、再販の声が多く寄せられたらしく、この度めでたく数量限定で発売されることになったようです。ありがとう、ありがとうサントリー。そして懸賞に応募して当たった皆様…えっと、何かゴメンナサイw まずマスターズドリームの特徴として挙げられる多重奏で濃密な味わいをしっかりと打ち出し、無濾過らしい軽くドライな舌触りと、丸みを帯びたモルトの甘味と穏やかな苦味、そして上質な余韻が程よく続きます。食事の最中に飲むのではなく、じっくりと時間をかけながらビール単位で楽しみたくなるような高級感にあふれてますね。コンビニ専売品なので、まず定価購入は必須ですし、お値段も高級なんですけどw 納得の美味しさでした。今度はギフト限定とかで出ないかなぁ…って、その前に送ってくれる人を確保しなければw

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 地球(ほし)の中華そば 塩そば」です。 “地球” と書いて “ほし” と読む…うん、こういうニュアンス大好きですよw 「講談社発行『業界最高権威 TRY 認定ラーメン大賞 2015-16』の『新人大賞部門』で、総合1位に輝いた『地球の中華そば』とのタイアップ商品」とのこと。定期的にリリースされている東洋水産の定番企画コラボですね。監修店の「地球の中華そば」は、「2014年10月に、神奈川県横浜市中区にオープン」して、「メニューは塩・醤油・白湯・つけ麺など豊富なラインアップで、店名を冠した『地球の塩そば』が、同店の看板メニューとなってい」るそうです。お店の情報を軽く調べてみたんですけど、スープは鶏をベースに豚骨や牛骨も使用しているみたいですね。実際のラーメンは食べたことがないので、再現度は評価できませんが、東洋水産のタテ型ビッグに付き物なネガティブさが強く影響していないことを祈ります。





めんは、「なめらかで硬さのある細めの丸麺」とのこと。最近は「本気盛」シリーズでも頻繁に見かけるようになってきた細身の油揚げ麺で、プリプリとした食感が特徴でしょうか。縮れが強く、食感も風味もスナック的なタイプだったんですけど、今回のスープは明白な押しの強さを持っていたので、スナック的な風味がスープに干渉して野暮ったくなったり、油揚げ麺臭が味をボカしてしまうようなネガティブさは感じられませんでした。東洋水産のタテ型ビッグに使われる油揚げ麺は、太麺だと無骨で主張が強すぎるというデメリットがあるので、スープを選びがちな傾向にあるのですが、このサイズであれば再現カップ麺でも比較的汎用性は高そうですね。程よい主張とは言え、油揚げ麺らしさは否めないので、再現度という点を重視すると微妙かもしれませんが、スープとのバランスに難は感じませんでした。特製油に含まれる鶏油の芳ばしさが先行する為、油揚げ麺特有の風味は意識的に追いかけでもしない限り、激しく気になるようなことは全くなかったです。

スープは、「チキン・ポークをベースに魚介を加えた、まろやかな塩味のスープ」で、「フライドオニオン入り」とのこと。まず特製油による多めの油脂成分が分かり易いインパクトになっていて、鶏油の芳ばしい香りに食欲をそそられました。ベースのスープは鶏が主体となっていて、豚脂やポークエキスが脇を固めています。スープを飲むと最初に油脂成分のインパクトが攻め込んでくるのですが、ふわっと奥から魚介が上がってきて、一辺倒じゃない変化を感じられたのが好印象。それなりに体感的な塩分濃度も高めにあったんですけど、刺々しいカドを立たせているわけではなく、油脂成分の量を思うと後味にキレを生む塩気にはバランスの良さを感じました。アッサリ繊細なタイプではなく、油脂のインパクトを中心としたコッテリ系の塩スープだったので、コクや旨味の明白な重心の低さに価値が見出せたのですが、油脂の主張が人によってはクドいと感じてしまうかもしれません。私は基本的に鶏油を主体としたオイルが好きなので、このオイル感は手放しに好印象だったんですけどね。フライドオニオンは目立って主張しているわけではなかったものの、時折感じる特有の芳ばしさが味に奥行きと広がりを生んでいました。

具材は、「味付豚肉、ねぎ、メンマ、味付鶏肉だんご」とのこと。まず主役の肉具材ですが、さすが東洋水産。味付豚肉,味付鶏肉だんご共にクオリティが高いですね。味付豚肉は定評のあるリアルタイプの豚肉で、味付も程よく、肉らしい繊維質と旨味にリアリティの高さを感じます。ひとつ大きめの脂身にテンションが上がったw 味付鶏肉だんごも安定の東洋水産品質で、ふんわりと柔らかい食感に鶏肉だんごらしい肉の旨味など、質が高く文句のつけようがありませんでした。スープとの相性は鶏肉だんごの方が圧倒的に上だったので、鶏肉だんご1本に絞ってもよかったような気もしたのですが、質の高い2種類の具材を楽しめたのは嬉しかったです。ネギも飾りではなく、きちんと価値の見出せるサイズなのが良いですね。メンマはコリコリとした歯応えが強かったので、箸休めに良かったんですけど、写真の右上に映っている2個しか入ってませんでした…w ただ、メンマの個数に関しては多いという意見もあったので、どうやら自分がハズレくじを引いたようです。「マルちゃん正麺 カップ 旨みだし塩」を食べた時にはトラウマレベルの多さでしたがw もしかしたら東洋水産ってメンマの量に個体差が激しいメーカーなのかもしれないw

(標準は★3です)

再現度の高さについては分かりませんが、ひとつのカップ麺としての完成度は高いと思いました。スープのオイル感がターニングポイントになると思うので、そこだけ注意してもらいたいんですけど、コクと旨味が深く力強い塩ラーメンが食べたい気分の時には欲求を満たしてくれるでしょう。油脂成分のインパクトにお店の雰囲気を感じられた気がするので、香味油にチカラを入れてるのかなー、って。事前情報で掴んでいた牛骨の要素もあると楽しかったんですけど、実際のラーメンでもそんなに牛骨は主張していないようですし、今回はカップ麺として見た場合の満足度を、そのまま総評に反映しています。アッサリとした塩ラーメンが好きな人は避けたほうが無難かとは思いますが、鶏油の芳ばしい風味や油脂成分に抵抗が無ければ素直に楽しめるかと。心配していた麺とスープのバランスにも問題は感じられなかったし、コッテリ好きも満足できる力強い塩ラーメンとして納得の一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ 地球(ほし)の中華そば 塩そば
製造者:東洋水産
内容量:93g (めん70g)
発売日:2016年6月27日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990335942

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:450kcal
たん白質:12.6g
脂質:24.1g
炭水化物:45.7g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:1.11mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:168mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:450kcal (めん・かやく:354kcal / スープ:96kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、卵白、香辛料)、添付調味料(チキンエキス、鶏脂、食塩、植物油、魚介エキス、フライドオニオン、豚脂、ゼラチン、ポークエキス、たん白加水分解物、酵母エキス、香辛料)、かやく(味付豚肉、味付鶏肉だんご、めんま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さけ、大豆を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さけ

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/06/post_1235.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
あちゃ~~~
実店舗に行く前にカップ麺化してもうた~~~(;´∀`)
今まで何度も行く機会があったんですが、
「地球の」って聞いただけで二郎系と勘違いしててノーマークだったんですよねw
そうこうしてるうちに評判が評判を呼んで行列店に・・・
帰省の前に「予習」として食べておこうと思います。
ものすごい敗北感ですがww
No title
これは例によって自分は食べませんでしたが、
塩ベースのスープだったのですか・・・。
でもあっさり系塩味じゃなく旨味塩味スープみたいですね。

鶏油とかオイルをうまく使っていい感じに仕上がっているんですね!
こういう感じのスープは自分は好きかも??、買えばよかったかな?

そして具はいつものマルちゃんクオリティですばらしいですね。
マルちゃんは縦型カップのほうが具に力入れる感じさえします!

お店のコラボッて感じはしませんが、
とても完成度高い製品って感じです。
No title
マスターズドリームのコンビニ無濾過
美味しいけど高い、高いけど美味い。
金キラ路線ではなく、和紙風のラベル。
ええのぉ~
Re:ぴょんこさん
お、ぴょんこさんも目を付けていたラーメン屋さんでしたか_φ(. .*)

何度も実店舗へ行く機会があったのに、
先にカップ麺化されちゃったら悔しさもありますよね。、

> 「地球の」って聞いただけで二郎系と勘違いしてて
確かに言われてみたら二郎系の雰囲気が無きにしも非ずw

敗北感に負けず予習に活用しちゃってくださいw
もちろん実店舗のレビューも楽しみにしてますよ!
Re:たういパパ
魚介の要素があったことと、油脂成分の量が多かったので、
パパ的に味の好み外&クドさを感じてしまうカップ麺かもしれません。、

中でも油脂成分のパワーは結構なレベルでしたからね!

美味しけど、ちょっと重たいかな…ってなりそう(苦笑)

具材は素晴らしかったですよ!

個人的に肉具材は鶏団子1本でも良かったんですけど、
どちらもクオリティは流石の東洋水産品質でしたからね。

たしかにコラボ品としての個性は控えめかもしれませんが
ひとつのカップ麺としての総合力は単純に高いと感じました!
Re:愚昧親爺さん
愚昧さんも呑まれました?

これ美味しいですよねー。ただ、如何せん高い…w

そうそう! 書き忘れてたんですけど
和風ラベルにもそそられるものがありました!

この特注感にもコストが嵩んでいそうですけど…w
No title
takaさん、こんばんは!

油脂を強く生かした塩ラーメンという感じの一杯でしたね!

かといって、油脂だけに頼った構成というわけではなく、
中心に据えられた鶏だしの旨味もしっかりとしていて、
オイリーながらも上手くまとめられたラーメンでしたね!

また、玉ねぎによる香味もいい効果をあげていましたね!(●・ω・)

塩ラーメンにあっさり感よりもパワフルさを求める人なら、
その期待にしっかりと応えてくれる一杯と言えるでしょうね!

そして肉具材ですが、どちらも非常に良かったですね!

鶏だんごは東洋水産が得意とする具材の一つですし、
リアル系豚肉もいつもながら内容のいい仕上がりで、
具材に強い東洋水産の強みが発揮されてましたね!

東洋水産は縦型の麺に弱みを見せがちではありますが、
具材の充実度に関しては素晴らしいものを持ってますよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

こってり感が人を選ぶ仕上がりかとは思いますが、
ひとつのカップ麺として完成度の高い一杯だと感じました。

おっしゃるとおり油脂の力強さを活かしつつ
それでいて油脂だけに頼っていなかったのが良かったですね!

きちんとベースにもコクがあったし、油揚げ麺とのバランスも良くて、
具材の満足度も高く、力強い塩ラーメンが好きなら満足できるでしょう。

肉具材の完成度も素晴らしかったですね!

個人的には鶏団子1本でも良かったんですけど、
2種類の肉具材は単純に満足度が高かったです(笑)

「本気盛」シリーズでも太麺に執着せず
こういった仕上がりを視野に入れて幅広い展開に期待したいですね!

管理者のみに表示

トラックバック