明星食品「明星 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


7月25日(月)発売、湖池屋の「ポテトチップス 炙りビーフ ~岩塩と黒胡椒仕立て~ ウェーブタイプ」を食べました。炙りビーフの旨味が濃厚で、適度なブラックペッパーが後味を引き締め、主張し過ぎないガーリックのアクセントが肉の旨味を引き立てます。やや塩気も強めに効かされていたのですが、テーマに岩塩があるからでしょうね。思っていた以上にシンプルな内容だったので、これといって新鮮味のある味ではなかったものの、きちんと炙りビーフの雰囲気は伝わってきたし、波型カットのポテトが濃厚なパウダーをガッチリとキャッチしていて、濃いめでワイルドな味付がビールのアテにぴったりでした。単体で食べたら少し喉が渇きそうな味だったんですけど、それもビールが相手ならプラス作用w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛」です。つい最近、「麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛」と同時にレギュラーサイズが再販されたところで、スーパーをメインに取り扱っている店舗を多く見かけるんですけど、発売から約1ヶ月後にレギュラーサイズで再販とは思い切ってますよね。ある意味、自分としてはタイミングよくタイムリーな記事になって嬉しいわけなんですけどw おそらく大盛版もレギュラー版も味に大差は無いと思うので、この記事が少しでも参考になるといいのですが。





めんは、「しなやかでスープのりが良く、食べやすい油揚げの細麺」とのこと。大盛バケツ型に使用される油揚げ麺としては珍しい細さの中細麺で、ふかふかとした軽めの食感。それこそレギュラーサイズの丼型に多く見られるタイプで、麺の食感や風味も含めてスナック的な印象の強い油揚げ麺です。洗練された高級感こそ感じられないものの、個性的なスープとの相性は悪くありませんでした。と、感じたのは中盤まで。麺量90gという大盛仕様ですが、時間経過による劣化耐性に優れているとは言えず、途中からモッサリしてくるというか、後半は量的に飽きてくる感じでした。カップがレギュラーサイズだったら、受ける印象も変わっていたかもしれません。スナック感は個人的に好印象だったんですけど、大盛バケツ型という仕様に合わせ、もう少し耐久性を重視するか、「ぶぶか」などで使用されている明星食品お得意の歯切れが良い低加水系ストレート麺を合わせて欲しかったです。

スープは、「ポークの旨みと赤唐辛子の辛味がきいた醤油ベースのスープに、お店の特長である魚介だしを合わせ」て、「ガーリックとオニオンの香りのオイルが食欲をそそ」るとのこと。ガーリックの効いた醤油ベースのシャープなスープに赤い油脂を浮かべるという台湾ラーメンらしい構成なのですが、想像以上に魚介出汁が効いてますね。魚粉でモロにパンチを喰らわせるほど強烈な主張ではないんですけど、鰹節粉末が分かりやすくアタックしてくるので、体感的にはポークの旨味よりも鰹が優勢に思える瞬間が多々ありました。エースコックの「にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば」を食べた時、台湾ラーメンに魚粉は蛇足的だと感じてしまったのですが、バランスブレイクしてしまうほど主張は強くなかったし、実際に魚介出汁を合わせている台湾ラーメンもあるんだなー、って。勉強不足でしたw 台湾ラーメンといえば攻撃的な印象が少なからずあると思うんですけど、唐辛子の辣味はピリ辛と辛口の中間くらいだったし、魚介出汁が味に幅を生んでいるので、正統派な台湾ラーメンのスープとはイメージが違ったんですけど、これはこれで食べやすい工夫になっていたと思います。ただ、ラードを中心とした動物性油脂の重厚感も強めにあったので、がっつり系が苦手な人は回避した方が無難かもしれません。まぁ大盛バケツ型を手に取る層を思えば、このワイルドさは加点要素ですよね。

かやくは、「ダイス状の味付け肉をメインに、ガーリック、ニラ、ネギ、輪切り唐辛子」とのこと。挽肉ではなくダイスミンチが使われているのですが、構成としては台湾ラーメンに必要なポイントをソツなく押さえてますね。ダイスミンチは風味も食感もジャンクな肉具材で、ちょっと密度が軽い気もしたんですけど、それなりのクオリティはキープしています。麺がスナック的だったこともあり、全体の雰囲気がソッチ寄りだったので、ダイスミンチのジャンクなイメージも馴染んでました。サイズも小さ過ぎず、量も及第点。ニラは後入れなので、風味や食感が良いですね。ガーリックは多めに入っていて、スープのガーリック感を確実に後押し。かなり存在感があって、しっかりパンチが効いてました。ネギは飾りだったんですけど、輪切り唐辛子は大きめで、きちんとした辣味が好印象。もうちょっとダイスミンチの密度が高いと嬉しかったのですが、イメージ的にも押さえるべきポイントは押さえていたし、これといって具材に対する不足感はありませんでした。

(標準は★3です)

魚介が効いた台湾ラーメンということで、正統派の台湾ラーメンじゃなかったんですけど、魚介出汁がデフォという個性に確かなアイデンティティは感じられました。ちょっと合わせる麺に難があったことと、大盛という内容量が人を選ぶターニングポイントになってくると思うのですが、味としては比較的、受け入れやすい仕上がりだったと思います。大盛であることのメリットは量的な食べ応えくらいだったので(いや…それが大盛バケツ型では重要なわけですけどw)自分はレギュラーサイズでも良かったかなー、って。というか、そう思った自分のような人間が再販品のターゲットなんでしょうね、きっとw おそらく現在発売中のレギュラーサイズも同じような方向性にあると思うので、気になった人はお試しください。正確に食べ比べたわけではないので、大盛版とレギュラー版の違いについては責任を負いかねますがw 原材料を比較してみると、概ね構成は同じ内容でした。希望小売価格が税抜205円の大盛バケツ型という仕様が足を引っ張っているような節があったので、税抜180円のレギュラーサイズなら★4かなー(注:あくまでもイメージですw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛
製造者:明星食品
内容量:117g (めん90g)
発売日:2016年6月27日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881418409

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (117g) あたり

エネルギー:531kcal
たん白質:11.6g
脂質:24.5g
炭水化物:66.1g
ナトリウム:3.4g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:2.3g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:152mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:531kcal (めん・かやく:459kcal / スープ:72kcal)
食塩相当量:8.6g (めん・かやく:2.8g / スープ:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(ラード、食塩、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物、香味油、かつおぶし粉末、香味調味料、酵母エキス、植物油脂)、かやく(味付豚肉、香辛料、ねぎ、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、香料、カロチノイド色素、乳化剤、香辛料抽出物、酒精、甘味料(スクラロース)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ごま、さけ、さば、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5215

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
しかし、まぜそば共々先行でこのBIGサイズを発売して、
その1ヶ月後にこんどはそれぞれのレギュラーサイズ発売とは
明星さんも異例の力の入れようの製品だなって思います。

さすがにレギュラーサイズ2品は発見できたのですが、
他の新製品のため、残念ながら手が回らなくスルー予定です。

魚介風味はこころさんオリジナルの方向性なんでしょうね!
本格的な中にもジャンキーな部分を強く打ち出した製品でした。

具もしっかりのボリュームで良かったですし、
スープも美味しくいただけた製品でした。
No title
大盛り好きの私には向いてるかなぁ

台湾ラーメンブームもあって
食べてみたい一品だと思いました
Re:たういパパ
1ヶ月後にレギュラーサイズで再販にはビックリしましたw

次の年に「昨年、ご好評いただいたので」
とかだったら別に驚かなかったんですけどね(笑)

自分も在庫の関係でレギュラーサイズはスルーしますが、
パッケージのデザイン的にも内容に大きな差はないでしょう。

少なくとも「また食べたくなるラーメン 柚子香る塩味」
ほどの変貌は遂げていないでしょうからねw

魚介が意外だったんですけど、結構イケますね。

あとは麺を筆頭としたスナック的な雰囲気ですが、
それを思うとレギュラーサイズの方が纏まりは良さそうです。

もうちょっと早くにリリースを知っていたら
両方ともレギュラーサイズを食べたんですけどねw
Re:AKIOさん
カップ麺界も台湾ラーメン(まぜそば)の
ブームに漏れなく乗っかってますからね!

大盛好きであればバケツ型ならではの付加価値が見出せるとは思うんですけど、
全体の雰囲気を思えばバランスはレギュラーサイズの方が整っているかもしれません。

本格志向の台湾ラーメンであれば寿がきや食品の製品が高品質でしたよ!
http://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-915.html
No title
takaさん、こんにちは!

魚介の効いた台湾ラーメンは珍しく感じましたね!

しかもメーカーが勝手にそうアレンジしたわけではなくて、
有名店の監修商品でそうした魚介系が出てきましたからね!(=゚ω゚)

台湾ラーメンのシャープさが苦手という人からすると、
これぐらい魚介が入るほうが食べやすいのかもですね!

自分としてはシャープ系の台湾ラーメンのほうが好きですが、
それでもこれはこれで納得がいくだけのものがありましたし!

ジャンクかつ万人受けする台湾ラーメンとしてはアリでしょうね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> 魚介の効いた台湾ラーメンは珍しく感じましたね!
エースコックの時には違和感を感じてしまったんですけど
それで慣れたのか?w 今回は割とスムーズに受け入れることが出来ました。

実際に魚介の効いた台湾ラーメンを提供している
実店舗もあるという情報も手伝ってのことだとは思いますが!

自分も台湾ラーメンは寿がきや食品のノンフライ麺バージョンが
好みなんですけど、これはこれでアリだったと思います。

ただ、大盛であることの意義が食べ応え以外に見出せなかったので、
やはりサイズ的にはレギュラーの方が良いように感じました。

余裕があったらレギュラーサイズも試してみたいんですけどね…
このカップ麺らしいスナック感は個人的に好みなので!

管理者のみに表示

トラックバック