エースコック「ブタメン BIG とんこつ味」



7月18日(月)発売、山芳製菓の「ポテトチップス ネギまみれポン酢味」を食べました。ネギがテーマのポテトチップスって斬新だなー、と思いながら何気なく開封したところ…なにコレ香りからしてめっちゃネギ!w で、実際に食べてみたところ…なにコレめっちゃネギ! でしたw 原材料のネギパウダーは京都産九条ネギを100%使用しているそうで、特有の辛味とかは無く、火を通したネギの旨味や甘味を重視している感じ。ポン酢味という割に酸味は控えめだったんですけど、出汁っぽい味付がネギの風味と絶妙にマッチしていて、鶏のモモ肉を1枚豪快に炙ったような肉の芳ばしさと、ジューシーな旨味が好印象でした。ポン酢味と銘打つのであれば、もう少し酸味を効かせても良かったように思いますが、意外な完成度の高さには驚きましたね。完全にネタで手に取ったんですけど、なんのなんの。単なるネタで終わらせない計算された味付と、確かなインパクトに価値が見出せました。山芳製菓ってコンビニ限定で、ちょいちょい変なポテトチップスをリリースしてきますけど、意外と味は馬鹿にできないんですよね。ヘビーリピートしたくなるようなタイプではありませんでしたが、興味本位で買って食べても損はないと思います。

さて、本日の一杯は、エースコックの「ブタメン BIG とんこつ味」です。セブンイレブンで購入したんですけど、イトーヨーカドーでも販売されているみたいですし、セブン&アイ・ホールディングス系列店の専売品でしょうか。パッケージを見れば一目瞭然、もはや説明不要かとは思いますが、おやつカンパニーのブタメンをエースコックが巨大化させてしまったようです。見つけた瞬間、ネタ的な面白さに惹かれ、深く考えずに思わずカゴに放り込んでしまったんですけど、実際に食べる直前となった現在…嫌な予感しかしないw 尚、今回は簡易記事にて失礼します。





(標準は★3です)

うーん、やっぱりアレですね。ブタメンは “あのサイズだから” 美味しいんだなー、ってw 味は普通に美味しかったし、なんかこう、ロマンを感じるというかw ネタ的には面白かったんですけど、オヤツとして食べるには量が多過ぎるし、かと言って食事として食べるには…ちょっと虚しいw まず味なんですけど、オリジナルのブタメンを実直に再現しています。駄菓子感満載なスープとか、やや味付の主張が強いスナック的な芳ばしい味付麺とか、具材は胡麻だけ(具材としてカウントしていいのか?w)とか。麺の仕様にも若干の違いがあったり、原材料の並びにも微妙な変化はあったものの、単純に既存のブタメンが大きくなった製品なんだと思っていただいて大丈夫です。正確な希望小売価格は分からなかったんですけど、麺量はオリジナルの約2.5倍で、お値段(コンビニ取得価格)も約2.5倍。味もオリジナルと大差なかったので、ほんと単純にデカくなっただけ、みたいなw それ以上でも、それ以下でもなかったです。ブタメンを大盛で食べられる、という部分に価値があるのかもしれませんが(ってか、それが売りなんですけどw)これで1食を補うには虚しさが否めず、単調さからサイズ的に途中で飽きてくるし、そうなってくると大盛というサイズも手放しにメリットとして受け入れることが出来なくなってくるわけで。やっぱりブタメンは、あの駄菓子サイズが適量なんだと思いました。ネタ的には非常に面白かったので、そこは素直に評価したいと思います。食べ手のスタンスで大きく評価は分かれそうですが、このレトロ過ぎるチープさが逆に新鮮だったりしたので、そういった意味では得られるモノがありました。他にもブタメンの現行ラインナップに「タン塩味ラーメン」「カレーラーメン」「しょうゆラーメン」「焼そばソース味」などもあるので、順番に巨大化させたら面白そうですね(あくまでネタとしてw) “豚(トン)でもないウマさ!!” とまでは称賛できませんが、ブタメンを巨大化させるというトンでもない思い付きは印象に残りましたw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ブタメン BIG とんこつ味
製造者:エースコック
内容量:87g (めん78g)
発売日:2016年6月21日 (火)
発売地区:-
希望小売価格:- (取得価格:税込198円)
JANコード:4901071275310

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (87g) あたり

エネルギー:368kcal
たん白質:9.0g
脂質:11.6g
炭水化物:56.9g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
カルシウム:183mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(食塩、植物油脂、ポークエキスパウダー、デキストリン、糖類、しょうゆ、オニオンパウダー、香辛料、チキンパウダー、香味油、全卵粉)、かやく(ごま)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、かんすい、微粒二酸化ケイ素、カゼインナトリウム、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、香料、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸味料、カラメル色素、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
そうです、これは量がぜったいに多すぎでしたよね!
まぁBIGカップにしてインパクトを出そうとしたのでしょうが、
ここはおとなしくレギュラーカップのほうが
食べ手には優しかったと思います。

やはり自称w「ヤクルト理論(笑)」がこういうカップ麺にもあるのが
実証されてしまいました・・・。

そして具の大事さも痛感しましたよね!
形だけの細かいネギ、はたまたスポンジ状の肉そぼろ・・・
でも入っているのといないのでは大違い。
味や食感に変化が必要であることが大事って改めて知らされました。

そういう意味ではいろいろ考えさせられる製品だったと思います。
Re:たういパパ
そうですね…たしかにレギュラーサイズだったら、
もうちょっと柔らかく評価できたかもしれません。

逆にキングサイズだったらインパクトに負けて★3だったかもw

> やはり自称w「ヤクルト理論(笑)」
あの “ちょっと足りない” 感ですよねw

でも、自分は以前、大きなグラスに
ヤクルト5本くらい入れてガブ飲みするのに
ハマってた時期があったのでw 人と基準がズレてるかもですがw
ブタメンに関して言えば、やっぱり標準サイズがベストですよね(笑)

> そして具の大事さも痛感しましたよね!
あの粗悪な肉そぼろなら無い方がマシですけど、
飾り程度のネギがあったら随分と印象も変わっていたでしょう。

逆にコンセプトとしては敢えての具材無しに
潔さとインパクトは感じられたんですけどね!

ただ、やっぱり食べてて虚しかったけど…w

かなり微妙な立ち位置の製品でしたが、おかげで
カップ麺マニアだからこその確かな収穫はありましたね_φ(. .*)
No title
takaさん、こんにちは!

このできあがり画像は・・・このブログとしては斬新ですね!
とはいっても、こうした写真しか撮りようがないわけですが!(゚◇゚)

いつもの流れで記事を書こうにも具の部分の書きようがなく、
カップ麺ブロガーとしてはなかなか困る商品でしたよね!

食べ始めは「ブタメン」らしさを楽しむことができるのですが、
食べ進めるにつれてどんどん飽きが来るのは否めないですよね;

これで100円クラスであればそれはそれで割り切れるのですが、
価格帯が意外に高く、その点でも難しいところがありましたし!

それでも「なぜこれを大盛にしたのか感」は楽しめましたし、
一つのネタとしてはアリと言える商品ではありましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> このできあがり画像は・・・このブログとしては斬新ですね!
この殺風景な写真は「衝撃の泡立ち」以来の衝撃でしたねw

もちろん全体的なスナック感は個人的に好みだったし、
味も普通にイケてたんですけど、何にせよ問題は量でした(苦笑)

具材の無い単調さは否めず、ブタメンのイメージも干渉してくるので、
自分の場合は飽きるを通り越して虚しくなってしまったんですよね…w

オレの主食…ブタメンか…みたいなw

> これで100円クラスであればそれはそれで割り切れるのですが、
そうそう、これで100円なら許容できたんですけど、
コンビニで定価購入したら割高感は否めませんでした。

ネタとしてはバッチリだったんですけどね!

何気に他のフレーバーも出ないかコッソリ期待してますw

管理者のみに表示

トラックバック