サンヨー食品「サッポロ一番 熟成黒にんにく仕上げ醤油ラーメン」



7月の第2週はポテトチップスの新作をあまり見かけなかったので、カルビーの「Jagabee(じゃがビー) ガーリックシュリンプ味」を食べました。最初は少し薄味かな? と、思ったんですけど、徐々に旨味が増していくタイプで、そこそこガーリックは効いてたのですが、ちょっとシュリンプは弱かったかなぁ…。徐々に旨味が増していくとは言え、それでも最終的にシュリンプは目立って感じられなかったです。言われてみたら、まぁ…くらいだったので、海老の旨味に期待して食べると場合によっては裏切られるかもしれません。皮付ポテトは相変わらず美味しかったし、単純に味としては悪くなかったんですけどね。最近、冒頭ネタにしているスナック菓子はポテチ系が多かったので、じゃがビーとか久しぶりに食べて、たまにはカップに入ったスナック菓子をネタにするのもいいかなー、と思いました。あ、ちなみに「じゃがりこ」の感想は、滅多に書かないと思います。コンビニ限定とか見付けると気になるんですけど、数年前に割れて尖った部分が上顎に突き刺さって流血事件を起こした経緯があるのでw そのトラウマが消えるまでは、よほど興味をそそられる題材でもない限り、手は出さない(正確には出せないw)と思います。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 熟成黒にんにく仕上げ醤油ラーメン」です。熟成黒にんにく…うん、なんかこう、漠然と元気が出そうですよねw しかも青森県産ですよ。やはり “熟成” の文字が目を引くので、一般的なガーリックを推したカップ麺とは違うのか、ニンニク感(熟成感?)に注目ですね。





は、「なめらかさとつるみが特徴のコシのある中太麺」とのこと。中太麺? いや、自分としては中細麺なんですけど…一般的に見ても中太ってほど太くはないと思います。麺自体は特に変わった様子も感じられず、ややヌードル麺に近い印象を受ける軽めの油揚げ麺で、そんなにコシも強くなかったし、麺単体としての主張は控えめ。どちらかと言うとスープに寄り添うタイプで、やや平打ちの形状と軽い縮れが相俟って、スープのリフト性能は高かったのですが、今回のスープは油脂成分が多かった為、とにかくオイルコーティングが凄まじかったですw ある程度スープを飲んで油膜を解消する迄ほとんど油の味しかしなかったw ある意味これはこれでインパクトがあったし、好みの関係で自分はネガティブに感じなかったんですけど、人によってはクドい絡み方だと思います。スープのベースは軽めだったので、軽めの油揚げ麺という組み合わせは悪くなかったんですけど、油脂成分の主張を考慮すると、もう少し麺の密度を上げた方がバランスは整ったかも。経時劣化耐性も高いとは言えず、早めに柔らかくなってくるので、2分くらいで食べ始めて問題ないと思います。うーん、やっぱりコレは中太麺ではないw

スープは、「鶏と豚のうまみに、青森県産にんにくを発酵熟成させた『熟成黒にんにくエキス』使用の調味油を合わせ」た、「熟成黒にんにくのまろやかなうまみ、香ばしい香りがきいた醤油スープ」とのこと。「熟成黒にんにくエキス」を使用しているからか、ニンニク特有のエッジが効いたシャープな攻撃性は感じられず、丸みを帯びたマイルドなニンニク感。もちろん、それなりにニンニクの主張は感じられるのですが、TPOを弁えなければいけないようなジャンキーなパンチだったり、ニンニク特有の辛味なんかに期待すると、少し拍子抜けかもしれません。仕事中に食べても大丈夫そうだけど、デートの前だと少しヤバいかな? くらい(わかりますかねw)ニンニクの主張は人を選ばないタイプだったんですけど、別添の黒マー油的な油脂成分の量が多く、ちょっと風味にも独特のクセを感じたので、ここがターニングポイントになると思います。独特の芳ばしさと油脂成分ならではのコクは個人的に好印象だったのですが、レンゲでも使わないとベースのスープに辿り着く前に油膜の洗礼を受けるので、土台の弱さを感じてしまったんですよね。ベースのスープ自体はカップ麺らしいオーソドックスな醤油味だったので、もうちょっと油脂成分のインパクトに負けないような個性が欲しかったです。一応、ペッパー系のアクセントはあったんですけど、そのままでは物足りなかったので、黒胡椒を粗挽で多めに追加投入してみたら、油脂成分の主張に負けないメリハリが生まれて相性はバッチリでした。

具材は、「鶏唐揚げ、ねぎ、メンマ」とのこと。メインの鶏唐揚げは、おそらく「チキンマニア」や「から揚げしょうゆ味どんぶり」に入っていた鶏肉具材と同じタイプだと思います。食感は少しナゲットっぽいんですけど、不思議と唐揚げっぽいw 美味しいですコレ。どんどん使って欲しい。メンマの発酵感は強く、そこは好印象だったのですが、歯応えは柔らかめでした。フライドガーリック系の具材も入ってると嬉しかったんですけど、そこまでコストは回らなかったようですね。

(標準は★3です)

漠然と熟成っぽい雰囲気は感じられた気がするし、ガーリックのジャンキーなパンチを中心に据えたカップ麺とは違った印象を受けたのですが、まろやかさに寄せている分、ニンニク特有のエッジやパンチに期待して食べると少し期待外れかも。それ以前に油脂成分の自己主張がハンパじゃなかったので、ここがターニングポイントになると思います。自分は黒マー油系の調味油が好物なので、あまり油脂成分をネガティブには感じませんでしたが、やや単調さを感じるくらい油推しだったことと、ベースのスープを覆い隠しているような印象が否めなかった為、良くも悪くも一本調子な仕上がりでした。「熟成黒にんにくエキス」を使用している事に価値の見出せる一杯なんだと思うし、独特な風味が漂っていた芳ばしい調味油には個性を感じたんですけど、やや全体のバランスに難があったので、総評は差し引いて及第点ですかね。個人的には好きな路線だったので、それなりに楽しめましたが、油脂成分のインパクトに飲まれないような工夫があると嬉しかったです。どんぶり型の容器だったら、また印象も変わっていたかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 熟成黒にんにく仕上げ醤油ラーメン
製造者:サンヨー食品
内容量:93g (めん70g)
発売日:2016年6月13日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734028284

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:413kcal
たん白質:7.9g
脂質:16.9g
炭水化物:57.3g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:368mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:413kcal (めん・かやく:339kcal / スープ:74kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(しょうゆ、食塩、糖類、調味油脂、ガーリックパウダー、豚脂、チキンエキス、ポークエキス、植物油脂、熟成黒ニンニクエキス、こしょう、デキストリン、酵母エキス、発酵調味料)、かやく(鶏からあげ、ねぎ、メンマ)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、カラメル色素、炭酸カルシウム、乳化剤、酒精、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、パプリカ色素、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0542.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、この迫力あるブラックパッケージで騙される(笑)っていう面も
かなりありますよね。
自分はこのデザイン見てそのギャップに戸惑ったひとりですww

とくにもっとにんにくに頑張って欲しかったですね。
せっかくあの有名な「青森産」を掲げているので
コストかかるでしょうがそこをもっと押してほしかった~。

唐揚げ具材の再登場については大歓迎!
こういう内容の製品に採用もよくマッチしていたと思います。

醤油スープについては刺激的なビジュアルのわりに
なんか中途半端な気がしてなりませんでした。
あらゆる面でもう一息感強い製品でしたね。
Re:たういパパ
そうなんですよね…パッケージはインパクト大なのに、
フタを開けてみたら、まぁそうでもなかった…みたいな(苦笑)

たしかに調味油の量とクセにはインパクトを感じたんですけど、
悪い意味で一辺倒というか、ちょっとバランスが気になりました。

ニンニク感も一般的なタイプと違ったし、
それはそれで個性にはなっていたのですが、
攻撃性が弱まったことで逆に没個性というか…いや、
調味油の量には異様な攻撃性を感じたわけですけどもww

唐揚げ具材の再登場は素直に好印象でしたよね!
基礎クオリティが高いですし、今後も汎用希望です_φ(. .*)

ベースのスープにもインパクトが欲しかったし、
調味油の量を減らしてガーリックチップを追加するとか、
もうちょっと違いが高め合うようなバランスだと良かったんですけどね。

こんな風に好き勝手書かれて開発陣も大変でしょうけど…www
No title
takaさん、こんにちは!

このカップ麺は購入したもののまだ食べてないのですよね;
発売週の2週間後ぐらいから見るようになりましたので;

にんにく+黒と聞くとものすごくインパクトが強そうなのですが、
黒にんにくって普通のにんにくよりもむしろ味は大人しいはずで、
どうしても見た目よりもパンチの弱い仕上がりになるのでしょうね(;゚ω゚)

それにしてもちょっと油脂が多いというのは気が引けますね;

表面に油脂の膜ができるラーメンも好きではあるのですが、
どうにも手を伸ばすのを躊躇してしまいそうな気がします;

それでも賞味期限が近づくまでには食べようと思いますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 発売週の2週間後ぐらいから見るようになりましたので;
そういえば、かーとさん記事にしてないなぁ…とは思ってましたけど、
2週間後くらいから見かけるようになったとは、かなりのラグですね。、

> にんにく+黒と聞くとものすごくインパクトが強そうなのですが、
> 黒にんにくって普通のにんにくよりもむしろ味は大人しいはずで、
> どうしても見た目よりもパンチの弱い仕上がりになるのでしょうね(;゚ω゚)
まさにそんな感じで、にんにく自体のインパクトは
パッケージの雰囲気と比べても随分と控えめだったんですけど、
油脂成分の主張は暴力的な攻め方してきますよw ほんとに前半は
麺を食べている時なんか調味油の味しか感じられなかった程ですからw

そういった意味ではインパクトあったんですけど、
ちょっと違うんじゃない? って感じでしたね(苦笑)

個性的な調味油は印象に残ったので
工夫次第では随分と化けそうな雰囲気ではありました!

管理者のみに表示

トラックバック