明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 梅かつお味」



本日、7月12日より、サッポロの「赤星」こと「サッポロラガービール」の缶製品が数量限定で絶賛発売開始となりました。やったー!自分は赤星が大好きなんですけど、家で飲むビールは基本的に缶か小瓶がメインなので、通常は大瓶と中瓶のみでの販売となっている赤星は家で気軽に飲めなくて…。で、5月中旬に発表されたリリースを見てから、今か今かと楽しみにしてました。こりゃケース単位で仕入れ決定ですなw 普段から瓶ビールを飲まない人や、赤星?ナニソレ?な人も手軽に飲める缶バージョン、この機会に是非。一般的な非熱処理のビールとは違う、熱処理ビールならではのクラシックな飲み応えに魅力を感じてしまったら…もうドップリですよ。男は黙ってサッポロビール!(女性もね♪)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 梅かつお味」です。梅かつお味のカップ焼そばということで、東洋水産の「マルちゃん 私の塩 なでしこジャパン編 梅しお味焼そば」を思い出しました。甘酸っぱい梅の刺激は夏に向けて嬉しい清涼感が感じられそうですし、これは楽しみですね。一平ちゃんには必須とも言えるマヨネーズが蛇足的になっていないかどうか、フリカケは引き立て役として効果的かどうか、テーマになっている梅の清涼感に期待しつつ、全体のバランスにも抜かりがないか注目しながら食べてみたいと思います。





めんは、「ソースとの絡みがよい、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。いつものシリーズ汎用麺だと思います。プリプリとした歯切れの良さが特徴的な油揚げ麺で、やや方向性はスナック的。でも油揚げ麺特有のネガティブな印象は控えめで、今回は梅の酸味が強かった為、油揚げ麺臭なんかは特に気になりませんでした。いまさら驚きのある油揚げ麺ではありませんが、大概のソースと合ってしまいそうなフレキシブルの高さにはシリーズ物として汎用性という大きなメリットが見出せますし、割と食べやすいタイプの油揚げ麺なので、梅の酸味が印象的だった今回の方向性と食べやすいライトさがマッチしていて良かったです。

ソースは、「ポークの旨みをベースに魚醤やかつおを加えて、梅干し風味のオイルを合わせた、酸味と旨味のバランスがよい醤油味のソース」で、別添のマヨネーズは「焼そばのコクをアップさせる、特製プレーンマヨネーズ」とのこと。撮影の前にフライングして、マヨネーズもフリカケも干渉していないソースだけの状態で食べてみたんですけど、しっかりとベースには梅を思わせる清涼感のある酸味が効かされていて、鰹の旨味も明白。いつもはマヨネーズありき、フリカケありきというか、ひとつソースに物足りなさを感じるイメージがあったんですけど、今回はソースだけでも成立しそうな雰囲気で、きちんとソースだけの段階でも「梅かつお味」であることを感じられたのが好印象でした。それでいてマヨネーズとの相性は申し分なく、カラシやワサビの練り込まれていないプレーンタイプであることが功を奏していて、純粋にマヨネーズのコクを楽しめたし、これがまた梅の酸味とベストマッチ。マヨネーズが加わることで梅の酸味は軽減されるのですが、別添のフリカケに入っている梅が強かったので、マヨネーズの油脂感でボヤけてしまうようなネガティブさは無かったです。フリカケの詳細については、次の項目で。

かやくは、「彩りと食感がアクセントになるキャベツ」と、別添で「梅肉チップと梅風味シーズニングパウダーに、削り節、ごま、きざみのりを組み合わせ」たフリカケです。固形具材はキャベツだけで、特に大きいわけでもなく、量が多いわけでもなく、まぁカップ焼そばだから入れときました、って感じですね。ただ、食感のアクセントがあるのと無いのとでは大違いなので、あるだけ有り難いとしましょう。で、効果的だったのがフリカケですよ。もともとソースからも梅と鰹が感じられたんですけど、梅肉チップ&梅風味シーズニングパウダーが加わることで “梅” の存在感が飛躍的にブーストし、さらに鰹,鰯,鯖などの削り節が “かつお味” を明白な位置へと押し上げ、まさにフリカケ本来の役割に徹底した引き立て役として申し分の無い仕事振り。胡麻の芳ばしいアクセントも効果的だったし、刻み海苔も風味を引き立てることに寄与していて、フリカケの役割はこうあるべきだ、とでも言わんばかりの存在感でした。っていうか、このフリカケ単体で売って欲しいですw

(標準は★3です)

予想以上に強くてハッキリとした梅の風味と酸味にはインパクトを感じたんですけど、プレーンタイプのマヨネーズが程よく酸味を中和してくれていて、さらに梅の風味とマヨネーズのコクが相性抜群。もし米だったら違和感あったかもしれませんがw カップ焼そばでは全く以て違和感ありませんでした。何と言っても引き立て役として梅と鰹をブーストさせていたフリカケが効果的だったし、マヨネーズとの間に生まれるコントラストが素直に楽しくて、「梅かつお味」というイメージ通りの味わいを演出しつつ、少し懸念のあったマヨネーズの存在にも蛇足的な雰囲気は感じられず、ひとつのカップ焼そばとして総合力の高い一杯でした。いつものスナック的な油揚げ麺も食べ易さに一役買っていたし、梅の酸味でサッパリと、でもマヨのコクで一定の食べ応えも得られる、そんなバランスも良かったです。今回は蛇足的な要素も物足りなさも感じなかったので、これといった欠点が見当たりませんでした。最近は変わり種が出ても、ちょっとフツーというか、無難な印象が強かった「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズでしたが、久々に上出来だったと思います。麺,ソース,マヨネーズ,フリカケの足並みが揃っていて、梅の酸味とマヨのコクが描く有無のコントラストを楽しむも良し、それでいて全体の方向性は一致しているので、混ぜて一体感を楽しむも良し、そんな一平ちゃんならではの楽しみ方が出来ることにも好感が持てたし、それぞれチグハグになっていなかったことが好印象でした。一平ちゃんってスナック感にウェイトを置いていたり、イタズラに奇抜なネタに走るようなイメージがあったんですけど、「わさびマヨ 醤油味」然り、案外こういった手堅い路線の和風テイストに強いブランドなのかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 梅かつお味
製造者:明星食品
内容量:115g (めん90g)
発売日:2016年6月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881436175

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・マヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (115g) あたり

エネルギー:534kcal
たん白質:9.1g
脂質:28.3g
炭水化物:60.8g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:141mg

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(マヨネーズ、糖類、しょうゆ、ラード、植物油脂、食塩、豚・鶏エキス、魚醤、ソース、かつおエキス、醸造酢、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(キャベツ、梅肉粉末、梅肉、削りぶし粉末(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、ごま、のり)、カラメル色素、かんすい、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、酒精、酸味料、乳化剤、香料、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、アントシアニン色素、(原材料の一部に乳成分、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5182

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
一平ちゃん焼そばも今でもこんな正統派を出すのだな・・・
って思わず感動した一品でしたね。
なんか最近の一平ちゃんはジャンキー&スナッキー一辺倒で
その流れに一石を投じる製品でした。

梅の酸味、かつおの風味、マヨのバランスがとてもよかったですね。
これからの暑い季節にはピッタリの一平ちゃんと思います。

しかしこの商品があの「チョコソース」を出したのと
同じブランドですからマジでぶったまげますww
No title
takaさん、こんばんは!

最近の一平ちゃんの中では最もバランスのいい商品でしたね!

ソースのほうであえて強めの酸味を効かせることで、
マヨが入ったときにちょうどいいバランスになってましたね!

なおかつソースだけでも梅かつお味として成立させながら、
ふりかけやマヨによってさらに一枚おいしさを増すという、
ソース・ふりかけ・マヨの3種類の相乗効果が発揮されていて、
一平ちゃんの焼そばとしてあるべき一つの形が見られましたね!(●・ω・)

たいていの場合はどれか一つが蛇足になってしまったり、
ふりかけが足りないとか、そうした問題が起きますからね;

遊びすぎると、どうしてもそういうことになりがちなので、
ときどきはこうした3つがちゃんと相乗効果を見せるような、
そうした焼そばも出してくれることに期待したいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
マヨネーズは分類上洋風の要素を含んでいますが
まさにテイスト的には王道の和風カップ焼そばでしたね!

> なんか最近の一平ちゃんはジャンキー&スナッキー一辺倒で
> その流れに一石を投じる製品でした。
そうそう、最近はネタに走りがちというか、
でも仕上がりに然程インパクトは無かったりして、
なんだかなぁ…ってところにイイ刺激を与えてくれた様でした。

個人的にフリカケが好印象だったことと、
魚介やマヨも含めて全体の纏まりが良く、
ひとつの梅かつお味として隙の無い一杯だったと思います。

> しかしこの商品があの「チョコソース」を出したのと
> 同じブランドですからマジでぶったまげますww
たしかにww アレは迷走しまくってましたもんね(苦笑)

でもネタとしては最高のカップ麺でしたが!w
Re:かーとさん
こんばんは!

久々に「一平ちゃん」で納得の★5をつけることが出来ました!

かーとさんの仰るようにソース・ふりかけ・マヨは相乗効果を発揮していて、
各部分に物足りなさも蛇足的な要素も無かったことに完成度の高さが感じられたし、
まさに「一平ちゃん」が作る「梅かつお味」として理想的なバランスだったと思います。

最近、多かった変わり種らしい奇抜なコンセプトも楽しかったですけど、
食事として食べるなら、やはり今回の様な無難で手堅いテイストが嬉しいですね(笑)

もっと意欲的に和風カップ焼そばの開発にも着手して欲しいと思いました!

管理者のみに表示

トラックバック