エースコック「極細するり すっきり鶏だし塩ラーメン」



本日2回目の更新で、「あっさり鶏だし醤油ラーメン」に続きまして、エースコックの「極細するり すっきり鶏だし塩ラーメン」です。ちょっと醤油味はイマイチで、自分の印象には残らないカップ麺だったんですけど、こちらは塩+レモンという方向性から、実食前のイメージ的には無難に美味しそうですね。麺は汎用な気がするので、事前に期待値は調整しておきますw





めんは、「滑らかでしなやかな伸びと適度な弾力を併せ持った、すすりやすい極細ノンフライめん」とのこと。「あっさり鶏だし醤油ラーメン」と同じノンフライ麺だと思います。原材料の構成や、製品説明も全く同じですね。なので詳しい感想は省きますが、やはり方向性の似ている日清食品の「麺職人」が必然的に比較対象として挙がってくるので、それと比べてしまうと、しなやかさ,口当たり,コシ,喉越し,小麦の風味など、どうしても見劣る部分が目に付いてしまいます。この路線で戦わせると完全に軍配は「麺職人」ですし、東洋水産の「麺づくり」はコシの強い縮れ麺という個性があるので、エースコックには「あの “もちもっち多加水麺” を極細にしました!」くらいのクオリティを打ち出して欲しかったですね。そうすると確実な個性になりますし、他社との差別化も図ることが出来ますから。

スープは、「白菜や玉ねぎなどの旨みが溶け込んだコクのある鶏ガラスープに、香味野菜を利かせた塩スープ」で、「爽やかな風味のレモンがほのかに香る、すっきりとした味わい」とのこと。かやく入り粉末スープのチープさこそ否めなかったものの、「あっさり鶏だし醤油ラーメン」より印象は良かったです。鶏をベースに豚が厚みをサポートし、野菜の旨味で味に深みを持たせ、然りげ無くアサリが下支え。アサリは決して前に出てくるような主張ではありませんでしたが、鶏とも豚とも野菜とも違う旨味は確実に味として寄与していました。調味油に含まれる鶏油の芳ばしい香りが実食前のテンションを上げてくれたのですが、後半は薄れて気にならなかったですw レモンは軽いアクセントに過ぎなかったんですけど、鶏油の芳ばしさを掻き消さない程度の存在感が鶏油好きとしては好印象。反面、鮮烈なレモンの爽やかさに期待すると確実に物足りなさを感じてしまうと思うので、あくまでも細やかなアクセントであることを予め念頭に置いておいた方が無難かと思います。で、最終的に印象に残る味だったかと聞かれれば、いやちょっとそこまででは…って感じだったんですけどw 普通に美味しかったですよ。アサリエキスの含有量、それかレモン、もしくは鶏油。どれかが突出していると個性になって良かったんですけどね。ちょっとインパクトに欠けるスープでしたが、値段を踏まえれば及第点だと思います。あ、ペッパーの引き締め系アクセントがイイ感じでした。

かやくは、「シャキシャキとした食感のチンゲン菜、コーン、ねぎ」とのこと。どれも量としては多くありませんでしたが、価値の見出せない蛇足的な具材が入っていないのは好印象。こっちには “白い悪魔” も潜んでなかったしw 青梗菜は茎の部分が多く、シャキシャキとした歯応えが食感に変化をもたらしてくれたし、特有の甘味や青梗菜らしい青い風味が感じられたので、そのリアリティから量以上に満足できました。塩スープとのイメージも合っていたし、とりあえずキャベツよりも好感が持てますね。尤も今回のスープであれば、汎用のキャベツでも価値は見出せたでしょうけれど。コーンは甘味が強く、意識的に食べると味にアクセントが付いて良かったです。青梗菜よかったなー。やっぱり全体量は少なかったですけどねw

(標準は★3です)

結果的に「あっさり鶏だし醤油ラーメン」よりも印象は良かったです。ただ、やはり同価格帯でノンフライ麺を使用している日清食品の「麺職人」や、東洋水産の「麺づくり」と比較してしまうと、どうしても見劣りを感じてしまう物足りなさは否めませんでした。特に売りのノンフライ麺は、もうちょっと突き詰めて作り込んで欲しかったですね。決して粗末なノンフライ麺ではないんですけど、やっぱり “極細するり” なんて言われたら、それなりに期待しちゃうじゃないですかw 況してや “もちもっち多加水麺” の技術を持っているエースコックですから、もしあのクオリティの麺が極細になって、しかも100円前後で捕獲可能だったら…と、 我々のような人種は特に期待を抱いてしまうんですよね。多加水系のノンフライ麺を作らせたらエースコックが最高峰だと思っているので、せっかく培ってきた技術とノウハウがあるのですから、ここぞとばかりに遺憾無く発揮して欲しかったです。でもきっと “極細もちもっち多加水麺” の開発も遠くない未来だと思うので、シリーズの続編が出た時には麺の向上に再び期待したいですね。あとはスープと具材に於けるコストの割り当てですが、何かひとつ突出したインパクトを持たせたり、手薄にならないような工夫を凝らして無難では終わらない個性を打ち出してもらいたいところ。例えば今回の場合、少々他の旨味が欠けてもいいので、強烈なアサリ! 鮮烈なレモン! みたいなインパクトがあると印象に残ったと思うし、多少の欠落した旨味はインパクトとスーパーでの販売価格が補ってくれるでしょうから。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:極細するり すっきり鶏だし塩ラーメン
製造者:エースコック
内容量:62g (めん50g)
発売日:2016年5月30日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071212155

麺種類:ノンフライ麺麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋 (かやく入り粉末スープ・調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (62g) あたり

エネルギー:220kcal
たん白質:5.0g
脂質:3.2g
炭水化物:42.7g
ナトリウム:1.8g
(めん・かやく:0.4g)
(スープ:1.4g)
カルシウム:131mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、かやく入りスープ(食塩、砂糖、鶏・豚エキス、チンゲン菜、鶏油、コーン、香辛料、野菜エキス、ねぎ、デキストリン、アサリエキス、レモンパウダー)、調味油(鶏油、植物油脂、豚脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、乳化剤、かんすい、微粒二酸化ケイ素、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、酸味料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1605_SRX.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック