エースコック「つじ田監修 魚介豚骨らーめん」



カルビーの「ポテトチップス バジルガーリック味」を食べました。うん、そのまんまバジル&ガーリックw なんですけど、思ってたよりもバジルが強めで好印象。ガーリックも効いているのですが、体感的なバランスとしてはバジルが優勢でした。無難そうなイメージから、食べる前は正直あまり期待してなかったんですけど、バジルのインパクトには良い意味で意表を突かれ、きちんと印象に残る味だったのが良かったです。で、バジルとガーリックを包み込むようなオリーブオイルっぽい風味を感じまして、この効かせ方は絶妙だなー、と思ったのですが、はっきりと原材料や製品説明に明記されているわけではなかったので、実際にオリーブオイルが使われているかどうかは定かではありません。バジルの雰囲気に引っ張られたか…? まぁ私の舌なんて所詮こんなもんですよw

さて、本日の一杯は、エースコックの「つじ田監修 魚介豚骨らーめん」です。今回の監修店「つじ田」は、都内屈指の行列が絶えない人気ラーメン店で、魚介豚骨が売りみたいですね。自分は実際の店舗に行ったことがない為、再現度云々は評価できないのですが、 “魚介の旨みがきいた濃厚スープ” らしいので、魚介と豚骨のバランスは勿論、濃厚の指針を履き違えていないことを祈ります。


焼豚が割れている…w


さすがの私でも完璧に復元は出来ませんw

めんは、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」で、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。エースコックお得意の味付麺で、しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスとフル装備。熱湯5分の太麺なので、それなりに麺単体としての自己主張も感じられたのですが、効果的な下味がスープとの一体感に一役買っていたことと、控えめな油揚げ麺臭が功を奏し、優しめだったスープとのバランスは良かったです。明白な存在感を放ちながら、「カドメン」ほどの輪郭は感じられず、麺の幅とかも程良くて、取り合わせとして間違っていないと思いました。新鮮味のある油揚げ麺ではなかったものの、スープから孤立しているわけではなかったし、安心感のある油揚げ麺ですね。いや、安心感を得られるかどうかはカップ麺を食べ慣れているかどうかに大きく左右されるので、あんまり一般的には需要のない感想なのかもしれない…w 表面の滑らかさと、時間経過による劣化が緩やかだった持続性のある歯切れの良さが印象的でした。

スープは、「ポークベースにチキンや魚介の旨みを溶け込ませた、濃厚な魚介豚骨スープ」で、「かつおやイリコの利いたスープに、別添の調味油を入れる事で、味に深みが増し、ご当店『つじ田』の雰囲気をしっかり楽しめる一杯に仕上げ」たとのこと。まず豚骨感について触れますが、原材料ではポークコラーゲンが筆頭にあったり、おからパウダーによるザラついた舌触りなどの演出的要素もあったのですが、目立って気にはなりませんでした。と言うのも、今回は魚介がメインの魚介豚骨だったんですよね。もし豚骨を売りにしてたら引っ掛かってたと思うんですけど、今回の豚骨はサポート要員に思えたので、違和感はなかったです。なので、豚骨を中心とした動物系の力強さに期待すると物足りなさを感じてしまったものの、鰹の芳ばしい旨味とイリコの力強い魚介感がフロントにあって、魚介だけでは出せない旨味を動物系の要素が穴埋めしている方向性には、良い意味で敷居の低さを感じました。原材料を見ると魚介エキスよりも動物性原材料の方が含有量は上回っているようですが、体感的には魚介のシャープさが先行すると思います。魚介豚骨なのに鶏エキスも使われていますが、実際の店舗でも「豚骨・鶏・魚介に野菜の他、数十種の素材を元に織り成す、深みのある濃厚スープが特徴」とのことなので、再現という観点から見ても間違いではないのでしょう。ん? それなら麺だけじゃなくてスープにも野菜エキスを入れるべきだったのでは?w で、端的な感想としては普通に美味しかったのですが、ちょっと濃厚とは違う感じがしました。膨よかな魚介の旨味は好印象だったんですけどね。

かやくは、「程良く味付けした焼豚、メンマ、色調の良いねぎ」とのこと。具材は如何にも汎用的な内容ですね。焼豚にリアリティや高級感は感じられず、エースコックのタテ型カップ麺で頻繁に用いられている味付が濃いめの焼豚です。ただ、寿がきや食品のチャーシューよりも美味しいし、あのエースコック史上最悪の粗悪な肉そぼろと比べれば明白な存在価値が見出せますけどねw メンマの風味は魚介の効いたスープと相性が良かったんですけど、食感は頼りなかったです。で、如何せん量が少ない…。個体差だったのかもしれませんが、メンマは写真に映っている分で全部だったので、食感が柔らかめということもあり、意識しないと存在感は薄かったです。ネギも同様。ちょっと貧弱な内容でした。

(標準は★3です)

動物系の旨味に濃度を求めると肩透かしを喰らってしまうものの、荒々しさよりも魚介の優しさを尊重しているようなスープには窓口の広さを感じたし、思ってたよりもソツなく優等生な仕上がりだったので、これはこれで良かったと思うんですけど、裏を返せばインパクトに欠ける印象が無きにしも非ず。もうちょっと「お店の特徴はコレ!」っていう個性を分かり易く感じられると嬉しかったかなー。いや、この優等生なバランスや受け入れ易さこそが実際のラーメンの特徴なのかもしれないので、現物を知らない私は偉そうなこと言えないんですけどw 老若男女を問わず幅広い層から愛される味、そういった親しみ易さに価値が見出せるラーメンなのかもしれませんね。鮮烈なインパクトや一線を画した個性を感じさせてくれるような引きの強さこそなかったものの、魚介の旨味を中心に据えた優しい路線の魚介豚骨味のカップ麺として、味の面で言えば普通に美味しかったです。ただ、お店の再現カップ麺としては没個性というか、あまり印象に残らない一杯かもしれません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:つじ田監修 魚介豚骨らーめん
製造者:エースコック
内容量:91g (めん70g)
発売日:2016年5月30日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278731

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) あたり

エネルギー:422kcal
たん白質:10.6g
脂質:18.9g
炭水化物:52.4g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:192mg

(食塩相当量:5.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(ポークコラーゲン、鶏・豚エキス、食塩、豚脂、鶏油、魚介エキス、糖類、おからパウダー、香辛料、しょうゆ、酵母エキス、オニオンパウダー、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(焼豚、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1604_TLGT.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
なんかフツーに美味しかったのですが、
フツーに記憶に残らない製品でしたねww

よくわかりませんがつじ田さんは
つけ麺がメインのお店なのかな?
なんかラーメンはややサブ的なHPでしたよね・・・。

しかしカップ麺でこういう豚骨とか鶏系に魚介を
合わすパターンが反乱して、
特長を出すのが難しくなっていますね。

インパクトのある味に仕上げようと思っても、
お店コラボモノはそこが自由になりにくいという難関もあります。

エースコックお得意のギミックに振ってなかったのは幸い!ww
でも、なんかいろいろ考えさせられる一品でした。
No title
takaさん、こんにちは!

エースコックとしてはずいぶん素直に来たなぁという印象で、
「弥七」などでの経験が生きたのか、あまりギミックに頼らず、
もっとコクは欲しいもののまとまりは評価できる内容でしたね!

これまではエースコックはお店カップのイメージがなかったですし、
どうしてもまだまだ発展途上という色は感じられましたが!

今もけっこういろんなコンビニで売れ残ってますしね(;゚ω゚)

また、魚介豚骨系のラーメンはポピュラーになりすぎて、
いろんなメーカーからいいものが出てきているだけに、
それも平凡な印象を与える背景の一つだったでしょうね!

ただ、エースコックが店カップに挑戦しつつあるのは
いい傾向にも思うので、その点にはけっこう期待してます!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
そうそう…味だけで言えば無難に美味しかったんですけど、
再現カップ麺としては厳しめに見ざるを得ませんでした。

(お店の味は知らないですけどw)

> よくわかりませんがつじ田さんは
> つけ麺がメインのお店なのかな?
> なんかラーメンはややサブ的なHPでしたよね・・・。
自分も調べてみましたが、確かにそんな感じみたいですね。

魚介を合わせたラーメンは、もはや定番化してるので、
確かに差別化を図るのは難しいのかもしれませんが、
だからこそ個性を感じたい…っていうワガママw

これがお店の個性と言われればそれまでですが、
それならそういうニュアンスが事前に欲しかったですね。

確かに極端なギミックさを感じなかったのは好印象でした!
まぁアレもアレで味があると最近は思うようになりましたけどw
Re:かーとさん
こんばんは!

> エースコックとしてはずいぶん素直に来たなぁという印象で、
> 「弥七」などでの経験が生きたのか、あまりギミックに頼らず、
> もっとコクは欲しいもののまとまりは評価できる内容でしたね!
「弥七」結局まだ入手できてないんですよね…
っていうか、このシリーズ何個か手元にあるのですが、
記事にするタイミングを見失ったままズルズルと(苦笑)

もうちょっと個性が欲しいところでしたが
極端な態とらしさを感じなかったのは好印象でした!

> これまではエースコックはお店カップのイメージがなかったですし、
自分は「大勝軒」「リンガーハット」「CoCo壱番屋」「来来亭」のイメージから、
再現カップ麺やコラボ系の製品を頻繁に開発しているイメージを持っていましたが、
他社と比較して、個人経営されている店の監修商品は確かに少ないメーカーかもしれませんね。

> 今もけっこういろんなコンビニで売れ残ってますしね(;゚ω゚)
こちらではスーパーでも山積みですよ(苦笑)

最近は有名店系にも意欲的なイメージですけど
タテ型で油揚げ麺を採用した再現カップ麺が多い傾向にあって、
どんぶり型での有名店再現系は未開拓に近い状態だと思うので、
“もちもっち多加水麺” を活かした本格的な再現カップ麺とか食べてみたいです!

管理者のみに表示

トラックバック