サンヨー食品「サッポロ一番 焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」



カルビーの「ポテとんがらし ドッとチリチキン味」を食べました。「セブンイレブン」「カルビー」「湖池屋」3社の公式twitterアカウントが連動した「激辛選手権」という企画に向けて開発されたポテトチップスらしいのですが、残念ながら既にキャンペーン期間は終了しているようです。勝手に激辛コーナーで取り上げようかと思ったんですけど、前述した鮮度の問題で冒頭ネタにw 一応、ジャンルは激辛? になるはずなんですけど、辛味は大したことないですね。唐辛子のピリピリとした刺激は確かにありますが、一般的に見てもピリ辛ちょい上の辛口以下だと思います。ただ、特筆すべきはスパイス感。原材料を見ると、しょうが,セロリシード,タイム,フェンネル,オールスパイス,クミン,オレガノ,セージ,パプリカ,ナツメグ,コリアンダーなど、様々な香辛料が使用されていて、そのスパイス感は印象に残りました。激辛だと思って期待したら刺激の弱さに裏切られてしまうポテトチップスではあったものの、チキンエキスパウダーの旨味が相俟って、スパイシーなフライドチキンを思わせる仕上がりは素直に美味しかったです。この製品と同じく、湖池屋の「怪物カラムーチョ」に対抗してカルビー側から「辛っぱえびせん ドッとキムチリ味」という亜種製品も出場しているのですが、どうも自分は「かっぱえびせん」の変わり種に魅力を感じないので、そっちはスルーしちゃいました(苦笑)こういうバトル系の企画、カップ麺業界でも意欲的に開催して欲しいですね。

さて、本日の一杯は、昨日の「サッポロ一番 焼肉風味 みそラーメン味 焼ラーメン」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン」です。「みそラーメン味」では予想以上にオリジナルの影が薄かったので、こちらも「塩らーめん」らしさには期待しないほうが無難かもしれませんね。相方の方向性から察するに、おそらく焼肉の塩ダレを意識した味付になっていると思うので、オリジナルのバイアスを抑え込んで単純な気持ちで食べてみたいと思いますw こっちは肉の旨味や調理感が強いといいなー。





は、「コシがあり、もちもちとした中太麺で、焼肉風味のたれによく合う、食べやすいナチュラルストレート麺」とのこと。「みそラーメン味」と全く同じ麺だと思います。適度な密度と歯切れの良さを両立した縮れの少ない油揚げ麺で、油揚げ麺臭なんかも殆ど気にならず、今回のタレとも相性に問題は無し。なかなか柔軟性のある麺ですね。それに、ちゃんと焼ラーメンを意識していることが分かる仕上がりというか、そういった雰囲気も評価できますし、汎用性のあるポテンシャルの高さも好印象。この油揚げ麺は今後も積極的に使用してもらいたいと思いました。

タレは、「ポークのうまみ、香ばしいガーリックやオニオン、香辛料の風味が特徴の、袋麺『サッポロ一番 塩らーめん』の味わいをもとにした焼肉風味のたれ」に、別添の「切り胡麻の香ばしい風味がおいしさを引き立て」るとのこと。「みそラーメン味」と同じく原材料の筆頭に糖類の記載があるように、やはり甘味を強調した甘濃い味付です。ただ、焼肉で使う塩ダレというよりも、端的に例えると甘辛いバーベキューソース的な仕上がりで、これちょっと…いや、かなり意表でした。せめて香味野菜を効かせた焼肉の塩ダレを意識していたら、まだオリジナルの「塩らーめん」らしさを感じられたと思うんですけど、そもそもの路線が完全に別方向だったので、オリジナルの色は完全に鳴りを潜めていたし、まさかのバーベキューソース的な甘辛テイストは良くも悪くもサプライズw 案の定「塩らーめん」らしさは吹っ飛んでいましたが、これはこれで味としては美味しいですね。ただ、軽めのスパイス感はあるんですけど、こっくりとした甘味を引き締めるような要素が弱かったので、黒胡椒や一味唐辛子などの引き締め材料を手元に準備しておいたほうが安心かもしれません。オリジナルの印象は実食前の想像よりも遥かに影が薄かったので、食べる際は別物と割り切って食べたほうが無難だと思います。というか、完全に別物ですw ちなみに気になっていた調理感ですが、調味だれを入れた時に漂う湯気からは肉を炙ったような芳ばしさが感じられたものの、やはり味として寄与するレベルではありませんでした。いや、ちゃんと肉の旨味はあったんですけどね。そんな肉の旨味が明白だったことで、よりバーベキューソースらしさも強まっていたのですが…w 「塩らーめん」には必須の切り胡麻も別添で入ってたんですけど、もはや苦し紛れというか、悪足掻きというか…w 切り胡麻と一緒に黒胡椒や一味唐辛子、なんだったらカレー粉でもw 一先ず「塩らーめん味」というコンセプトは扨置き、アクセントになる小細工を仕込んでくれたほうがバランスとしては良かったと思います。あってもなくてもいいというか、ちょっと蛇足的だったかも。

具材は、「キャベツ、肉そぼろ」とのこと。麺と同じく具材も「みそラーメン味」と変わりないですね。キャベツは普通に美味しかったし、今回の甘濃いソースともマッチしていて、肉そぼろのクオリティも上々だったんですけど、如何せん全体的に量が少ない…せめてキャベツの量とサイズくらいは何とかして欲しかったです。パッケージの写真にチラッ、と写ってるニンジンやタマネギも入ってると嬉しかったんだけどなー(※写真は味のイメージです)

(標準は★3です)

「みそラーメン味」と同じくオリジナルの個性に期待すると裏切られるような仕上がりだったし、そもそもタレの路線がまさかのバーベキューソース風ってw いろんな意味でサプライズな一杯でしたw こちらも香りからは肉の旨味や炙ったような芳ばしい調理感が感じられたのですが、味として寄与するほどのレベルではなかったし、普通に美味しかったんだけど、ちょっと印象に残りにくいカップ麺かもしれません。いや、もし自分と同じく味のイメージを単純に焼肉の塩ダレとしていたら、ある意味これはこれで記憶に残る一杯となるでしょうけれどw 後は甘味が強い割りに引き締め系のアクセントが弱かったので、このままだと後半は単調に思えてしまうかもしれません。味としては悪くなかったんですけど、唯一「塩らーめん」らしさを演出していた切り胡麻は、味の方向性から蛇足的な要員に思えてしまったし、コンセプト的にオリジナルの弱さが皆無、というネックは評価対象から度外視できなかったので、総評は厳しめに見ています。でも「塩らーめん」のイメージやら諸々の不満を横に置いておけば(というのもアレですけど…w)単純に味としては美味しかったので、個人的な嗜好に基づいた味の満足度は★4な感じでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン
製造者:サンヨー食品
内容量:117g (めん90g)
発売日:2016年5月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734027942

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:510㎖
調理時間:熱湯2分
小袋構成:2袋 (調味だれ・切り胡麻)

~標準栄養成分表~

1食 (117g) あたり

エネルギー:521kcal
たん白質:9.7g
脂質:22.8g
炭水化物:69.2g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.62mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:233mg

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵)、たれ(糖類、香辛料、ポークエキス、植物油脂、たん白加水分解物、食塩、豚脂、酵母エキス、デキストリン)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ごま)、加工でん粉、酒精、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、レシチン、増粘剤(キサンタン)、クチナシ色素、香辛料抽出物、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0536.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こちらのほうがガッカリ感が大きかったですよね~。
せっかくの塩ラーパッケージだったのに
それとはまったく別物の味でしたから!

このタレの甘さにやられました。
味噌は一味追加投入でまだ食べれたのですが、
こちらはどうしようもなかったです。

なんかガッカリ超えてちょっと怒りさえ感じました。
名作のサツ1塩焼そばも知らぬ間に廃盤になっているし・・・(ー_ー)!!
Re:たういパパ
「みそラーメン味」もガックリ感ありましたけど
それに関してはコッチの方が落差は激しかったですね;

ほんと明らかに “別物” でしたから。

「塩らーめん」らしさは切り胡麻くらいで、
かと言って効果的とは言えず、むしろ蛇足的に思えたし、
まだ纏まりとしては「みそラーメン味」の方が良かったと思います。

> 名作のサツ1塩焼そばも知らぬ間に廃盤になっているし・・・(ー_ー)!!
そうなんですよね; いつの間にか消えてるみたいで・・・
確実にレギュラー張っていける逸材だっただけに悲しいです(泣)
No title
お疲れ様です♪

堅あげの匠のお肉味食べました。
まさにお肉でした(*´ω`*)

この小hんは久しぶりにい低評価ですね。
パッケージからもカオスっぷりが伺えますね。
塩ラーメンなのに焼き肉とか( *´艸`)

最近はどん兵衛の肉うどんがマイブームです。
シンプルなつゆがとっても美味しいです٩( ''ω'' )و
Re:くま子さん
お疲れ様です!

エイジングされた堅あげポテト個性的だったでしょ!
自分の舌にはビーフジャーキーな味だったんですけどねw

一応、「塩らーめん味」なんだから、
多少なりともオリジナルの要素を感じたかったんですけど、
別添の切り胡麻の他に「塩らーめん」を思わせる要素は皆無でしたね;

決して味としては悪くなかったし、
自分としては好みの部類に入ったんですけど、
コンセプトを思えば厳しく評価せざるを得ませんでした。

「塩らーめん」を無視したら素直に楽しめるカップ麺かとw

> 最近はどん兵衛の肉うどんがマイブームです。
美味しいですよね〜。くま子さんの所は東味のツユですか?
No title
takaさん、こんにちは!

これはねぇ・・・みそラーメン味のほうですら
「みそラーメンらしさが弱いなぁ」と感じましたが、
こちらはそれに輪をかけて塩らーめんから離れてましたね;

切り胡麻以外にそれっぽい要素があったのかすら疑問でしたし;

自分の記事でも同じ表現を使いましたが、
ほんと甘めのバーベキューソース味なのですよね!

パンチの効いた塩ダレ路線ですらないという(;゚ω゚)

塩らーめんらしい香味野菜をピシッと効かせた風味と
塩ダレ路線のミックスならもう少し面白そうでしたが、
「甘い」という点でもう一つの商品とかぶってましたし、
いろんな点でがっかり感の強い内容になっていましたね;

「塩らーめん」を忘れればこれはこれでアリなのですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

ほんとに「塩らーめん」らしさが
皆無に等しかったですよね(苦笑)

違う商品名だったら評価も変わったのですが、
大看板を背負ってコレですから必然的に・・・。

味だけで言えば美味しかったんですけどね!

> 自分の記事でも同じ表現を使いましたが、
> ほんと甘めのバーベキューソース味なのですよね!
そうそう、これは自分も全く同じように感じて、
何故この路線を被せたんだろう・・・って、ひたすら疑問符でした。

パンチの効いた塩ダレならイメージ的に合いそうだったんですけどね!

「塩らーめん」の変わり種でハズすのは珍しいので、
ある意味これはこれで新鮮味を感じられたのですが(笑)

管理者のみに表示

トラックバック