エースコック「タテ型 飲み干す一杯 酸辣湯」



セブン&アイグループ限定発売、サッポロの「ヱビス #126」を飲みました。「これまでヱビスが大切にしてきた伝統技術に新製法を掛け合わせたデュアルスムース製法を採用」し、「通常よりも糖化工程にひと手間加え、穏やかな煮沸を行ってい」るとのこと。これによって残念ながらヱビスらしい苦味や重厚感は鳴りを潜めてしまっていたのですが、ハッシュタグを用いた商品名や、スマートなパッケージのデザインから察するにターゲットとしている顧客層は明らかですし、このスタイルで正解なのでしょう。自分としては比較するとオリジナルの方が好みだったんですけど、6%というアルコール度数の高さを感じさせない軽快でスムーズな飲み口と、飲み易い口当たりの割に長く続いていた甘味のある余韻には味わい深さを感じたし、126年目を迎えたヱビスの新たな挑戦という姿勢は素直に評価したいと思いました(何様ですよねw)がっつり食事の最中に飲むビールというよりも、食前酒や深夜の晩酌など、ビールを単体で楽しむ余裕のあるシーンに向いていると思います。

さて、本日の一杯は、エースコックの「タテ型 飲み干す一杯 酸辣湯」です。このシリーズのCMって結構シュールですよねw 今回は暑い夏に向けて、「酸辣湯」と「麻婆麺」の2品が新商品としてリリースされました。どちらも夏に向けたイメージにピッタリで印象が良いですね。両方とも手元にあるので、先ずは酸辣湯から。このブランドは地味~~に旨い製品ww として定評がありますしw 酸辣湯は自分の好きなジャンルなので、食べるの楽しみにしてたんですよね。ちょっと期待値が上がってますw 酸辣湯らしい酸っぱ辛さは勿論、スープの決め手となる酸味の質や、ちゃんと飲み干したくなるようなスープに仕上がっているかどうか、そういった部分に注目したいと思います。ところで発音はスーラータン? それともサンラータン? ちなみに私は “スーラータン” (パッケージでは “サンラータン” )





めんは、「滑らかでスープとの相性の良いめん」とのこと。オーソドックスな丸刃の中細麺で、鶏・豚エキスや野菜エキス等で下味の施された味付麺です。まず高級感なんてありませんし、食感も風味も特筆すべき麺ではないんですけど、麺単体としての自己主張の弱さが功を奏していて、スープとの一体感が光るバランスが好印象。このブランドはスープが売りですし、テーマとなっている酸辣湯のイメージ的にも敢えて存在感の弱い麺を合わせ、一体感に重きを置いたチョイスは正解だと思いました。それに意外と時間経過による劣化は緩やかで、もちろん後半にかけて柔らかくはなっていきますけど、最後までプリプリとした歯切れの良さが残っていて、時間と共にスープとの一体感を増しながらも埋没していなかったのが良かったです。スーパーカップのカドメンが開発されてから、このブランドでもカドメンの流れを汲んだ油揚げ麺が頻繁に使われていた時期があったんですけど、私はエースコックの作る今回のような丸刃のオーソドックスな油揚げ麺が好みなので、個人的に好印象でした。個人的な好みを抜きにしても現にスープとの相性は良かったし、高級感や新鮮味こそ感じられませんが、油揚げ麺でもスープの邪魔をしてなくて、取り合わせとしてはバッチリだったと思います。

スープは、「醤油をベースにチキンや胡椒、唐辛子を利かせたスープ」で、「黒香酢の『深うまいの素』を入れることで、コクがありつつすっきりとした味わいに仕上げ」たとのこと。うん、まさに奇を衒わない王道の酸辣湯ですね。鶏・豚エキスが土台を支え、適度な辣油の刺激と輪郭のある酸味が心地の良い爽やかなスープです。酸味の演出は醸造酢だけでなく香酢も含まれていて、なるほど奥行きのある酸味。然りげ無い鶏油の芳ばしさがコクに多層性を生んでいて、魚醤のアクセントも効果的でした。唐辛子の刺激は大したことありませんが、食欲増進作用が得られるくらいの主張には存在価値が見出せたし、意外と胡椒は強めに効かされていて、特有の刺激が清涼感に一役買ってます。きちんとスープにコクと旨味を持たせながらも明白な酸味でスッキリ感を演出しているので、これからの季節にピッタリなスープだと思いました。ただ、個人的に酸辣湯にはトロミが必須だと思っていて、想像してたよりもサラサラとしたスープだったので、そこだけが少し物足りなかったです。でも飲み干すというコンセプトを考慮したら、スープまで飲み干しても重たくなり過ぎないように、という工夫として評価できなくもないですよね。

かやくは、「ふんわりとした食感の卵、キクラゲ、ねぎ」とのこと。さすがに「たいめいけん」のタマゴには及びませんでしたが、ふわふわのタマゴは酸味の効いたスープと対照的な優しさを醸し出していて、そのコントラストがイイ感じ。攪拌すると散ってしまうので、具材というよりもスープの一部的な存在感だったんですけど、スープが売りのコンセプトを考慮すると一興ですよね。キクラゲは意識的に食べるとコリコリした食感が箸休めに良かったし、中華らしい雰囲気を高めてくれていて良かったです。あとは椎茸なんかも入ってると嬉しかったのですが、平均的な取得価格とスープの出来を思えば具材に対する不満は感じませんでした。

(標準は★3です)

麺と具材に驚きこそなかったものの、スープの味はオーソドックスな酸辣湯として間違いなかったし、コンセプト通りスープを主体に良い意味でソツなく全体が整っていました。スープまで飲み干すと食塩に換算して4.6g相当の塩分を摂取することになるので、その代償は覚悟しなければいけませんが、酸味の心地よいスッキリとしたスープは確かに飲み干したくなりますね。まさにこれからの季節に向けての確かな需要を感じたし、王道の路線が素直に当たっていたので、酸辣湯系が好きな人は安心して手に取ってもらって大丈夫だと思います。ただ、スープは思っていたよりもサラサラとしていたので、トロミの強い酸辣湯がデフォルトのイメージにある人は予め留意しておいてください。もしコンビニで定価購入してしまった場合、割高感は否めないものの、販路はコンビニ専売品というわけではないので、スーパーやドラッグストアで入手すればコストパフォーマンスに優れた一杯だと思います。というわけで今回の総評は、コンビニ以外での一般的な取得価格の平均値と思われる100円前後を基準として、お安くゲットした場合を前提としての評価です(笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテ型 飲み干す一杯 酸辣湯
製造者:エースコック
内容量:71g (めん55g)
発売日:2016年5月23日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071278700

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:280㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (71g) あたり

エネルギー:299kcal
たん白質:5.9g
脂質:12.8g
炭水化物:40.0g
ナトリウム:1.8g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:150mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、野菜エキス)、スープ(しょうゆ、食塩、醸造酢、植物油脂、鶏・豚エキス、砂糖、発酵調味料、香辛料、香酢、デキストリン、でん粉、鶏油、酵母エキス、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(卵、ねぎ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1605_TIP.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
100円前後で購入すればひじょうに満足感が高い製品ですよね。
このテイストは春~夏場の定期発売してもいいように感じます。
まぁ、自分が酸辣湯好きなのでそう思うだけなんでしょうがww

スープのとろみについてはやはりあったほう
がいっそう美味しいでしょうね。
自分はサラサラでもよかったですが、
とろみで美味しさアップすると思います。

それにしてもこのシリーズはホントにスープを
飲み干してしまうのがウリであり、また難点であったりしますよね。
塩分摂取のことあっても止まりませんでしたワ (^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

いろんなメーカーから縦型の新作がちょくちょく登場しますが、
この「飲み干す一杯」シリーズはその中でもスーパーなどで
ちゃんと入荷されて並んでいるのをよく見かけますね!

価格帯が低めながらも安定感が非常に高いですし、
エースコックが得意とする粉まみれ液体スープによって、
他の縦型では出せないスープの深みも出せてますし、
いつのまにかけっこうシリーズとして定着してますよね!

カップヌードルやカップスターのような定番とは違って、
新作が出るごとにそれなりに手に取ってもらえる、
そんな感じの定着具合というふうに言えるかもですね!(●・ω・)

自分は今回は食べてないので味はわからないのですが、
このシリーズで酸辣湯となれば安心はできそうですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> 100円前後で購入すればひじょうに満足感が高い製品ですよね。
逆にレギュラーサイズはコンビニで買ったら
どうしても損した気分になってしまうシリーズですw

> このテイストは春~夏場の定期発売してもいいように感じます。
> まぁ、自分が酸辣湯好きなのでそう思うだけなんでしょうがww
いやいや、これは自分も思いましたよ。
同じく単純に酸辣湯が好きなので、そう思ったのかもしれませんがw

> スープのとろみについてはやはりあったほう
> がいっそう美味しいでしょうね。
ですよね! ここだけが引っかかったポイントでした;
せめて「中華三昧」くらいのトロミが欲しかったです。

飲む干す事が前提のシリーズなので、
せめて食塩相当量は3g台だと有り難いですね(苦笑)
Re:かーとさん
こんにちは!

飲み干す一杯シリーズは基本的に
取り扱ってくれる店舗が多いですね!

もともと既存の通年商品を棚に並べて常時販売している店も多いですし、
馴染みのあるシリーズからの変わり種ということで並べやすいのかもしれません。

> エースコックが得意とする粉まみれ液体スープによって、
> 他の縦型では出せないスープの深みも出せてますし、
ここホント相変わらずですよねw 改善する気ないみたいですしw
でもこのおかげでタテ型での小袋2袋構成を可能にしてしまったのですが!

この酸辣湯も王道な感じで美味しかったですよ!

トロミや旨味に一捻り欲しい不満もありましたが、
一般的な取得価格を思えば納得できる感じでした。
No title
えびす#126
青缶の奴ですよね。
買ったはずなのに。
誰か飲んだのか、何処かに放置してるのか?
食材と違って放置してても大丈夫なのが救いですが・・・
Re:愚昧親爺さん
> えびす#126
青い缶のヤツです! って行方不明なのですか(笑)

確かに多少は日持ちしますけど、
高温多湿や直射日光の当たる所に
隠れてたらヤバいですよね・・・;

無事に救出されますようにw

管理者のみに表示

トラックバック