サンヨー食品「サッポロ一番 極出汁あさり ガーリックバター風味醤油ラーメン」



セブイレブン限定発売、カルビーの「堅あげポテト匠味 熟成肉の岩塩仕立て」を食べました。何かと話題になっている熟成肉ですが、まさかポテトチップスにまで波及していたとはw で、すごいですよコレ、ちゃんと原材料にドライエイジングビーフパウダーなるものが含まれてるんですよ。で、実際に食べてみると凝縮されたような肉の旨味が確かに感じられて、風味の質やレベルが既存のポテトチップスとは一線を画していました。味を端的に例えると、本物のドライエイジングビーフというよりもビーフジャーキーっぽい風味だったんですけど、でも成る程なー、って。ほんのりガーリックとペッパーのアクセント、岩塩が味を引き立てていて、醤油の下支えもイイ感じ。和風テイストのビーフジャーキーみたいな雰囲気から、何と無くテングのビーフステーキジャーキーに通じるものがありました。最初は熟成肉のポテトチップスなんて、どんなキワモノかと思ってたんですけど、いやいや素直に美味しかったです。ちゃんと個性が感じられたし、ちゃんと匠味でした。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 極出汁あさり ガーリックバター風味醤油ラーメン」です。カップ麺界でも定番になりつつある貝出汁ラーメン “シェルラー” ですが、今回は極出汁アサリということで、かなり期待してるんですよね。サンヨー食品のタテ型で貝出汁と言えば、「満貝」の印象が良かったですし。ただ、ガーリックバター風味が蛇足的ではないか、そこだけが不安要素ですね。





は、「しなやかさがありつつも、しっかりとした食感で食べ応えのある麺」で、「滑らかでのど越しがよい細麺で、スープとよく絡」むとのこと。比較的オーソドックスで個性の感じられない油揚げ麺だったのですが、細身で麺単体としての自己主張が控えめだったので、スープを邪魔していなかったのが素直に好印象。もともと今回のスープには明白なインパクトがあったので、多少の油揚げ麺臭なら気にならなかったと思うんですけど、それでも中太麺とかだったら少なからず油揚げ麺特有のマイナスな影響を感じていたでしょうし、敢えて主張の控えめな油揚げ麺を合わせることで「もしノンフライ麺だったら…」みたいな不満を感じさせない工夫となっていたのが良かったです。食感も軽く、自己主張が弱いので、やや麺としての存在感はスープに押され気味でもあるのですが、それが功を奏してダイレクトにスープの旨味が伝わってきますし、油揚げ麺であることのネガティブさを感じさなかったことが何よりメリットだったので、大きな個性は感じられなくても取り合わせとしてはベストマッチでした。

スープは、「あさりだしをベースにポークエキスとチキンエキスを合わせ、ガーリックとバターの風味をきかせ、醤油で味を調え」て、「あさりだしの奥深いうまみがきいた、ガーリックバター風味の醤油味スープ」とのこと。ファーストインプレッションではアサリがハッキリと主張していて、まさに「極出汁」の名に相応しいインパクト。バターとガーリックも割と初めからハッキリしてたんですけど、それを上回る貝出汁の力強さは舌の脇に二枚貝特有の苦味を感じるほどで、そのまま余韻として長く残る旨味には非常に好感が持てました。…が、後半にかけて舌が慣れてくると、ややガーリックとバターが優勢になってしまったのが残念なところ。最初は不安だったガーリックとバターの主張は、前半の強烈な貝出汁の前では頭が上がらず、あくまでも貝出汁の付き添い人くらいの適度な主張だったんですけど、結果的に食べ終わる頃には貝出汁をマスクする存在というか、ちょっと蛇足的な印象を受けてしまいました。これは自分の舌と食べるスピードに問題があったのかもしれませんが、ガーリックとバターの風味は効かせるのではなく、あくまでも最後まで香る程度に抑え、むしろ貝出汁の影に隠れてしまうくらいでよかったんじゃないのかな、というのが正直なところ。ちなみに醤油は味を整える役割に徹していて、明らかに貝出汁を大切にしていることが見て取れるような姿勢が良心的でした。隠し味に粉末酒が入っていて、体感的に強く感じたわけではないのですが、貝出汁との相乗効果という点に於いては確実に寄与していたと思います。ガーリックやバターよりも粉末酒が強いと面白かったんですけどね。って、それじゃガーリックバター風味というコンセプトに反するのかw

具材は、「あさり、フライドガーリック、ネギ」とのこと。何と言っても主役のアサリ、コレは素晴らしいですよ。「カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ」に入っていたリアルなアサリと比べても負けず劣らずの再現度で、めちゃくちゃリアルです。いや、むしろ具材のアサリからも貝特有の苦味を感じたほどだったし、押し返してくるような弾力も印象深く、食感も極めて自然で、日清食品のアサリよりもクオリティは上だと感じました。フライドガーリックは貝出汁的にはアレだったんですけど、ガーリックバターという観点から見ると効果的ですね。内容としてはシンプルですし、量も多いわけではなかったんですけど、アサリの満足度が非常に高かったので、具材に対しての不足感は皆無に等しかったです。自分は後半にかけてスープの貝が薄れていくような印象を受けたので、何個か残しておいたアサリが貝を思い出させてくれることに効果的でしたw 念の為、そんな時の対策として具材のアサリは何個か置いといて、後半に食べるのがオススメかも。

(標準は★3です)

ファーストインプレッションこそ「★6キタか…?!」と、思うほどのインパクトだったんですけど、後半にかけて徐々に舌が貝の風味に慣れてしまって、バターの風味とガーリックのキレが頭角を現してくるような変化が自分としてはマイナスに映ってしまいました。麺は油揚げ麺でも適度な主張で邪魔にならなかったし、具材のアサリもリアルで好印象だったのですが、結果的に蛇足的だと思えてしまったガーリックとバターの存在が引っかかってしまったので、もうちょっと貝出汁を活かしてほしかったなぁ…という不満から、「極出汁あさり」的に厳しめに見て★ひとつマイナスです。でも「ガーリックバター風味」というコンセプト的には正当な仕上がりだと感じたので、これに関しては好みの問題かもしれません。というわけで、差し引いてやってくださいw ほんと、コレはコレで全く以てアリな方向性だったし、ひとつの貝出汁カップ麺としての総合力は高かったので、そこは素直に評価したいと思います。相変わらず今回も好き勝手に書いてますけど、今のところサンヨー食品の貝出汁系は安心して手に取れる、というのは間違いないですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 極出汁あさり ガーリックバター風味醤油ラーメン
製造者:サンヨー食品
内容量:89g (めん70g)
発売日:2016年5月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734028048

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:384kcal
たん白質:9.2g
脂質:15.2g
炭水化物:52.6g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:227mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:384kcal (めん・かやく:318kcal / スープ:66kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(食塩、しょうゆ、豚脂、アサリエキス、植物油脂、糖類、ポークエキス、でん粉、香辛料、バターオイル、チキンエキス、酵母エキス、粉末酒)、かやく(あさり、ねぎ、フライドガーリック)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、香料、かんすい、カラメル色素、香辛料抽出物、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉 (本製品で使用しているあさりなどの二枚貝には、かにが共生しています。)

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0538.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは自分的にもとくにバター風味はやや強すぎて
前半はややジャマでしたね。

たしかに製品名から考えるとこれはこれでいいのでしょうが、
もうちょっとおとなしめにしていただいて
しっかりあさり味を味わいたかったというのはあります。

でもこのあさり具材がとてもよかったので
スープのどうのこうのは許せちゃえます!ww
Re:たういパパ
やはりガーリックとバターが少し蛇足的でしたよね;

一応、コンセプトとしては必須項目だったんでしょうけれど、
あくまでも「極出汁あさり」なので、そっちを意識して欲しかったです。

> でもこのあさり具材がとてもよかったので
> スープのどうのこうのは許せちゃえます!ww
具材のアサリは秀逸でしたよね!
日清食品のアサリよりもリアリティは上だと感じました。
No title
また堅揚げに新商品が登場ですかΣ(゚д゚lll)
これは手に入るといいなぁ。

広島の瀬戸内海でレモンがよく取れるそうです。
広島のインターだとレモンを使用した商品がいっぱいありますよ٩( ''ω'' )و

あさりは苦手なんです(´・ω・`)
と言いながら、オススメになっていたボンゴレは美味しかったです♪
Re:くま子さん
冒頭でポテトチップスの新商品を扱うようになってから
新商品のリリース頻度を知って本当に驚きました…w

セブンイレブンの専売品なので取り扱っている店舗は多いかと!
味はビーフジャーキーっぽかったですけど、妙に納得でした(笑)

広島がレモン日本一というのは初めて知ったんですよね。
ポテトチップスで、というのが悔しいところでもあるのですがw

おっと…アサリは苦手でしたか…なのにボンゴレはイケたと!
二枚貝特有のエグミとかがダメなのでしょうか?
No title
takaさん、こんにちは!

あら、ガーリックバターが多少気になったようですね!
自分は最後まで特に邪魔に感じずに食べられましたが!

あさりのだしに関しては完璧と言える水準だったので、
どうしてもガーリックバターがネックになってきますね!

ここが邪魔に感じなければかなりの高評価になりますし、
そうでないともったいないと思わせてしまうでしょうし!(=゚ω゚)

麺がスープを邪魔しないタイプに変更されるなど、
全体的にバランスは向上はしていたのですけどもね!

具のあさりに関しては素晴らしいものがありましたよね!

日清のあさりが内臓部分を取り除いた感じになってるのに対し、
こちらはその部分もきちっと残すことで貝の旨味がより強まり、
あさりの持つリアルな旨さを楽しむことができましたね!

このあさり具材には今後も活躍を期待したいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> あら、ガーリックバターが多少気になったようですね!
多少というか…けっこう気になりました(苦笑)

あさり出汁が丁寧で本格的だったので、
ガーリックバターが蛇足的に思えてしまったんですよね;

あさり出汁がチープだったバランスに違和感は無かったかもw

麺は素直に好印象でした!

> 日清のあさりが内臓部分を取り除いた感じになってるのに対し、
> こちらはその部分もきちっと残すことで貝の旨味がより強まり、
> あさりの持つリアルな旨さを楽しむことができましたね!
そうそう、内臓が残ってるのは自分としても大きな加点要素でしたね。

これによってリアリティが飛躍的に高まりますし
アサリの持つ旨味がダイレクトで良かったです!

それが苦手な人も居るかもしれませんが、
そもそも苦手ならコレを買うことはないでしょうし(笑)

そういった意味でも内臓はプラスポイントでしたね!

管理者のみに表示

トラックバック