日清食品「出前一丁ビッグカップ 肉大盛りごまラー油」



カルビーの「ポテトチップスギザギザ ® アスパラベーコン味」を食べました。このシリーズ、実は今回が食べるの初めてだったんですけど、コンビニエンスストア以外の店舗での販売ということで、お求めやすい大衆的なブランド? なんですかね。ギザギザの厚切りポテトを使用しているので、何と無く「ポテリッチ」と似てるなー、って。「ポテリッチ」はコンビニの限定品ですが、ベースのポテトはそっくりでした。フレーバーはアスパラベーコン味ということで、さすが安定のカルビー、ベーコンの旨味も然る事乍ら、ふわっと奥からアスパラの風味が漂ってくるのが面白いですね。いや、アスパラベーコン味なんで、漂ってこないと困るんですけどw さすがに鼻に付くような青臭さは感じられなかったものの、風味は説明されなくても分かるアスパラ感でした。えだ豆パウダーなんかも入っていたのですが、その下支えがアスパラ特有の青い風味とリンクして、相乗効果を生んでいるようでした。もうちょっとベーコンのスモーキーな芳ばしさが強かったら、もうちょっとアスパラの青臭さが強かったら、そんなちょっとした物足りなさを感じたんですけど、それが「ポテリッチ」との差なのかもしれませんね。とは言え、取得価格はスーパーで税込95円だったし、変わり種らしさは充分に堪能できたので、きちんと相応の満足度は得られました。うむむ、チェックすべきブランドが増えてしまった…w

さて、本日の一杯は、日清食品の「出前一丁ビッグカップ 肉大盛りごまラー油」です。今回のテーマは “スタミナ系出前一丁” とのことで、あまりオリジナルの出前一丁に肉のイメージは重ならないんですけど、言われてみれば特製ごまラー油はスタミナ系とも取れますし、そう考えるとマッチングは良さそうですね。一応、スープにニンニクを仕込んだりしてるみたいなので、コンセプトのスタミナ感や、何より大盛と書いてある肉具材のボリューム感に注目しながら食べてみたいと思います。パッケージの出前坊やもダンベル持って体育会系仕様だったり、大盛だからか岡持ちのラーメンも2個になってたり、なかなかデザインも凝ってますよねー。





は、「スープによく絡む中細ウェーブ麺」とのこと。割と細めの油揚げ麺で、3分きっちり待つと少し柔らかめでしょうか。麺単体としての自己主張よりもスープとの一体感を重視したタイプで、実際よく馴染んでました。ただ、時間経過による劣化耐性は特筆すべきものではなかったし、麺量が大盛仕様(80g)なので、柔らかい麺が気になる人は少し早めにフタを開けた方が良いかもしれません。よりスープとの馴染みが向上する後半の一体感を私は素直に楽しめたのですが、オリジナルよりもスープの押しが強かったので、もう少し歯応えのある麺でも良かったかなー、とも思いました。サイズ感は、ちょうどだったんですけどね。油揚げ麺特有の甘味がキレのあるスープとマッチしていて美味しかったです。

スープは、「コクのあるしょうゆベースにニンニクを利かせたスープ」に、別添で「食欲をそそる特製『ごまラー油』」とのこと。もちろん基本はオリジナルを踏襲していて、特製ごまラー油が決め手になっているオーソドックスな醤油味のスープなのですが、ニンニクを効かせたことによって普段よりもシャープな面持ちになり、なかなかパンチの効いた味わいです。特製ごまラー油も多めに入っていて、オリジナルよりも醤油の主張が強く、スタミナ系というコンセプト通り力強さが増していました。反面、普段の素朴な優しさが鳴りを潜めてしまっているというか、やや押しの強さが裏目に出てしまっているような雰囲気が無きにしも非ず。コンセプトがスタミナ系なので、方向性としては間違ってないと思うのですが、もうちょっと甘味なんかがあると旨味な相乗効果が得られたかな、って思いました。これに関しては好みの問題かもしれないんですけどね。とか何とか言いながら、多めに入った肉具材との兼ね合いを考慮すると、相性の良さから意識して調整されていることは明白だったので、そこを重点的に見ると全く以て素直に納得できました。って、その為のアレンジなので、さも当たり前な解釈をしているわけなんですけど…w

具材は、「豚肉、豚ミンチ、かきたま、ネギ、炒りごま」とのこと。さすが「肉大盛り」と商品名に掲げているだけのことはあって、肉具材の満足度は非常に高いですね。素晴らしいインパクトです。もはや他の要素が霞んじゃって、どーでもよくなってしまうような勢いですw 肉具材は豚肉と豚ミンチの2種類入っていて、大きいのが豚ミンチ、小さいのが豚肉でしょうか。どちらも挽肉を固めたダイスミンチ系の具材なので、サイズ以外に特筆すべき個性の違いは感じられませんが、大きい方は具材としての存在感が明白で力強く、小さい方は旨味に寄与している感じ。どちらの豚にも価値が見出せたし、看板に嘘偽りなしの量だったことに好感が持てました。他の具材はオマケ程度の存在感ですが、ふわふわの玉子は意識的に食べると優しさがアクセントになったし、ネギも風味のあるタイプで好印象。あ、炒り胡麻は効果的でしたよ。プチプチとした歯触りが食感に変化を与えてくれて、同時に特有の芳ばしさが口いっぱいに広がり、もちろんスープとの相性は申し分なく、特製ごまラー油を引き立てるような相乗効果を感じられたのが良かったです。

(標準は★3です)

コンセプト通りのスタミナ感を表現している仕上がりで、何と言ってもボリューム満点の肉具材には純粋に高い満足度が得られました。個人的にオリジナルの素朴さ(優しさ?)が鳴りを潜めてしまっていたような部分が気になったんですけど、コンセプトを考慮するとココで減点するのもおかしな話だと思ったので、★の数は差し引いてつけたつもりです。量と質を兼ね備えた肉大盛の文字に偽りの無い具材は手放しに楽しめるインパクトだったし、それに合わせて調整されたスープもバランスが良くて、上手く纏まっていたと思います。かなり肉具材にインパクトがあったので、別に出前一丁じゃなくても良かったんじゃないか、という思いもあったのですが、それを言ってしまったら元も子もないですしw 個性の決め手となっている特製ごまラー油の存在感から、きちんと出前一丁らしさを感じることが出来たので、ひとつのアレンジカップ麺として大いにアリだと思いました。強いて欲を言えば、コンセプト的にも「旨辛台湾ラーメン風」の時みたいに、ヒハツエキスなんかが入ってると嬉しかったんですけどね。今回はスタミナ系というテーマから、元にある出前一丁の方向性を上手く重ねているようなアレンジだったので、今度は逆に対極のイメージにあるマイルド系な出前一丁も食べてみたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:出前一丁ビッグカップ 肉大盛りごまラー油
製造者:日清食品
内容量:98g (めん80g)
発売日:2016年5月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105233412

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製ごまラー油)

~標準栄養成分表~

1食 (98g) あたり

エネルギー:471kcal
たん白質:11.8g
脂質:22.8g
炭水化物:54.8g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:1.14mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:132mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:471kcal (めん・かやく:429kcal / スープ:42kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、たん白加水分解物、チキンエキス)、かやく(味付豚ミンチ、味付豚肉、卵、ねぎ)、スープ(植物油脂、ごま、香辛料、糖類、香味調味料、たん白加水分解物、醤油、豚脂、ポークエキス、香味油、魚介エキス、野菜エキス)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)、pH調整剤、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5180

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
なんで出前一丁の特製ごまラー油って
こんなにいい風味なんでしょうね!

そしてそのラー油の風味によく合う
オーソドックスなしょうゆスープ!
・・・
この組み合わせがいいのですが、
たしかに今回はちょっとそのベーシックな部分が
特化しちゃっていた感じはしますよね。

まぁ、肉具材がテーマの製品なので
これでいいのかもしれませんが、
スープもついでに尖っちゃった感じはします。

でも自分はこのスープ好きでしたよ~!
肉具材も美味しかったですし!

今後オーソドックスなどんぶり版、
ハッチャケ系のタテ型BIGという路線でいくのかな? (^_^;)
Re:たういパパ
> なんで出前一丁の特製ごまラー油って
> こんなにいい風味なんでしょうね!
ほんと特有の芳ばしさが印象的ですよね!

家で胡麻油+辣油を組み合わせて作ってみたら、
何と無く似たような雰囲気のオイルは出来たんですけど、
厳密には別物というか…ちょっと悔しかった過去がありますw

今回は完全にスポットが肉具材に当たってますが、
その一点突破型なカップ麺らしい極端さは好印象でした。

後もう一捻りあると良かったんですけどね!

逆にスープとかもオリジナルのままでよかったかも…
と、思ってしまったのは好みの問題かもしれませんw

> 今後オーソドックスなどんぶり版、
> ハッチャケ系のタテ型BIGという路線でいくのかな? (^_^;)
その可能性は大いに考えられますよね!

「まかないチャーハン」など変わり種のリリースも意欲的ですし、
ややマンネリ感の否めないチキンラーメンの後釜を狙っているのかもw

とは言え、今後もチキンラーメンの変わり種は続くでしょうけどww
No title
takaさん、こんにちは!

自分の場合は出前一丁にあまり優しさを求めていないためか、
今回のシャープ路線にはほとんど違和感がなかったのですよね!

それゆえに「普通だなぁ」と感じてしまった面も強かったですが!(=゚ω゚)

その中で印象的だったのはいつもよりごまラー油が多かった点ですね!

ごまラー油はあまり多くなりすぎると少々くどくなりますが、
今回の量は自分としてはちょうどいい感じで楽しめました!

肉具材も良かったですが、ちゃんと見た目からも2種類が
全く違う感じで伝わってくればなお良かったですね!

今回のだと2種類の具材がどう違うのか見えにくかったですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 自分の場合は出前一丁にあまり優しさを求めていないためか、
> 今回のシャープ路線にはほとんど違和感がなかったのですよね!
もちろんコレはコレで美味しかったので、
個人的なイメージによるバイアスですね完全に…w

> その中で印象的だったのはいつもよりごまラー油が多かった点ですね!
タテ型カップも影響しているのでしょうけれど
確かに普段よりも少し量は多く感じました!

何ならもうちょい多くても良かったですけどw

> 肉具材も良かったですが、ちゃんと見た目からも2種類が
> 全く違う感じで伝わってくればなお良かったですね!
自分は2種類の肉具材それぞれに価値が見出せたのですが、
ダイスミンチと東洋水産のスライス系、みたいな差があれば
分かり易かったとは思います。でも具材の満足度は高かった!w

そのインパクトが強すぎて、もはや出前一丁じゃなくても…
と、本末転倒な感想も過ったのですが…w 肉との相性は良かったですね!

管理者のみに表示

トラックバック