第一パン「激辛カレーパン ハバネロ&ハラペーニョ」



今日は父の日ですねー。まだ自分には子どもがいないので、感謝される日ではないんですけど、切実に子どもが欲しいと思い始めた今日この頃。その前に奥さんなんですけどw 先の見えない恋愛ばかりしてきたので、そろそろ真面目に考えないとなぁ…って、こんな所で何を書いているのだオレはw ← 決意表明?笑

さて、本日は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、第一パンの「激辛カレーパン ハバネロ&ハラペーニョ」です。調べてみると過去にも発売されていたようですが、自分は初めて手に取りました。なかなかに凶暴なパッケージしてますけど、果たして激辛なのでしょうか。入手時、一般的なスーパーのワゴンにあった惣菜パンなので、あんまり刺激には期待しない方が無難そうですけどね。



は、至ってオーソドックスな路線のカレーパンです。カレーフィリングを包む生地はカレーパンらしく甘味を意識したパン生地で、特筆すべき点もなく、一般的な惣菜パンの生地と何ら変わりないです。カレーフィリングはキーマカレーとのことですが、メインの挽肉感は今ひとつ…っていうか原材料に粒状大豆たん白って書いてあるんですけど?w 要するに偽肉ってことですよね。アレルゲン情報に鶏肉の表記こそあったものの、カレーフィリングの原材料に畜肉系の記載は見当たりませんでした。 “その他” に少し入ってるのかな? ちょっと辛口であることを除けば奇を衒わないタイプの惣菜パンらしいカレー味で、高級感こそ感じられなかったものの、良い意味でのチープさが惣菜パンならではの醍醐味なのかな、と。唐辛子の風味にハバネロ特有のクセを少し感じたのですが、どちらかと言うとハラペーニョの爽やかさが先行していたので、ハバネロのコクが苦手な自分でも殆ど気になりませんでした。ハラペーニョ特有の風味と青い辛さって夏にピッタリなんですよねー。

辛さは、激辛の足元つま先にも及びませんw 多分、一般的に見ても余裕を持って美味しく食べられるレベルかと。辛さのタイプは遅効性で、最初は「…は? コレで激辛?」って感じなのですが、後から追ってジワジワと寄ってきます。ただ、それでも激辛というには程遠い刺激ですね。一応、ピリ辛以上(ギリギリ)だったと思うんですけど、ジャワカレーの辛口が食べられる人なら全く以て問題ないレベルだと思います。辣味を感じ取っているのは痛覚ですから、もちろん感度の個人差によって大きく左右されるわけなんですけど、ほんと一般的に見ても普通に辛口くらいだと思うので、攻撃的なパッケージの割に顧客層は幅広く見据えているようです。しかし、ハバネロの持つ遅効性の辣味とハラペーニョの爽やかな辣味の兼ね合いがバランスよくて好印象だったし、これからの季節、梅雨のジメジメや夏の暑さに向けて食欲をそそってくれるくらいの刺激は感じられたので、そこは良かったです。

満足度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
辛さ満足度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
(標準は★3です)

正直、普通に美味しい辛口のカレーパン、って感じだったので、激辛に期待していた自分は完全に肩透かしを喰らってしまったんですけど、ハラペーニョの爽やかなアクセントが夏に向けていいなー、って。多分、ハバネロだけだったら、それこそ印象に残らなかったかも…w 辛さレベルに関しては、この前の「スティックカラムーチョ 激辛ホットチリ味」の方が断然辛かったですw 攻撃的なパッケージに警告文、激辛の文字に期待して食べたら裏切られてしまう刺激の弱さは如何なものかと思ったのですが、味としては普通に美味しかったので、取り敢えず満足度はギリギリ及第点としました。(追記:やはり考え直して★2にしましたスイマセン)辛さの満足度ですが、体感的な満足度は★1だったんですけど、少なくとも全く辛いわけじゃなかったし、ハラペーニョのアクセントが心地よかったので、ちょっとサービス的な意味合いを込めて★2です。取り敢えず激辛という文字に期待を抱かず、一般的に販売されている既存のカレーパンと比較して、ちょっと辛口のカレーパン、くらいの気持ちで手に取れば、それなりに楽しめるでしょう。それって激辛を名乗る上で、どうなのかとも思いますけどw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:激辛カレーパン ハバネロ&ハラペーニョ
製造者:第一屋製パン
内容量:1個
発売日:2016年6月1日 (水)
発売地区:関東・中部・関西・四国
希望小売価格:オープン価格 (取得価格:税込105円)
JANコード:4904501022782

~標準栄養成分表~

製品1個あたり

エネルギー:313kcal
たん白質:7.0g
脂質:15.8g
炭水化物:35.3g

(食塩相当量:1.4g)

原材料名:小麦粉、カレーフィリング(たまねぎ、粒状大豆たん白、パン粉、トマトペースト、その他)、ショートニング、パン粉、砂糖、マーガリン、ぶどう糖果糖液糖、卵、ぶどう糖、パン酵母、食塩、乳等を主要原料とする食品、脱脂粉乳、発酵調味料 / 糊剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、酢酸Na、グリシン、乳化剤、pH調整剤、イーストフード、酸味料、香料、香辛料、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(カロチノイド)、ビタミンC、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・りんご

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
激辛コーナー待ってました~ヽ(=´▽`=)ノ
これ、めっちゃ気になってたんですが~
◯ー◯ーさんが辛さにご不満そうだったので半分信用してたんですが
takaさんのレビューを見て、買う必要は全く無いと確信しましたw
辛党の人のリピートはなさそうやし、
かと言って一般人はなかなか手を出さなそうやし・・・
短命な感じですかねぇ~(´・ω・`)
Re:ぴょんこさん
> 激辛コーナー待ってました~ヽ(=´▽`=)ノ
出来れば月に2,3回のペースで更新を心掛けてます(笑)

うん、自分も含めてですが、ぴょんこさんも
この製品には価値が見出せないと思いますよw

見た目では一般人を寄せ付けないオーラを放っているのに、
むしろ一般人に向けて開発されたような仕上がりでして…。

何と言うか、まだ激辛発展途上の学生(中高生)が
ネタで買って「大したことねーじゃんw」「えー普通のより辛くなーい?w」
みたいな会話を想定して、そこに需要を見込んでいるのかな…と、勝手に想像w

なんにせよ激辛フリークじゃなくても辣味に期待したら肩透かしレベルでしたよ;
No title
中の具材もイマイチな感じがするけど
パンの生地もモサっとしてそうに見えますな...

僕は最近、辛さは大したことないけど
セブンのカレーパンにハマっています。
No title
パッケージのデザインはスゴい凶暴そう!
このパッケージデザインである程度身構えるので
辛み耐久度がアップするのかもしれませんねww

これなら自分でも余裕そうです(かね?)(^O^)/

で、温めて食べられたのですか??
そのままと加熱するのでは辛さの感じ方も変わりそうですね。

自分はいつもカレーパンはレンチンします。
Re:ハシダ・メンさん
たしかに若干、パンの生地はモサっとしてましたけど…
あくまでも惣菜パンなんで平均こんなもんかなー、とw

7&iのカレーパンチェックしときます! _φ(. .*)memo
Re:たういパパ
> パッケージのデザインはスゴい凶暴そう!
でしょ?! なのに中身は完全に肩透かしですよw

パッケージのデザインで警戒させるだけさせといて、
いざフタを取ってみたら…おい!w みたいな(苦笑)

これだったらパパでも余裕過ぎると思いますw

> で、温めて食べられたのですか??
今回は温めなかったんですよ…熱いと辛味も増したかも?
いやいや…それでも元がコレじゃ大した変化はなさそうです;

レンチンしたら惣菜パンも少しクオリティアップしますよね!
フレンチトースト系の惣菜パンはレンチンしたら大幅に化けますしw
No title
このコーナーの一ファンです。

冒頭の部分がかなり気になりまして
コメントいたしました(意味深)

辛い→熱い→・・・ホットな仲なんですね(失礼しました)
Re:とおりすがりのかぶやんさん
> このコーナーの一ファンです。
ありがとうございます!

> 冒頭の部分がかなり気になりまして
> コメントいたしました(意味深)
いや…そんな…照れるじゃないっすか(意味不)

> 辛い→熱い→・・・ホットな仲なんですね(失礼しました)
うまいっ! と、言いたいところですが、
このカレーパン程度の熱じゃ顔見知り程度の仲ですねw

管理者のみに表示

トラックバック