東洋水産「マルちゃん ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味」



ナビスコ「薄揚げポテト はちみつバター味」を食べました。自ずと私のマイランキング甘塩っぱい系ポテトチップス部門の上位に君臨している「堅あげポテト はちみつバター味」と「ポテトチップス しあわせバタ~」の2大王者と比較するカタチになったのですが、いやいやナビスコお主なかなかやるではないか。できるだけ薄~くスライスされた生地はポテトの自己主張が控えめで、マイランキング上位の2品よりも蜂蜜とバターを強く濃いめに感じました。ちょっとランキング揺らぎそう…w ほんと良い意味で予想を裏切られたというか、体感的な満足度も倍増しな感じでw 食感は軽くて食べやすいんだけど、味付は濃厚。完全に蜂蜜とバターがフロントに陣取っているので、味に濃さを求めた場合、最も欲求を満たしてくれるのはナビスコの薄揚げポテトかもしれません。取り敢えず通年商品に格上げ希望ですね! 現段階では期間限定か…在庫が増えるけど、何袋か買い置き決定だなコレは…(泣)

さて、本日の一杯は、昨日の「赤いきつね 焼うどん」に続きまして、東洋水産の「マルちゃん ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味」です。「麺づくり 合わせ味噌」と「黒い豚カレーうどん」のフュージョンで、パッケージには「味噌風味を利かせたラーメン!」と書かれています。焼うどんでは実直に「赤いきつねうどん」の焼うどんバージョン的な仕上がりでしたが、こちらはフュージョンらしく、きちんと両者の個性を感じさせてくれそうな雰囲気ですね。ちょっと味は想像し難いんですけど、一体どのようなフュージョンを魅せてくれるのか楽しみです。





めんは、「なめらかな口当たりで、粘りのあるノンフライ太麺」とのこと。おそらく「麺づくり 合わせ味噌」に使われているノンフライ麺と同じだと思います。味噌ラーメンらしい黄色い見た目で、加水率は高く、程よい縮れがスープのリフト性能をサポート。小麦感も比較的強い方なので、少し太めのサイズ的にも麺単体としての存在感を強めに感じるのですが、スープにはカレーのスパイス感と味噌のコクがあった為、取り合わせとしてのバランスは良好でした。食感は粘り気のあるモチモチとした弾力よりも、どちらかと言えばプリプリとした弾むような歯切れの良さが個性でしょうか。ここに「黒い豚カレーうどん」の要素は感じられませんが、この手の厚みがある角張った麺は味噌スープにもカレー味のスープにも合う印象なので、たとえ汎用の麺であっても今回のスープと違和感なくマッチしています。麺自体のクオリティは既に安定した位置にありますし、平均的な取得価格を考慮するとコストパフォーマンスに優れたノンフライ麺と言えるでしょう。このシリーズ自体、全体的に同じくライバルに当たる日清食品の「麺職人」とは違った方向性にあるんですけど、こちらも負けず劣らずなノンフライ麺だと思うんですよね。

スープは、「隠し味に赤・白合わせ味噌でコクを付け、豚の旨味とたまねぎの甘味がマッチした「黒い豚カレーうどん」味のスープ」とのこと。麺は完全に「麺づくり」寄りだったのですが、スープは「黒い豚カレーうどん」が優勢ですね。柔らかくもカレーらしいスパイス感と、それを包み込むような豚の旨味と和風出汁。そのような方向性から、スープを口に含んだときはオリジナルのカレー味に極めて近い印象を受けるのですが、時間差で味噌の風味がフワッ、と香ります。その後、蓄積されていくように味噌が頭角を現してくるのですが、一見するとミスマッチにも思える味噌とカレーは、実際に合わせてみると意外にも何の違和感も無く成立してるんですよね。もともとベースに和の要素があるので、それもカレーと味噌の潤滑油として寄与していたのかもしれまん。味噌が入ることでスープのコクが深まり、純粋に味噌カレーというジャンルを楽しむことができました。原材料では筆頭に書かれている味噌ですが、あくまでも体感的なバランスとしては調和型で、後半になっても味噌感が幅を利かせ過ぎてカレーをマスクすることもなく、カレーが味噌を弾き返してしまうこともなく、大まかな仕上がりとしては「黒い豚カレーうどん」寄りではあったものの、確かな味わい深さがあって、実に見事なフュージョンだったと思います。生姜っぽい香味感のアクセントも相性が良くてグッドでした。

具材は、「味付豚肉、たまねぎ、にんじん、ねぎ」とのこと。ここも「黒い豚カレーうどん」が優勢ですね。というか全く同じだと思いますw カップ麺に於ける具材の相性は、海苔などを除けば麺よりもスープとの兼ね合いが重要になってくるので、この構成が正解でしょう。味付豚肉は相変わらず東洋水産らしいリアルな肉具材で、赤身の部分は肉の繊維質や旨味が光り、脂身の部分は甘味を帯びていて好印象。今回は赤身の部分が大半だったんですけど、豚肉らしさがリアルで良かったです。この肉具材が入っているだけで満足度は高まりますし、ほんのり甘辛い味付がカレー味のスープと相性バッチリでした。玉葱は小刻みながらも風味に存在感があって、特有の香味感が強く、アクセントとして非常に効果的な活躍振り。カレー味のスープに玉葱の相性って抜群ですし、今回の具材の中で結構なキーマンだと思います。人参はコリコリとした硬めの歯応えが食感に変化をもたらしてくれていて、きちんとそれぞれに価値の見出せる内容でした。そこそこネギのサイズも大きかったし、メインの味付豚肉を筆頭に満足度は高く、蛇足のない構成が良かったです。

(標準は★3です)

初っ端から強いインパクトを打ち出してくるような派手さは無かったんですけど、追ってジワジワ来る地味深さが印象に残る仕上がりでした。麺は安定の麺づくりクオリティだったし、スープの味噌とカレーも違和感なく融合していて、具材の満足度も及第点以上をキープ。同時リリースされた2品を比べると、コンセプトを体現しているという点に於いては間違いなくコチラに軍配だったし、違和感の無さと互いのメリットを感じられる仕上がりから、きちんとフュージョンしていたことに好感が持てました。ただ、悲しいかな現状、どの取り扱い店舗でも売れ残っているのは「麺づくり 黒い豚カレー味」の方が圧倒的に多くて、やはり一般的にウケているのは「赤いきつね 焼うどん」の方みたいなんですよね。カップ麺マニアとしては、こちらの方が擽られるんですけどw 味としてのインパクトこそ控えめではあったものの、味噌+カレーという組み合わせには新鮮味があったし、ちゃんと両者の利点が感じられるフュージョンで、よく計算された一杯だと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
製造者:東洋水産
内容量:92g (めん65g)
発売日:2016年5月16日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990335812

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:319kcal
たん白質:9.4g
脂質:4.3g
炭水化物:60.6g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:1.44mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:165mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:319kcal (めん・かやく:267kcal / スープ:52kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、卵白)、添付調味料(みそ、砂糖、食塩、香辛料、粉末野菜、醤油、ポークエキス、豚脂、デキストリン、魚介エキス、たん白加水分解物、ねぎ、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、たまねぎ、にんじん)、加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、レシチン、かんすい、カラメル色素、炭酸カルシウム、酒精、クチナシ色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/05/post_1225.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ホントですね・・・。
今、お店の陳列商品見たらたしかにこちらは残っていても
赤いきつねの方は既に売り切れていますよね!

今回のフュージョン対象の4製品のなかでいかに
「赤いきつね」のネームバリューが大きいかがわかります。

製品内容はフュージョンというテーマでいうと
こちらが圧倒的なのですが、
必ずしも市場はそうは動かない一例になりましたね。

やっぱり黒い豚カレーと麺づくり味噌の2つが挑んでも
赤いきつねの前では役不足ねんですね・・・ (^_^;)

次はもう正麺となにかのフュージョンしかない?
ミドタヌでは合わせにくそうだし・・・。
No title
カップ麺はコンビニで購入派のくま子です♪
変わり種って、コンビニしか置いてない気がします。

甘くないキャラメルコーンは食べてみたいですね(*´ω`*)
なお、堅揚げのはちみつバターは入手困難な模様です。

稲庭の中華そば魚雷を食べました。
カップ麺のクオリティを超える一品だと思います٩( ''ω'' )و

カレー系はこれからの時期は、汗をかきながら食べることになりそうですね( *´艸`)
Re:たういパパ
やっぱりパパの行動範囲内でも同じ現象が起きてましたか(苦笑)

おっしゃるように「赤いきつね」のネームバリューもあるでしょうし、
やはり分かりやすい、という点が受け入れやすさに繋がったのかな、と。

カップ麺ブロガーだからなのかもしれませんが、
やはり面白味を感じたのはコッチなんですけどねw

今回は単純に「赤いきつね」は「黒い豚カレー焼そば」の姉妹品としてリリースし、
フュージョン麺は単体で攻めた方がコンセプトは安定したかもしれません。

> 次はもう正麺となにかのフュージョンしかない?
「正麺フュージョン」基礎ハードルはあがりますけど
上手くハマったらかなり強力な逸品に仕上がりそうですね!

個人的にはミドタヌの焼 “蕎麦” 化にも期待したいのですがw
Re:くま子さん
> カップ麺はコンビニで購入派のくま子です♪
おー、コンビニで購入派だったのですね。

私の行動範囲内にあるパチンコ屋さんは景品として
新商品系の変わり種カップ麺を意欲的に扱っているので、
通っていた頃は余り玉で交換したりしてたんですよ(笑)

甘くないキャラメルコーンはイオンや系列の店
(マックスバリュなど)で頻繁に見かけますね!

荒んだ目をした青いキャラメルコーンですw

堅あげポテトの「はちみつバター味」こちらのスーパーでは
通年商品として常備してあるのですが…送りましょうか?笑

「魚雷」何と言っても麺が印象的ですよね!

うどんっぽい中華麺という新種だったので、
しっかりと印象に残ったノンフライ麺でした。

値段的に具材の寂しさは否めませんでしたけどね;

これからカレー味や汁無し系のカップ麺が増えてきますし、
激辛系の市場も活発に動き始めるので、同時に楽しみです(鼻息)
こんばんは
.
ストックしていたコラボ豚カレーを今日、食べてみました。

たかさんと同じく、赤いきつねより良かったと思います。

Re:いちごちゃんさん
「赤いきつね」の安定感にも捨て難いものがありましたけど
やはりコンセプト的には「黒い豚カレー」×「麺づくり」に軍配ですよね!

味噌とカレー味の組み合わせには新鮮味を感じたし、
きちんと成立していたことに好感が持てました。
No title
takaさん、こんにちは!

こちらはコンセプト通り、ちゃんとフュージョンしてましたね!

「赤いきつね 焼うどん」は完全に一方に偏った内容でしたが、
こちらは麺づくりの要素も麺とスープにちゃんと生きていて、
黒い豚カレーの要素もスープと具で活躍していましたからね!

最大のポイントはやはりカレーと味噌が合わさったスープでしょうね!

これによって、単に2つの商品を合わせただけでなく、
カレーと味噌の相性の良さも知ることができましたし、
この企画だったからこそ生まれた味になっていましたね!(●・ω・)

わかりやすさに関しては「赤いきつね 焼うどん」が上なので、
どうしてもそちらが売れてしまうのはやむなしかもですが、
ぜひともこちらにも手を伸ばしてほしいものですよね!

そうは言いつつも自分も「赤いきつね 焼うどん」をリピしてるので、
自分もその売れ行きの偏りの原因を作る一人になってしまってますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

こちらはきちんとコンセプト通りの
「フュージョン麺」らしさが体感できましたね!

おっしゃるようにカレーと味噌の融合に違和感がなく、
「麺づくり」と「黒い豚カレー」両方の利点が好印象でした。

> そうは言いつつも自分も「赤いきつね 焼うどん」をリピしてるので、
> 自分もその売れ行きの偏りの原因を作る一人になってしまってますが!
味の面で言えば安定感は抜群ですから分かりますよ(笑)

でも個人的にリピしたいと思ったのはコッチでした!
(在庫の関係で今回は買い置きしてませんけど…w)

管理者のみに表示

トラックバック