東洋水産「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」



昨夜、ある会話の中で「俺じゃねーよ」と言った際、なぜか「リオデジャネイロ」って聞こえてしばらく脳内ループ。自分で発言しておきながら、なんかジワジワ面白かったです。そして、冒頭ネタが思い浮かばなくてこんなことくらいしか書くことがなかった自分が情けないですww

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 黒い豚カレー焼そば』です。東洋水産の看板商品のひとつ「黒い豚カレー」の焼そばバージョンですね。黒い豚カレーってレギュラー商品の割にはあまり見かけないイメージw 今年の6月に「黒い豚カレーうどん」がリニューアルされ、そのとき同時発売でリリースされた商品です。定番商品の焼そば化と言えば、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば」が記憶に新しいのですが、あれは完成度高かったなー。今でも店頭に並んでいるので、無性に食べたくなったときにもすぐに入手できるのが嬉しいです。おっと脱線。ちなみに今回の黒い豚カレーのカップ焼そばバージョンは、パッケージにも記載されている通り期間限定。たしか何年か前にも同じテーマで商品化されていたんですが、そのとき手に入れらず食べ損なっていて、この商品のリリースを知ったときは妙に嬉しかったです。というわけで今回は満を持しての実食だ!(って、ちょっと違いますかねw)





は『香味豊かな、なめらかで弾力のある丸刃で切った麺』とのこと。焼そばにしては細めの麺で、北海道限定シリーズの「やきそば弁当」の麺と似ているなーというのが第一印象。油揚げ麺特有の風味が強く、この芳ばしい風味は自分的好み。まさにインスタントって感じの麺で「香味豊かな」というのがその麺の芳ばしさを指しているのか、野菜エキスが練り込まれているからなのか、そのあたりは曖昧だったのですが、あまりそういうの深読みせずに食べなきゃいけませんねw インスタントらしい油揚げ麺で素直に美味しかったです。気持ちソースとの一体感は高かったように思いました。けっこうスナック的な麺なんですけど、今回はそれが良い方向に働いていたように思います。スパイシーなソースをよく拾ってくれたし、油揚げ麺特有の心地の良い芳ばしさがソースとマッチしている感じで美味しかったです。

ソースは『ポークをベースに野菜の旨味を加え、醤油で味を調えた、甘さとスパイス感のあるカレーソース』『ターメリック・クミン・バジルなどの香辛料を使用して風味を付けてい』るとのこと。調理後はかなりスパイシーな香りが漂っていて、実際に食べてみるとその香りほどではなかったものの、ちゃんとソースにはスパイス感があってなかなかスパイシーな仕上がりです。辛味は無いためマイルド系のカレーに分類されると思うのですが、ちゃんと複雑味のあるスパイス感が感じられたのが好印象。それからほんのりとした甘味が奥から感じられ、その甘味とスパイス感が相俟ってクセになる感じのカレーソースでした。動物系の旨味もきちんと感じられ、やや油脂感は強いものの、スパイス感からクドくなるようなほどではなかったです。けっこうバランス重視なカレー味で、それでいて大人し過ぎず、大人から子どもまで万人が美味しいと思えるカレー味なんじゃないでしょうか。粉末スープがけっこうな量だったので、味は粉末のカレールゥをかけたような感じというか、やや粉っぽさを感じる舌触りと風味なんですけど、それが却ってスパイシーさを高めたいたようにも思いました。また、その粉っぽさと麺の風味とが合わさってジャンキーな雰囲気を醸し出していて、いかにも即席っぽくて良かったです。

かやくは『味付豚肉、にんじん』とのこと。焼そばなのにキャベツが入っていないというのは珍しいですね。こうもあっさり抜いてくるとはw 最近はキャベツオンリーな焼そばも多いので、豚肉とにんじんだけでも豪華に感じてしまいます。というか、黒い“豚”カレーなので、具材に豚肉が入ってないと話になりませんw 部位は豚バラっぽい感じですね。豚肉は特に脂身の部分が美味しくて、豚の脂身らしい甘味とジューシーな旨味がジュワッと口の中に広がります。食感もプルッとしていて本物っぽかったし、とろけるような柔らかさと特有の旨味から豚肉食べてるなーって気持ちになれました。とても。赤身の部分は少しパサついた食感でしたが、程よい味付とジューシーさがカレー味のソースとも相性はピッタリで美味しかったです。にんじんで彩りも良し。とにかく豚肉がしっかりとしていたので、不足感のない具材構成だと思います。豚の脂身、ほんと美味しかったなー。

満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

油揚げ麺特有の風味と適度なスパイス感とやや粉っぽさのある粉末ソースの舌触りが相俟って、なんだかレトロでスナック的なカレー味の焼そばでした。自分的好み。具材の豚肉もしっかりとしていたし、ソースからも動物系の旨味が感じられ、ちゃんと豚らしさが感じられたことが印象に残りました。奥からほんのりとした甘味が来て、旨味、甘味、スパイス感のそれぞれがバランスよく主張していて、そのクセになる感じと安定感から飽きのこない味わいですね。目新しさはあまりなかったんですけど、しっかりとした具材の豚肉とバランスのとれたカレー味のソースは高く評価したいと思います。麺の風味とソースの感じから若干油脂感は強めですが、それもインスタントらしいというか、これは個人的な好みですが、めっちゃ好印象でした(笑) 定番感のある仕上がりだったし、定価も170円なんだから期間限定じゃなくて定番のレギュラー商品として商品化すればいいのにと思いました。今回は満足度をどのくらいにするかめちゃくちゃ悩んでですね…味は普通に美味しいって感じだったんですけど、きれいに纏まっていて完成度は高かったし、豚らしさが印象に残ったから4かなーと。これが定番商品としてのリリースだったら満足度は5。ちなみに今回のインスタントらしい風味は思いっきり自分好みだったので、個人的好みを評価対象のメインにすると満足度は6ですw 危ないww それからこの商品、食塩相当量が3.0gでカップ焼そばにしては少なめで、スープを残して塩分量を調整したりできないカップ焼そばとしてはこの数値も利点と言えるでしょう。価格も170円ですし、食べる価値はあると思います。自分はストック用に複数購入しました。「黒い豚カレー」の他にも「赤いきつねの焼うどん」「緑のたぬきの焼蕎麦」みたいな感じでそれぞれ商品化してみても面白そうですよね。ペヤングじゃないですけど、定番商品の焼そば化みたいなキワモノ路線、アリだと思います。「白い力もちうどん」の焼うどんバージョンとか出たら炭水化物×炭水化物で食べ応えありそうw あ、でも湯切りのときに餅が湯切り口をブロックしちゃうかな…いや、そもそも焼うどんに餅って冷静に考えると組み合わせとしてどうなんだって感じですよね(苦笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 黒い豚カレー焼そば
製造者:東洋水産
発売日:2014年06月02日 (月)
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4901990331487

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:560㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体ソース・粉末そーす・かやく)

内容量 (めん量):112g (90g)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) あたり

エネルギー:525kcal
たん白質:10.4g
脂質:25.9g
炭水化物:62.6g
ナトリウム:1.2g
ビタミンB1:2.12mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:198mg

(食塩相当量:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(植物油、砂糖、醤油、たん白加水分解物、デキストリン、香辛料、ポークエキス、食塩、野菜エキス、デーツ果汁、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、にんじん)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック