サンヨー食品「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテビッグ」



オキコの「ポテトチップス 沖縄ソーキそば風味」を食べました。ミニストップで開催されている「GO!GO!沖縄キャンペーン」の対象商品として新商品のコーナーに陳列されてたんですけど、調べてみると以前から販売はされているようで、今でも普段は沖縄限定で発売されているのでしょうか。思ってたよりも味付はしっかりとしていて、最初に豚と鰹を合わせた和風出汁っぽい旨味が先行し、追って紅生姜を思わせる酸味がやって来ます。なるほど、言われてみれば沖縄ソーキそばっぽい雰囲気かも。ただ、パッケージの雰囲気からイメージをリンクさせて味を捕まえさせるタイプというか、黙って出されたら形容するのが難しい味かもしれません。でも言われてみたら、漠然と沖縄ソーキそばっぽいw たとえそこに結びつかなかったとしても、しっかりとした豚と鰹の旨味に酸味のアクセントが絶妙で、ちょっと濃い味で、素直に美味しいと思えるポテトチップスでした。濃い味でも塩気より旨味で喰わせるようなタイプだったので、そういった部分も自分の場合は特に好感の持てたポイントだったんですよね。ビールとの相性もバッチリでした。ビールはオリオンビールではなかったんですけど、合わせて買えばよかったと記事を書きながらw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテビッグ」です。意欲的に変わり種が開発されている「塩らーめん」のアレンジカップ麺ですが、今回はピリ辛アレンジということで、随分とシンプルな内容ですね。あまり新商品らしい奇抜なインパクトは感じられそうにありませんが、イメージ的に安定感は高そうですし、青と赤のW唐辛子入り切り胡麻つきとのことなので、青唐辛子の爽やかな風味には特に注目しながら食べ進めたいと思います。





は、「食べ応えのある麺」で、「コシのある中太麺とし、袋麺の食感をタテ型ビッグカップで再現し」たとのこと。中太? 中細? 個人的には後者でしたw やはり袋麺の食感とは少し違うものの、やまいも粉の練り込まれた口当たりの良い白っぽい油揚げ麺で、きちんと本家を踏襲していることが分かります。食感は軽く、歯応えのある麺ではありませんが、麺単体としての主張よりもスープとの一体感にウェイトが置かれているので、そこを理解してやれば素直に楽しめるかと。現にスープの馴染みは抜群に良かったし、単純にクオリティの低い廉価版の柔麺とは質が違うので、敢えてゆっくり食べるてみるのもオツな食べ方かもしれません。油揚げ麺特有の風味も穏やかで、奥から感じる油揚げ麺ならではの甘味が素直に美味しく、もちろんピリ辛アレンジ版の塩らーめんスープとの相性もバッチリ。今回はスープの路線に大きな変更を感じなかったので、麺とスープの取り合わせは抜群の安定感を誇っていたし、スープの塩気が麺の甘味を引き立てていたり、ちょっと柔らかめの質感から味の乗りが良かったりして、素直にマッチングを楽しめました。

スープは、「チキンのうまみと香辛料の風味がきいた、おなじみ『サッポロ一番 塩らーめん』の味わいに、青唐辛子、赤唐辛子の辛みと酢の酸味を合わせ、夏に合う爽やかなピリ辛スープに仕上げ」たとのこと。仕上げの小袋が干渉していない部分のスープからはオリジナルの塩らーめんと比べて殆ど差は感じられず、これといって大きく手は加えられていない模様。製品説明には酢の酸味を合わせたとありますが、言われないと見逃してしまうような(言われても気が付きにくい)レベルだったので、ここはもう少し強調しても良かったかも。仕上げの小袋は青赤W唐辛子入りの切り胡麻で、やはりコイツが決め手ですね。まず切り胡麻ですが、オリジナルを尊重した塩スープとの相性は言わずもがなで、切り胡麻の芳ばしさがスープの旨味を格段に引き上げてくれます。間違いのない組み合わせだし、逆に無いと不安w そしてピリ辛アレンジの唐辛子ですが、油脂に頼らず粉末状の唐辛子のみでピリ辛感を演出しているので、非常に爽やかで軽快なアクセントとなっています。辛さレベルは一般的に見てもピリ辛程度だったので、そういった刺激的な要素には期待してはいけませんが、唐辛子特有の風味が豊かだったのが好印象。赤唐辛子の芳ばしさも然る事乍ら、青唐辛子の含有量が多かったのか、青唐辛子特有の爽やかな青い風味には非常に好感が持てました。オリジナルを尊重したスープに粉末状の唐辛子でピリ辛アクセントを付けたシンプルすぎるほど真っ直ぐな内容だったのですが、青唐辛子特有の風味が確かな個性となっていて、単に一般的な一味唐辛子を入れただけでは味わえない爽やかさを感じられたのが良かったです。青唐辛子の風味と塩らーめんって、めちゃくちゃ相性イイですね。ただ、酢の酸味に関しては不満が残りました。若干いつもより後口にキレを感じたんですけど、それだったのかな。

具材は、「キャベツ、スクランブルエッグ、かに風味かまぼこ、ねぎ、赤唐辛子」とのこと。おっと、これは…かなりのボリュームじゃないですかw 一面に並べたら完全に麺が隠れてしまう量だったので、頑張って積みましたよw 具材の内容としてはサンヨー食品のタテ型で頻繁に見られる構成なので、それぞれに新鮮味は感じられなかったのですが、このボリューム感は特筆すべきポイントだと思います。キャベツ,スクランブルエッグ,かに風味かまぼこは、どれも膨張系の具材なので、膨らんでカサが増すのは当たり前ですし、タテ型カップという口径の狭さも影響していますが、それを差し引いても平均値より確実に多いと感じました。オリジナルを踏襲した塩スープとキャベツの相性はバッチリだったし、スープの塩気と対比を描くようなスクランブルエッグの甘味がアクセントになっていて、かに風味かまぼこも安定の食感と海鮮の味わい。具沢山な内容から単純に満足度は高かったし、それぞれの相性が良かったことで蛇足的な要素も感じられず、とても印象が良かったです。写真ではキャベツが奥で沈んじゃってるんですけど、かなりの量でした。

(標準は★3です)

オリジナルを尊重したスープに粉末状の唐辛子のみでアクセントを加えるといったシンプルな内容だったので、派手さや驚きこそ感じられなかったものの、青唐辛子特有の爽やかな風味は印象に残るものだったし、それが塩らーめんと絶妙にマッチしていて、裏切りのない美味しさでした。具材のボリュームもハンパなかったしw いくら膨張系の具材を用いていたとは言え、このボリューム感はサプライズでしたね。シンプル過ぎる方向性が功を奏していて、非常に安定感のあるアレンジだったんですけど、もう少し酢の酸味を強調させてオリジナリティを表現しても良かったかなー、という不満が足を引っ張るかたちになったので、ちょっと総評は厳しめにつけました。でもでも、塩らーめん好きは間違いなくハマれる内容だと思うので、安心感を高く評価しての体感的な満足度は★5で差し支えないと思います。変わり種らしいインパクトこそ感じられなかったものの、抜群の安定感と絶妙に塩スープを引き立てていた青唐辛子の存在感には価値が見出せたし、サッポロ一番の塩らーめんが好きな人は勿論、あの味わいを求めて手に取っても裏切られることはない仕上がりですからね。それに敢えて単純だったアレンジは人を選ばないというメリットも感じらますし、ひとつのカップ麺としての総合力は高かったと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛 タテビッグ
製造者:サンヨー食品
内容量:98g (めん72g)
発売日:2016年5月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734027980

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (98g) あたり

エネルギー:433kcal
たん白質:8.4g
脂質:17.6g
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:235mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:433kcal (めん・かやく:379kcal / スープ:54kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、やまいも粉)、スープ(食塩、香辛料、糖類、ごま、豚脂、でん粉、デキストリン、小麦粉、粉末醸造酢、味付豚肉、鶏脂、鶏肉野菜調理品、かつおエキス、酵母エキス、チキンエキス)、かやく(キャベツ、味付卵、かに風味かまぼこ、ねぎ、唐辛子)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、カロチン色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にかに、乳成分、大豆を含む)

アレルゲン情報:かに・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0533.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
塩ラーメンカップとしてしっかりそれらしい美味しさを
感じられたので安心していただけましたね。

でもアレンジはちょっとおとなしかったので
そういう意味ではやや残念・・・。

まぁ、「大人の~」じゃないから贅沢言いませんけどねww
でもしっかり「大人の~」シリーズとの差別化が図れていて
そういう意味では製品内容と製品名の合致が感じられました。

しかし「大人の~」が出ませんね・・・ (^_^;)
ネタ切れなのかな・・・?
No title
takaさん、こんにちは!

これはほんとシンプルなアレンジの商品でしたね!

それでいて青唐辛子特有のさわやかな香りと辛味が効いていて、
塩らーめんの軽いアレンジとして上手くまとめられてましたね!

なおかつ具のボリュームが凄かったのもポイントでしたね!(●・ω・)

驚きはほとんどなく、安心感を持たせる内容でしたが、
それでも塩らーめんの良さをしっかりと楽しめるとともに、
アレンジとの相性の良さも実感できてなかなか良かったです!

それにしてもサッポロ一番の塩らーめんはいろんなアレンジに合いますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
アレンジとしては随分と大人しい路線でしたが
さすがに抜群の安定感を誇っていましたよね!

辣油などの油脂成分は使わず、
粉末唐辛子を使ってストレートに
アレンジしていたのがシンプルで良かったです。

「大人の〜」は、基本的にアレンジ色が強いので、
ごっちゃになってなかったのもポイントでしたね。

で、たしかに新作が出ない・・・(苦笑)
夏に向けて大人のカップ焼そばとかも面白そうですけど!
Re:かーとさん
こんにちは!

かなりシンプルな(シンプル過ぎるw)路線でしたが
やはり青唐辛子特有の個性が印象に残る風味で良かったです!

赤唐辛子だけだったら、それこそ大半の人が自分で出来ますからねw

粉末状の青唐辛子を常備している人は少ないでしょうから、
そこにきちんとメーカーのアレンジらしい需要が感じられました。

具材のボリュームはビックリしました!
ヤらせで写真を撮らなくてもイけそうでしたからねw

もともとサッポロ一番の塩らーめんは
アレンジすることを前提に開発されたと聞きますし
変わり種のカップ麺としても弄りやすいのでしょう!

管理者のみに表示

トラックバック