日清食品「日清焼そばU.F.O. 極太 豚ガリペッパー」



5月30日発売、湖池屋の「ポテトチップス スモークサーモン&クリームチーズ ウェーブタイプ」を食べました。自分は湖池屋の波型を食べるのは初めてだったのと、ポテトチップスでスモークサーモン&クリームチーズってどうよ、って感じだったんですけど、いやいや美味しいじゃないですかw ちゃんと燻したようなスモークサーモンを思わせる芳ばしい香りが感じられて、余韻にはサーモンっぽい風味が残り、まろやかなクリームチーズのコクが絶妙にマッチ。クリームチーズの主張は想定の範囲内でしたが、スモークサーモンの風味が思っていたよりもリアルで、自分の想像以上でした。すげぇぜ鮭エキスパウダーw これはワインが欲しくなる味ですね。間隔の広い緩やかな波型カットという形状から、味付のパウダーをポテトが満遍なくキャッチしていて、ちょっと濃い味。まさにアテに誂え向きなポテトチップスでした。これまで見かけてもスルーしがちだったシリーズだったんですけど、今後は積極的にチェックしようと思います。っていうか、ポテトチップスの新商品リリースのペースが私の想像を超えていたので、意識的にチェックするようになってからビックリしてるんですよねw こんなにも意欲的に開発されていたとは…。

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 極太 豚ガリペッパー」です。極太仕様のU.F.O. は、前にも発売されたことがありましたね。発売日は2009年でブログもやってなかったので、さすがに記憶は曖昧ですけど…w 今回、極太麺が復活して、しかもテイストのイメージは思いっきりガッツリ系。基本的にU.F.O.の豚推し系はソースが力強く、オイリーで重厚感のある濃い味に振ってくる傾向にあるので、大盛仕様が仇にならないことを祈って、いざー。





は、「コシのある食感と食べ応え抜群の新開発の極太ストレート麺」とのこと。極太仕様の油揚げ麺と言えば、どうしてもゴワついてしまったり、ワシワシとした食感のワイルドで無骨な路線に走ってしまいがちですが、さすがは天下の日清焼そばU.F.O. 既存の極太麺とは一線を画しています。湯戻し時間は熱湯5分、厚みのある平打ち状の麺で、極太と言って差し支えのない太さなんですけど、もちもちとした密度の高い粘り気のある弾力に、しなやかさやコシを兼ね備えていて、無骨どころか上品な面持ちさえ感じさせてくれたことに驚きました。麺単体としてのクオリティは、やはり標準サイズの方が上だと思ってしまったのですが、このブランドが培ってきたノウハウを遺憾なく発揮していて、他社にはない新鮮味の感じられる極太麺は印象に残る仕上がり。しっかり食べ応えのある太麺なんですけど、確かな自己主張を放ちながらも孤立して独り歩きしているようなネガティブさは感じられず、麺とソースには一体感があります。表面のキメは細かくもソースの馴染みは良かったし、醤油や香辛料(ガーリック・オニオン)が練り込まれた味付麺だったので、その下味も功を奏していたのでしょう。ワイルドな路線でありながら、U.F.O. らしい洗練されたイメージを受ける上質な極太麺でした。

ソースは、「ジューシィなポークの風味とガツンと食欲を刺激するガーリックの香りが特徴のしょうゆだれ」に、別添で「キレのある粗挽きブラックペッパー」とのこと。まず初めに強めに効かされたガーリックがガツンと攻めてきて、間髪入れずに豚の旨味が後続し、後口を粗挽きの黒胡椒が引き締める、かなりワイルドな仕上がりです。ガーリックの主張もパウダー的なものではなく、おろしニンニク系だったので、明白なパンチ力がありますね。想像通り油脂感も強く、豚脂を筆頭に動物系のオイルが重心の低い厚みを演出しているのですが、欲を言えば同ブランドの「塩カルビ焼そば」的な炭火焼き感なんかがあると嬉しかったかなー、という不満が無きにしも非ずでしょうか。豚脂を筆頭に重厚感のあるタイプなんですけど、キレのあるガーリックのパンチとブラックペッパーの清涼感で、ワイルドな路線でありながらも比較的食べやすかったです。タレは醤油ベースで、やや輪郭が強めのシャープなタレだったのですが、油脂成分がカドを適度に包み込み、そこまで鋭利な印象は受けませんでした。側面から見ると同時に油脂成分が持つ重みの間にタレのシャープさが切り込んでいるような部分もあったし、ニンニクのキレと重なることで相乗効果が生まれていて、上手くバランスが保たれていたように思います。

具材は、「ジューシィなポークミンチ、大切りキャベツ」とのこと。とてもシンプルな構成ですが、ポークミンチもキャベツも印象が良いですね。ポークミンチは製品説明通りジューシーで、肉っぽいワイルドな旨味を感じることのできる肉具材です。これによって全体の力強さが増していて、確かな食べ応えとなって満足度を高めてくれていました。ただ、カップのサイズ的な問題かもしれませんが、もうちょっと入ってると嬉しかったです。キャベツは油脂成分の多いソースで豚脂まみれになっているので、オアシス的なアシストは見込めませんでしたがw 大きめカットで厚みがある分、確かな食感がアクセントになっていたし、キャベツの甘味が好印象で、素直に美味しかったです。

(標準は★3です)

欲を言えばソースから日清食品が得意とするオイルを駆使した調理感を感じたかったところですが、食べ応えと上品な面持ちさえ兼ね備えていた上質な極太仕様の麺には新鮮味があったし、ガーリックとペッパーの主張が明白で、パンチのあるテイストと食べ応えは素直に評価したいと思います。量的にもテイスト的にもガッツリ系の路線だったので、人やシチュエーションを選ぶカップ麺に分類されると思うんですけど、キレのあるガーリックのパンチやブラックペッパーの清涼感で思っていたよりも食べやすく、逆を言えば少しインパクト不足でもあったのですが、大盛仕様が仇となっていなかったことには好感が持てました。もう一押しソースに工夫が欲しいと感じてしまったものの、これは基礎クオリティの高い日清食品に対する必然的なハードルがあったからこそ生じてしまった些細な不満なんだと思います。今回の極太麺は間違いなく収穫だったし、確かな強みとポテンシャルの高さを感じたので、今後もブランド内で「日清焼きそばU.F.O. 極太」という新たなジャンルとして確立させ、定期的に新商品の開発を行って欲しいと思いました。この極太麺を使って、花椒をバッシバシに効かせた汁なし担担麺とか食べてみたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O. 極太 豚ガリペッパー
製造者:日清食品
内容量:165g (めん130g)
発売日:2016年5月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105234389

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:700㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (粗挽きペッパー・液体ソース)

~標準栄養成分表~

1食 (165g) あたり

エネルギー:761kcal
たん白質:14.4g
脂質:36.0g
炭水化物:95.0g
ナトリウム:2.7g
ビタミンB1:0.58mg
ビタミンB2:0.60mg
カルシウム:215mg

(食塩相当量:6.9g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、ソース(醤油、豚脂、ポークエキス、糖類、香辛料、食塩、香味油、醸造酢、野菜エキス、ポーク調味油)、かやく(味付豚肉、キャベツ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、香料、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、炭酸Mg、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5159

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
新シリーズのU.F.O.としてはなかなかうまくまとまっていましたね。
自分は最初は豚脂系で重たいな~と思いましたが、
粗挽きペッパーのおかげでうまく中和され、
なんとか美味しくいただけましたww

ペッパーがかなり意識した粗挽きで、
また量も多めだったのがよかったです。

にんにく強めの味は職場などでは許容できない範囲ですが、
いいアクセントになっていましたね。

あとはこの麺ですね!
ちょっと味の用途がどういうのが合うのかわかりませんが、
ヘンにアンバランスな製品出さないように
今後もしっかり作りこんでほしいものです。
No title
お疲れ様です♪

これはまだ見たことがない商品ですね。
これから導入かしらー(*´ω`*)

ペヤングのキムチマヨ美味しかったです。
マヨの風味の中にピリッと辛さがありましたね♪

カップ麺とポテチが多そうなので
夏バテに気を付けましょうね(*´ω`*)
Re:たういパパ
粗挽きペッパーはバッチリ効果的でしたね!

しっかり粗挽きで、量も多くて、
素晴らしい活躍ぶりだったと思います。

隠れ黒胡椒マニアとしては特に好印象な点でもありましたw

日清食品の汁なし担担麺系って割と花椒が強めに効かされる傾向にあるので
そういったインパクトの強い味付で今回の極太麺を食べてみたいです!
Re:くま子さん
お疲れ様です!

おや、まだ見たことなかったですか。
こっちでは発売開始日から現在も絶賛発売中です!

ペヤングのキムチマヨ美味しかったでしょ!
まさに裏切りの無さ過ぎる安定感でしたからねw

> カップ麺とポテチが多そうなので
> 夏バテに気を付けましょうね(*´ω`*)
毎晩の夕食は尋常じゃなく健康オタクなメニューなので
ここ数年は風邪ひとつ引いてないですよ!(親指ビシイッ)

ちなみにカップ麺の入手経路はコンビニ? スーパー?
それともパチスロ反面教師ブロガーらしく景品から?

ちょっと前から地味に気になってるんですよねw
No title
takaさん、こんにちは!

これはなかなかよくできていましたね!

麺は他社の太麺のような力強さで攻めるタイプでなく、
太麺ながらもしなやかさを感じさせてくれる仕上がりで、
がっつり系ながらも意外と軽く食べることができましたね!

一方のソースは豚とガーリックがガツンと効いていて、
それでいながら重くなりすぎないバランス感があって、
これまで日清の塩系・醤油系焼そばがやや苦手だった自分も
今回は黒胡椒の効果も手伝っておいしく食べられましたね!(●・ω・)

おそらくこのシリーズは今後も出てくるでしょうし、
今後どのように展開されるかも楽しみになりますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

この麺は他社の太麺系と一線を画していましたね!
さすが「U.F.O.」だなぁ…って、ちょっと感心しました。

ソースの豚が思いの外おとなしいと感じたので、
(「塩カルビ焼そば」レベルを想像していたので…w)
そこが若干の不満となってしまったんですけど、
全体の仕上がりとしては綺麗に纏まっていたと思います。

やはり個人的には今回の極太麺で
汁なし担担麺を食べてみたいんですよね!

いつか出るだろうと勝手に期待しています!(笑)

管理者のみに表示

トラックバック