エースコック「夏のスーパーカップ1.5倍 辛HOT とんこつラーメン 辛ダレ仕立て」



5月31日発売、ミニストップ限定で発売されているカルビーの「ポテトチップス ラフテー味」を食べました。いま沖縄キャンペーン中なんですねー。地のポテトは厚切り波型の「ポテリッチ」仕様で、味付も濃いめ。まずきちんと豚肉っぽいポークの旨味があって、煮詰めた醤油ダレに砂糖の甘味が相俟ったテイストは、なるほど豚の角煮風でした。これを「ラフテー」とする定義を自分の舌ではイマイチ掴めなかったんですけど、そもそも本場のラフテー食べたことないしw でも豚の角煮って言われたら納得の甘辛い濃いめの味付で、豚の旨味には豚バラ肉を思わせるジューシーさが感じられたりなんかして、後引く味わいがクセになるタイプのポテトチップスで美味しかったです。ちょっぴり生姜の香味感があったことと、ほのかな香辛料のアクセントもイイ感じでした。もちろんテイスト的にビールのアテにはバッチリだったんですけど、ふと泡盛を呑みたくなったのは、沖縄感あふれるパッケージのデザインと、ラフテーの文字に漠然としてヤられたんでしょうね、きっとw あ、ちなみに沖縄つながりで、「玉家 沖縄そば」というカップ麺がミニストップ限定で絶賛発売中です。私が記事にするのは…ええ、まだ先の話になりますがw

さて、本日の一杯は、エースコックの「夏のスーパーカップ1.5倍 辛HOT とんこつラーメン 辛ダレ仕立て」です。毎年、5月から夏に向けた製品のリリースが目立ってきますが、夏季限定のスーパーカップは2品同時リリースが定番で、今年も例に漏れず。ちなみに昨年は「ガリペパ」と「レモチキ」だったんですけど、今年のテーマは「辛HOT」と「爽COOL」ということで、ちょっとニュアンスを捻ってきました。雰囲気的に辛味には期待できそうにありませんが…それよりも最近はギミック的な豚骨が多いエースコックですから、そっちの方が心配だったりします。辛の要素と豚骨のバランスも含め、ベースの豚骨感に注目ですね。





めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。ふかふかとした太めの油揚げ麺に有り勝ちな軽い食感ではなく、奥歯で噛むと押し返してくるような弾力の感じられる密度の高さが印象的な油揚げ麺で、カドのある形状や力強い食感から麺単体としての主張は強いのですが、油揚げ麺特有の風味は存在感の割に意外と控えめ。もちろん追っていくと油揚げ麺特有の風味を感じますが、それがネガティブに映らないのがカドメンが優秀だと思える隠れた魅力のひとつなんですよね。ゆっくり食べていると後半にかけてスナック的な印象が強くなってくるのですが、スナック感を覗かせ始めても今回のスープと喧嘩することはなかったし、比較的カドメンの中でも細めのタイプが使用されていたので、スープとのバランスや相性に問題は感じなかったです。

スープは、「複数種のポークエキスに、ガーリックやジンジャーなどの香味野菜を利かせた濃厚な豚骨スープ」で、「別添『特製ペースト』の辛ダレが旨辛さを引き立て、夏に食べたくなる味わいに仕上げ」たとのこと。端的に言うと、オーソドックスな豚骨スープにシンプルな辛味噌系のペーストでアクセントを加えるという単純な構成なのですが、今回のベースにある豚骨は印象が良いですね。「極どろ」シリーズを筆頭に、コラーゲンで濃度を誤魔化すパターンが多い最近のエースコックでしたが、この豚骨味からはポークの旨味と、後口には若干の骨っぽさが感じられました。スーパーカップという大盛バケツ型ブランドの仕様上、あくまでもカップ麺の豚骨味としての旨味ですけど、豚エキスと豚脂を筆頭に原材料で使用している動物性の素材を豚のみに絞っていることには好感が持てますし、ちゃんとしたポークの旨味に豚脂が重なることでコクが感じられ、決して長時間炊き出したような本格志向の濃厚豚骨スープとは呼べないものの、ストレートに豚骨の旨味を演出しようとした姿勢の見られる豚骨味だったことが素直に嬉しかったです。ただ、スープは粉末スープ1本なので、豚脂も乾燥状態にあり、油脂感は控えめ。ベースが真っ直ぐだったので、豚脂を主成分とした調味油が欲しかったです。それからオニオンパウダーの下支えは効果的だったのですが、夏仕様のピリ辛という路線的に、ガーリックをガツンと効かせてスタミナ感あふれるジャンクなパンチを演出してみても良かったかもしれません。さて、そろそろ辛ダレの存在にも触れていきますが、こちらもスープと同じく奇を衒わないオーソドックスな内容で、単純に和味噌と豆板醤とラー油を組み合わせたような飾り気のない路線。驚きのあるアクセントではなかったものの、ベースがオーソドックスな豚骨味だったので、特に喧嘩することなくマッチしていたし、辛ダレが主張し過ぎて豚骨感を掻き消してしまうようなネガティブさも感じられず、素直にプラスな要素として楽しめました。ちなみに辛味はピリ辛アクセントの枠を出ない刺激だったので、そこそこ辛い食べ物が苦手な人でも問題なく食べられるレベルだと思います。激辛系のカップ麺ではありませんし、このくらいの刺激がアクセントとしては程よい主張なのかもしれません。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、コリコリとした食感のキクラゲ、ねぎ」とのこと。程良く味付けした肉そぼろは、例の味無しスポンジ肉そぼろかと思いきや…なんと、今回は味があるじゃないですかw そうそう、たまーに入れてくれるんですよねー、この “まとも” な肉そぼろw そこまでリアルな肉具材ではありませんが、きちんと肉であることの分かる食感と旨味が感じられ、味付も程よく、あの価値が見出せないスカスカの肉そぼろと比べたら月とスッポン。豚骨ラーメンに肉そぼろという取り合わせは、一見するとレギュラーとは言えませんが、辛ダレの豆板醤とスーパーカップが持つブランドのイメージが繋いでくれているようで、違和感は無かったです。他はキクラゲとネギというシンプルな構成だったんですけど、コリコリとしたキクラゲの食感はアクセントになっていたし、オーソドックスな方向性にあった豚骨味との相性はイメージ的にもイイ感じ。ネギも小葱系でありながら風味の強い素材だったので、こちらもアクセントとして寄与していました。エースコックの小葱って地味に風味が強くて、意外と存在感あるんですよね。

(標準は★3です)

これといってインパクトのあるカップ麺ではなかったんですけど、シンプルにオーソドックスな路線のピリ辛系豚骨味のカップ麺として見た時の安定性は高く、その落ち着きが好印象だったので、今回は良い意味で★3を付けました。あとは気持ちで「+」マークw 麺は既に定評のあるカドメンですし、今回のスープとバランスは良好で、豚骨スープもギミック的な旨味ではなく、大盛カップ麺の豚骨味として素直に楽しめる正統派の面持ち。辛ダレのアクセントもバランス型としては程よい主張と思えたし、肉そぼろが “まとも” だったことも含めw 驚きや目新しさこそ感じられなかったものの、オーソドックスな路線の豚骨味をベースにしたハズレのないピリ辛アレンジ的な雰囲気だったので、自分としては好印象でした。ただ、やはり物足りなかった点を挙げるとするならば、液体スープか調味油の小袋を使用して、ストレートな油脂成分が欲しかったですね。ベースが良い意味でオーソドックスな豚骨味だったので、液体状の豚脂が入っていると動物系の厚みが明白になりますし、もしくはガーリックでスタミナ感を演出するなど、もうちょっと夏らしさ工夫が感じられると嬉しかったです。でもでも、ある意味この仕上がりは裏切りのない一杯と言えますし、夏に向けて敢えての油脂成分控えめスッキリ路線を狙ったのかもしれないですし、そう思えば納得も出来るんですけどね。兎にも角にも、スーパーカップに理解のある人であれば、何と無く手に取ってみてもそれなりに楽しめるカップ麺だと思います。(…って、なんか最後に身も蓋もないこと言ってますねw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:夏のスーパーカップ1.5倍 辛HOT とんこつラーメン 辛ダレ仕立て
製造者:エースコック
内容量:109g (めん90g)
発売日:2016年5月2日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071237868

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・特製ペースト・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:475kcal
たん白質:10.4g
脂質:19.2g
炭水化物:65.2g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:229mg

(食塩相当量:6.9g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(豚エキス、豚脂、食塩、砂糖、みそ、香辛料、植物油脂、ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、しょうゆ、豆板醤、オニオンパウダー、豚ゼラチン)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、キクラゲ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、ソルビット、カラメル色素、かんすい、酒精、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1604_LSS.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こちらの二品もなかなか楽しみになって来ました!

やはりカドメンと豚骨の相性がよさそうですね☆
Re:ものグラムさん
> やはりカドメンと豚骨の相性がよさそうですね☆
自分は豚骨系のスーパーカップだと、かつての
「ガッシリ3Dめん」の方が好きだったんですけど、
最近は慣れたのかカドメンでも違和感がなくなってきました(笑)
No title
これ、ふつうに美味しかったですよね!
食べる前の期待値より実際のほうが
あきらかに高かったです。

夏っぽさをそれなりに演出していたし、
なにより肉そぼろが改良版というのがよかったです。

で、もうそろそろカップ麺の豚骨味の定義自体を
変えるべき時かもしれませんね・・・。

われわれは本格的なくっちゃい系を期待してますが、
それはひょっとしたらカップ麺界ではもう過去の期待じゃないか?
・・・と思ったりしています。

本格的豚骨じゃなかったから評価を下げるのも、世間的には
需要のないものを評価するということかもしれません・・・。

そのへんの評価基準も自分はそろそろ変えようかと思ったりしてます。
まぁ、あくまでも個人的な評価で突き進むか、ある程度妥協するか・・・
う~~ん、難しいところです (^_^;)

あ~、むずかしい話になってゴメンナサイ m(__)m
Re:たういパパ
良い意味で普通に美味しかったです!笑

確かに食べる前の期待値が低い系だったのでw
その分だけ安定して美味しかったのが良かったですね。

もう少し自分は夏っぽさを感じたかったのですが
肉そぼろの改良は非常に好印象なポイントでした!

> で、もうそろそろカップ麺の豚骨味の定義自体を
> 変えるべき時かもしれませんね・・・。
これに関しては自分も何度か考えたので、
最近は豚骨=豚骨臭というバイアスは抑え、
“骨っぽさ” があるかどうかを指標にしています。

やはりカップ麺でも一般的には “食べやすい豚骨” の方が
ユーザー層も踏まえて明らかに需要は高いでしょうからね!

ただ、それだけに何処か1社が(かつての明星食品のように)
人を選ぶくらいに尖ってくれててもいいような気がするので、
ヘビーユーザーも納得できるように均衡を保って欲しいなぁ…って。

食レポは少なからず評価に好みのバイアスは影響するので
自分は出来るだけ総評では客観視するように意識しています!

好みでも評価を下げたり、苦手ジャンルでも評価を上げたり。
まぁ結局それも “個人的な” レビューになるんですけどね(苦笑)

それ以前に自分のブログは記事の鮮度を上げないと論外
っていう無視の出来ない大きな課題があるわけなんですけどw
No title
takaさん、こんにちは!

これは驚きはないもののよくできた商品でしたね!
ちょっと優等生すぎるかなという感もありましたが!

無骨ではないものの豚骨らしさはちゃんとありましたし、
濃度もほどほどにあって、なおかつギミック感も特になく、
正統派の豚骨スープとしてよくできていたように思います!(=゚ω゚)

最近は実際のお店でも「一風堂」などを筆頭にして、
豚骨のコクは引き出しつつもクセはなく食べやすい、
そうした豚骨が幅広く受け入れられているので、
カップ麺にも同様の傾向が波及しているのかもですね!

それでももうちょっと豚骨としてのらしさが欲しいことも多いですが!
そういう点から見れば、今回のスーパーカップは合格ではありましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

かなりオーソドックスで優等生な路線でしたし、
自分としては夏らしいインパクトが欲しかったのですが、
オーソドックスな路線としての完成度は安定して高いと感じました。

豚骨にクセや個性こそなかったものの
後口に余韻として残る骨っぽさは好印象でしたね!

最近のエースコックが抱えていたギミック的な
豚骨味のネガティブさが払拭されたようでした。

コラーゲンで下手に粘度を高めなくてもいいので、
せめて普段から、このくらいの水準をキープしてもらいたいです(笑)

「極どろ」シリーズも自分は好きですけどね!w

そうそう、実際のお店でも “食べやすい” 方が人気みたいですし、
やはり超濃厚派を支持する人の方が圧倒的に少ないと思います。

でも、そんな人間でも満足できるカップ麺があってもいいかとw
この辺りの役回りを是非、明星食品に担ってもらいたんですけどね。

管理者のみに表示

トラックバック