東洋水産「マルちゃん でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン」



5月30日発売、カルビーの「ポテトチップス濃い味 極旨担々味」を食べました。まず最初に擦り胡麻っぽい芳ばしさが先行するんですけど、そのまま余韻として最後までハッキリと残る胡麻の存在感が好印象。唐辛子系の辣味は大したことなかったし、花椒系の麻味も極めて繊細なアクセントに過ぎませんでしたが、明白な胡麻の風味と肉味噌の旨味が相俟って、なかなか担担してました。あ、一応、山椒は入ってます。もう少し花椒の麻味とか、特有の鼻を抜けるような香りや、ほんのちょっと酸味なんかがあると本格的だったと思うんですけど、コンセプト通りの濃い味で、ビールのアテにはバッチリでした。兎にも角にも、明白な擂り胡麻っぽい芳ばしさが印象に残るポテトチップスで、思っていた以上に満足度は高かったです。うん、今回けっこう当たりかも。胡麻がイイ仕事してますよ、胡麻が。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン」です。本格志向の豚骨醤油味だと、醤油の主張が強過ぎて豚骨が喰われてないかとか、豚骨と醤油のバランスに若干の懸念を抱いてしまうのですが、食べ応えを意識した大盛バケツ型の「でかまる」ですから、実食前から割り切れちゃうような部分があるんですよねw スナック感がプラスに作用していることを祈って、「でかまる」らしい安定感に期待したいと思います。





めんは、「なめらかでコシのある、丸刃で切った太めの油揚げ麺」とのこと。いつもの油揚げ麺だと思います。ふかふかとした食感で、しっとりとした口当たりの優しい面持ち。他社になりますが、エースコックの「スーパーカップ」に使われている「カドメン」とは対極にあるような麺ですね。それなりに油揚げ麺臭も漂っているのですが、野暮ったい主張ではなく、油揚げ麺特有の芳ばしさを素直に楽しめる感じ。まぁ今回はスープが随分とワイルドだったので、油揚げ麺特有の風味が云々って余裕は無かったんですけどw 自己主張の強い麺ではないので、若干スープに押されているような雰囲気もあったのですが、スープとの一体感にウェイトを置いているような方向性が功を奏し、そこを意識すると素直に楽しめる感じでした。「本気盛」じゃないですけど、強烈なスープの中で更に暴れ回るような油揚げ麺よりかは印象が良いと思いますw

スープは、「ポークの旨味と醤油をベースに、豚の脂とにんにくをあわせた濃厚な豚骨醤油味のスープ」とのこと。先ず豚骨と醤油の兼ね合い以前に豚脂のインパクトですよw 植物油も使用しているようですが、豚脂の含有量が極端に多く、かなりのインパクト。正直、重いw でもガーリックのアクセントも強めに効かされているので、脂に一定の耐性さえあればクセになるタイプのスープだと思います。ベースの豚骨に特筆すべき個性は感じられなかったのですが、少し甘味を帯びたコクのある醤油ダレは印象が良かったし、豚脂を筆頭に豚推しだったことに好感が持てました。ちょっと塩分のカドが自分は気になったんですけど、かなりオイリーだったので、このくらいのキレがないと厳しかったかもしれません。いつもの良い意味で無難なスープを想像して手に取ったら、思わぬ先制パンチを喰らうと思うので、気を付けて下さいw なんかもう無駄にヘッヴィィィ〜〜なスープだったんですけど、その極端さに自分は価値が見出せました。間違いなく人選びますけどw

具材は、「ねぎ、メンマ、味付豚肉、味付挽肉」とのこと。ネギとメンマに特筆すべき項目はありませんでしたが、2種類の肉具材が嬉しいですね。しかも品質は安心と実績の東洋水産クオリティで、そんな定評のある質の高さも然る事乍ら、量に至るまで申し分ありません。味付豚肉は脂身の甘味が印象的なバラ肉で、ジューシーでリアルな肉質は素直に美味しかったし、豚脂の効いたスープと相俟って、全体の重厚感を底上げw 味付挽肉も食感が自然で、しっかりめの味付から確かな存在感がありました。スープが随分と豚推しだったこともあり、2種類の豚肉が相乗効果を生んでいて、しっかり食べ応えアップしていたのが良かったです。

(標準は★3です)

いつもの安定感に期待して食べたら、想像以上に凶暴性のある一杯で驚きましたw 特筆すべきは、偏に油脂成分の多さですね。なかなか徹底的だったので、これちょっと人によっては食べるの苦しいと思います。そんな押しの強いスープも然る事乍ら、具材の豚バラと挽肉も含めて仕上がりは完全に豚推しだったので、雰囲気としては “豚骨” っていうよりも “豚” ですね。最終的に★の数は迷ったんですけど、肉具材の満足度は高かったし、良い意味でカップ麺らしい極端さに自分は価値が見出せたので、★ひとつプラスしました。個人的には塩気が強くてショッパかったし、やっぱり重かったけどw こってり感すごかったし、塩気も強かったし、力仕事してる人にはガツンと栄養補給できる感じでオススメです。逆にデスクワークが中心の人は避けた方がいいかもしれませんw もちろん、脂の多い重たいスープや、塩カドが苦手な人も手を出さない方がいいと思います。いつもの無難な安定感を期待して食べたら裏切られるような「でかまる」らしからぬ攻撃的な形相には驚きましたが、ある意味、この攻めた姿勢には新鮮味があったし、がっつり系として分かり易い仕上がりだったので、自分としては印象が良かったです。重かったけどw このスープをベースに塩気を控えて煮干(それも特有のエグミを感じるほど強烈なヤツ)をバチッ、と効かせても面白そうですね。今回の総評は標準値よりも上ですが、感想を見てヤバそうだな…と思った人は避けてください。なかなか強烈ですからコイツw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:137g (めん90g)
発売日:2016年5月2日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990335706

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (137g) あたり

エネルギー:615kcal
たん白質:14.4g
脂質:31.8g
炭水化物:67.9g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:226mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:615kcal (めん・かやく:494kcal / スープ:121kcal)
食塩相当量:8.1g (めん・かやく:3.0g / スープ:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(醤油、豚脂、植物油、ポークエキス、でん粉、香辛料、たん白加水分解物、食塩、砂糖)、かやく(味付挽肉、焼豚、めんま、ねぎ、デキストリン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、酒精、かんすい、pH調整剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/04/post_1219.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ぶ、豚でしたか!
き、凶暴でしたか!

こ、これは楽しみですね!笑

でかまるらしからぬ、いや、今までに無い感じなんですね☆

楽しみです!
No title
この製品食べていないのですが、
レポされている皆さん口揃えて
重たいとおっしゃっていますね。

なんかパッケージはごくフツーの雰囲気なので
何気なく買ってその重さにエライ目にあった人も
多いかもしれませんよね。

まぁ、自分は感じとして手を出さなくて
正解だったかもしれません。

せめてレギュラーサイズのカップ麺だったら
まだチャレンジできるかもしれませんね。
Re:ものグラムさん
オイリーで凶暴な豚ちゃんでしたw

とにかく油脂成分の多さがポイントですね。

これまでにも過去に悪い意味で暴れていた(沖縄そばとか…w)
「でかまる」もあったんですけど、今回の暴れ方は好印象でした。

しっかり体調を整えてから飼い慣らしてやってください(笑)
Re:たういパパ
これ多分、パパ厳しいと思います;

後半は「重たぁ〜・・・w」って
思わず閉口してしまうかも・・・(苦笑)

> なんかパッケージはごくフツーの雰囲気なので
> 何気なく買ってその重さにエライ目にあった人も
そうそう、そこなんですよねw
パッケージからは想像できない重厚感でした。
自分としては思い切った感が好印象だったんですけどね!

たしかにレギュラーサイズのコッテリ系って、
パッと言われて思い浮かばないかもしれません。

やっぱりコッテリと大盛のセットは必然なのでしょうかw
No title
takaさん、こんにちは!

これはほんと暴力的な商品でしたね・・・(゚◇゚)

「ずいぶんとオーソドックスな雰囲気だなぁ」と手に取り、
栄養成分を見て「あれ、脂質が高すぎないか」と気になり、
実際に食べてみるとその暴力性に圧倒されるという一杯でした!

豚脂がガンガンに効かされ、にんにくもかなりのもので、
さらに麺も大盛と、ひたすらジャンク方向に走った一杯で、
完全にガテン系の方々専用というぐらいのパンチでしたね!

ただ、これはこれでかなりおいしくはありましたが!
商品の雰囲気とのギャップの大きさは強烈でしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

暴力的なまでに振り切った油脂成分の多さは好印象だったんですけど、
自分はスープ単体で飲んだ時の塩カドが気になってしまったんですよね;

でも仰る通りガテン系の方々専用と言える
押しの強さは素直に評価できると思いました!

事前情報がなければギャップに面喰らってしまうかもしれませんが(笑)

そんな思い切ったインパクトがカップ麺らしくて良かったと思います!
ほんと「でかまる」にしては随分と攻めの姿勢にありましたけどね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック