ヤマダイ「凄麺 駿河海老だし塩ラーメン」



5月24日からファミリーマート限定で発売されているハウス食品の「オーザック辣油味」を食べました。辣味(辛さ)は全然だったんですけど、袋を開けた瞬間から漂ってくる胡麻油の芳ばしさが印象的で、実際に食べてみても胡麻油の風味が強く、シンプルで美味しかったです。いやほんと、地味にジワジワ来る感じが美味しかったw 通常のポテトチップスだと地の芋が主張してくるので、その兼ね合いが重要になってくると思っているのですが、オー・ザックは原材料に乾燥マッシュポテトを使っている分、味付がストレートに伝わって来るというか、今回も胡麻油感がダイレクトでいいなー、って。あ、辣油味でしたねコレw その面では、もうちょっとピリ辛さが欲しかったです。でもでも、このシンプルでクセになる感じ、自分的に買い置きアリなポテトスナックだったので、個人的な満足度は★5でした。

さて、本日の一杯は、ヤマダイの「凄麺 駿河海老だし塩ラーメン」です。「スープに駿河湾産桜えびだしを使用した静岡ご当地塩ラーメン」とのことなんですけど、静岡のご当地ラーメンって自分は直ぐに思い浮かばなかったので、これから海老塩が流行るのかなー、なんて思ったり。そんなスープの海老出汁には期待したいところですが、パッケージには「かやくの桜えびは駿河湾産ではありません」って書いてあるんですよねw なので、スープの海老出汁に駿河湾の底力を期待します。





めんは、「当社独自製法のノンフライ麺を使用」し、「表面はつるつる、中はもちもちとした食感でスープとの相性も絶妙」で、「時間が経っても伸びにくいのが特徴」とのこと。ヤマダイの作る昔のノンフライ麺と比べたら質感は随分と自然な位置に来ましたが、他社から強力な生麺風のノンフライ麺が意欲的にリリースされているので、やはりノンフライ麺らしさが気になるタイプのノンフライ麺だと思います。生麺風のナチュラルさこそ感じられないものの、歯応えはバッチリなので、そういった麺が好みの人は素直にハマれるでしょう。熱湯4分で食べ始めるとゴリゴリとしたノンフライ麺特有の癖を感じるので、そういうのが苦手な人は2分くらい長めに待った方が吉。相変わらず自分は規定の湯戻し時間+3分くらいからが食べ頃でした。別に柔麺好きってわけではないんですけど、伸びにくさには余裕がありますし、後半の方が自然な質感で好印象なんですよね。ちなみに細さの割に麺の自己主張は強めにあって、食感としての存在感も然る事乍ら、小麦っぽい風味も強めにあるので、後味にキレを感じる塩スープや、意識しなくても麺に絡んでくるバラ海苔との兼ね合いなど、総体的に見たときのバランスは非常に良かったです。

スープは、「駿河湾産の桜えびを独自に抽出したダシと、鰹節を使った魚介系の風味、そして豚ガラ・鶏ガラ・背脂などの畜肉系の風味をバランスよく配合した、スッキリとしながらもコクのあるスープ」とのこと。確かに甲殻類特有の芳ばしさを感じる塩スープなんですけど、海老が強く前面に主張してくるわけではなく、あくまでもスープの一端にある感じです。鰹の風味が結構強めに効いていたことと、表面に浮かぶ油脂成分が動物油脂ということもあって、想像以上にバランス型でした。なので海老のインパクトに期待すると肩透かしではあったものの、確かな動物系の厚みと鰹の旨味から、ひとつの塩スープとして見た時に物足りなさは感じさせず、後味には塩ラーメンらしくキレがあって、きちんとコクも感じられたので、味としては全く以て悪くなかったです。後味にキレがあるとは言え、それほど塩カドは強くなかったので、塩気に過敏な自分でも素直に楽しめる塩梅でした。ただ、せっかく駿河湾産をアピールしているので、もうちょっと海老の濃度が高いと嬉しかったんですけどね。芳ばしい海老の風味がアクセントになったコクのある塩スープとして見れば、塩スープとしての総合力は高い位置にあると思います。ちょっと写真では分かりにくいんですけど、背脂っぽいのが浮いてたりして、つまむと特有のコクと甘味が感じられ、きちんと動物系の層を重ねることに寄与していました。

具材は、「チャーシュー、桜海老、焼バラのり、ねぎ」とのこと。チャーシューは高級感のあるタイプではありませんが、取り敢えず入っているようなペラチャーではありません。ケミカルな風味も気にならず、脂身の部分が割とジューシーで、きちんと存在価値が見出せました。で、効果的だったのが桜海老とバラ海苔が醸し出す磯の薫り。スープの海老出汁は思ってたよりも大人しかったんですけど、具材の桜海老が口に入ると海老感が一気にブーストするので、ここで海老の満足度を稼げている感じでした。また、バラ海苔も非常に効果的な具材で、小刻みだったことが功を奏し、意識しなくても口に入ってきて、磯の風味を撒き散らしてくれます。桜海老の芳ばしい風味と相俟って、磯の香りに於ける相乗効果を生み出していたことに好感が持てました。ある意味、今回のカップ麺で最も印象的だったのは、具材の桜海老とバラ海苔が演出していた磯の風味と言えるかもしれません。

(標準は★3です)

海老一辺倒なインパクトのあるスープをイメージして食べると肩透かし喰らっちゃうかもですが、具材の桜海老とバラ海苔が実に効果的で、麺とスープのバランスも良かったし、ひとつの塩ラーメンとして素直に美味しい一杯でした。ちゃんとスープには動物系のコクもあって、鰹の旨味も上手くマッチしていたし、それを引き立てていた効果的な具材の桜海老とバラ海苔に、麺は…うん、ここは毎度お馴染みのノンフライ麺だったんですけどw 海老出汁に過度な期待を抱かず、バランス型の塩ラーメンとして見てやれば、それなりに楽しめるカップ麺だと思います。ただ、やっぱりスープの海老をガンガンに効かせるとか、チャーシューを抜いて桜海老とバラ海苔をドッサリ増やすとか、どこか一辺倒なインパクトが欲しかったので、ちょっと★の数は厳しめに。でも味だけの満足度で言えば、繊細さとコクを兼ね備えているスープと具材には価値が見出せたので、素直に★5はつけたい感じでした。思ってたよりも体感的な塩分濃度は高くなかったし、スッキリでもコクのある塩ラーメンだったので、幅広い層にオススメしたい塩味です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:凄麺 駿河海老だし塩ラーメン
製造者:ヤマダイ
内容量:104g (めん60g)
発売日:2016年4月25日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4903088011639

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (液体スープ・後入れかやく・チャーシューかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (104g) あたり

エネルギー:294kcal
たん白質:9.7g
脂質:5.1g
炭水化物:52.1g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.2g)
(スープ:2.4g)

(食塩相当量:6.6g)
(めん・かやく:0.5g / スープ:6.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(たん白加水分解物、動物油脂、食塩、糖類、魚醤、ガラスープ、鰹節エキス、香味油、ポークエキス、野菜エキス、香辛料、タマネギパウダー、発酵調味料、ねぎエキス、桜えび)、かやく(味付豚肉、桜えび、のり、ねぎ、糖類)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタン)、クチナシ色素、カラメル色素、(原材料の一部に卵、乳成分、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.newtouch.co.jp/detail/detail.html?itemid=246

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんにちわ~

昨日ヘンな?ポテチ3種買ってきました。甘い系ですが。。
その時ローソンさんで見たんですが。。
「いかの塩辛」だそう。。
「危険ですので密室では食べないでください」とあります。。。
「ヤマダイ史上最臭」とも。。クサいのかな~~
どうやら以前話題になった「キャビア」と同シリーズみたいでして。。。
キャビアもまた同時に出てるようですね。
キャビアは期間限定で再販されたときに食べたけどたいしたことありませんでした(笑)

で。。
このいかの塩辛。。。。
チャレンジしてください~~
ローソンさん限定だと思います。。

Re:まうさん
こんばんは!

≫ 「いかの塩辛」だそう。。
≫ チャレンジしてください~~
発売日に買って食べて感想を記事に書いてますよ(笑)
「多賀野 ごまの辛いそば」の冒頭文です!

ちなみに今さっき「ポテトチップス 牛乳味」の感想を
予約投稿する予定の記事冒頭に放り込んだところですw
No title
おはよございます~~

何度かコメントしようとしたが入らなんだ~~
なんか障害発生してたようですね。。

で。。
これ~~~
すみません。。
毎日見てるはずなんですが。。。
飛んでたのかしらん。。。
ゴメンナサイ。。。

牛乳味買ってます~~
あとトースト味とリンゴ味も。。
食べたらアップしますね~~

No title
昨晩はお手数かけました。
なおりましたね!

貝出汁と同じように海老出汁も静かなブームの雰囲気を
確かに感じますね。
この製品は一幻さんの製品のようなエビ風味前面にくる製品じゃなく、
エビ風味の塩ラーメンっていう位置付けなんですね。

乾燥のエビも入っているのでビジュアルもなんかうれしいです。
そしてそこに焼バラ海苔の組み合わせですが!

焼バラ海苔自体よくわからないのですが、
磯の風味の演出には役立っていたのですね。
Re:まうさん
こんにちは!

> 何度かコメントしようとしたが入らなんだ~~
ブログの管理画面からも無理だったので、
自分だけなのか…? って、少し焦ってました;

FC2の全体的な不具合だったんですね!

> 毎日見てるはずなんですが。。。
> 飛んでたのかしらん。。。
ちゃんと「いかの塩辛味」の感想ありましたでしょ?笑

自分的には全く以てリピートありなテイストでした!
やはり決め手としてアテになる、という部分が大半を占めているのですがw

> あとトースト味とリンゴ味も。。
トースト味は見つからなかったんですよ;
普通に美味しそうなので気になってるんですけどね!

リンゴ味もあるんですか?! そっちはノーマークでした…
Re:たういパパ
> 昨晩はお手数かけました。
ご連絡いただけて助かりました!

自分だけの不具合かと思っていたので、
正直、かなり不安になってたんですよね…w

無事に直って良かったです!

このカップ麺は一幻の海老とも毛色が違いますし、
寿がきや食品の白海老とも違った雰囲気でしたね。

もうちょっと海老推しでも良かったんですけど、
塩ラーメンとしての着地点は悪くないと思いました。

> 焼バラ海苔自体よくわからないのですが、
多分、単純に “バラバラになった焼き海苔” という解釈で問題ないかとw

今回は具材が結構なキーマンでした!

もし寿がきや食品の白海老ラーメンに、
今回の具材を使ったら…超レベルアップすると思いますw

管理者のみに表示

トラックバック