エースコック「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」



早いもので、あっという間に6月ですねー。結局、今年の春はワンカップ片手に桜を見ながら花見をする余裕もなく、5月に行く予定だった藤棚も見ることが出来ず、これから6月は梅雨のジメジメで外に出たくないし、7月と8月は暑くて外に出たくないし、言うてる間に秋が来て、気が付けば雪が…イ、イカンw イカンぞコレはw よろしくないパターンw 何かしら予定を立てねば…。、

さて、本日の一杯は、エースコックの「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」です。第1弾は「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」で、汁なしカップ麺だったんですけど、きみまろペースト第2弾は、まさかの汁あり中華そば。これ、かなり意表でした。「タマゴが決め手」って書いてありますし、きみまろペーストの活躍振りに期待したいと思います。





めんは、「適度な弾力と滑らかさのある丸刃のめん」とのこと。食塩の他に醤油と砂糖の練り込まれた味付麺で、質感としては非常にオーソドックスなタイプの油揚げ麺ですね。最近のカドメンを思わせるような力強い油揚げ麺とは異なっていて、スープとの馴染みを重点的に意識しているような優しい食感。油揚げ麺特有の風味はそれなりにあったのですが、邪魔になるような無粋な主張ではなくて、良い意味で風味をプラスしてくれている感じ。スープが繊細さの光るタイプだったり、妙に本格的だったら麺のチープさが浮いてしまってたと思うんですけど、今回は良い意味でスープの旨味がカップ麺らしい路線だったので、上手くハマっていたと思います。早めに柔らかくなってきたので、熱への耐性が強いとは言えないものの、きみまろペーストで丸みを帯びた後のスープには柔らかめの麺が合っていて、主張し過ぎず埋没せずなバランスが好印象でした。

スープは、「ポークとチキンにキレのある醤油を加えた濃厚でクセになる味わいのスープ」に、「『きみまろペースト』を加えることでまろやかな旨みが広がる一杯に仕上げ」たとのこと。まずスープのベースは非常にオーソドックスなタイプで、奇を衒わない王道路線の醤油味です。ちょっと醤油は濃いめかな。別添の調味油が動物性の油脂成分だったので、動物系の厚みと投入直後に感じた若干の獣臭が好印象でした。この段階だと普通に美味しいキレのある濃いめの醤油味なんですけど、きみまろペーストが加わることで表情は一変。卵黄特有の柔らかさが醤油のカドを包み込み、キレのある醤油味から丸み帯びた優しい醤油味に変貌します。成る程この為にベースの醤油にはキレがあって味付も濃いめだったのか…と、素直に納得できた絶妙なバランスでした。きみまろペーストは相変わらず秀逸で、本当に卵黄を入れている様です。そんな卵黄を彷彿とさせるコクと甘味が加わることでスープの層が幾重にも増し、中でもコクに関しては本物の卵黄にも匹敵する丸みを持っていて、具材のタマゴでは出せない卵黄のコクを演出していたことに確実な価値が見出せました。まさかの汁ありに実食前は少し不安もあったのですが、全く以て杞憂でしたね。きみまろペーストは意外と多いので、少しずつ麺に絡めて卵黄のコクをダイレクトに楽しむも良し、スープに溶かしてマイルド感をブーストさせるも良し、お好みで楽しんじゃってください。

かやくは、「色調の良い卵とネギに食感の良いメンマ、なると」とのこと。タマゴはフワフワかき玉系で、混ぜると散ってしまう分そんなに存在感のある具材ではなかったんですけど、製品のタマゴ感を確実に向上させていたし、きみまろペーストとの相乗効果が感じられました。葱は丸みを帯びたスープの中で食感がアクセントになっていて、地味ながらも存在価値の見出せる具材。メンマとナルトは汎用の具材だったんですけど、ナルトは見た目に良かったし、メンマも食感と発酵感のあるタイプで好感が持てました。ただ、メンマもうちょいサイズアップ希望w

(標準は★3です)

うんうん、ちゃんと「タマゴが決め手」になってました。きみまろペーストは汁ありでも問題なく成立する…いや、むしろ汁ありの方がハマってたかもしれません。きみまろペーストの他は至ってオーソドックスな構成だったので、いかにペーストの存在感が大きかったか、というのが分かりますよね。きみまろペーストが間違いなく主役と言えるストレートな内容だったので、非常に好印象でした。ベースの濃い醤油味もタマゴのまろやかさに緩和されて丁度いい塩梅だったし、他の要素が奇を衒っていなかったからこそペーストが活きていて、きちんとコンセプトとセールスポイントを前面に押し出していたのが良かったです。で、3枚目の写真右下に写っているペーストの周りなんですけど、スープとペーストが隣接している部分が薄っすら固まってるの分かりますかね。きみまろペーストは熱が加わると本物タマゴよろしく凝固して濁ってくるのが面白いところで、そういった部分にもリアリティが感じられたし、卵黄を彷彿とさせるコクは本物のタマゴに負けず劣らずのまろやかさだったし、今回のカップ麺で汁ありでも難なく通用することが証明されたので、今後の展開が非常に楽しみになりました。卵黄とカップ麺なんて、アレンジの王道的な組み合わせですからね。台湾まぜそば系のカップ麺や、甘辛いスープにタマゴを落とすのがデフォの徳島ラーメンは勿論、和蕎麦なんかの和風カップ麺でも食べてみたいなー、って思ったり。ほんと非常に高いポテンシャルを秘めていると思うので、王道の組み合わせから斬新な一杯まで、柔軟に取り組んでもらいたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば
製造者:エースコック
内容量:91g (めん70g)
発売日:2016年4月25日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278687

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (調味油・きみまろペースト)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) あたり

エネルギー:403kcal
たん白質:8.0g
脂質:16.3g
炭水化物:56.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:192mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(植物油脂、鶏・豚エキス、食塩、糖類、豚脂、鶏油、還元水飴、しょうゆ、香辛料、卵黄油、でん粉、大豆たん白、卵黄、たん白加水分解物、酵母エキス、全卵粉)、かやく(卵、なると、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、ソルビット、香料、酒精、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1604_TLUS.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
いやいや、これはすばらしい一品でしたよね!
焼そばで感動したのですがこれ食べたら焼そば以上の感動でした。

熱いスープに馴染んだ時の変化が絶妙でしたよね。
ホントの溶き卵投入を変わらないクオリティを持っていたと思います。


こういうペーストを常温保存できるようにする技術ってすごいですよね。
オーソドックスなしょうゆ味スープも自分の口に合いましたので
最初から最後まで感動しながらいただけました!
Re:たういパパ
きみまろペーストの使い方が秀逸でしたよね!
自分も焼そば以上の出来栄えだと感じました。

> こういうペーストを常温保存できるようにする技術ってすごいですよね。
それ故に、ちょっと怖い部分もありますけど…w

2年くらい(?)前に常温保存可能な卵黄がカップ麺になればと
書いたことがあるんですけど、エースコックが現実にしてくれました。

ベースのスープもバランスばっちりでしたよね!
きみまろペーストの新作が今から楽しみでなりません。
No title
takaさん、こんにちは!

焼そばでもいいものを見せてくれましたが、
ラーメンではそれ以上の凄味を出してくれましたね!

オーソドックスでややシャープさのある醤油スープが
このペーストが入るだけで一気にまろやかな風味になり、
あっという間に印象が変わるというのは凄かったです!

焼そばとこのラーメンでポテンシャルの高さははっきりわかりましたし、
今後どのような形で展開されていくのかも気になってきますね!

何に合わせてもハマりそうなだけに応用範囲は極めて広いですし!(`・ω・´)

第3弾はおそらく夏向けの商品になりそうな気がしますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

最初は汁ありに懸念を感じていたのですが、
物の見事に払拭してくれて、大満足でした。

スープもきちんと卵黄を意識して調整してあったし、
ほんとに見事なまでにペーストを使いこなしていて、
むしろ汁なしよりも完成度の高さを感じたんですよね。

> 第3弾はおそらく夏向けの商品になりそうな気がしますね!
だとすればもうリリースがあってもおかしくないので
注意深くメーカーのニュースリリースをチェックしたいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック