東ハト「暴君ハバネロ・暴ポテト」



「キャラメルコーン」の新作が出ると思わず買ってしまうのですが、現在発売中の「チョコバナナ味」は自分的にヒットでした。本物のバナナだとクレープになってたり、ケーキになってたり、シェイクされてたり、ましてやチョコレートをつけて食べるなんて、自分の中では論外なんですけど、お菓子のチョコバナナ味は素直に好きですw いや、本物のバナナも好きなんですけどね。なんか加工? されてたらダメみたいです。でも香料だと割り切れちゃうので、それでチョコバナナ味なら楽しめる、みたいな。自分がミックスジュースを避ける理由もバナナだったりるすんですよねー。うん、いつも以上に誰の得にもならない無駄に赤裸々な冒頭ですなw

さて、本日の更新は、不定期の勝手に激辛コーナーで、東ハトの「暴君ハバネロ・暴ポテト」です。新商品のポップが上がってたから買ってみたのですが、帰って調べてみたら5月にリニューアルした商品みたいですね。おかしいな…初めて見ましたw どうも最近の「暴君ハバネロ」は凶暴性が鳴りを潜めている気がするので、あんまり辛味には期待してないんですけど、前回紹介した「暴君ハバネロ・ハバピザ」と比較すると、辛さの目安(相変わらず基準値がイマイチ掴めていない…w)はワンランク上(6)らしいです。というわけで、ちょっとだけ刺激にも期待。



風味と食感は、ガーリックとオニオンが効いていて、地のポテトが持つスナック感も良い方向に作用していますね。ノンフライタイプのポテトスナックなので、食感も風味も良い意味で軽くて食べやすかったです。あ、ベースは「ポテロング」を短くして硬くした感じ?(聞くなw)が近いかも。多少、ハバネロ特有のクセのある風味を感じたものの、自分の苦手な特有のコクは目立って気になるほどではなかったし、ガーリックパウダーとオニオンパウダーのジャンクさが辛味とマッチしていて美味しかったです。うむむ、何ともボキャブラリーに乏しい解説ですなw

辛味は、うーん…やっぱり激辛ではないですね。期待してなかったとは言え、これで暴君の名を冠してもいいのだろうかと…。いや、よく見ると実はパッケージの何処にも「激辛」の文字は見当たらないんですけどねw 辛さの目安として唐辛子が6個描いてあって、まだ基準や最大値は掴めてないんですけど、「暴君ハバネロ・ハバピザ」よりも刺激は間違いなく上でした。辛味のタイプとしては、いきなり刺してくるような瞬発力のある刺激ではなく、何個か食べてる間にジワジワと追って来るような遅効性の蓄積型。食べてると毛穴が開くというか、それなりに顔は汗ばむ感じだったのですが、口内に於ける刺激は大したことなかったです。おそらく、よっぽど辛い食べ物が苦手でなければ、余裕を持って美味しく食べられるレベルの辛さだと思います。っていうか、苦手な人は買いませんよねコレ…w

満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3+)
辛さ満足度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
(標準は★3です)

オニオンとガーリックのジャンクな味付は普通に美味しかったし、地のポテトも馴染みのある安定のスナック感だったのですが、やっぱりちょっと辛さが肩透かしでした。(あくまでも個人談)いや、一般的な需要を考慮すると、やはりこのくらいが適正値なのかもしれないんですけどね。タイトルにハバネロを冠していながらハバネロ特有のクセなんかが気にならなかったのは自分的に嬉しいポイントではあったものの、やはり「暴君ハバネロ」シリーズは、良くも悪くも “適度に” 刺激的な美味しいスナック菓子、みたいな印象です。良く言えば幅広く、悪く言えば無難。いや、好きですけどねw もちろん辛い食べ物が苦手な人はヤメといた方がいいですけど、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」が食べられる人であれば、全く以て余裕だと思います。と、カップ麺ブロガーっぽく引き合いに出してみるw カップ麺なら長ったらしく書けるんですけど、スナック菓子のレビューは、まだまだ修行が必要ですな…(苦笑)取り敢えず、今回は箸休め記事ということでどうかひとつw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:暴君ハバネロ・暴ポテト
製造者:東ハト
内容量:45g
発売日:2016年5月9日 (月)
希望小売価格:オープン価格 (参考小売価格:141円)
JANコード:4901940036578

~標準栄養成分表~

1食 (45g) あたり

エネルギー:221.4kcal
たんぱく質:3.2g
脂質:10.3g
炭水化物:29.0g
ナトリウム:291.2mg

(食塩相当量:0.7g)

原材料名:乾燥ポテト、小麦粉、植物油脂、赤唐辛子、粉末油脂、食塩、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、砂糖、ブドウ糖、たんぱく加水分解物、デキストリン、チキンパウダー、乳糖、酵母エキスパウダー、ホワイトペッパーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、赤唐辛子ペースト、粉末醤油、澱粉、トレハロース、セルロース、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、炭酸Ca、卵殻未焼成Ca、増粘剤(カードラン)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、甘味料(スクラロース)、カラメル色素、(原材料の一部に牛肉、豚肉を含む)

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

こんばんは
.
ポテチの記事も書かれるんですね。

それに、お湯を入れたら、美味しいマッシュポテトになりそう。
Re:いちごちゃんさん
> ポテチの記事も書かれるんですね。
基本的にスナック菓子は冒頭ネタに使ってるんですけど、
一応、激辛系の商品なども視野に入れているブログなので、
カップ麺の記事の箸休め的な感じで読んでやってください(笑)

> それに、お湯を入れたら、美味しいマッシュポテトになりそう。
似たようなことを「じゃがりこ」で試したことがありますw
No title
オニオン&ガーリックは鉄板の組み合わせですね~!
これならフツーにお酒のアテとして美味しくいただけそう!
なかなかスナック系は突き抜ける製品は少ないのかな?
No title
私もじゃがりこ風マッシュポテトにしたら美味しそやなぁ~と思いましたw
東ハトと言えば伝説の激辛マニア級の辛さを期待しちゃいますね・・・
やれば出来る子やと思うんですけどねぇ・・・頑張って欲しいですw
Re:たういパパ
ビールのアテにはいい感じでしたよ!

激辛ではなかったものの、辛さも程よくて、
いい意味で普通に美味しいポテトスナックでした。

ただ、やっぱり突き抜けて欲しかったですけどねw

> なかなかスナック系は突き抜ける製品は少ないのかな?
「激辛マニア」は刺激的だったので復活を望んでます!
Re:ぴょんこさん
そんなこと言われたら試したくなるじゃないですかw

> 東ハトと言えば伝説の激辛マニア級の辛さを期待しちゃいますね・・・
わかります! そろそろ復活して欲しいですよねー。
東ハトはやれば出来る子やと自分も思ってます!

が、暴君は最近ちょっと弱っちいですよね(苦笑)
No title
takaさん、こんにちは!

最近はスナック菓子はとんと食べていないですね;

激辛スナックもどうも辛さに満足できないものが多く、
最近は新作などが出ても特に気にせずスルーしがちです(;゚◇゚)

カップ麺ではときどきけっこうガチな激辛も出ますが、
どうもスナック菓子は全体的に大人しいのが多いですね;

もっと強烈にガツンと来るものを出してほしかったりしますが!

「暴君」シリーズはいつも辛味はほどほどぐらいなので、
手に取るにしても辛さについてはあまり期待しないでしょうね;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 最近はスナック菓子はとんと食べていないですね;
自分はアテに指折り数える程度つまむくらいなので、
滅多に1人で食べ切ってしまうことはないんですよね(苦笑)

多分、1人で1袋完食するとしたら、2週間くらいかかるかも・・・w

最近、激辛系のスナックはブログのネタで買ってるだけなんですけど、
やはり満足のいく辛さではないですね・・・全然。(じゃあ買うなw)

たしかにカップ麺だとガチな奴たまに出ますけど、
スナック菓子でガチな奴って本当に稀だと思います。

やっぱり年齢層の幅を考慮してMAXの基準値が低いんでしょうね;

とりあえず「激辛マニア」レベルを基本にしてもらいたいです(笑)

管理者のみに表示

トラックバック