まるか食品「ペヤング マヨネーズソース風キムチ焼そば」



マックスバリュで販売されていたポテトチップス「伊勢うどん味」と、「かつおのり味」を食べました。「伊勢うどん味」は、たまり醤油のコクよりも味噌が前に来る感じで、伊勢うどんって味噌だったか…? と、少し疑問を抱いてしまったんですけど、軽く歴史を調べてみると、もともと農民が地味噌のたまりをつけて食べ始めたのがルーツらしいので、それで粉末味噌が入ってるのかなー、なんて思ったり…(即席の浅漬け知識で何とか解釈を試みるw)でもやっぱりイメージは甘濃い醤油味なので、味噌の風味は自分のイメージに沿わない感じでした。味は悪くなかったんですけど、なんか、味だけで言うと名古屋の味噌煮込みうどんっぽい雰囲気w 「かつおのり味」は、鰹の風味がメインになっていて、あくまで磯の香りはサブ的な主張。派手な味ではないんですけど、「関西だししょうゆ」と「のりしお」の良いとこ取りな感じで、こっちは素直に美味しかったです。ちなみに「伊勢うどん味」は、もともとマックスバリュ中部とカルビーの地区限定タイアップ商品だったみたいで、伊勢志摩サミット開催を記念した関連商品のひとつだとか。そういえば、サッポロ一番の「亀山ラーメン」も同じく伊勢志摩サミットの記念商品でしたよね。伊勢志摩サミット…あんまり分かってないですけどw 「かつおのり味」は、もともとマックスバリュ東海とカルビーの地区限定タイアップ商品だったみたいで、どちらも期間限定となっているのですが、私の買った商品のパッケージには地区限定の文字はなく、ただ期間限定とだけ書かれていました。もちろん購入はマックスバリュだったんですけど、こちら近畿地区ですし、全国販売に切り替わったんですかね。っていうか、冒頭ネタの為にポテトチップスを買ってる俺って…w

さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング マヨネーズソース風キムチ焼そば」です。いつもゲテモノ路線なイメージの強かったペヤングの変わり種ですが、今回は何だかフツーな雰囲気ですね。派手なインパクトには期待できそうにありませんが、スナック的な路線のペヤングでマヨネーズソース風のキムチ焼そばなんて、ど安定で美味しそうなので、普通に楽しみです。ん? 普通に楽しみって…何か変w





は、いつもの油揚げ麺だと思います。高級感のある麺とは対極にあるジャンクでスナック的な油揚げ麺なんですけど、柔軟性の高さが何より評価できるポイントで、今回のソースとも問題なく成立してました。この麺に合わない味付を考える方が難しいかもしれないw 相変わらずサクッ、とライトに食べられる感じが良かったです。そう考えるとペヤングの麺って意外とスタイリッシュなのかもしれないw

ソースは、「キムチの辛さにマヨネーズ風味のまろやかな味を融合し」たとのこと。マヨネーズソース風のキムチ味ということで、それ以上でも以下でもなく、ほんと想像通りの味でしたw ただ、しっかり美味しいです。それに面白かったのは、マヨネーズが別添ではなかったんですよね。マヨネーズの入るカップ焼そばと言えば、基本的に別添の小袋に分けてあるのが定番のスタイルなんですけど、こちらは最初からソースの中にマヨネーズが仕込まれています。ソースを混ぜる段階からマヨネーズの香りが漂ってきて、実際に食べても成る程マヨ風味。そしてキムチも明白な存在感を放っていて、キムチらしい風味と適度なピリ辛感が食欲を刺激し、特有の発酵感も確かに感じられ、ガーリックと魚醤のアクセントが全体を引き立てています。マヨネーズが持つ特有の油脂感もコクを深めることに寄与していたし、ほんとストレートな味付だったんですけど、シンプルでありながらも旨味には奥行きがあって、薄っぺらい印象を感じさせない仕上がりだったのが良かったです。一見すると単純に思えるような味付なんですけど、確かな旨味にキムチとマヨネーズの風味が重なって、なかなか深みのある味わいでした。テイストの方向性とジャンクな油揚げ麺の雰囲気は相性抜群だったし、ほんと素直に美味しかったです。

かやくは、乾燥白菜キムチ…だけですねw ほんとシンプルに白菜キムチだけで、決してサイズも大きいわけではなかったものの、量はノーマルペヤングのキャベツくらい入っていたし、ソースとの相性は言わずもがな良好。豚肉を入れて豚キムチにしても良かったような気もしたんですけど、全体を見ると敢えてシンプルに抑え、具材にコストを割かなかったからこそ打ち出せた完成度と言えるかもしれません。商品名もキムチ焼そばですからね。もうちょっとキムチは発酵食品特有のクセが強くてもと思ったのですが、これといって特に不満は感じませんでした。

(標準は★3です)

味の方向性としては冒険せずに安定感を重視したタイプだったんですけど、マヨネーズが別添じゃなくて初めからソースの中に仕込まれている、という部分には新鮮味を感じたし、何よりストレートに美味しかったw ほんとハズさないなー、って感じの味だったんですよね。イメージ通り、良い意味で。具材のバリエーションには多少の寂しさを感じてしまったものの、それが大きくネックになることはなかったし、麺は相変わらずの万能型で、ソースのキムチとマヨネーズの兼ね合いも絶妙なバランス。ペヤングの変わり種って、他のカップ焼そばと比べて何気に食塩相当量が低いので、そこも自分としては地味に嬉しいポイントだったりするんですよねw 路線としては奇を衒わない優等生なタイプだったんですけど、これはもう素直に美味しかったので、納得の★5としました。豚キムチ味とかではなく、敢えてシンプルにキムチ味だったからこそ叶えられた満足度だったのかもしれません。奇抜な冒険心こそ感じられなかったものの、良い意味でソツのない一杯だったので、キムチマヨ系のテイストが好きな人には間違いなくオススメです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヤング マヨネーズソース風キムチ焼そば
製造者:まるか食品
内容量:111g (めん90g)
発売日:2016年4月18日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:175円 (税別)
JANコード:4902885004042

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:523kcal
たん白質:9.5g
脂質:26.5g
炭水化物:61.7g
ナトリウム:1.1g

(食塩相当量:2.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、植物油脂、食塩、半固体状ドレッシング、たん白加水分解物、キムチエキス、魚醤、にんにく、ポークエキス、香辛料)、かやく(乾燥白菜キムチ)、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、酸味料、カロチノイド色素、香料、カラメル色素、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、ビタミンB₂、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごま、大豆、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/product/mayo-kimuchi/

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
いやぁ~、フツーにメチャ美味しかったですね。
ペヤングだからこそのカップ焼そばの着地点を
しっかり押さえてはりますww

でも、あまりにおいしく、そしてフツー過ぎてちょっと肩透かしww

まぁ、もとからキワモノ路線の製品じゃないようなので
こういうのもアリなんでしょうが、
やっぱりペヤングファンはあのにんにくMAXを覚えているはず!

そういうのをちょっとでも期待した人には
物足りなかったんじゃないでしょうかネ~?
(自分もそのひとりww)

Re:たういパパ
フツーにメチャ美味しかったですね!
味だけなら★6でもいいかなー、って思いました。

> でも、あまりにおいしく、そしてフツー過ぎてちょっと肩透かしww
確かにペヤングが持つイメージとしては
インパクト的な物足りなさはありましたけど、
味としての満足度は素直に評価できる感じでしたよね。

逆にフツーな感じに新鮮味があったりなんかしてw

「にんにくMAX」超えはハードル高そうですな・・・
でも、ここはペヤング…再びドギツイのお願いしたいですねw
No title
マヨ技術というか、あえて別添でないのが素晴らしいですね☆

キムチと、マヨと、焼そば。

ペヤングは、やっぱりすごい、ため息でます笑


楽しみに頂きたいとおもいます☆
Re:ものグラムさん
別添じゃないマヨには新鮮味がありました!

キワモノ系のインパクトこそ感じられなかったものの、
味は抜群の安定感を誇っていて、間違いのない美味しさでしたよ。
No title
takaさん、こんにちは!

>Re:かーとさん
>こんばんは!

昼レスなのに「こんばんは」になってしまってましたよ!(゚◇゚)
いつも夜にレスしてるので癖になってますね!笑

自分もときどきやってしまってそうな気がしますが!

この焼そばですが、ほんと上手く組み立てられてましたね!

キムチの持つ鋭さと旨味をマヨネーズがきれいにまとめていて、
まろやかさと旨味と刺激が共存するなかなかの旨さでしたね!

それでいてマヨとキムチの相性の良さも実感できましたし!(●・ω・)

キムチとマヨには両方とも酸味という共通性があるので、
合わせても違和感のようなものは全くなかったですね!

「にんにくMAX」超えはやはり「わさびMAX」でしょう!
ペヤングが作るとほんと悶絶する仕上がりになりそうですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!(今度こそw)

いやぁ…ダメですね;

最近ちょっとオーバーヒート気味なんで、
このような凡ミスが増えるかと思われます(苦笑)

とりあえず記事は1週間ほど先の分まで予約投稿を
済ませているので、なんとかブログの更新は出来そうです…w

これは味だけで言えば★6でもいいかと思いました!
もうちょっと具材のキムチが強いと嬉しかったんですけどね。

でも素直に美味しかったw 余裕があったらリピしたいくらいです。

> 「にんにくMAX」超えはやはり「わさびMAX」でしょう!
これは悶絶必須…自分も大概ドSで通ってるんですけど、
打たれ弱いんで、こんなの突き付けられたら素直に逃げますw

(カップ麺ブロガーとしてレポートは避けられませんがw)

管理者のみに表示

トラックバック