エースコック「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」



東ハトから「焼肉チップス・濃厚ビーフ味」というスナック菓子が出ていて、東ハトのチップス系って珍しいなー、っていうか爆肉とか超美味しそうw と、勢いで買ってみたんですけど、ちょっとイマイチでした(苦笑) まず生地がジャガイモスライス系ではなく、「オー・ザック」みたいなマッシュポテト加工系だったんですけど、あんな感じのエアーが入ったザクザク食感ではなくて、表面は平坦、風味の印象からも「おっとっと」の生地を平らにして焼いた感じ?(伝わりますかねw)で、肝心の爆肉感が微妙…w 他社から強力なビーフ系のチップスが頻繁に出ているので、それに慣れてると物足りなさを感じてしまいました。うーん、やっぱり東ハトは「キャラメルコーン」ですな。あ、「パイクロ」も好きです。あー、「ハーベスト」と「オールレーズン」も好きです。だから何だって話ですねw 前から「オールアズキ」も気になってるんですけど、売ってるの見たことないんだよなぁ…。

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」です。エースコックとCoCo壱番屋のコラボは、歴の長さからも抜群の安定感を誇っていて、これまでにも定期的にカレーラーメンのリリースはありましたが、「辛口派に捧げる」とは攻めてきましたね。やはり “とび辛スパイス” が肝になってくると思うんですけど、これまでの傾向からするとね、コイツそんなに辛くないんですよ。でもでも、今回はテーマがテーマですから、ちょっと刺激的な要素にも期待しちゃってたりします。ちなみに「辛口派」と「甘口派」の2品同時リリースなので、順番に紹介しますね。まずは「辛口派」から。





めんは、「適度な弾力とコシを併せ持つ丸刃のめん」で、「食べ応え充分なめんに仕上げ」たとのこと。「カドメン」よりも「ガッシリ3Dめん」に近い印象を抱かせる油揚げ麺で、食塩,しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどで味付の施されたエースコックお得意の味付麺となっています。個人的にエースコックの味付麺が大好きなんですけど、今回も丁寧な下味がスープとの一体感を高め、非常に効果的だと思いました。食感も強過ぎず弱過ぎずで、麺単体としての主張にも嫌味がなく、素直にスープとの兼ね合いが楽しめたのも好印象。高級感のある麺ではないのですが、油揚げ麺特有の風味は穏やかなタイプで、製品の方向性ともマッチしていたし、麺の持つスナック感と辛口仕様のカレー味は相性が良かったです。

スープは、「数種類のポークエキスとじゃがいもの旨みを利かせたカレースープ」で、「とび辛スパイスを加えることで、スパイスの辛みが利いた辛口派向けの一杯に仕上げてい」るとのこと。まず気になっていた辛さレベルですが、きちんと一般的に辛口と言える辣味に達していますね。激辛に期待したら完全に肩透かしを喰らうものの、今回は激辛というわけではありませんし、舌にピリピリとした刺激は確かに感じて、程よい刺激だと思いました。普段、カップ麺ではスパイスの複雑味や香りを増幅させることに専念しているような印象の強かった “とび辛スパイス” ですが、今回は “辛” の要素も意識していて、きちんとコンセプトに沿った仕上がりだったのが好印象。激辛ではなかったとは言え、辛い食べ物が苦手な人は少し厳しいかもしれません。ただ、「辛口派に捧げる」とまで豪語するのであれば、もう少し刺激は強くてもよかったかな、とも思ったんですけどね。ベースのカレー味は安定のCoCo壱番屋クオリティで、スパイスの複雑味と厚みのある動物系の旨味、そして原材料のポテトパウダーが印象的なカレースープでした。おからパウダーも相俟って、ややザラついた舌触りだったんですけど、スパイス感を増幅させているようで良かったです。スープの粘性は高く、とろみのつけられたスープだったんですけど、麺とスープの一体感を確実に高めていたことと、きちんとベースにコクと旨味があったので、素直に濃厚さを加速させているようで好感が持てました。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎ」とのこと。キャベツはサイズが少し小振りだったこともあり、混ぜるとスープに馴染んでしまう感じだったんですけど、歯応えのある食感は確かなアクセントになっていたし、スープに埋没してしまうような沈み方ではなかったので、ちゃんと価値が見出せました。程良く味付けした肉そぼろは…ええ、私が普段から酷評しているエースコック史上最悪のスカスカな味無し肉そぼろです。どう加工したら “肉” がこうなるんだろう…w なんかもう謎な物体に思えてきて怖いです若干…w ただ、今回はスープにパンチがあったことと、旨味の強いカレー味だったので、いい意味で埋没してましたw ネギは存在感なかったです(記憶に残ってないw)

(標準は★3です)

決して激辛系ではなかったものの、ある意味これまで辛さという点に於いては看板に偽りありだった “とび辛スパイス” が、やっとこさ刺激の面でも仕事してくれた感じでしたw きちんと辛口仕様だったのが良かったです。多分、「ジャワカレー」の辛口が余裕ならヘッチャラだと思いますけど、ちょっと厳しいかなー、って人は避けた方が無難、くらいの辛さレベルですかね(伝わりますかねw)スープには確かな旨味があって、とろみも自然で、CoCo壱番屋らしいスパイスの複雑味と辛口仕様の相性は言わずもがな。やや具材が寂しくもあったんですけど、今回はスープに価値が見出せたので、具材に関しては良くも悪くも気にならない感じでした。麺とスープの相性も良く、敢えて奇を衒わなかったような王道の路線が功を奏していて、シンプルに美味しかったです。辛さに対して過度な期待を抱くと人によっては物足りなさを感じてしまうと思うので、刺激物に強い人は、そこそこ刺激的なカレーラーメン、みたいなスタンスで臨むと素直に楽しめると思います。今後もCoCo壱番屋とのタイアップ商品は定期的に開発されると思うので、 “とび辛スパイス” を別添で付けるときは、最低限このくらいの刺激は確保してもらいたいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン
製造者:エースコック
内容量:109g (めん90g)
発売日:2016年4月11日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071237844

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・とび辛スパイス・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:463kcal
たん白質:10.4g
脂質:14.6g
炭水化物:72.4g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.57mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:229mg

(食塩相当量:6.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(豚エキス、砂糖、カレー粉、食塩、ポテトパウダー、香辛料、おからパウダー、ソース、酵母エキス、クリーミングパウダー、たん白加水分解物、香味調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、カラメル色素、重曹、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1603_COL.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
おはようございます。

辛口!おいしそうですね~(笑)

辛いの大好きなんですが、年のせいか?近頃おなかが受け付けなくなってきました。

でも食べたい!ジレンマに苛まれます。
ハバネロやジョロキアは無理でも、七味程度ならいけるかな?

たまには、汗かくかな~(笑)
No title
もう安定のCoCo壱コラボ!
しかし特徴なかったな~~、これ (^_^メ)

今回は甘口のほうがインパクトあったみたいですね。
甘口食べていないのですが、甘口をチョイスしておけば
よかったと後悔しています。
自分は同じシリーズの味違いは基本リポしないので失敗しました。
Re:市良右衛門さん
こんにちは!

これまでの製品と比べると
ちゃんと辛口で好感が持てました!

> 辛いの大好きなんですが、年のせいか?近頃おなかが受け付けなくなってきました。
体調とかにも左右されますもんね;
少なくとも、このカップ麺なら内臓へのリスクは低いかと思われます(笑)

> ハバネロやジョロキアは無理でも、七味程度ならいけるかな?
ハバネロは兎も角、ジョロキアからは “兵器” ですからねw
愛用の一味唐辛子がジョロキアなんですけど、扱いには気を付けてます。

内臓への負担を考えながら程よく汗をかきたい時には
唐辛子系を控えて黒胡椒を追加するのもアリだと思いますよ!
Re:たういパパ
> もう安定のCoCo壱コラボ!
ほんと安定感ありますよね!

ベース自体は無難なカレー味でしたけど、
ちゃんと今回は辛口だったことに価値が見出せました。

もうちょっと辛くても良かったけど(笑)

> 自分は同じシリーズの味違いは基本リポしないので失敗しました。
たしかにパパは同時リリース品だと片方チョイスが多いですもんね;

甘口は新鮮味がありましたよ! 詳細は明日の記事で!
No title
takaさん、こんにちは!

これまでココイチとのコラボカップ麺では
幾度となくとび辛スパイスがつけられてきましたが、
どれもおまけ程度で辛さはほんのりだったのですよね!

今回のこのカップ麺はそうしたイメージを払拭する
ちゃんととび辛の辛さを生かした商品になってましたね!(●・ω・)

辛口派としてはもっと攻めて欲しかったりもしましたが、
それでもこれまでのとび辛系よりは十分満足ができました!

辛さだけでなく、とび辛らしい風味もちゃんと味わえましたし!

次回からはとび辛をつけるときは最低でもこれぐらいの辛さが欲しいですね!
でもって、これぐらいの辛さをカレー焼そばでも出してほしいです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

あくまでも常識的な刺激とは言え
きちんと今回は “とび辛” だったことに好感が持てました!

というか一応 “とび辛” というネーミングなので、
このくらいの刺激がないとダメな気もするのですが(苦笑)

同じく辛口派に捧げるカレー焼そばも食べてみたいです!
今後もデフォルトの辛さがコレくらいはあってほしいですねw

管理者のみに表示

トラックバック