サンヨー食品「サッポロ一番 燻らーめん スモークチキン味」



5月9日発売、コイケヤの「こだわり揚げポテト 牛かつ味」を食べました。シリーズとしてはワンランク上の「頑固あげポテト」的な立ち位置なんですかね? 牛カツかと言われると首を傾げてしまう部分はあったんですけど、ちょっと堅めの食感がサクサクとした衣の食感を彷彿とさせるそうで、言われてみれば確かに硬めの食感が衣っぽく思えなくもないような…(やや力業w)ビーフ感には少し特徴があって、よくあるビーフ系のフレーバーとは少し違う旨味が後口に残り、適度な西洋ワサビとブラックペッパーの刺激がアクセントとなって、肉の旨味を引き立てているようでした。ただ、割と甘味も強かったので、醤油の風味と甘味と牛肉っぽさが相俟って、 “牛カツ” よりも “すき焼き” に近かったような雰囲気も感じたんですけどねw っていうか牛かつ味って…もはや言ったもん勝ちというか、なんというか…w 最近、コンビニ向けポテトチップスの新作を追いかけるのが楽しくなってきましたw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 燻らーめん スモークチキン味」です。 “燻” がテーマのカップ麺とは珍しいですね。相変わらずサンヨー食品のチャレンジ精神には頭が下がります。今回は「スモークチキン味」と「スモークチーズ味」の2種類同時リリースなんですけど、これはもう題目通りの燻製感に期待するしかないでしょう。ただ、どんぶり型のレギュラーサイズというカップの形状とスーパーでの販売価格(100円ちょっと)を考慮すると、過度に期待したらズッコケそうな雰囲気なので、ほどほどに期待値は下げてから挑みます…w 両方とも手元にあるので、まずは「スモークチキン味」から。




どうでもいいですけど “接続テープ” に当たるとテンション上がりますw



は、「ハリがあり、しなやかで歯切れのよい食感のしょうゆを練りこんだ香ばしい麺」とのこと。麺の方向性は完全にスナック的なタイプで、個人的に好みな油揚げ麺ではあったものの、特有のスナック感が裏目に出てしまっているような印象を受けました。と言うのも、今回のスープは燻製風の香りが売りなのに、油揚げ麺特有の風味が燻製っぽさをマスクしてしまっていたんですよね。激しく主張してくるようなタイプではなかったんですけど、スープの燻製感も激しく主張してくるようなタイプではなかったので、ぶつかり合って互いの長所を阻害しているように思えました。単純にスナック的な油揚げ麺としては美味しかったのですが、スープの燻製感を活かす為にもノンフライ麺で食べてみたかったです。

スープは、「炭火焼とスモークの香りを加えた燻製の風味が特徴のしょうゆ味」で、「すっきりとしたうまみのチキンエキスに、ガーリック、オニオンの香味野菜を合わせ、黒胡椒の風味がアクセントになってい」るとのこと。液体スープを入れた瞬間、鼻腔を擽ってくるベーコンやソーセージを彷彿とさせる燻製風の芳ばしさは印象的だったんですけど、食べ終わってから記憶に残っていたのは、その最初の段階で感じたイメージだけでしたw 油脂成分に燻製っぽい香りを添加しているのだと思いますが、その量は決して多いわけではなく、後半にかけて薄れていく油脂成分の減少と、香りに対する慣れが相俟って、最終的にオーソドックスな鶏ガラベースのカップ麺らしい醤油味、みたいな印象で終わってしまったんですよね。それに麺の項目でも触れましたが、油揚げ麺から滲み出る風味で香りがボヤけてしまっています。原材料の鴨エキスには目を引かれたのですが、特に鴨っぽい風味が強いわけではなかったし、鴨の風味と燻製風の芳ばしさは相性が良いので、おそらく相乗効果を狙っての仕込みだったのでしょうけれど、もうちょっと鴨の風味が強かったら、油脂成分が薄れた後半の印象も少しは違っていたかもしれません。出鼻は割と印象が良かったんですけど、コンセプトがコンセプトなので、いっそ燻製一辺倒くらいに振り切ってもらいたかったです。ちなみに醤油の主張は割と強めでした。全体のスナック感と黒胡椒のアクセントはマッチしていて良かったです。

具材は、「キャベツ、鶏肉そぼろに、スクランブルエッグ、赤ピーマン」とのこと。どれもサンヨー食品のタテ型カップ麺や、低価格帯カップ麺で頻繁に見られる具材達で、これといって個性的な内容ではないですね。キャベツは特別スープと合っているわけではなかったものの、まぁ普通に美味しかったし、鶏肉そぼろも味付しっかりめで安定のクオリティ。どこぞの肉そぼろのようにガッカリすることがないのは素直に好印象ですなw スクランブルエッグも優しい感じが美味しかったし、赤ピーマンは特有の風味がきちんとあって良かったです。鶏肉そぼろやスクランブルエッグに燻製っぽい風味が付いてると面白かったんですけど、スープだけでも余裕が無い感じだったので、さすがにそこまで望むのはナンセンスでしょうか。鶏肉そぼろと赤ピーマンのアクセントは良かったんですけど、キャベツとスクランブルエッグは取り敢えずというか、単なるカサ増しに思えました。

(標準は★3です)

いくら期待値を下げて挑んだとは言え、ちょっと燻製感が大人し過ぎたように思いました。液体スープを入れた瞬間、鼻腔を擽る芳ばしい香りには個性を感じたのですが、麺を食べている間は油揚げ麺特有の風味に相殺されちゃってるし、香りの仕込まれた油脂成分が薄れてくる後半はフツーの醤油味だったので、題名に伴ったインパクトを分かり易く、尚且つ継続的に最後まで感じたかったです。今回は液体スープとして香りを含んだ油脂成分が一緒に仕込まれていたので、香りを醸し出す油脂成分だけ別添だったら受ける印象も変わっていたかもしれません。もしくはスープの項目でも触れたように、鴨エキスの主張が強かったら面白かったんですけどね。兎にも角にも最終的に残った感想は、鶏ガラベースの醤油が強めな醤油味のカップラーメンでしたw 取得価格が100円前後で、燻製の風味に過度な期待さえしなければ、それなりに楽しめると思います。っていう締め括りもどうかとは思いますけど…w 一応、出鼻でコンセプトの燻製っぽさは感じられたので、及第点(★3)としました。麺をノンフライ麺にする、またはタテ型カップで気合を入れたらインパクトが出て昇華しそうだったので、今後の布石として試験的に開発されたカップ麺だったのかもしれません。はい、私の独断と偏見に満ちた勝手な憶測です。←

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 燻らーめん スモークチキン味
製造者:サンヨー食品
内容量:93g (めん60g)
発売日:2016年4月11日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734027676

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:360㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:338kcal
たん白質:8.3g
脂質:13.0g
炭水化物:47.0g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:210mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:338kcal (めん・かやく:296kcal / スープ:42kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、しょうゆ、食塩、粉末卵)、スープ(しょうゆ、食塩、チキンエキス、香辛料、鴨エキス、たん白加水分解物、糖類、発酵調味料、植物油脂、豚脂、調味油脂、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付鶏肉そぼろ、味付卵、ピーマン)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、酒精、カラメル色素、炭酸カルシウム、香料、かんすい、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、カロチン色素、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0527.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うわぁ~、これって割と新製品やったんですね!
新製品が早いスーパーでも見かけたこともないうちに
100円ローソンでチーズと並んで売ってたので
買ってみましたが・・・確かに印象の薄い味でした(;´∀`)
チーズの方も、チーズ好きには物足りないというか
香りはいいけどシャバ過ぎな感じがしましたが、
チーズ嫌いには絶対ダメやろなぁ~的な(´・ω・`)
目の付け所は素晴らしいと思ったんですけどねぇ・・・
No title
この製品のイタい部分はあのカップヌードルリッチと
同じ週の発売だったことです。

なので今でもかなり店頭に残っているイメージですね。

世間の注目は圧倒的にカップヌードルリッチに
もっていかれてしまって完全に燻製の話題も
霞んでしまっていました。

発売時期がとてももったいなかったと思います (^_^;)

しかしテーマについてはサンヨー食品らしい
なかなかのアイデアでおもしろい製品だったです。

本格的な燻製感はなかったですが、
これはちょっと改良したら化けそうな製品でしょう。
実際一方のスモークチーズのほうはそこそこよかった気がします。
Re:ぴょんこさん
> うわぁ~、これって割と新製品やったんですね!
割と新商品でした(笑)
うちのブログは1ヶ月ちょいタイムラグがありますし…w

ちょっとネタバレになるんですけど
チーズ味は結構印象が良かったんですよね!

コテコテのチーズ感は味わえなかったものの、
燻製の風味が段違いだったので、そこが好印象でした。

おっしゃる通り目の付け所はバッチリだったので
これを踏み台に次回はタテ型かノンフライ麺で開発してほしいです!
Re:たういパパ
> この製品のイタい部分はあのカップヌードルリッチと
> 同じ週の発売だったことです。
たしかにw インパクトでは完全に飲み込まれてましたからね;
ちなみにコッチでも店頭では売れ残っている状態です。

というか、スーパーなんかで客の行動を見ていると、
みんな安定の「カップヌードル」や「どん兵衛」ばかり
カゴに入れてる感じで、新商品系は滅多に減らないんですよ;

まだ「マタドール」とか普通に売ってますからねw

チキン味は少しインパクト不足な印象が否めませんでしたが
チーズ味は好印象でした! 明日、記事あがりまーす。
No title
takaさん、こんにちは!

これはちと燻製の香りが弱くなりすぎた感がありましたね;

燻製の香りで「おっ」と思えるのは最初の一口目ぐらいで、
あとは徐々に減退するうえに麺が燻製の香りをマスクするので、
途中からは完全にオーソドックスな鶏がらラーメンでしたね!

意識的にスープを飲みながら食べ進めれば少しは香りもしますが、
逆に言うとそれぐらいしないと香りがあまりしないですからね;

燻製の香りは強くすると多少好みが分かれがちにはなりますが、
さすがにもうちょっとぐらい強めに効かせるべきだったでしょうね!(=゚ω゚)

ちなみにうちの近くの万代でもけっこう売れ残っています;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

チーズ味は印象が良かったんですけど、
こっちはインパクトに欠ける仕上がりでしたね;

最初の印象は良かったんですけど、徐々に香りが薄れていって、
最終的に普通の鶏ガラ醤油味だったなー、みたいな(苦笑)


コンセプトがコンセプトなので
もっと振り切っても良かったように思います!

やはり、そちらでも売れ残ってますか…w

管理者のみに表示

トラックバック