日清食品「多賀野 ごまの辛いそば」



5月10日発売、ヤマヨシの問題作「ポテトチップス いかの塩辛味」を食べました。 “危険ですので密室では食べないでください” という警告文が記載されているのですが、袋を開けた瞬間まるでチーズのような発酵臭が漂ってきて、少なくとも一般的なポテトチップスのニオイではありませんw ただ、強烈に臭いかというと案外そうでもなく、チーズ臭とか大丈夫な人は普通にイケると思います。むしろチーズは臭い方が美味しいと思っている人にとっては、嬉しい香りなのではないでしょうか。公共の場で迂闊に開けたらクレームが入るかもしれませんけどw 想像してたよりも無茶苦茶なニオイではなかったです。で、肝心の味ですが、良い意味でクセがありますね。香りから来るようなチーズっぽさは感じられなかったんですけど、さすがイカの塩辛味というだけあって、特有の発酵感があり、イカの風味と塩気と発酵感が相俟って、なるほどイカの塩辛味w シリーズとしては、2015年に発売されて話題になった「キャビア味」の後継者に当たる存在で、「一見マズそうに見えるのに、おいしいポテトチップス」というコンセプトを元に開発されたそうですが、これ結構イケますよ。もちろん発酵臭が苦手な人はヤメといた方が無難ですけど、珍味っぽい立ち位置で、自分としては大いにアリなフレーバーでした。アテにも誂え向きだったし、この変態チックな感じ好きw 思ってたよりも全然マズくなかったし、むしろ追ってジワジワくる感じで、話題性関係なく素直に変わり種としてストックしておきたいと思いました。ちなみにローソンの専売品です。

さて、本日の一杯は、日清食品の「多賀野 ごまの辛いそば」です。北海道を除くイオングループ限定商品で、どんぶり型の再現カップ麺も過去に発売されていたみたいですね。自分は実際のラーメンを食べたことがありませんし、カップ麺でも「ごまの辛いそば」は初めてなんですけど、日清食品は担担麺に強く、多賀野とのタイアップも基礎クオリティが高いイメージなので、今回も楽しみです。一応、パッケージには「中華そばの名店がつくりオリジナル担担麺」と書いてありますが、商品名に担担麺の文字はないので、そういった部分も気になりますね。





は、「有名店シリーズ」の流れを汲んだ上品な油揚げ麺で、油揚げ麺らしからぬ高級感が漂っています。この麺、ほんとクオリティが高いですね。ほぼストレート状の平打ち麺なんですけど、今回は気持ち緩やかに縮れが付けられていて、高粘度スープを猛烈な勢いで絡め取ります。油揚げ麺臭も殆ど気にならず、濃厚なスープにも埋没しない主張を持ちながら、加水率の低い歯切れの良さで重さは感じさせず、非常に良いバランスだと感じました。自分は撮影の関係上、少し早めにフタを開けるんですけど、今回きちんと5分待ったら柔らかめに仕上がりそうな感じだったので、柔麺が気になる人は少し早めにフタを開けた方がいいかもしれません。自分は担担麺の麺=少し柔めの低加水麺、みたいなイメージがあるので、ちょうど良かったです。って、思いっ切り個人的な感想ですなw それにしても、ほんと油揚げ麺らしからぬ高級感が漂っている上品な油揚げ麺ですね。優秀、超優秀。

スープは、「魚介とごまの旨みが特徴の濃厚スープ」とのこと。なるほど、これは今までに在りそうで無かったタイプかもしれません。まず特筆すべきは魚介出汁で、ベースには豚脂のコクを筆頭に、ポークやチキンなどによる動物系の旨味があって、そこに魚介エキスの旨味と鰯パウダーの適度なパンチが重なり、動物系の厚みと共に魚介出汁の膨よかさを意識しているような印象。和味噌も含まれているのですが、あくまで塩分のカドは立たせず、味噌の旨味を抽出した感じで、優しさを感じさせながらも確かな存在感。辣味は控えめで、花椒の麻味も特に感じられず、刺激的な要素こそ控えめだったものの、確かな旨味から物足りなさは感じませんでした。胡麻は芝麻醤より擂り胡麻が主体だったんですけど、確かな胡麻の厚みがあって、ピーナッツバターと乳等を主要原料とする食品がコクを底上げ。要所に担担っぽさはあるのですが、やはりベクトルは違っていて、その個性に価値の見出せるスープでした。尚、スープの粘性は強く、かなりの高粘度スープだったのですが、確実な旨味から粘度の高さも不自然じゃなくて、素直に濃厚なスープとして楽しめたのが良かったです。あ、それから粉末スープと擂り胡麻の量が多かったのか、喫水線までお湯を入れてから急に水位が下がったので、お湯の量が曖昧です(苦笑)ちょっと少なかったかも。でも塩っぱくなくて濃厚でイイ感じでしたw

具材は、ごま,味付豚肉,ねぎ,玉ねぎですね。スープが担担風でありながら、やや一線を画した個性を感じる仕上がりだったのですが、具材も一般的な担担麺の構成とは異なりますね。胡麻とメインの味付豚肉には共通性を感じますが、まず葉物具材としてイメージされるであろう青梗菜は入っておらず、代わりにネギと玉ねぎをトッピング。まず多めに入った胡麻のパンチが良かったし、味付豚肉はサイズがランダムの挽肉系で、凝縮されたような旨味が印象的。量が少なかったのは残念だったんですけど、かなり質の満足度は高かったです。ただ、大きいのは戻り切ってなくて、最初に食べたら中がシャリシャリしてましたw ネギは高級感のある大振りカットで、量は多めに入っています。玉ねぎはシャキシャキと食感が良く、重厚なスープの中でフレッシュな食感と香味感が映えていました。肉具材の量に若干の不満を感じたのですが、質でカバー出来ているようだったので、そういった意味では好感が持てますね。どこぞの肉そぼろにも見習っていただきたいw スープの方向性から、焼海苔とか高菜とか合いそうな雰囲気でした。

(標準は★3です)

突き抜けたインパクトのあるカップ麺ではなかったんですけど、在りそうで無かった出汁の効いたスープの方向性には新鮮味が感じられたし、麺,スープ,具材が三拍子揃って高品質。具材に量的な不満を感じてしまいましたが、かなり総合力は高く、それに比例した高い満足度が得られた一杯でした。総評は★5としていますが、個人的な満足度は★6ですね。高品質な麺と濃厚なスープが美味しくて、在庫過多でも買い置きレベルでした。たしかに方向性は担担麺なのですが、一般的なそれとは一線を画していて、きちんと個性を感じられたのが良かったです。辣味や麻味などの刺激に期待すると肩透かしを喰らいますけど、それを補って余りあるほどの旨味が感じられたし、丸みを帯びている出汁の効いた濃厚担担麺として素直に楽しめたので、自分としては刺激の弱さが足を引っ張ることはありませんでした。そして、ちゃんと印象に残るカップ麺だと思います。あ、お湯の量は気を付けてください。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:多賀野 ごまの辛いそば
製造者:日清食品
内容量:113g (めん80g)
発売日:2016年4月5日 (火)
発売地区:全国 (北海道除くイオングループ限定)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4902105230350

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製旨辛ラー油)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:544kcal
たん白質:12.7g
脂質:27.0g
炭水化物:62.6g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:1.58mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:174mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:544kcal (めん・かやく:419kcal / スープ:125kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:3.0g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油)、スープ(豚脂、ごま、糖類、小麦粉、でん粉、魚介調味油、ポークエキス、味噌、植物油脂、ねりごま、加工油脂、チキンエキス、食塩、たん白加水分解物、香味調味料、ピーナッツバター、乳等を主要原料とする食品、いわしパウダー、香辛料、野菜調味油)、かやく(ごま、味付豚肉、ねぎ、玉ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、酸味料、増粘多糖類、トレハロース、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部にゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳・落花生・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
自分は元来担担麺系はそんなに好きじゃないのですが、
この製品は違いましたね~!
ってか、これを担担麺というかビミョーですが・・・ww

しかしこんないい製品をイオン系限定にするとはもったいないです。
有名店シリーズでも問題ないのとちゃいますかね?? (^_^;)

やっぱり日清食品の製品製造力の懐の深さをあらためて感じた製品でした。
No title
takaさん、こんにちは!

こちらはけっこう今までにないタイプの担担麺でしたね!

ごまを強めに効かせるタイプながらも濃度攻めではなく、
魚介も香らせるなどバランス型としての要素も持っていたり、
様々なスタイルの担担麺の長所を合わせ持った印象でした!(=゚ω゚)

それでいて中途半端さを感じさせないのは良かったですね!

そしてやっぱり有名店シリーズ系の麺は完成度が抜群ですね!
もともと歯切れがいいので担担系のスープとはよく合いますし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> ってか、これを担担麺というかビミョーですが・・・ww
たしかに花椒の風味も刺激も分からない程度だったし、
担担麺の定義としては微妙なところでもあるんですけど、
それでいて担担麺らしさは要所で無きにしも非ずだったし、
素直に美味しかったw この魚介感はパパでも大丈夫だったんですね♪

> しかしこんないい製品をイオン系限定にするとはもったいないです。
イオン系限定という半ばPBカップ麺扱いだったからこそ
このクオリティが打ち出せたのではないか、って自分は思いました。

今のところ日清食品と多賀野のタイアップは間違いない印象ですね!
Re:かーとさん
こんばんは!

これは在りそうで無かった担担麺でしたね!

個人的に花椒の要素が欲しくなってしまったものの、
その不満を補って余りある旨味が確かに感じられたので、
最終的に全く以て不足感はなかったし、素直に美味しかったです。

> それでいて中途半端さを感じさせないのは良かったですね!
そうそう! 複合的でありながら詰めの甘さを感じさせないバランスでした!

> そしてやっぱり有名店シリーズ系の麺は完成度が抜群ですね!
ちょっと柔らかめな低加水麺の印象が自分の中では強いので、
今回の麺は完成度の高さと相性の良さを素直に楽しめました。

これで丸刃の細麺だと嬉しかったのですが(笑)

今後もイオン × 日清食品 × 多賀野のコラボが楽しみです!

管理者のみに表示

トラックバック