エースコック「JANJAN 鶏しお味焼そば レモン風味」



4月26日(火)発売、ヤッホーブルーイングとローソンが共同開発した「僕ビール、君ビール。よりみち」を飲みました。相変わらず、のほほ~んとしたカエルのパッケージに癒されますね。オリジナルの「僕ビール、君ビール。」のビアスタイルは “セゾン” なんですけど、「よりみち」は “アメリカンウィート” となっていて、オリジナルも若い果実を思わせる爽やかな香りが特徴となっていますが、こちらはさらに若々しいというか、かなり香りが鮮烈で、パッションフルーツを思わせる柑橘系の爽やかな香りが印象的。最近、こういったスタイルのクラフトビールが目立ってリリースされていますが、その中でも香りの強さは一頭地を抜いていますね。ほんのり後口にホップの苦みを感じるのですが、兎にも角にもホップが持つ香りを突き詰めて抽出したような仕上がりで、香り一点に振り切ったようなコンセプトと、それに伴った仕上がりにハッキリと価値が見出せました。ヤッホーブルーイングで最もホップの使用率が多いとされているのは「インドの青鬼」なんですけど、その約2倍のホップを使用しているのだとか。うん、この香りと後味なら納得ですね。苦味が特徴となっている「インドの青鬼」の2倍のホップを使っているとは言え、強烈な苦味を打ち出すのではなく、あくまでもホップの担う役割は香り付けの一点集中型で、だからこそ鮮烈な香りに特化したインパクトが打ち出せたのでしょう。ガツンと飲み応えのある太いビールではありませんが、この特筆すべき香りは一般的な日本の大手メーカーでは出せないようなレベルにあったと思うので、ビール党なら一度は体験する価値があると思いますよ。点数を付けるとするならば、このブログで言う所の★6~7は余裕で付けたい感じでした。アルコール度数は4.5%と控えめですが、アルコール度数に比例しない満足度を感じることが出来ると思います。ほんと相変わらず個性的なクラフトビールを作ってくれますねー、大好きです。これ絶対に缶から直接飲んじゃダメですよ。必ずグラスを使いましょう。あと、鮮度が命になってきそうなので、少しでも製造年月日が近い内に飲んだ方がいいかもしれません。ここにホップの苦味を添加して、I.P.A.に寄せたビールも開発してもらえないですかね…ってそれじゃ「インドの青鬼」の立場が無くなっちゃうかw 現行の青鬼から更にホップ2倍! みたいなビールの登場も期待しています。(前置きが長いw)

さて、本日の一杯は、エースコックの「JANJAN 鶏しお味焼そば レモン風味」です。「JANJAN」の新作は久しぶりですね。当ブログでは、2014年の「だし醤油焼そば」以来の登場です。実質、私の知る限りでは、その間に新作の発表も無かったですからね(無かったですよね…?w)今回は瀬戸内産レモンを使用したレモン風味の塩焼そばということで、さっぱり爽やかなテイストに期待したいと思います。





めんは、「醤油の旨みをギュッと詰め込んだ練りこみめん」とのこと。プリプリとした食感の優しい中細麺で、意識して追いかけると醤油の芳ばしさを確かに感じます。最初、塩焼そばなのに醤油練り込み麺って相性どうなんだろう…と、思ったんですけど、思いの外にマッチしていました。具材にネギが入っていたので、和のイメージが手伝ったのかも。食感も風味もスナック的なタイプですが、自己主張の激しい麺ではなかったし、今回の調味たれはレモンの爽やかさが効いた味付となっているので、油揚げ麺の持つネガティブさは特に気にならなかったです。麺の太さも丁度いいサイズだったし、むしろ適度なスナック感が醸し出す良い意味での軽さがブランドのコンセプトとリンクしていて、取り合わせに問題は感じませんでした。ただ、やっぱり塩焼そばなので、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキスなんかを練り込んだエースコックお得意の味付麺でも食べてみたかったです。後半ちょっとモッサリしてきたので、少し早めに湯切りした方がいいかもしれません。

たれは、「チキンをベースにした旨みとコクのあるたれに瀬戸内産レモンとブラックペッパーを利かせた繰り返し食べたくなる塩だれ」とのこと。お、これは想像以上に爽やかなテイストですね。瀬戸内産レモンとのことですが、ちゃんとレモンの風味が主張してきます。さらにブラックペッパーの爽やかさが重なって、ダブルの清涼感が後口を引き締め、全体的に油脂成分による重さも軽く、次の一口をスムーズに誘ってくれる感じ。それでいてカップ焼そばらしく動物系の旨味は感じられて、ただ爽やかなだけではなく、きちんとコクがあったことに好感が持てました。奇抜な味付ではないんですけど、動物系のコク、レモンの風味、ブラックペッパーのアクセントなど、しっかり核となる要所を押さえていて、物足りなさを感じさせない味付だったのが良かったです。レモンの爽やかな風味とブラックペッパーの適度な刺激による清涼感には、春先から梅雨に向けて季節的な需要も感じました。ただ、商品名が「鶏しお」なので、鶏油の芳ばしさとかあると嬉しかったかなー。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、ねぎ」とのこと。キャベツは定番の具材なので、特に書くこともないんですけど、塩だれキャベツ然り、レモンの風味が効いた塩だれとの相性は普通に良かったし、割と厚みがあったので、歯応えのある食感がアクセントになっていて良かったです。で、意外と主張していたのがネギ。もともとエースコックのネギは風味が強めだと思ってるんですけど、今回その風味には良い意味で影響力があったんですよね。風味や歯触りは乾燥ネギの枠を出ませんが、和のテイストを漂わせる風味が塩だれと合っていて、何気に量も多く、ネギ塩だれっぽい雰囲気を醸し出していて美味しかったです。

(標準は★3です)

鶏の要素には若干の不満を感じてしまったのですが、これに関しては好みの問題かもしれあませんね。想像していたよりもレモンの清涼感が強くて、中途半端なレモン風味じゃなかったことに好感が持てました。一般的にカップ焼そばは男性ユーザーを意識した製品が多く、食べ応えや濃い味、インパクトなどを重視している傾向にありますが、「JANJAN」はスマートな印象を放っているカップ焼そばで、ライトに食べられる手軽さだったり、客層としても女性客を意識しているブランドなんですよね。なので今回の爽やかなテイストはコンセプトにマッチしていたし、同時に男性も問題なく楽しめる厚みがあって、これからの時期的にも需要があると感じました。ただ、相変わらずカップの形状的に調味たれが混ぜにくかったので、この不満点を打開するような策を講じることが出来れば、よりスマートなブランドに昇華すると思います。しかも今回は下味で色のついた油揚げ麺に塩だれという組み合わせだったので、尚更ちゃんと混ざってるのかどうか分からない…っていうw かつてのように大々的なアピールは行っていませんし、すっかりと新作の登場頻度も減速してしまいましたが、基本的に完成度の高いシリーズだと思っているので、再び活性化して欲しいです。ふと具材の感想を書いてる時に思ったんですけど、塩だれ+レモン+ブラックペッパー+ネギという組み合わせから、なんか焼肉屋さんのネギ塩だれっぽい雰囲気だったなー、って漠然とw ここに牛脂の風味やビーフエキスをプラスして、牛タン塩味とか出してもらえないですかねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:JANJAN 鶏しお味焼そば レモン風味
製造者:エースコック
内容量:102g (めん85g)
発売日:2016年3月28日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071222246

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味たれ)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:428kcal
たん白質:8.8g
脂質:14.7g
炭水化物:65.2g
ナトリウム:1.3g
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:215mg

(食塩相当量:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、しょうゆ、食塩、砂糖、卵白粉)、たれ(植物油脂、鶏・豚エキス、たん白加水分解物、発酵調味料、糖類、食塩、野菜エキス、レモン果汁(瀬戸内産)、酵母エキス、香辛料、全卵粉)、かやく(キャベツ、ねぎ)、加工でん粉、炭酸カルシウム、調味料(核酸等)、酒精、酸味料、かんすい、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1603_JSY.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
まぁ、フツーに気軽にいただくカップ焼そばとしてはよく出来ていました。
全体がさっぱりしていて飽きない美味しさであっという間になくなりますね。

麺量が少なく物足りないのですが、それはコンセプトですからガマンww
それにしてもこの容器はかき混ぜにくい!
ペヤングよりかき混ぜにくい!

でもこの形状はJANJANの目印だから今さら変えれないしね~、困ったww
カップの隅をもうちょっと丸くすれば幾分改善されそう・・・。
Re:たういパパ
思ってたよりもレモンの風味が強くて好印象でした!
ふわっと香るくらいかなー、と思いきや、意外にしっかりで。

麺量が少ないとは言え、85gは入ってますからね。
少食になった自分的には丁度いい量だったりしましたw

> それにしてもこの容器はかき混ぜにくい!
> ペヤングよりかき混ぜにくい!
混ぜにくいですよねぇ…でもカップを変えてしまったら、
コンセプトの根底を変えなければいけなくなってしまいますし;

> カップの隅をもうちょっと丸くすれば幾分改善されそう・・・。
たしかにそういった工夫は検討してみてもらいたいですね!

とにかく粉末ソースじゃないだけマシだと思っていますw
No title
takaさん、こんにちは!

あー、これはまだ見つけてないのですよね(´・ω・)

JANJANを常備しているスーパーならいずれ入荷されると思いますが、
新発売になってすぐの頃にはどこに行っても発見できませんでした;

JANJANシリーズはけっこう好きなだけに早く食べたいのですが!

>しかも今回は下味で色のついた油揚げ麺に塩だれという
>組み合わせだったので、尚更ちゃんと混ざってるのかどうか分からない

これはものすごくわかりますね!笑

JANJANってソース味のときも麺がもともと茶色いので、
まざっているのかどうかわかりにくかったりしますが、
塩だれ系だと余計にそこに拍車がかかりますよね!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

こっちでは発売日から店頭に並んでいて、
今でも絶賛発売中(売れ残り…?w)だったりします。

自分も「JANJAN」は結構好きですね!
いつもソツなく仕上げてくれるイメージです。

> JANJANってソース味のときも麺がもともと茶色いので、
> まざっているのかどうかわかりにくかったりしますが、
> 塩だれ系だと余計にそこに拍車がかかりますよね!(=゚ω゚)
ほんと分からなかったですよw
写真で撮ってからムラに気が付くのでは…みたいな(苦笑)

一応、大丈夫だったと思います(笑)

今回は思いの外にレモンが効いていたので
その爽やかさに価値が見出せる一杯でした!

これからジメジメした季節がやってくるので、
そういった時期的にも嬉しい清涼感だと思いますよ。

管理者のみに表示

トラックバック