東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ ラーメン横綱 豚骨しょう油 うま味唐がらし味」



コンビニのドーナツってレベル高いですよねー。ドーナツの中ではオールドファッションが好きなんですけど、大手コンビニの中では表面のサクサク感が絶妙な7&i推しです。でも、近くにセブンイレブンがない…w というわけで、ローソンのオールドファッションも試してみたのですが、そんなにサクサクしてなくて(店舗による個体差もある?)ちょっと自分の欲求は満たせない感じでした。でもでも、メープル風味のクイニーアマンは気になってます。(いつも売り切れてるw)

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ ラーメン横綱 豚骨しょう油 うま味唐がらし味」です。「ラーメン横綱」のカップ麺といえば、同社のレギュラー商品として通年販売品の中に、どんぶり型の再現カップがあるんですけど、前回のタテ型ビッグ版では酷評する結果となってしまったので、今回ちょっと不安なんですよね。どんぶり型は結構イケてるんだけどなー、って長い間ご無沙汰ですけどw 今回は “うま味唐がらし味” とのことなので、前作のマイナスな印象を唐辛子の要素がカバーしていることに期待したいと思います。あとは東洋水産のタテ型ビッグ製品に有り勝ちな、油揚げ麺のネガティブさが一体どこまで干渉してくるか、そこにかかってくるでしょうね。最近は「本気盛」シリーズを筆頭に、比較的ネガティブな印象が和らいできているので、今回はバランスが取れていることを祈ります。個人的には割と無条件で好きなんですけどねw 東洋水産のタテ型ビッグw





めんは、「チキン・オニオン・ガーリックで味付けをした香味豊かな麺」とのこと。東洋水産のタテ型ビッグらしく自己主張の強い無骨なタイプの油揚げ麺なんですけど、熱湯3分というサイズ感もあって、「本気盛」シリーズに採用されている熱湯4分や熱湯5分の油揚げ麺ほど激しい主張ではないですね。それなりに油揚げ麺特有の風味が前に出てくるものの、初版の時ほどバランスが悪いわけではありませんでした。ただ、麺の原材料も指定の湯戻し時間も初版と全く同じなので、麺が変わったのではなく、単純にスープとの兼ね合いだったのかもしれません。なんにせよ独り歩きして孤立しているような印象は受けなかったので、前作よりもイメージは良かったです。後半はフカフカした軽めの食感になってしまうんですけど、最後まで滑らかな口当たりが自分好みでした。「本気盛」の油揚げ麺が苦手な人は避けた方が無難、そんな無骨でワイルドな油揚げ麺ですが、私は結構好きなんですよねw

スープは、「ポークをベースに、オニオンの甘味とラー油等の辛味を利かせた、濃厚感のあるピリ辛の豚骨しょう油スープ」とのこと。ベースはロードサイドに構える大型チェーン店らしい(と言ったら偏見かもしれませんが)特徴のない豚骨醤油味で、特徴がないのが特徴というか、この無難さに安定感があるというか、それって私が勝手に抱いている「横綱」のイメージなんですけどw その勝手なイメージから店の雰囲気は感じられたような気がします。今回は “うま味唐がらし” のアクセントが加わってくるのですが、辛さレベルはピリ辛程度で、唐辛子特有の芳ばしさを特に意識しているわけでもなかったし、ベースと同じく辛味のアクセントや唐辛子の存在感も中庸的…w 悪く言うと平凡なピリ辛豚骨醤油味、って感じだったんですけど、その中庸的な立ち位置が「横綱」らしいと言われれば、納得することが出来なくもないような…そんな感じでしたw やや後半は油揚げ麺から滲み出してくる風味でボヤけてくるものの、今回は辛味のアクセントが功を奏したか、そこまで油揚げ麺とのバランスは悪くないと思ったので、完全にスープが油揚げ麺に喰われていた初版のバランスを思えば大きなプラスポイントですね。

具材は、「FD チャーシューブロック、メンマ、ねぎ」とのこと。何と言っても今回の目玉は、このFDチャーシューブロックですよ。これ、本当に秀逸です。麺やスープで感じる不満をカバーしているのがFDチャーシューブロックと言っても過言ではなく、リアルな歯触りと肉の旨味が感じられ、大きめのサイズで量も申し分なかったし、ある意味この肉具材が今回のカップ麺に於ける最大の売りと言えるかもしれません。脂身のジューシーさよりも赤身メインのチャーシューでしたが、本物さながらの質感で素晴らしいです。メンマとネギは汎用の具材だと思いますが、どちらもきちんと存在感のあるタイプだったし、メンマはしっかりめの歯応えで、量も多くサイズも合格点。肉具材のリアリティとボリュームが大きく満足度を稼いでくれていたし、構成としても具材に対しての不満は皆無に等しかったです。

(標準は★3です)

「横綱」の再現カップ麺として見ると物申したい気分ですが、ひとつのカップ麺としては何とか及第点だと思ったので、今回は★3を付けました。初版より印象は良かったものの、やはり「横綱」のラーメンをカップ麺で食べたいのであれば、タテ型よりも値は張りますけど、本格志向なノンフライ麺どんぶり型の通年商品をオススメします。あくまでもタテ型=手軽さが売りのコンセプトだと思うので、そういった意味では需要を感じられなくもないのですが、個性の無さが裏目に出てしまっているというか、これなら豚骨醤油系の「本気盛」が出た時でいいよね、みたいな。ただ、相変わらずフリーズドライのチャーシューブロックはリアルでクオリティの高い肉具材だったし、初版と比べて麺とスープのバランスも多少はマシになっていたので、そこは評価したいと思います。第3弾も出るのかどうかは分かりませんが、次はノンフライ麺の本格版でアレンジカップ麺を出して欲しいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ ラーメン横綱 豚骨しょう油 うま味唐がらし味
製造者:東洋水産
内容量:99g (めん70g)
発売日:2016年3月28日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990335508

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (99g) あたり

エネルギー:443kcal
たん白質:12.8g
脂質:20.1g
炭水化物:52.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.78mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:162mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:443kcal (めん・かやく:328kcal / スープ:115kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(醤油、ポークエキス、豚脂、ゼラチン、砂糖、香味油脂、でん粉、たん白加水分解物、食塩、粉末野菜、香辛料、植物油)、かやく(焼豚、めんま、デキストリン、ねぎ、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酒精、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、クチナシ色素、香料、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1603ra-men_yokozuna.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これカップ麺として美味しかったです。
特徴ないのが特徴かなww?
いやいやこの具材はマルちゃんならではでクオリティ高かったと思います。
しっかり肉系具材を楽しめましたよ!
スープも万人受けするひじょうに美味しいもので感動しました。
タテ型カップはコラボものでお店の商品に似せるのではなく
この路線で突っ走ってほしい!

★4~5にしてほしいくらいの内容でした。
No title
はじめまして。さすらいのかぶやんと申します。

横綱はいいですよねー。横綱は一回しか食べにいったことありませんけど、我が道を行くのでしょうか。
国道沿いに多いのが気になりますが
なんともサービスの良いお店です。
さすらってみて初めてわかるお店も
たくさんあるものですね。
激辛コーナーおかわりお願いしますw
Re:たういパパ
> これカップ麺として美味しかったです。
あくまでも東洋水産のタテ型カップ麺として、
という解釈が必要なカップ麺になってくると思います。

再現性で言えば、どんぶり型には及びませんから。

> 特徴ないのが特徴かなww?
これは自分も思いましたねw スープの無難さが売りかなー、と。

でも具材は飛び抜けて美味しかったので
そこは素直に評価できるポイントでした!

> ★4~5にしてほしいくらいの内容でした。
ちょっと厳しめに見過ぎちゃいましたかね;
前作の印象が悪かったので、それが尾を引いていたのかも…(苦笑)
Re:さすらいのかぶやんさん
はじめまして! コメントありがとうございます(ぺこり)


「横綱」まさに大型ロードサイド店らしいというか、
幅広い層が受け入れ易いラーメン屋さんだと思います。

それ故、特徴が無いなんて言われることもありますが、
(斯く言う私がそのような印象を持っているのですが…w)
だからこそ店舗数が増えたんだろうなー、とも思うんですよね。

自分は最近さすらってないので
もっとラーメン屋さんにも足を運ばないとですね!

> 激辛コーナーおかわりお願いしますw
すみませんw ネタはあるのですが、時間が…;

が、がんばります…!(小声)←
No title
takaさん、こんにちは!

どうしてもどんぶり型のほうを食べたことがあるだけに、
あえてこちらを買うメリットが見えにくいのですよね;

一カップ麺としては前回よりもよくできてましたし、
FDかやくが極めて秀逸だったりと見どころは多かったのですが!(=゚ω゚)

横綱ってもともとそう特徴のある味ではないですし、
それだけにアレンジ版もあまり出しにくかったりと、
どんぶり型以外に広げていきにくい弱点は感じますね!

今回の唐辛子とねぎぐらいしか実際にないですし;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

はい、どんぶり型と比べてしまうんですよね・・・
それに一応、ジャンルとしては再現カップ麺なわけですし(苦笑)

肉具材は本当にクオリティが高いので
それだけでも買う価値が見出せるかもしれませんが!

たしかに実際のラーメンが無難な方向性にあると自分も感じるので、
どうしてもインパクトが出せないような節があるとは思うんですけど、
変わり種を出すなら、せめてノンフライ麺で本格さをアピールして欲しかったです。

> 今回の唐辛子とねぎぐらいしか実際にないですし;
たしかに他の印象は薄いですね・・・;
カップ麺限定のアレンジとかだったら需要もあると思うのですが!

管理者のみに表示

トラックバック