東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」



昨日、麺類を食べるとき専用の「らーめん箸」なるものをいただきました。箸先が螺旋彫になっていて、麺をがっしりとキャッチしてくれます。これは良い。漆仕上げの八画箸で、持ちやすくて見た目の雰囲気も渋いんです。出先で麺類を食べるときにも使えそうだし、マイ箸として持ちあることにしよっと。なんだか箸が変わったことでカップ麺を食べるのもより楽しく感じるし、雰囲気って大切だなー。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン』です。講談社発行「業界最高権威 TRY認定 ラーメン大賞2013-14」の「名店部門しょう油」で、見事1位に輝いた「らぁ麺屋 飯田商店」とのタイアップ商品とのこと。ラーメン王を含むラーメンの達人6名の審査員によって決定されるラーメン業界最高権威の特集らしいのですが、業界最高権威って自分たちで言っちゃってる時点でどうなんだ…?w と、そう思うっているのは自分だけではないはず(笑) ラーメン王を含むラーメンの達人6名、一体どんな方々なんでしょう。ちなみにTRYは「Tokyo Ramen of the Year」の略だそうで、意外にもそのまんまでした。そして今回タイアップしているラーメン店は「らぁ麺屋 飯田商店」という自分は聞いたことのないお店なんですけど、神奈川県の湯河原に店を構えている連日行列のできる有名ラーメン店だそうです。つけ麺も人気のメニューらしく、これまた同じく「業界最高権威 TRY認定 ラーメン大賞2013-14」の「名店部門つけ麺 細麺」(部門の限定感w)で、見事1位を獲得されたそうです。実際のお店のラーメンは比内地鶏のだしに香り高い醤油だれをあわせたキレのある味わいというのが特徴らしいので、今回そういった部分に注目しながら食べていきたいと思います。





は『なめらかで、コシある角麺』とのこと。表面は滑らかで喉越しが良く、ちゃんとコシのある麺でした。やや縮れのある中細麺で、スープの絡みは非常に良いです。ただ、味わうように噛んでいると酸化したような油っぽさがどうも気になりました。口に入れた直後は特に気にならなくて、普通に美味しい油揚げ麺だなーと思ったのですが、自分の好きな油揚げ麺特有のインスタントらしい風味とはとても言えないようなタイプ。なんだか厭味のある油っぽさです。スープに滲み出てしまうほどの風味ではなかったものの、麺を噛んでいる間は厭味のある油っぽさが徐々に口内を浸食してくるような感じで、せっかくの製品の雰囲気を損ねてしまっていたのが残念でした。

スープは『鶏の旨味をベースに、醤油の風味を利かせたキレのあるスープ』『醤油をベースにした特製油で、コクを出し』たとのこと。タレの主張が前に押し出されていて、醤油のコクや風味に強く振っているような印象ですね。けっこう角のある感じなんですけど、ただ闇雲にしょっぱいというわけではなくて、シャープな醤油感がキレを生んでいるようなイメージには好感が持てました。ただ、鶏の旨味はややタレに押されているような感じだったので、もうちょっと鶏の主張も欲しかったなぁ。特製スープを入れる前にもスープを一口飲んでみたんですけど、そのときはしっかりと鶏の旨味が感じられました。しかし、特製スープを入れるとタレの主張が一気に強くなるので、せっかくの鶏の旨味がやや奥に隠れてしまう感じ。それが少し残念ですね。ただ、特製スープの油の部分は動物系の旨味と香りやこってり感があって、これには食欲をそそられました。この風味はとても好印象。ちょっと自分には塩気がキツかったんですが、味も濃いめですし、こってり好きな人も満足できるスープだと思います。

かやくは『鶏肉ダイス、味付豚肉、メンマ』とのこと。鶏肉ダイスはきちんと鶏らしい旨味と炙ったような風味があって、味付も程よく、今回のカップ麺の中でいちばん印象に残りました。味付豚肉はジューシーさと肉らしい食感があって、こちらも存在感があります。メンマは大振りにカットされていて、かなりしっかりとしたメンマでした。今回けっこう具材に力が入れられていますね。それぞれの量も多く、内容もボリューム満点な具材構成だと思います。高ポイント。

満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3)
(標準は★3です)

醤油のたったキレのあるシャープなスープで、そのキレの良さがお店の特徴的なんだろうなーというのがきちんと感じられました。ただ、タレの主張と塩気の強さに全体が押され気味だったので、もう少し鶏の主張なんかが強く感じられると嬉しかったです。具材に力が入っていたのがいちばん印象に残っていて、しっかりと各々の主張があって、量もたくさん入っていて満足感は高いものでした。残念だったのは麺ですね。あの酸化したような油っぽさが製品の価値を落としてしまっています。油揚げ麺特有のインスタントらしい風味は大概好みなんですけど、いつものそれとは全く違った風味。その麺の厭味な油っぽさがせっかくの雰囲気を壊してしまっていたのが残念でした。具材のボリューム感は高く評価できる点だったし、差し引いて満足度は4でもいいかなーと迷ったのですが、油揚げ麺特有の風味が好きだからこそ敢えて今回の評価は厳しめに。東洋水産の油揚げ麺でハズレだと思ったの久しぶりだなぁ…。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン
生産者:東洋水産
発売日:2014年05月26日 (月) (New)
メーカー希望小売価格:190円 (税別)

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

内容量 (めん量):97g (70g)

~標準栄養成分表~

1食 (97g) あたり

エネルギー:415kcal
たん白質:9.8g
脂質:18.6g
炭水化物:52.1g
ナトリウム:3.1g
(めん・かやく 0.9g)
(スープ 2.2g)
ビタミンB1:0.41mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:151mg

(食塩相当量:7.9g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、卵白)、添付調味料(醤油、チキンエキス、香味油脂、食塩、植物油、砂糖、鶏脂、魚介エキス、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、味付チキンダイス、めんま)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酒精、pH調整剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、さば、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さば・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック