サンヨー食品「サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った カレーめん」



「ビストロポテリッチ 黒トリュフ香るビーフ味」を食べました。これが黒トリュフだー! ってほど黒トリュフに強い主張は見られませんでしたが、ちゃんと原材料には黒トリュフソルトが使われています。なんか凄いw 味のポイントになっているのは、赤ワイン,ビーフ,マッシュルームの旨味で、ほんのちょっと黒トリュフが複雑味を醸し出しています。単純に味の方向性を例えるとデミっぽい? ビーフシチューっぽい? そんな感じだったので、取り敢えずビストロっぽさは漠然と感じられたような気がしますw 舌にガツンと来る濃いめの味付なんですけど、塩気よりも旨味で喰わせるタイプだったので、自分の舌とも相性が良かったです。ビールよりも赤ワインに合いそうでした(完全にビストロのイメージに引っ張られている模様w)

さて、本日の一杯は、昨日の「たいめいけん(中略)洋食屋さんが作った オムめん」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った カレーめん」です。タイトル長いっちゅーねんw オムは個性的な印象でしたが、こっちは何だかフツーな雰囲気ですね。洋食屋さんのカレーということで、レストランカレー的な焦げ茶色のカレーをイメージしながら食べたいと思います。ふと食べたくなるんですよねー、洋食屋さんのカレー。





は、「なめらかで粘りと張りのある黄色みのある麺」で、「スープとの絡みも良いちぢれ麺」とのこと。同時発売品だったオムめんの油揚げ麺と比べてみると、原材料には違いが見られ、形状も縮れが強く厚みがあって、歯応えのある食感から体感的にも明らかな違いが感じられました。スープと一体化させるような方向性にあったオムめんに対し、こちらは麺単体としての主張を感じます。それでいて存在感は浮いておらず、あくまでも路線は優しいタイプの油揚げ麺だったので、カレー味に負けない存在感を放ちつつ、きちんとバランスを意識。トロミのあるカレースープを縮れがガッチリとキャッチしていて、そのスープに埋没しないよう確かな歯応えが麺の存在感をサポート。そこそこ耐久性もあって、ヌードル麺のようにスピーディに劣化することもなく、最後まで歯応えを感じられたのが良かったです。

スープは、「たまねぎ、にんじん、にんにく、生姜など野菜のうまみとスパイスのバランスのよい、やや甘めのカレースープ」とのこと。オムめんと同じく甘味が印象的で、路線としてはマイルドなカレー味だったんですけど、思ってたよりも香辛料の主張が感じられました。スパイスを意識したカレー味ほどの複雑味は感じられなかったのですが、カレーらしいスパイス感と軽めの刺激が感じられ、粉末ポテトによるザラついた舌触りがスパイス感を程よく高めています。ベースには野菜を煮込んだような優しさと確かなコクがあって、老舗洋食店らしい安心感を演出。まぁ言ってしまえば結果的に中庸的なカレー味だったんですけどw それだけに裏切りがないというか、誰もが素直に美味しいと感じられる味だと思います。そしてスープの粘性は高く、麺を食べてたら一緒にスープも食べちゃうくらいのトロミがつけられていたのですが、それを確認するまで結構しつこく掻き混ぜなければならなかったので(それでも食べ終わる頃には少し底で固まってた)少なくとも1分以上は混ぜる、くらいのスタンスで縦横無尽に掻き混ぜてくださいw

具材は、「カレースープと相性の良い、たまねぎ、肉そぼろ、にんじん」とのこと。何と言っても印象に残っているのが玉ねぎで、特筆すべきは大きさ。ここまで大きな玉ねぎが入るのは珍しいですね。大抵は微塵切りに近い状態で、食べてる最中は底に沈んでしまうんですけど、今回は具材としての存在感がありました。玉ねぎ特有の甘味や香味感も実にリアルで、まさに主役級の存在感ですね。反面、肉そぼろは小さくて、存在感は薄いです。意識的に食べると味付しっかりめで美味しかったんですけど、そこまで印象に残るタイプではありませんでした。人参は4つし入ってなかったので、あんまり覚えてないですw 洋食屋さんのカレーって、ジャガイモや人参がゴロゴロ入ってるような家カレーとは違い、あんまり具沢山なイメージはないので、存在感のある玉ねぎでカップ麺の具材としての水準を一定値確保し、あとは飾り程度に入ってるくらいで丁度いいのかもしれませんね。

(標準は★3です)

思ってたよりもカレーらしいスパイス感があったことと、具材の大きな玉ねぎが印象に残るカップ麺でした。ただ、カレー味としての新鮮味は無くて、特筆して個性的な要素や奇抜さは感じられません。しかし、中途半端に背伸びして期待させといて裏切られるよりも、イメージ通りの安定感を感じさせてくれるような仕上がりに自分は好感が持てました。なので、今回は良い意味で★3です。派手さやインパクトのある味ではありませんが、間違いのないカレー味だと思います。手堅い味付とは言え、トロミを不自然に思わせないコクがきちんとあったし、カレーらしいスパイスっぽさも感じられたので、素朴でオーソドックスなカレー味が好きな人は素直に楽しめるでしょう。実際のカレーライスの味は知らないので、再現度の方は分かりませんが、ふと食べたくなるような、まず間違いの無い安定のカレー味でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った カレーめん
製造者:サンヨー食品
内容量:72g (めん50g)
発売日:2016年3月14日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734027157

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:320㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (72g) あたり

エネルギー:311kcal
たん白質:6.3g
脂質:11.3g
炭水化物:46.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.79mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:311kcal (めん・かやく:243kcal / スープ:68kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(糖類、香辛料、食塩、でん粉、粉末ポテト、ポークエキス、チキンエキス、野菜エキス、クリーミングパウダー、酵母エキス、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(たまねぎ、鶏・豚味付肉そぼろ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、カラメル色素、クチナシ色素、かんすい、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0520.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
たいめいけんのコラボは計3製品なのですが、
たまごメニューの2製品はそれなりのいい特長があったのですが、
この製品だけはフツーのカレーヌードルでした。
いや、スープヌードルカレー味かな? (^_^;)

まぁそれなりに玉ねぎとか美味しかったのですが、
なんかたいめいけんらしさがわかるようなものがほしかったですね。
Re:たういパパ
総体的に無難な仕上がりで、それ故に安定感こそあったものの、
驚きや感動は無かったですね。良い意味で普通に美味しい一杯でしたw

具材の大きな玉ねぎは印象的でしたけど!

その他には、これといって特徴的な個性も無かったし、
もしかしたら実際のカレーもこんな感じなのかもしれませんが、
何かひとつカップ麺の新商品らしい核となる要素が欲しかったですね。
No title
takaさん、こんにちは!

これまでのオム系の2商品と違って、
玉ねぎが多いという点は珍しくはあるものの、
できあがりのビジュアルが何だか普通ですね!(●・ω・)

スーパー向けの縦型らしいビジュアルといいますか!

カレーって、カレーそのものがどうしても個性が強いので、
スーパー向け縦型で個性を出すのはなかなか難しいですね!

安心できる味というのはそれはそれで価値はあるのですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> スーパー向けの縦型らしいビジュアルといいますか!
まさに実際の内容もそんな感じでしたね(笑)
良くも悪くもフツーというか…でも、安定感は抜群でしたw

> カレーって、カレーそのものがどうしても個性が強いので、
> スーパー向け縦型で個性を出すのはなかなか難しいですね!
その点で意表だったのが「日清の咖喱(カリー)うどん」なんですよね!
こういった意外性があると嬉しかったのですが…

ある意味、その普通さが★3として理想的な位置ではあったんですけどw

管理者のみに表示

トラックバック