サンヨー食品「サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った オムめん」



「堅あげポテト わさび味」を食べました。これまでにもワサビ系の変わり種はありましたが、今回はシンプルにワサビ味ですね。過去にも発売されていたみたいなんですけど、ワサビ味の堅あげポテトを食べるのは今回が初めて。相変わらず硬さは絶好調だったのですが、思ってたほど刺激は強くなくて、ツ~ンと来ないし香りも程々。自分はワサビ耐性普通ですけど、ちょっと大人しいかなぁ。期待値が高かったのかもしれませんが、このブログ的に評価するなら★3な感じでした。食べてて無性に梅昆布茶が飲みたくなったのは、やっぱり日本人だからですかねw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った オムめん」です。「THEオム黒ラーメン」に続く「たいめいけん」監修のカップ麺で、今回は単純にオムライスをイメージしているようですね。カップのサイズはレギュラーサイズで、雰囲気的にもメインの販路はスーパーでしょうか。何と無く食べる前から味はイメージ出来ちゃいますけど、冷静に考えたらオムめんって奇抜ですよねw





は、「張りがあり、しなやかで喉越しが良く、味付けをすることでスープとの絡みを良くしてい」るとのこと。風味も食感も優しいタイプの軽めで細い油揚げ麺で、まず第一にスープとの馴染みを意識しているような柔軟性を重視したタイプですね。麺量は50gなので、ちょっと少なめ。スナック的な食感も相俟って、手軽にサクッ、と食べられる感じでした。今回はスープが優しかったので、自己主張の弱いスープ馴染みの良さを意識した優しい麺を合わせたのは正解だったと思います。油揚げ麺特有の風味も優しかったので、邪魔になったりしませんでした。

スープは、「調理感のあるチキンエキスとトマトを合わせ、野菜エキスで甘みを加えた、トマト味」とのこと。チキンベースのアッサリ洋風テイストで、トマトの主張も優しいタイプですね。酸味などの尖りは抑えられていて、かなり甘味が立ったケチャップ味です。でん粉でトロミがあり、米粉が入っているのも面白いポイント。別にライスを意識しているわけではないと思いますけどw 中でも印象的だったのは仕上げの小袋で、中身はトマトケチャップそのもの。これ、斬新でした。混ぜたらスープのトマト味と同化してしまうので、別添であることを有効的に活用し、途中で味変に使ったり、直接麺に付けるようにして食べるのがいいかもしれません。でも仕上げにケチャップかける感じがオムっぽくて楽しかったですw シンプルで自分的には好きな路線だったんですけど、ひとつの “スープ” として見た場合、もうちょっとトマトの酸味を強めるか、チキンの調理感を目立たせるか、バターのコクなんかがあると良かったかも。オムライスに対してのイメージは人それぞれだと思いますけど、実際のオムライスも甘くて優しい味なのかなー、と思いました。…ってことは結果オーライなのかもしれませんねw

具材は、「かき卵とグリーンピースがトマトスープと相まって『オムライス』のメニュー感を演出」とのこと。かき卵は「THEオム黒ラーメン」の玉子と似てるんですけど、少し脆いような気がしました。いや、スープのトロミがダマにならないように意識して掻き混ぜたので、それでかもしれないのですが…(頼りないw)ふわふわと口当たりの良い玉子で、優しい口当たりと優しい玉子の風味が素直に美味しかったです。で、印象的だったのがグリーンピース。そうカップ麺では巡り会える具材ではないので、新鮮味を感じました。オムライスのイメージも確実に高めてくれていたし、食感も風味もグリーンピース。かなりリアルだったので、苦手な人は絶対にヤメといたほうがいいレベルですねw これ個性的で良かったです。

(標準は★3です)

具材の玉子とグリーンピースに、甘めのトマト味+トマトケチャップで、なるほどオムね、って感じでした。ただ、「THEオム黒ラーメン」ほど完成度の高さは感じられず、スーパーで128円なら買ってもいいかなー、って感じですかね。手軽さが売りのレギュラーサイズですし、それを考慮すると許容範囲内ではあったものの、レギュラーサイズというコスト関係の縛りでポテンシャルを発揮できていないような雰囲気を感じたので、やはりこういった変わり種はタテ型ビッグサイズで出して欲しいと思いました。小袋のトマトケチャップとグリーンピースが斬新だったので、再開発してもらいたいですね。おそらくタテ型ビッグで出せば、もっとインパクトがあって印象に残るカップ麺になると思います。でもでも、結果的に「オムめん」なるほどなー、って感じでしたw ヘビロテしたくなるタイプのカップ麺ではなかったんですけど、1回ネタで食べる分には大いにアリだと思いますよ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 たいめいけん三代目シェフ 茂出木浩司監修 洋食屋さんが作った オムめん
製造者:サンヨー食品
内容量:69g (めん50g)
発売日:2016年3月14日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734027140

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (69g) あたり

エネルギー:297kcal
たん白質:5.6g
脂質:12.0g
炭水化物:41.7g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:297kcal (めん・かやく:245kcal / スープ:52kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、野菜エキス、しょうゆ、粉末卵)、スープ(食塩、糖類、野菜エキス、トマトケチャップ、トマトパウダー、チキンエキス、でん粉、米粉、香辛料、香味食用油、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(味付卵、グリーンピース)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、酒精、カラメル色素、パプリカ色素、カロチン色素、かんすい、香料、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、豚肉、りんご、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0519.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
アイデアはまあまあよかったのですが、
なんかどこもあと一歩って感じの製品でしたね。
まあ、言い方変えるとアップグレードのオム麵と
うまく差別化を図っているのは事実ですが。

とくにスープはもうちょっとがんばってほしかったですね。
ケチャのアイデアおもしろいだけにそれを十分生かしけれていなかったです。
はじめまして。
極めて最近からで申し訳ないんですが、こちらのブログ見せて頂いてます。
カップ麺の評価はもちろんのこと、それ以外のカップ麺とは関係のない物の評価感想など脱帽です。
言葉の豊富さ、ニュアンスのうまさ、それでいてこの更新頻度ですから、シンプルに楽しませていただいております。
これからも応援してますのでよろしくお願いいたします。
Re:たういパパ
やっぱりレギュラーサイズの限界を感じてしまいましたよね;

別添のケチャップやコンセプトは個性的だったので
こういった製品こそタテ型ビッグで開発するべきです!

逆にコッチが先に出ていて、オム黒が後だったら印象も変わったかも。
それだけオム黒の完成度が高かったということでもあるんですけどね!

是非リベンジしてもらいたいです!
Re:名無しさん
はじめまして! コメントありがとうございます!

というか…脱帽だなんて、そんな勿体無いお言葉…(嬉泣)

どうしても味覚がモノを言うブログなので
あくまでも個人的な感想になってしまうのですが
数少ない言葉のボキャブラリーを捻り出して何とか頑張っておりますw

まだまだカップ麺の方は新商品に追いつけていないので、
記事の鮮度はイマイチなのが本当に申し訳ないんですけど、
こうやってコメントいただけて、こんなに心強いことはありません。

マイペースながらも毎日の更新を目標に
これからも記事を書かせていただきますので
今後とも宜しくお願い致します(ぺこり)

本当に励みになりました! 下がりかけてたモチベーション復活ですw
No title
takaさん、こんにちは!

このカップ麺は結局見つからなかったのですよね;

ただ、以前の「黒オム」が良かっただけに期待度は高かったですが、
他の方の感想などを読むうちにそれが徐々に下がっていたので、
見つからなくても「まぁいいか」みたいになってしまってましたが;

やっぱりコンビニ向けでより本格的に作ってほしいところですね!
どちらがいいかを試すためにそれぞれ出したのかもしれませんが!(●・ω・)

それにしても今回は盛り付けがいつも以上に秀逸ですね!

オムライス的に見えるように卵はきれいに中央にまとめ、
ケチャップもオムライスと同じようなかけ方をすることで、
「オムめん」らしさが見事なまでに再現されていますね!

この盛り付けは最近の中でもとりわけヒットでした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> このカップ麺は結局見つからなかったのですよね;
こちらでは、まだ行きつけのスーパーで絶賛発売中です(笑)

「オム黒」の完成度は高かったのですが、
こちらはレギュラーサイズが仇となってしまった感じでした;

結果的に仕上がり自体は悪くないんですけど、
やっぱりタテ型ビッグで開発すべきだったなぁ…って。

> 他の方の感想などを読むうちにそれが徐々に下がっていたので、
> 見つからなくても「まぁいいか」みたいになってしまってましたが;
それでオッケーだと思います(笑)
今後またタテ型で開発されるかもしれませんし!
その時はタテ型らしい完成度に期待したいですね。

> それにしても今回は盛り付けがいつも以上に秀逸ですね!
> この盛り付けは最近の中でもとりわけヒットでした!
おぉー! ありがとうございます!!
お察しの通り「オムライス」を意識して写真を撮りました(笑)

最初はケチャップでハートでも書いてやろうかと思ったんですけどねw
小袋の口が思いの外に細く切れたのでケチャアートも可能だと思います!笑

管理者のみに表示

トラックバック