東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 極しお豚骨」



先日、気になっていた新ポリウレタン素材のマスクを発見したので、さっそく買って着けてみたんですけど、フィット感がハンパじゃないですね…! 超顔面密着型w 最初は独特のニオイが少し気になったものの、吸い付くようなぴったりフィット感には一瞬で虜になりました。ちょっともう普通のマスク使えない感じですw 3枚入で498円だったんですけど、洗って3回使えるみたいですし、使い捨てのマスクを思うと値は張りますが、カット率などの機能性を考慮すれば充分にアリだと思いました。いずれにしても、このフィット感は1度味わっちゃうとヤバいヤツですw

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 極しお豚骨」です。今度のレギュラー本気盛は塩豚骨で、しかも “極” と来ましたか。その指標が豚骨を指していると嬉しいのですが、別添の小袋は見当たりませんし、濃度とか大丈夫かな…という不安が無きにしも非ず。兎にも角にも、このシリーズは無骨な油揚げ麺とスープのバランスにかかっているので、そこさえクリアできていれば、ガッツリ系の中では安定して美味しいイメージなんですけどね。





めんは、「丸刃で切ったなめらかで太めの麺」とのこと。いつもの本気盛らしい無骨なタイプの油揚げ麺で、麺単体としての主張は強め。油揚げ麺特有の風味も含め、食感も太めの油揚げ麺に有り勝ちなジャンキーな油揚げ麺です。この麺が苦手な人も多いとは思うんですけど、私のようなファンもいたりするわけで、こと本気盛の麺に関しては個人の好みに左右される部分が大きいでしょうね。無骨で太めの油揚げ麺ですが、今回はスープの路線もジャンキーだったので、麺とスープがチグハグになることもなく、これといって相性に問題は感じませんでした。この麺が苦手な人は避けた方が無難ですけど、本気盛が好きなら素直に楽しめるでしょう。

スープは、「ポークとオニオンの旨味に、ガーリックとブラックペッパーを利かせた、やや甘味のある塩豚骨味スープ」で、「隠し味にかつお節を使用してい」るとのこと。アレルゲン情報に鶏肉の表記は見られますが、添付調味料(スープ)の動物性原材料はポークのみという潔さ。アレルゲン情報の鶏肉に関しては、麺にチキンエキスが練り込まれているので、そのためでしょう。もしかしたら、具材の味付挽肉にも鶏肉が使用されているのかもしれません。さて、スープの方向性ですが、なかなかシャープで攻めの姿勢にありますね。今回は別添の調味油が付いてないので、こってりとした豚脂の油脂感やパンチなどには期待出来ませんが、その分シャープでスッキリとした印象を与え、スナック的な豚骨感を軸にしつつ、その路線に振り切ったようなスープです。なので本格的な味わいではないんですけど、いかにもカップ麺的な豚骨感がブランドのイメージとマッチしていたし、その方向性から無骨な油揚げ麺が違和感なくマッチ。ジャンクでライトな豚骨感にガーリックを中心とした香味野菜のパンチが強めに効いていて、ブラックペッパーの刺激が攻めのイメージを後押し。甘味は砂糖による演出ですが、わざとらしく甘いわけではなかったし、ジャンキーなイメージの底上げに効果的な存在だと思えました。鰹節の主張は言われなきゃ気にならない程度の本当に隠し味的な存在感だったので、魚介系のラーメンが苦手な人でも気にならないと思います。

具材は、「味付豚肉、味付挽肉、たまねぎ、ねぎ」とのこと。本気盛は具材のボリュームにもこだわっているシリーズですが、今回は中でも肉具材に於ける充足度が高く、さらにフレッシュな香味と食感が効果的なタマネギが入るなど、ボリュームだけでなく内容としても評価できる構成ですね。味付豚肉は定評のあるリアル系の肉具材で、タテ型カップ麺に有り勝ちなハムっぽい食感ではなく、きちんと豚肉らしい繊維質のある噛み応え。脂身の部分からは特有の甘味が感じられ、今回はカットが大きめだったこともあり、普段以上に存在感がありました。さらに大きめの味付挽肉が入ることにより、肉の力強さが増しています。そして多めのタマネギがアクセントとして映えていて、そのフレッシュな存在感が飽きのこないアクセントに。効果的なタマネギの存在で単なる肉押しではなく、それでいて肉には明白なインパクトがあって、とても印象が良かったです。

(標準は★3です)

“極” の指標はジャンクにあって、いかにもカップ麺らしい極端な仕上がりだったんですけど、シャープでジャンクな路線のライト豚骨味としての総合力は高く、そこに割り切った感が清々しく思えた一杯でした。今回は麺とスープのバランスにも特に問題を感じなかったし、がっつり肉押しで効果的なタマネギを組み合わせたシンプルな具材の構成にも好感が持てたし、このブランドが持つイメージに抵抗さえなければ買って損はないでしょう。個人的に物足りなさ感じたのは、やはり別添の小袋が欲しかったところ。これによってシャープなイメージは確立していたものの、ジャンクさという面に於いては少し弱さを感じてしまいました。もし豚脂を中心とした特製油が付いてたら、★ひとつプラスしたい感じですね。とは言え、カップ麺らしい一杯として、これといって目立った落ち度は感じられなかったし、麺もスープも具材も本気盛らしくて、そういった部分には素直に好感が持てました。動物性油脂を主体とした特製油を別添で追加して、ジャンクな方向性と具材のボリューム感をそのままに、ブラッシュアップさせて再販して欲しいカップ麺です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 極しお豚骨
製造者:東洋水産
内容量:108g (めん80g)
発売日:2016年3月14日 (月)
発売地区:全国 (CVS 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990335485

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (108g) あたり

エネルギー:487kcal
たん白質:12.5g
脂質:20.2g
炭水化物:63.8g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.48mg
カルシウム:192mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:487kcal (めん・かやく:388kcal / スープ:99kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(ポークエキス、食塩、砂糖、香辛料、醤油、野菜エキス、植物油、粉末かつおぶし)、かやく(味付豚肉、味付挽肉、たまねぎ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、pH調整剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1603_mazimori_gokubutasio.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
>このブランドが持つイメージに抵抗さえなければ・・・
あっ、自分のことやわ・・・ (^_^;)
あので今回も当然食べていません。
麺はともかく具はいい感じですね!

熊本で大地震 (>_<)
こんな大きな地震あるたびにカップ麺ブロガーとしていろいろ考えさせられます。
Re:たういパパ
> >このブランドが持つイメージに抵抗さえなければ・・・
> あっ、自分のことやわ・・・ (^_^;)
ですねw 当然、本気盛ダメならスルーが無難です(苦笑)

でも具材のボリュームはパパも楽しめると思いますよ!

ベースはスナック的なライト豚骨でしたけど、
ある意味、割り切ってるような感じだったので、
これはこれで楽しめました(あくまで本気盛好きとしてはw)

> 熊本で大地震 (>_<)
ありましたね・・・昨夜、速報を聞いて驚きました。

災害とカップ麺は切り離せない関係ですし、
もし復興支援の製品が出たら、積極的に追いたいです。

それにしても数年前は東北、今度は南・・・怖いですね。
No title
takaさん、こんにちは!

Yahoo!企画以外で自分が初めて食べた「本気盛」商品ですね!(=゚ω゚)

Yahoo!企画の場合はお店カップということで、
商品ごとに方向性に大きなバラツキがありますが、
こうしたノーマル版だとブランドの特徴がより明確に見えますね!

豚骨はライトながらも香味野菜や胡椒を
強く効かせた徹底的に無骨なスープに
多めの肉具材と、いかにもジャンクな内容でしたね!

これぐらいジャンク路線にちゃんと振ってくれると、
あの暴れ麺もそれほど気にはならないものですね!

今後はちょくちょく「本気盛」も手を出したいと思ってます!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> Yahoo!企画以外で自分が初めて食べた「本気盛」商品ですね!(=゚ω゚)
これは本当に意外でした(笑)

自分は企画じゃない本気盛も好きなので、
基本的に新商品は押さえてるんですよね。

なので、未だに食べ損なった
「ラー油肉そば」には未練がありますw

想像以上にライトだった豚骨感には驚いたんですけど、
本気盛のイメージと内容の雰囲気はマッチしていたし、
カップ麺でしか味わえないようなジャンクさに振り切っていたので、
そこを評価できる感じでしたね。ただ、★3でもよかったかも…(苦笑)

実食日は本気盛好きのバイアスが強く作用していたような気がしますw

多めの肉具材は素直に好印象でしたね!
ここはポイント高かったです!

是非、今後もノーマル本気盛を宜しくお願いします(笑)

管理者のみに表示

トラックバック