日清食品「カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ」



「ドンタコスプレミアーゴ ケサディーヤ味」を食べました。商品特徴の説明に「アルコール類などとの相性の良い、辛くて濃厚な味わい」とあったのですが、たしかにスパイシーで味付も濃いめ。さすがコンセプトの狙い通りビールに合いますね! 生地も通常のドンタコスより厚みがあって、食べ応えのあるオツマミ系スナックに仕上がっていました。基本、トルティーヤチップスはビールに合いますからねー。本物のケサディーヤは食べたことないんですけど、チーズとトマトとポークの旨味はトルティーヤの風味と相性抜群だったし、スパイシーな感じもベストマッチ。もちろんビールはパッケージ裏面にもある「コロナ・エキストラ ボトル」をチョイスしたんですけど、なんて言うんですかね、こう、雰囲気で呑む感じ好きですw

さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ」です。「マッサマンカレー」「チリクラブ」「アヒージョ」「クラムチャウダー」に続く “世界の名物料理” をテーマにしたシリーズ第5弾の製品で、今回のテーマはメキシコの伝統料理「チリコンカルネ」とのこと。多分、実際のチリコンカルネは食べたことがないと思います。「メキシカンチリ」という題名から、何と無く味の雰囲気は想像出来ますけどね。ここ最近の「カップヌードル ビッグ」は、世界の料理をテーマにしたシリーズと化していますが、レギュラーサイズとの差別化が図れているし、テーマも事欠かなくていいなー、と個人的に好印象。シリーズの方向性を思うと、イメージ的にも世界の料理は誂え向きな題材と言えますし、今回のフレーバーも相性が良さそうなので、安心して食べたいと思います。





は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。いつもの汎用ヌードル麺だと思うんですけど、とにかく柔軟性の高い万能麺なので、今回のスープとも違和感なくマッチ。油揚げ麺特有のスナック感とスープの味付が相性抜群で、ほんとイメージ通りの間違いない組み合わせでした。麺量が少し多めなので、のんびり食べてたら後半はスープを吸って重くなってくるんですけど、私はカップヌードルを食べる時、食感を犠牲にして麺にスープを吸わせる傾向にあるので、麺とスープが一体化した後半の濃いめな感じが美味しかったですw

スープは、「ひき肉とトマトのうまみに、チーズの風味とチリスパイスの辛みを利かせた、『チリコンカルネ』をイメージしたスープ」とのこと。お、ちゃんとテクス・メクス料理っぽさが感じられますね。挽肉の旨味をベースに酸味のあるトマトの爽やかな風味が重なって、軽めに効かされたチリの刺激が爽やかさを後押し。ちなみに辛さはピリ辛程度なので、見た目ほどの刺激は無いですよ。漠然とイメージされるであろうメキシカンな雰囲気を真っ直ぐに表現していて、誰にでも分かりやすい味だと思います。玉ねぎの旨味も下支えとして効果的だったし、この手のテイストは総じてスナック感と相性がいいので、カップヌードルのイメージとも相性は抜群でした。チリコンカルネって言われるとピンと来にくいかもしれませんが、「ドリトス」のメキシカン・タコス味や、「ドンタコス」のチリタコス味など、トルティーヤ系のスナック菓子を思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。驚くような味ではないんですけど、ちゃんとメキシカンチリっぽくて、ジャンクな感じが良かったです。少し粘性のあるスープだったのですが、不自然に気になるようなトロミではなくて、麺との一体感を素直に楽しめる感じでした。ただ、イメージ的に牛の風味も欲しかったです。いや、漠然とした勝手なイメージですけどw

具材は、「ダイスミンチ、レッドベル、チェダーチーズ、キャベツ」とのこと。ダイスミンチは馴染みのジャンキーな肉具材で、今回のスープとも相性はバッチリですね。スープの肉の旨味も底上げしてくれていました。レッドベルは見た目的な要員に過ぎませんでしたが、キャベツはピリ辛トマト味のスープと相性が良くて、素直に美味しかったです。ちょっと量は少なかったけど。チェダーチーズはスープに溶かさず、麺に絡めるようにして食べたんですけど、ダイレクトに食べると安定して濃厚な味わいが全体の濃度を高めてくれていて、もちろん今回のスープとも相性は問題無し。途中でチーズを食べて意識的に変化を生じさせる為に、お湯を入れる前に何個か出しといて、途中で入れてみるのもアリかもしれません。

(標準は★3です)

これがチリコンカルネの味なのかどうなのかは実物の記憶が定かではないため判断は出来ませんが、ちゃんとメキシカンで、ざっくりとした味のイメージとしては、タコスっぽい雰囲気のカップ麺でした。いや、私の脳内にあるテクス・メクス料理の情報なんてタコスかナチョスくらいなので、単調なイメージが強く影響しているだけかもしれませんがw でもそんなメキシカンな雰囲気をストレートに感じられたのが良かったです。麺もスープも具材もスナック的だったんですけど、そのスナック感が題材とマッチしていたし、カップヌードルらしく総合力の高い一杯でした。新鮮味のある味付ではありませんが、間違いの無い美味しさですね。読み返すと相性が良い、相性が良い、って何度も書いてますけどw 麺とスープと具材に統一感があって、さすがカップヌードルだなー、って。第6弾では、どんな世界の料理がテーマになるのか楽しみです。マイナー過ぎて名前も聞いたことないような料理だといいなー。辺境の地で暮らす民族が作る家庭的な伝統料理とかw(どんな料理だよw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ
製造者:日清食品
内容量:102g (めん80g)
発売日:2016年3月7日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105232149

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:481kcal
たん白質:11.1g
脂質:21.8g
炭水化物:60.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:1.26mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:151mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:481kcal (めん・かやく:404kcal / スープ:77kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.5g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、香辛料、小麦粉、トマトパウダー、糖類、食塩、でん粉、玉ねぎ、酵母エキス、植物性たん白、チーズパウダー)、かやく(味付豚ミンチ、チーズ加工品、キャベツ、レッドベルペパー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、酸味料、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、落花生、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4972

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
かなりジャンキーな一品でした。
スープも濃厚で若者にはしっかり楽しめるスープだったでしょう。
そのへんのコンセプトははダイスミンチの具にもしっかり表れていました。
チーズ具材の食べ方は過去のチーズ系製品から考えても
スープに溶かさないほうがいいのは間違いないでしょう。
この世界の名物料理シリーズ、まだ中国は出ていないので
中華系のメニューが一品欲しいところです。
でも季節的な回りからはやはりエスニック系かな?・・・。
Re:たういパパ
滋味深い味わいとは対象にあるような
スナック的でジャンキーなカップ麺でしたね(笑)

でも全体の足並みは揃っていたし
自分はジャンクさに好感が持てました!

いつもチーズの食べ方は迷うので、出来れば量は倍くらい
入ってると嬉しいんですけどねw 溶かす用と絡める用にw

中華メニューとカップヌードルのコラボは確かに気になります。

「とんがらし麺」では麻婆豆腐とコラボしてましたけど
カップヌードルは基本が洋風路線なので中華には新鮮味がありますね!

インパクトがあってカタチにし易いのはエスニック系だと思いますけど、
中華のような意表をついたフレーバーの登場にも期待したいと思います。
No title
再登場!
>中華のような意表をついたフレーバーの登場
昨日食べたカップヌードルリッチのフカヒレがまさにそれでした (^_^;)
Re:たういパパ
> 昨日食べたカップヌードルリッチのフカヒレがまさにそれでした (^_^;)
・・・たしかに!ww 何故か完全に忘れてましたwww
No title
ドンタコス美味しいですよね♪
というか、タコスが好きです(*´ω`*)

辛さも程よさそうで良いですね。
ジャークチキンでしたっけ?あれは本当に辛かったです(;´・ω・)

今度h、静岡のSAで購入した
富士宮焼きそばを食べる予定です(*´ω`*)
Re:くま子さん
基本的にトルティーヤチップスは好みなんですけど、
ずっと昔からコレ系は「ドリトス」一筋だったので、
「ドンタコス」を食べたのは超最近なんですよね(笑)

ちなみに「ドンタコスプレミアーゴ ケサディーヤ味」の方が
このカップ麺よりも辛さレベルは上だったかもしれませんw

ジャークチキンは激辛を謳うだけあって、
きちんと辛かったですね(笑)

> 富士宮焼きそばを食べる予定です(*´ω`*)
これは自分も食べましたよ!(記事にはしていない…)

とかち麺工房の氷結乾燥ノンフライ麺を使用した
渡辺製麺のカップ麺ですよね?

カップ焼そばでノンフライ麺って珍しいですし、
かつては明星食品が積極的に作っていたんですけど、
最近ご無沙汰なので、そろそろ活性化してほしいジャンルです。
No title
takaさん、こんにちは!

これもまたなかなかの完成度に仕上がってましたね!
最近のエスニック系カップヌードルはハズレがない感じです!

「チリコンカルネ」自体の味はそれほど詳しく知らなくても、
メキシコ料理らしい特徴というのは随所から感じられましたし、
刺激とトマトとチーズの組み合わせも実に上手く行ってましたね!(●・ω・)

でもって、タバスコや青唐辛子などを入れても合いそうですし、
そうしたアレンジを加えやすいというのもいい点ですね!

チリコンカルネはひき肉に牛肉を使うことが多いみたいなので、
たしかに牛の風味があるとなお良かったかもしれませんね!

今後もカップヌードルのエスニック系には期待が持てますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

基本的に洋風テイストに強いカップ麺ですが、
今回も安定した完成度を見せ付けてくれましたね。

個人的にビーフフレーバーオイル的な
飛び道具があると嬉しかったんですけど…
ちょっと勝手なイメージかもしれません(笑)

> 「チリコンカルネ」自体の味はそれほど詳しく知らなくても、
> メキシコ料理らしい特徴というのは随所から感じられましたし、
ここはポイントだったと思います!
知らなくても美味しい、これって重要ですよね。

おっしゃるようにタバスコや青唐辛子でアレンジも
間違いない組み合わせだと思います!

最近リッチな奴も登場しましたし
ビッグサイズも路線が確立してきたので
レギュラーサイズと共に今年は楽しませてくれそうですね!

管理者のみに表示

トラックバック