明星食品「明星 らーめんの千草 しょうゆらーめん」



サントリーの「クラフトセレクト ゴールデンエール」を飲みました。第7弾と同じテーマですけど、缶に記載されている “味わいチャート” の数値は違うようですね。まずグラスに注いだ段階から白ワインを彷彿とさせる気品のある香りが鼻腔を擽り、実際に味わってみると余韻として後口に残る風味にも白ワイン特有の香りに通じる独特な感覚があって、その主張は激しいものではありませんでしたが、確かな個性となって刺激を与えてくれました。苦味やボディは控えめで、まさに香りモノのビールですね。ワイングラスに半分ほど注ぎ、ゆっくりと香りを楽しみながら時間をかけて味わうのがオススメです。私はビールの種類によってグラスを使い分けるようにしていて、基本的にワイングラスで飲むことが多いんですけど、今回まさに誂え向きだと感じました。缶から直接飲むと魅力が半減してしまうと思うので、グラスにこだわり、まずは嗅覚から楽しんでみてください。ビールは黙ってスーパードライだ! って人には向かないビールだと思うので、そのあたりは最終的に好みの問題ということで。って元も子もないこと書いてますねw アホかオレはww

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 らーめんの千草 しょうゆらーめん」です。「半世紀以上にわたって岩手県久慈市の市民に愛されてきた有名ラーメン店『らーめんの千草』のおいしさを再現した」とのこと。自家製の中細麺と、鶏だけで出汁を取った優しい味わいが特徴のラーメンだそうです。鶏だけで、というのが注目ポイントですね。ちなみに復興支援の一助として、売り上げの一部を「久慈市の復興支援」に寄付されるそうです。カップ麺を食べて良い事した気分になれるって、ちょっと気持ちがいいですね。私がこのカップ麺を食べることで生まれる寄付金は、ほんとに些細な貢献かもしれませんが、その積み重ねや集まる気持ちが大切だと思うし、こういった取り組みには素直に共感しています。





めんは、「しなやかでのど越しが良いスーパーノンフライ製法の中細麺」とのこと。フタを開けた時、熱湯5分は長いような気がした中細麺だったんですけど、きちんとコシを残しながらも表面はスープの馴染みが良くて、熱湯5分の必要性を実際に食べて感じました。表面の質感はスープの馴染みを重視しているような低加水寄りの舌触りなのですが、それでいて中心部には粘り気のある密度の高さが感じられ、しなやかさとコシを兼ね備えた仕上がりに2度おいしい感じ。ちょっと加水率の低い中華そば的な雰囲気ど真ん中のノンフライ麺で、程よい小麦感と出しゃばらない食感から、優しい純鶏スープとの相性は抜群。適度な小麦の香りが優しいスープの中で際立っていて、それでいて小麦っぽさに嫌味な主張は感じられず、スープとの兼ね合い的にも素直に美味しいと思えるバランスです。自然な縮れもスープとの一体感を高めていたし、今回は粉末スープが先入れだったので、湯戻しの最中にスープを吸い込んで麺に下味が付くことによって、より一体感が高まっているようでした。雰囲気的に背脂ちゃっちゃ系の醤油スープにも合いそうな感じだったので、そんなスープでも食べてみたいです。このノンフライ麺、なかなかの完成度ですよ。ノンフライ麺特有の癖なんかも、ほとんど気になりませんでした。

スープは、「たっぷりの鶏ガラと鶏肉のエキスに醤油ダレを加え、炊き出した風味のあるチキンオイルを合わせ、優しい味わいに仕上げた鶏だし醤油スープ」とのこと。実際のお店は鶏だけで出汁を取った琥珀色の純鶏スープが特徴とのことでしたが、スープの原材料を見ても動物系の要素に鶏以外の成分は見当たらず、動物性アレルゲンも鶏肉のみと、しっかり個性と特徴を尊重しているようですね。鶏肉エキスが丁寧に炊き出したような鶏の旨味を担い、癖が控えめで上品な面持ちのチキンオイルが繊細にパンチを(という表現が的確なのかは自信ないですけどw)与えてくれています。鶏油特有の癖こそ抑えられていたものの、確かな動物系の厚みを感じさせてくれるだけの存在感はあったので、スープの優しい方向性を壊すことなくコクを深めてくれていたのが好印象。それにチキンエキスではなく、鶏肉エキスが使われているからか、鶏の “出汁感” が強かったんですよ。これ、個性的でした。醤油の主張にもカドがなく、あくまでも香り付けを施しているような効かせ方で、総じて柔らかく優しい味わい。この優しい味わいを滋味深いと取るか、物足りないと感じるかで評価が割れそうなスープだったんですけど、出汁を感じる鶏の要素には個性が感じられたし、お店のコンセプトも踏まえて自分は前者でした。

かやくは、「鶏のほぐし身、メンマ、ネギ」とのこと。純鶏スープに合わせ、肉具材には鶏肉が使用されています。日清食品の蒸し鶏よりも歯応えがあって、味付も少し濃いめでしょうか。スープが優しい方向性にあったので、鶏肉の存在感が意識的に食べるとアクセントになり、飽きが来なくて良かったです。メンマはちょっと独特で、湯戻し前に触ると分かるのですが、ふにゃふにゃ柔らかいんですよ、乾燥している状態で。セブンプレミアムの「地域の名店」シリーズなど、明星食品が作る高級志向なカップ麺で稀に見られるタイプのメンマなんですけど、食感と風味が実に自然なんですよね。これが入っているだけで、こだわってるなー、と自分なんかは思います。自然な食感と風味、サイズ的にも存在感があり、それでいて優しいスープを支配するような侵食性はなく、とてもいいバランス。葱も飾りではなく、大きめにカットされた具材系で、特有の風味と甘味が強く感じられました。奇を衒わない内容の具材構成ですが、それぞれの量も申し分なく、きちんとスープとの相性が考えられていて、どれもスープの優しい路線を阻害することなく不満も蛇足も感じさせないような構成だったのが良かったです。

(標準は★3です)

お店の再現カップ麺にしては大人しく、総じて優しい味わいで、悪く言えばインパクトに欠ける仕上がりだったのですが、実際のラーメンも優しさが特徴のラーメンみたいなので、小さな子どもからお年寄りまで幅広く好まれそうな優しさを加点要素としました。ジャンクさを求めて食べたら確実に肩透かしを喰らうことになると思いますけど、滋味深く優しい一杯であることを理解してあげれば、きちんと価値の見出せるカップ麺だと思います。派手さや奇抜なインパクトは感じられず、麺もスープも優しい面持ちだったのですが、じわじわと込み上げてくるような旨味があって、食べ進めるにつれて旨味が増していくような感じ。麺のクオリティも秀逸だったし、鶏の出汁感も印象的で、派手さやインパクトこそなかったものの、きちんと記憶に残る味でした。普段からカップ麺を食べ慣れていない人でも比較的抵抗なく(食品添加物にストイックでなければ)食べられると思います。ラーメンからインパクトだけでなく、優しさも価値として見出せる人なら、定価で買っても損はないでしょう。実際のラーメン屋さんが地元の人から愛され、半世紀以上も続いている理由がカップ麺からも伝わってくるようでした。そんなお店の個性や人柄を感じられたことと、復興支援というコンセプトを加味して、「+」マークです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 らーめんの千草 しょうゆらーめん
製造者:明星食品
内容量:94g (めん65g)
発売日:2016年2月29日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:218円 (税別)
JANコード:4902881413626

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (94g) あたり

エネルギー:375kcal
たん白質:10.0g
脂質:13.3g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:1.13mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:159mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:375kcal (めん・かやく:287kcal / スープ:88kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.3g / スープ:3.8g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末油脂、香味調味料、大豆食物繊維、酵母エキス)、スープ(チキンオイル、鶏肉エキス、しょうゆ、たん白加水分解物、食塩、糖類、香味油、香味調味料、酵母エキス、醸造酢、香辛料、植物油脂)、かやく(味付鶏肉、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、ソルビット、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、かんすい、香料、乳化剤、卵殻カルシウム、酸味料、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4965

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ラーメン食べて復興支援ですか。
なかなかやりますねぇ(^o^)/

こういう優しい感じのラーメンがしっくりくるお年頃(・_・;

カップ麺はついついインパクトのありそうな奴に手を出しがちですが、そろそろ方向転換のお歳かしら(^-^)
No title
この製品は結局見つかりませんでしたね~(^_^;)
内容は地味ながらもしっかり製品みたいで、
とくに鶏ガラ系のすっきりみたいなので
素直な旨味を味わってみたいです。
で、問題はやはり知名度でしょうか・・・。
品揃え店舗の少なさがとても残念な一品の気がします。
Re:愚昧親爺さん
> ラーメン食べて復興支援
ちょっとでも力添えが出来ているのかな、と。

かなり優しい味わいだったんですけど、
そこに自分は価値を見出すことが出来ました。

新商品系は特にインパクトが大切になってくると思うのですが、
敢えて優しさに振り切っていたような印象で、意外と盲点だと思うんですよね。

その盲点を上手く突いていたと思います!

お年頃関係なく(笑) こういう優しい一杯もアリですよ〜♪
Re:たういパパ
明星食品の新作カップ麺ということもありますし、
雰囲気的にも出現率低そうなオーラが漂いまくってますからねw

今回は総じてシンプルで優しい路線だったんですけど、
その中でも鶏の “出汁感” が記憶に残る個性となっていて、
麺の出来も良かったし、なかなか滋味深い仕上がりでした。

ちなみにカリメロが無事に見付けたから
実食に有り付けたわけで(それでも苦戦したらしいw)
自分は未だに一度も店頭では見かけてないですね・・・;
No title
takaさん、こんにちは!

これ実は最近になってドラッグストア(ウェルシア)で見つけたのですが、
記事化に関してはtakaさんに先を越されましたね!

普段それほど行かないドラッグストアにふらっと寄ったら、
しれっとこれがたくさん並んでいてびっくりしました!

意外なところに流れたりもするものなのですね!(●・ω・)

まだ食べていないので味への感想は書けないですが、
けっこう期待しているだけに楽しみではありますね!

takaさんの感想を見た感じだとなかなか良さそうですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> これ実は最近になってドラッグストア(ウェルシア)で見つけたのですが、
まず「ウェルシア」というドッラグストアが初耳です!w

お、久々に先を越してしまいましたか(笑)

たしかに明星食品のカップ麺はコンビニよりも
ドラッグストアなんかが狙い所かもしれません!

あと、「ドン・キホーテ」にも遅れて
流れてくるって前におっしゃってましたよね。

何だか売れ残りのタライ回し感が否めませんけど…w

総じて優しいラーメンだったのですが、
その優しさと鶏の出汁感が印象に残るもので、
インパクトは無くても自分は結構ハマれました。

もし記事化されるなら感想を楽しみにしてますね!

管理者のみに表示

トラックバック