日清食品「日清麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン」



最近、青海苔にハマってます。納豆に入れてみたり、とろろ芋に入れてみたり、もずく酢と合わせて海藻 with 海藻を楽しんでみたりw 取り敢えず「大森屋」「三島食品」「トップバリュ」と試したんですけど、三島食品の “すじ青のり” が美味しかったです。「サッポロ一番 塩らーめん」とか、繊細な味噌系のカップ麺にも合いますし、っていうか無条件で青海苔好きだわーw ってくらいハマってますw それから、アオサとの違いですね。改めて両者を並べて食べ比べてみると、ほんとに風味とか香りが全然違うんだなー、って。ソース味のカップ焼そばのフリカケには、やはり安価なアオサを使用していることが多いんですけど、ちゃんと一貫して青海苔を使っている「日清焼そばU.F.O.」には敬意を表したいと思います(大袈裟)

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン」です。もともと北海道と東北エリア限定発売のカップ麺だったのですが、「尾道ラーメン」のリリースと同時に販売エリアが全国に拡大されました。煮干系のラーメンって発作的に食べたくなるんですよねー。コストパフォーマンスに優れた完成度の高い「麺ニッポン」シリーズからの煮干ということもあって、どうしても食べたかったカップ麺だったので、販売エリア拡大のニュースリリースを見てテンションが上がりましたw 何と言っても煮干が主役のラーメンなので、ここは “地域密着型” のブランドらしく、濃厚の指標が遠慮無く煮干を指していることに期待ですね。





は、「スープとよく絡む、つるみとコシのあるノンフライ麺」とのこと。「尾道ラーメン」に使われていたノンフライ麺よりも加水率が低く、麺の色も白っぽいです。今回も撮影の関係で早めにフタを開けてるんですけど、すんなり解れてくれました。中華麺を思わせるようなコシの強さや弾力よりも、低加水麺を彷彿とさせる歯切れの良さや若干の粉っぽさを意識しているようで、やや粗めの表面はスープの馴染みが非常に良く、煮干系のイメージにピッタリと当て嵌まるようなノンフライ麺でした。やはり煮干系のスープには、こういった加水率の低い麺が合いますよね。若干の粉っぽさから小麦感は明白で、麺の持つ小麦っぽさを確かなものにしつつ、それでいてスープを選ばないというか、ほんと嫌味のない主張の仕方が好印象。それにノンフライ麺特有のゴムっぽさとか癖が至極控えめで、より生麺に近い印象を受けました。自分の好み的なこともあるんですけど、スープとの相性もバッチリだったし、「尾道ラーメン」の時よりもナチュラルで美味しかったです。

スープは、「濃厚な煮干しのダシに豚骨ベースのスープをあわせることにより、煮干しの風味を最大限に引き出したコクとうまみが感じられるスープ」とのこと。お店のラーメンほどインパクトのある煮干感ではないかもしれませんが、カップ麺としては結構な煮干感ですね。特有のエグ味や癖を感じるほどではなかったんですけど、煮干の主張は間違いなくフロントにあって、ひとくち目からガツンと攻め立ててくるような力強さを持っています。ファーストインプレッションから余韻まで煮干の旨味が前面に押し出されていて、煮干の太いスープに仕上がっていました。豚脂やポークエキスやチキンエキスが足元を固めていて、基礎にある動物系の要素もしっかりとしているのですが、兎にも角にも主役は煮干だと言わんばかりの旨味を感じさせてくれる煮干感。粉末スープに含まれていた魚粉のパンチも然る事乍ら、液体スープの魚介調味油による油脂系の魚介感も相俟って、味に相乗効果を生んでるんですよね。きちんとベースには動物系のコクを持たせつつ、方々から骨組みを補強しながら大黒柱は紛うことなく煮干であって、そんな煮干の太さが力強く清々しいスープに仕上がっていました。商品名に偽り無しの煮干感ですね。

具材は、「チャーシュー、メンマ、ノリ、ネギ」とのこと。チャーシューは、「尾道ラーメン」に入っていたチャーシューと同じ肉具材だと思います。サイズや厚みに特筆すべき点は無いんですけど、脂身の部分で感じる特有の甘味とか、ジューシーさとか、程よい味付の塩梅とか、どれをとっても取り敢えず入ってるようなペラチャーよりランクが上で、素直に美味しいと思えるチャーシューです。反面、メンマは発酵感が控えめで、食感も柔らかく、「尾道ラーメン」の時とは違うメンマに思えました。量は申し分なかったんですけど、食感か発酵感、どちらか強調して欲しかったです。海苔は煮干の効いたスープと抜群の相性ですね。私は元来、ラーメンに海苔は要らない派だったんですけど、ラーメンに入る海苔に対するイメージが最近ちょっと変わってきてですね。煮干の効いたスープにしっかりと浸し、麺を巻くようにして食べると違った表情が見えてくるので、意識的に途中で海苔を食べると飽きなくていいなー、って。今回きっちりと煮干の効いたスープだったので、海苔にスープの旨味を染み込ませてから白飯と共に楽しむのもアリでしょう。

(標準は★3です)

期待通り、濃厚の指標は紛うことなく煮干を指していました。とにかくフロントにある煮干感が印象的で、しっかり煮干の旨味を立てていたことが好印象。特有のエグ味や癖を感じるほど強烈ではなかったものの、全国発売のカップ麺としては間違いなく癖のある一杯で、そこに個性と価値が見出せると思います。煮干系のラーメンが苦手な人は、まず避けたほうが無難ですね。なので、好きな人こそ納得できる煮干感だと思います。麺は安定のクオリティで、具材もソツなく不満を与えず、しっかりスープは煮干推し。コストパフォーマンスの良さは相変わらずだったし、期待値の高さを補って余りあるような一杯に満足できました。発作的に煮干ラーメンが食べたくなったとき用に、いくつか買い置きしておくのもアリだと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン
製造者:日清食品
内容量:108g (めん70g)
発売日:2016年2月29日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105239902

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく・焼きのり)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) あたり

エネルギー:415kcal
たん白質:12.8g
脂質:15.2g
炭水化物:56.9g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:213mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:415kcal (めん・かやく:288kcal / スープ:127kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(豚脂、醤油、いわしパウダー、ポークエキス、魚介調味油、チキンエキス、糖類、食塩、ねぎ、魚介エキス、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(チャーシュー、味付メンマ、海苔)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4987

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
煮干系のラーメンが苦手な人・・・は~い\(^o^)/
というわけで自分は警戒してこれは当然食べていません。
で、しっかり煮干し押しの製品でしたか・・・。
やっぱり自分は手を出さなくて正解でした(^_^;)
それにしてもホントに麺ニッポンはブレないですね。
どの製品も一定以上のクオリティ!
Re:たういパパ
> やっぱり自分は手を出さなくて正解でした(^_^;)
正解です!w これ多分、パパなら速攻でノックアウトかとw
でも裏を返せば煮干好きも納得できる一杯だと感じました!

ほんと完成度の高さが平均的に高いですし、
まず安心して手に取れるブランド、というイメージが
自分の中で確立しつつあります。次回作も楽しみですね!

お察しの通り、明日の記事は「函館」です(笑)
No title
おはよございます~~

青のり大好きです~~
今の時期。。たまに生青のりが出てるので。。
見かけたら買って冷凍してます~~
やっぱアオサの方は固いって言うか。。
クチに残る感じがありますよね。。
青のりのふわふわしたのがウマいですよね~~
メーカー様とか気にしてなかったけど。。
今度その「すじ青のり」探します~~
納豆に青のり~~いいですね~好きです。。
アボカドにもウマいですよ♪

このカップ麺はあたしもムリだろうな~~
ってことでカップ麺に対してのコメントは控えさせていただきます。。。(笑)

No title
おはようございます。

青森を第二の故郷と自任している、私といたしましては(笑)。

★6ににんまりです。

青森市には、〇に海の超有名なラーメン屋さんがあるのですが、どうかなと思って私も食べてみました。

懐かしさが込み上げてきました。
煮干しスープ、よく再現されていたと感じました。

尾道も買ったので楽しみにしています。

朝から失礼しました。
Re:まう姐さん
こんばんは!

お、母ちゃんも青海苔大好きでしたか♪

生の青海苔はスーパーだと滅多に見かけませんよね…
香住か城崎にでも足を運べば頻繁に見かけそうですけど!

そうそう、アオサは硬いというか、荒いというか、
柔らかさも違いますし、風味や香りからして違いますよね。

三島食品の「すじ青のり」は容易に手に入るでしょうし
アオサよりも値段は張りますけどオススメですよ!

アボカドは日課で毎晩欠かさず食べていますが、
そこに青海苔の発想は無かったw 試してみます!

アボカドはワサビ醤油で食べてるんですけど、
直接アボカドに青海苔かける感じでいいんですかね(笑)

カップ麺は…煮干がダメなら触らないほうが無難ですw
No title
takaさん、こんばんは!

まさに「煮干ラーメン」と呼ぶにふさわしい仕上がりでしたね!

豚骨などの動物系と主張をぶつけ合わせる感じではなく、
あくまで動物系などは下支えに徹していて、
前面に出ているのは完全に煮干でしたからね!(●・ω・)

東洋水産がときどき見せる強烈な煮干ともまた違いますが、
これもまた煮干ラーメンのお手本のような味でしたね!

たういさんは絶対スルーするだろうなぁ、と思ってました!笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

全国展開ということで、押しの弱さを心配していたのでが、
しっかりと煮干の旨味が効いたスープで満足することが出来ました。

しっかりと煮干の旨味を強調しながら、
動物系の厚みで物足りなさを感じさせず、
バランスと大胆さの融合が絶妙な一杯でした。

> たういさんは絶対スルーするだろうなぁ、と思ってました!笑
彼は絶対に食べませんねw 節系には慣れてきたようですが、
残念ながら煮干には未だ抵抗があるみたいなので…(苦笑)

そろそろ慣れてきてイケそうな気もしますけど!
敢えて煮干系のレビューが読みたいと思ってしまいます(笑)

管理者のみに表示

トラックバック