ヤマダイ「ニュータッチ 九州じゃんがら東京とんこつ」



「堅あげポテト 黒みつきなこ味」を食べました。少し焦がしたようなホロ苦さの残る黒蜜の上品な甘味と、黄な粉の芳ばしさの相性は疑う余地もなく、堅あげポテトで和風な甘じょっぱさというのには新鮮味を感じました。取り分け軽く焦がしたような黒蜜の芳ばしさが印象深く、そこへ重なるように馴染んでくる黄な粉の芳ばしさが相乗効果を生んでいて、そのバランスが絶妙だったんですよね。意外にも堅あげポテトと合っていたし、味もクセになるタイプだったのが嬉しかったです。初めて見たしブログの冒頭ネタくらいにはなるかー、程度の軽い気持ちで買ったので、嬉しい発見でした。今の内に何個か買っとこw(予想以上にハマった模様w)

さて、本日の一杯は、ヤマダイの「ニュータッチ 九州じゃんがら東京とんこつ」です。第一弾の「辛とんこつラーメン(からぼん)」は食べ損なったのですが、第二弾の「熊本風とんこつ(こぼんしゃん)」は、自分的に高評価だったんですよね。ちなみに今回の第三弾は、お店の人気一番メニューの再現だそうです。前回の熊本風が美味しかったので、ちょっと期待してるんですけど、パッケージにある「マイルド」の文字に懸念が…。たしかに前回もベースはマイルド系だったし、そこから黒マー油を抜いた感じなのかなぁ…。だとしたら、ちょっとヤバいかも…w





は、「豚骨ラーメンらしさを麺質で再現した本格細ストレート麺」とのこと。第二弾は熱湯90秒だったんですけど、今回は熱湯2分のノンフライ麺になってますね。「凄麺」シリーズの常時販売品「熟炊き博多とんこつ」が、たしか五代目にリニューアルしたとき、熱湯90秒から熱湯2分のノンフライ麺に変更されたので、そこからの汎用だと思います。相変わらず完成度が高いですね。博多系の細麺は硬めで食べたいのと、撮影時間の逆算もあって、最初からフタを全部剥がして調理したので、おそらく熱湯を注いでから90秒くらいで食べ始めたんですけど、さすがに硬すぎましたw 普段から豚骨ラーメンの博多系極細ストレート低加水麺はバリカタ指定がデフォだぜ、って人は早めにフタを開けても大丈夫だと思いますけど、最短でもフタを開けるまで90秒は我慢した方がいいかもしれません。2分以上経ってからの方が食感は自然でした。表面は滑らかだったし、ザラついた舌触りや特有の粉っぽさこそ明星食品には劣るものの、完成度は折り紙付きだと思います。細さの割に時間経過による劣化が緩やかで、最後までパツパツとした歯切れの良さと、少し硬めの歯応えが持続してくれていたのが良かったです。ただ、今回のスープには豚骨らしい特徴や個性が至極控えめだったので、麺の持つポテンシャルを発揮できていないようにも思えました。麺自体の完成度は高いので、ちょっと勿体無かったです。

スープは、「本格的で風味豊かな味わいのとんこつエキスをベースに、たっぷりの野菜、鶏がらを合わせ、繊細なあっさりマイルドなとんこつに仕上げ」たとのこと。パッケージにも製品説明にもマイルドとは書かれてますけど、いやもう “超” が付くほどのマイルド豚骨ですw いや、マイルドを通り越して旨味が…(苦笑)私は元来、豚骨スープには特有の癖や豚骨臭を求める傾向にありますが、あっさりとした豚骨スープも嫌いではないんですよ。ただ、さすがに軽過ぎませんかね…これ。まさにノンくっちゃい系の鑑w 個性が無いだけならまだしも、コクも旨味も欠けているような印象で、肝心の豚骨感が希薄。いや、実際のラーメン屋さんでは角煮とか明太子とか、いろいろトッピング出来るみたいなので、様々なトッピングとスープが合うようにベースは控えているというか、トッピングが入ることを前提に敢えて大人しめにしてて、こんな感じのアッサリとした豚骨味なのかなー、とも思ったんですけど、希薄な豚骨感をサポートするような素材も見当たらず、この状態で食べなければいけないカップ麺だと核が抜けたまま、みたいな。実際のラーメン屋さんの味を知らないので、あまり偉そうなことは言えませんが、知らないからこそ単純にカップ麺の豚骨味として見て場合、あまりに物足りなさの否めないスープでした。何かしら個性の強い具材を各自でトッピングしろってことですかねw

かやくは、「チャーシュー、小ネギ、ごま、別添『カピタン』」とのこと。チャーシューは200円オーバーの製品にしてはチープな印象ですが、脂身の部分は甘味があってジューシーで、なかなか美味しいチャーシューです。寿がきや食品は論外としてw 東洋水産やエースコックが取り敢えず入れてくる味付濃いめの薄いチャーシューより美味しい肉具材でした。ちなみにチャーシューだけ先入れして、小葱と胡麻は独断で後入れしたんですけど、小葱は後入れすることで風味が際立ち、胡麻の芳ばしさは大人しいスープの中で特に目立っています。というか、スープの豚骨よりも胡麻の風味が目立っていたw 別添の「カピタン」は、フライドガーリックのことみたいですね(何で「カピタン」って言うんだろ…)フライドガーリック特有の確かな主張がスープにパンチを与えていて、非常に効果的でした。今回、この子に随分と救われてますね。でも如何せんスープが頼りなかったので、この倍は欲しい感じだったんですけど、それでもカピタンだいぶ頑張ってたと思いますw

(標準は★3です)

うーん、自分の好みは評価対象から外してるつもりなんですけど、それを差し引いても本当に個性が無さ過ぎて、ひとつのカップ麺としてイマイチだと思ってしまいました。ベースの豚骨感が控えめ過ぎるし、フライドガーリックは兎も角、胡麻の方が目立ってるってどうよw みたいな。悪く言うと薄っぺらさがお店の個性なのかもしれませんが、お店のラーメンを知らない身としては、ひとつの再現カップ麺としての価値が見出せず、これなら常時販売品の「熟炊き博多とんこつ」を買った方が確実だよなぁ…と思ってしまいました。その「熟炊き博多とんこつ」も度重なるリニューアルによって、以前と比べて随分と大人しくなっちゃいましたけど…でもメーカーの希望小売価格は210円と同じ価格設定ですし、個人的には凄麺シリーズの豚骨をオススメします。このメニューとは対極にある「ぼんしゃん」や、他にも「じゃんがらみそ」「むぎちゃん」「レッドじゃんがら」などなど、まだ他メニューの再現も続きそうなので、第四弾は今回のマイルド系に相対すると言われている「ぼんしゃん」を食べてみたいです。やっぱりマイルド豚骨との相性が根本的に悪いのかなぁ…もし★2の原因が単純にそれだとしたらゴメンナサイ(汗)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ニュータッチ 九州じゃんがら東京とんこつ
製造者:ヤマダイ
内容量:108g (めん60g)
発売日:2016年2月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4903088011615

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯2分
小袋構成:3袋 (ふりかけ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) あたり

エネルギー:364kcal
たん白質:12.4g
脂質:10.8g
炭水化物:54.4g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.3g)
(スープ:2.5g)

(食塩相当量:7.1g)
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:6.4g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、糖類、食塩、チキンエキス、ニンニクペースト、たん白加水分解物、植物油脂、香辛料、オニオンパウダー)、かやく(味付豚肉、フライドガーリック、ごま、ねぎ、糖類)、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、クチナシ色素、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://newtouch.co.jp/detail/detail.html?itemid=242

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
あら~・・・(・∀・)
こりゃまた、とても残念な結果でしたね。
自分、正直この製品かなり捜したんですが、
見つけたのが翌週だったんですよ、
なのでまた不良在庫になりそうで泣く泣くパスしたんです。

自分も熊本風とんこつ(こぼんしゃん)は高評価だったので
捜したわけです。
で結局見つけたのが遅れて正解だったのか・・・ (^_^;)

じゃんからはカップのこぼんしゃん食べて東京でわざわざ店に
行ったくらい(行列で食べれなかったww)ですから、
今回の結果がひじょうに意外で残念です。

たしかに画像のビジュアルも平面的で単調、あっさりに見えますね。
Re:たういパパ
> で結局見つけたのが遅れて正解だったのか・・・ (^_^;)
回避して正解だったと思います!笑

これ多分、パパも「・・・?」だと思いますよ;

冷めてからスープを飲んでみたら
それなりに豚骨っぽさは感じられたのですが
そんな状態で感じても時すでに遅しですからね…w

個性の無さが店の個性と言われればそれまでですけど、
それってカップ麺としてどうなのよ…と思ったので、厳しめに。

でも今回は方向性がマイルド一辺倒だったようなので
次回はコッテリか味噌系の再現に期待したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック