明星食品「明星 長田本庄軒 ぼっかけ焼きそば」



本日の一杯は、明星食品の「明星 長田本庄軒 ぼっかけ焼きそば」です。「長田本庄軒」最初は神戸にある老舗店とのコラボ商品だと思ってたんですけど、「株式会社トリドール」(「丸亀製麺」などが有名)が展開しているチェーン店だったんですねw 関西では馴染みの深い「ぼっかけ」ですが、牛スジ肉とコンニャクを醤油や味醂で甘辛く煮込んだ料理で、お好み焼きに入れても良し、たこ焼きの具材にしても良し、ぼっかけうどんにしても良しと、結構レパートリーの幅を広げてくれる料理なのですが、単品でアテにしても最高なんですよねw 基本的に粉もんとの相性が良いので、仕上がりが楽しみです。ちなみに “神戸で作った” とパッケージには記載されているのですが、ちゃんと西日本明星(株)神戸工場にて製造しているらしいですよ。それからこれは完全に余談なんですけど、商品名の表記が「焼そば」じゃなくて「焼きそば」なのが妙に気になりましたw たまーに送り仮名の “き” が入るんですよね。入ったり入らなかったり…何か定義でもあるのかな?





めんは、「しっかりとした食べ応えの油揚げ太麺」とのこと。熱湯5分の太麺で、ちょっとゴワゴワした感じの無骨な油揚げ麺だったんですけど、甘濃い味付との相性が良く、関西のB級グルメ感に合っているというか、うん。モチモチとした粘り気よりも粉っぽさを感じるような舌触りで、なんかこう、「粉もん!」みたいなw その漠然としたイメージが製品の雰囲気に合っていたので、ワイルドな無骨さや粉っぽさを自分は素直に楽しめました。麺量も120gと大盛仕様で、食べ応えがあって良かったです。ただ、甘濃い味付と無骨な食感と量的なことが相俟って、どうしてもゴワゴワ大盛に途中で飽きが来る感じだったので、アオサや紅生姜、一味唐辛子やブラックペッパーなど、アクセントになるような小袋が入ってると嬉しかったです。無論、ビールの清涼感に手伝ってもらうのも攻略法のひとつでしょうw

ソースは、「ウスターソースと中濃ソースをベースに、スパイスミックス(シナモン、クローブ、ナツメグ、ローレルなど)を加え、マンゴーチャツネで果物の甘さを効かせた甘濃い液体ソース」で、「ぼっかけの甘さや濃厚さを再現し」たとのこと。ベースのソースも確かに濃い目ではあるんですけど、フルーツの甘味を効かせながらもソースの方向性はシャープな路線で、油脂成分も少なく、ややコクが不足しているというか、部分的に欠けているような印象を受けます。ただ、その欠けた溝が功を奏していたんですよね。物足りなさを感じた溝にレトルト具材の味付がピッタリとハマることによって、ひとつの味として完成するような仕上がり。あくまでもベースはソース焼そばの味付なんですけど、ぼっかけの甘濃い味付と牛スジ肉から滲み出た旨味が絶妙に絡み合い、お互いの主張が手を取り合うようなバランスにあって、ソースの風味とレトルト具材の味付が何の違和感もなく調和していました。ぼっかけ具材を入れてから再度しっかり混ぜて、全体に味を馴染ませてから食べるのが正解なんだと思います。兎にも角にも、そのレトルト具材の完成度が異様に高かったんですけど、詳しくは次の項目で。

かやくは、「牛スジ肉とこんにゃくを甘辛ダレで煮込んだレトルトかやく」と、「ほんのり甘い色鮮やかなキャベツ」とのこと。このレトルト具材が何と言っても今回の売りなんですけど…とにかく完成度が秀逸! カップ麺用に開発されたレトルト調理品というレベルは軽く超えていて、湯煎して小皿に盛って青葱でも散らしたら、立ち飲み屋の一品メニューとして何の問題もなく提供できそうなクオリティにあります。ほんと、これ単体でアテに出来ますよw 牛スジ肉はトロトロに柔らかくなるまで丁寧に煮込まれていて、しっかりと牛スジ肉の持つ旨味が感じられ、不自然さも皆無と言って差し支えない再現度の高さ。さらにコンニャクも実に自然でリアルな食感と風味を感じさせてくれるもので、こちらもカップ麺の具材とは思えない完成度の高さです。「オタフク」がレトルトの「専門店の味 牛すじコンニャク煮」という商品を出してるんですけど、あれに匹敵するレベルなんじゃないですかね。キャベツは何の変哲もない至って平凡な具材でしたが、相性としては申し分なく、きちんと役割を果たしていました。もうちょっと多いと嬉しかったです。

(標準は★3です)

希望小売価格は税抜258円という強気な設定ですが、あまりにもレトルト具材のクオリティが高かったので、全く以て頷ける値段設定でした。レトルト具材を売りにしながらも全体のバランスが緻密に計算されていて、大盛太麺にレトルト具材で食べ応えもバッチリ。ただ、そのままだと後半は飽きてくると思うので、ぼっかけのイメージ的に輪切りにした青葱なんかを添えたら間違いなく合うでしょうし、自分は途中から一味唐辛子と粗挽きの黒胡椒で引き締めたんですけど、それはもう当たり前に相性抜群で美味しかったですw 標準装備されてたら★5かな。ことレトルト具材に関しては、ほんと手放しに楽しめるようなクオリティの高さだったので、ぼっかけ具材を食べる為だけに買う価値がある、と言っても過言ではないと思います。兎にも角にも、このレトルト調理品は今後も大きな武器になると思うので、次はアクセントになるような要素を別添して飽きさせないようにするとか、色々と工夫を凝らしながら定期的に開発して、年に1度のペースで販売してもらいたいですね。全体の雰囲気としてはB級なのに、なんかちょっとバブリーなカップ麺でしたw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 長田本庄軒 ぼっかけ焼きそば
製造者:明星食品
内容量:190g (めん120g)
発売日:2016年2月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:258円 (税別)
JANコード:4902881404792

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:780㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体ソース・ぼっかけ具材)

~標準栄養成分表~

1食 (190g) あたり

エネルギー:616kcal
たん白質:12.3g
脂質:17.6g
炭水化物:102.1g
ナトリウム:2.6g
ビタミンB1:0.51mg
ビタミンB2:0.75mg
カルシウム:226mg

(食塩相当量:6.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉)、かやく(味付こんにゃく、味付牛すじ肉、キャベツ)、ソース(ソース、糖類、食塩、植物油脂、香味調味料、ラード、醸造酢、マンゴーチャツネ、香辛料)、加工でん粉、カラメル色素、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、かんすい、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、水酸化カルシウム、香辛料抽出物、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、オレンジ、大豆、豚肉、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・牛肉・大豆・りんご・オレンジ

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4920

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ぼっかけと大阪で言うどてやきって違うもの?同じ物?
大阪のどてをイメージしてしまったのでちょっとあれっ?
って感じでしたが、レトルト具材としてとても良く出来ていたと思います。
問題はのっぺり甘い後半の単調さでしょう。
何かの味変の準備が絶対必要だな・・と感じました、
No title
お疲れ様です♪

このぼっかけだけでも美味しそうですね(*´ω`*)

今夜は旅先のコンビニで見つけた
『北海道限定どん兵衛親子そば』に挑戦します♪
No title
この具材はスゴイですねぇ...
オレも見つけたら、買ってみよう...

僕も「焼そば」と「焼きそば」の
違いの定義が知りたいですわ...

多分、意味はないんでしょうけど...
Re:たういパパ
> ぼっかけと大阪で言うどてやきって違うもの?同じ物?
「土手焼き」は基本的に味付の主体が味噌ですよね?
「ぼっかけ」は醤油と味醂が味付のメインになってるんですよ!

たしかに味噌ベースの土手焼きをイメージして食べたら、
どうしてもイメージとのギャップが生まれてしまいますよね(苦笑)

もともと自分は馴染みがあったので想像通りでした!
いや、想像よりも実際は甘味が強かったんですけどねww

> 問題はのっぺり甘い後半の単調さでしょう。
そうそう、ここがポイントになってきますよね。
家で食べるのが前提なら自分で何とでも出来ますけど、
やはりカップ麺、そういった配慮も欲しいところです。
Re:くま子さん
お疲れ様です!

レトルトぼっかけ直接いくと
単体で食べるには結構な甘口だったので、
一味唐辛子と青葱をトッピングしてあげれば
あっという間に一品メニューになると思いますよ。

ほんと、カップ麺のレトルト具材という域を超えていたw

> 『北海道限定どん兵衛親子そば』に挑戦します♪
当ブログで唯一記事に出来なかった「北のどん兵衛」ですw
食べたら是非ぜひ感想を聞かせてくださいね! 楽しみにしてます♪
Re:ハシダ・メンさん
牛スジ肉とコンニャクのリアリティがハンパなかったですw

ただ、甘さから後半は単調になってくるので、
途中で一味唐辛子のアクセントは必須だと思いますよ。

そんなこと私に言われなくても「鬼」は強制出動でしょうけれどw

> 「焼そば」と「焼きそば」の違い
> 多分、意味はないんでしょうけど...
多分、大した意味はないでしょうねw

今回は実際のメニューに合わせたのかな?
こういうの気にしだすと気になってしまって…w
No title
おはよございます~~

これあたしも食べた。。
でも~~なんかイマイチだったなあ。。
なんか想像より(勝手な想像)薄かったし。。
麺にソースが上手く絡まないような。。
半分ほどで飽きちゃいましたわ。。
具はレトルトでしたね。。。
でもFDとかで再現してほしかったな~~~

くま子さんの「北海道限定 親子そば」
買ってあったんですけど。。。
夫に食われちまっただよ~~。。

Re:まう姐さん
こんばんは!

あらら…母ちゃん的にはイマイチでしたか;

味が薄かったですか?
自分は逆に濃いと感じたんですよねw

ただ、半分くらいで飽きてくる、というのは同じ意見で、
やっぱり途中で味変が必須のカップ麺だと思います。

> でもFDとかで再現してほしかったな~~~
牛スジ肉は兎も角コンニャクまで
フリーズしちゃうのはヤバくないですか…?
水分が抜けちゃってスカスカな食感になりそう(苦笑)

自分はレトルト調理品よりも乾燥具材が好きなんですけど
今回に限っては素直に印象が良かったです!

> くま子さんの「北海道限定 親子そば」
> 買ってあったんですけど。。。
> 夫に食われちまっただよ~~。。
あら…お互い北のどん兵衛の蕎麦に恵まれませんね(苦笑)
旦那さんの感想も是非お聞きしたいです!笑
No title
takaさん、こんばんは!

レトルト具材の完成度があまりに素晴らしい一方で、
食べているとどこか後半に飽きも来てしまうという、
その点でちょっと迷うところのあるカップ麺でしたね!

でもこれだけの具材があるなら生かさない手はないですし、
自分でねぎ、一味、あるいは和山椒なども用意することで、
そのポテンシャルを生かすのが正しい食べ方でしょうね!

実際そうして食べている人もけっこういそうに思いますし!(=゚ω゚)

でもって、スーパーでもそこそこ多く販売されているので、
定価よりもそこそこ安く買えるのもありがたいですね!

ここまでレトルト具を生かしたカップ麺はあまりないですし、
レトルト具とカップ麺のあり方を切り拓くきっかけにもなってほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

ぼっかけ具材の完成度は秀逸だったんですけど、
ちょっと単調さの否めないところが残念でしたね。

セルフトッピングで何とでもなりますけど!

でもやっぱりカップ麺としてみた場合、
自分で手を加えずに完成系であって欲しいですから。

葱,一味唐辛子,山椒は間違いなく合いますね!

自分の付近ではスーパーでも定価に近かったのですが(笑)
販路がコンビニ限定じゃないのは嬉しいポイントです。

レトルトに振り切った印象は清々しかったので
今後も良い意味で極端なカップ麺を期待したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック