エースコック「ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン」



「ポテトチップス ゴマヨぽん味」を食べました。胡麻の芳ばしさが強めにあって、マヨネーズがコクを深め、ポン酢を思わせる酢と柑橘系の酸味が爽やかさを演出。と、そのまんまな味だったんですけどw 食べる前は胡麻のイメージを胡麻油とか胡麻ダレ系なのかなー、って勝手に想像していたので、煎り胡麻っぽいシンプルな芳ばしさを立てていたことが自分的に意表でした。味的に一味唐辛子か七味唐辛子を入れて、ブロッコリーとかディップさせたい感じですねw 茹でたブロッコリーにはマヨネーズ+醤油+七味唐辛子を付けて食べるのが我が家のデフォルトなんですけど、ポン酢もアリだなー、と思いました。ちなみに「味ポン」は少し苦手で、家にあるポン酢は絶対的に柚子ポンなんですけど、基本は「馬路村」の “ぽん酢しょうゆ” で、ちょっと特別な日には「魚重寿司」の “頑固おやじの手作りこだわりポン酢” というポン酢を使っています。お値段は張りますけど、オススメですよ。相変わらず途中で本題がシフトしてますが、このブログの特徴(?)でもありますよねw

さて、本日の一杯は、エースコックの「ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン」です。第1弾は「和歌山」の中華そばがテーマになっていて、スタートダッシュで若干つまずいてしまったような印象を受けた「ご当地くいだおれ」シリーズですが、第2弾のテーマは「博多」ということで、これまた大盛のイメージとは結びつかない微妙なチョイスw やっぱり博多の豚骨ラーメンと言えば、大盛よりも替え玉のイメージが強いですからね。あと、最近のエースコックが作る豚骨系のスープは、どうも小手先の演出で濃度を誤魔化しているようなイメージが強いので、今回のように正統派な豚骨がテーマだと、どうしても不安に思ってしまう部分があります。でも、同社の「博多でみつけた 背脂とんこつラーメン」は結構好きなので、そのイメージに近いと嬉しいなー、なんて思ったり。そんなことは皆さんにとってどうでもいい事なので、さっさとレビューしたいと思いますw





めんは、「滑らかでしっかりとしたコシを持たせた丸刃のめん」で、「博多豚骨ラーメンらしい臨場感あるめんを、大盛りで仕上げ」たとのこと。この手の麺は明星食品の十八番なので、さすがに比べてしまうと見劣りしてしまう部分はあったものの、きちんと博多麺を意識したぞ、という姿勢は感じられますね。中心部に芯の残るような噛み応えと低加水麺らしい歯切れの良さがあって、細さの割に時間経過による劣化が緩やかだったのが大きなポイント。大盛商品にという立ち位置からも大きな加点要素となっていて、最後まで歯切れの良さを楽しめたのが嬉しかったです。どちらかというと滑らかさよりもザラついた舌触りを意識して欲しかったのですが、それっぽいザラつきは多少なりとも感じられました。独特の粉っぽさなんかは明星食品の足元にも及びませんが、明星食品の低加水系ノンフライ麺は全メーカーの中でもトップクラスと言える別格の麺なので、そもそも比べるのは間違いなのかもしれませんw 麺量は78gと一般的な大盛カップ麺の平均(1.5倍)よりも控えめですが、細麺だからか麺量以上の食べ応えを感じました。きちんと豚骨ラーメンらしい雰囲気の感じられる細麺で、印象が良かったです。替え玉のイメージが強い博多のラーメンで、やはり大盛というのには違和感ありますけどねw

スープは、「豚骨らしいやや臭みのあるポークエキスをベースとし、アクセントとしてジンジャーや胡椒をバランスよく配合した豚骨スープ」で、「骨の残渣感のある液体スープを加えることで、より本格的な豚骨ラーメンに仕上げてい」るとのこと。おおっ、なかなか正統派な豚骨スープじゃないですか。昨今、エースコックの作る豚骨スープと言えば、やれポークコラーゲンだ、おからパウダーだ、みたいな印象が強くありましたが、今回はポークコラーゲンが入りながらもコラーゲン頼みのスープではなく、若干ながら豚骨臭なんかも漂っていたりして、きちんと骨っぽさを感じられたのが好印象。鶏エキスやクリーミングパウダーなんかも使用されていますが、あくまでも下支えに過ぎず、きちんと豚骨らしさを中心にしていることが分かる仕上がりで、 “やや” と製品説明にもあるように、あくまでも臭みは良くも悪くも癖のないタイプなんですけど、そういった部分をメーカー側が意識してくれたことに好感が持てました。ディープ派としては、もっと臭いのでもウェルカムなんですけどねw 長浜系のスッキリ豚骨に骨っぽさと軽めの獣臭がパンチを添えていて、ジンジャーと胡椒のアクセントも効き過ぎず、なかなか本格的な豚骨スープに仕上がっていました。ただ、大量の葱がスープに影響してくるので、その兼ね合いがポイントになってくるでしょう。詳しくは、次の項目で。

かやくは、「食べ応えのある焼豚をメインに、香ばしいごまと食感の良いキクラゲ、後入れかやくとして風味の良い九条種のねぎ」とのこと。焼豚は特筆すべき要素のない汎用的なもので、価格帯を考えるとチープさの否めない肉具材だったんですけど、サイズは一回り大きめで、カップ麺的な焼豚としては美味しかったです。今回はスープに本格感があったので、それを考慮すると頷ける感じでした。胡麻の香ばしさは正統派な豚骨スープと相性が良く、食感の良いキクラゲも同様に。で、大きなターニングポイントになってくるのが、この大量に入ってる乾燥葱ですよ。スープの項目でも触れましたが、後入れかやくの葱は量が多く、最初に全投入してしまうと折角の豚骨感が鳴りを潜めてしまうかもしれません。乾かされた葱はリアルな葱とは違う独特な風味に変わっていますし、今回は量が量なので、なかなかに主張が激しいんですよね。麺を食べてもスープを飲んでも決して避けることの出来ない確実な存在感から、気になってしまう人もいるでしょう。自分は乾燥葱特有の風味も嫌いじゃないですし、直球勝負の豚骨ラーメンには葱だけでいいと思っている人種なので、イメージ的にも好印象だったのですが、最初は葱を入れずに豚骨スープを楽しみ、それから様子を見て調節しながら入れるのが吉だと思います。

(標準は★3です)

エースコックの豚骨ということで、実食前には懸念があったんですけど、なんのなんの。想像以上にスープには骨っぽさがあって、満足度の高い豚骨ラーメンに仕上がっていました。ただ、スープや具材の項目でも触れたように、後入れ葱の存在感が強いので、いきなり全投入して混ぜちゃったら、豚骨の風味が葱に喰われてしまうかもしれません。自分は撮影の為に全投入しましたが、後入れかやくを入れてからは大きく掻き混ぜず、前半は葱を避けながら食べて、途中から少しずつ絡めるようにして食べました。後入れかやくは少しずつ様子を見ながら入れて、豚骨感を殺さないように調節するのが美味しく食べるポイントになってくると思います。自分は乾燥葱特有の風味は割と好きなので、たっぷり葱は素直に嬉しい項目だったんですけど、乾燥葱特有の風味が気になる人は厳しいかもしれません。のっけから後入れかやくを全投入したらアンバランスな印象を受けてしまうかもしれませんし、博多豚骨なのに大盛という部分には違和感が無きにしも非ずですけど、きちんとコンセプトの食べ応えがあって、ベースの豚骨スープも価格帯に見合った価値の見出せるラインにあったので、そういった部分を高く評価しての総評です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン
製造者:エースコック
内容量:113g (めん78g)
発売日:2016年2月15日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:260円 (税別)
JANコード:4901071211400

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯2分
小袋構成:4袋 (後入れ粉末スープ・液体スープ・かやく・後入れかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:436kcal
たん白質:14.9g
脂質:13.3g
炭水化物:64.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.2g)
カルシウム:238mg

(食塩相当量:7.4g)

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維、植物油脂、卵白粉)、スープ(鶏・豚エキス、豚脂、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖、発酵調味料、香辛料、ポークコラーゲン、香味油、たん白加水分解物、クリーミングパウダー)、かやく(焼豚、ごま、ねぎ、キクラゲ)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、香料、酒精、かんすい、乳化剤、重曹、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、カラメル色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1602_GXOH.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
第2作めですが、前作の和歌山とはきっちり内容を変えてきているのは
好感が持てます。
麺も雰囲気もいいですね、ビジュアル的に九州系ですやん。
やっぱりちょっと湯戻し早め切り上げがいいのかな?
大量のネギがスープのジャマをするとは意外な結果ですな。

>エースコックが作る豚骨系のスープは、どうも小手先の演出で濃度を誤魔化しているようなイメージ
ハハ、極どろが代表選手?ww
あれに代表されるそういうイメージは自分もよくないなぁ~。
Re:たういパパ
これ、かーとさんの所では厳しい評価だったんですよ(苦笑)

あらかじめ情報を得ていたので、自分は葱の主張に気を付けながら
食べることが出来たんですけど、最初に葱いってたら低評価だったかもしれません。

個人的に「和歌山」よりも印象は良かったですし
葱の主張にさえ留意すれば完成度の高い一杯だと思います!

ちなみに麺は完全な低加水系とは少し違っていたし、
意外と耐久性もあったので、2分ちゃんと待ったほうがいいかと。

> ハハ、極どろが代表選手?ww
まさに!w そのイメージの中で「極どろ」はエースですねw

それも割り切れたら楽しめなくもないんですけど、
でもやっぱりちゃんと動物系の要素を大切にしてもらいたいです。
○ねぎ 1RTKO(0:10) かーと●
takaさん、こんばんは!

これは・・・あの大量ねぎで一発ノックアウトしてくれたやつですね(;゚ω゚)

一口目にねぎを絡めながら食べて一気に圧倒され、
気付いたときにはスープの風味もねぎ一色になり、
食べ方を工夫する間もなく終わった記憶があります;

ただ、ねぎ以外にはこれといった欠点がなかっただけに、
食べ方次第で何とかなるポテンシャルは持ってましたし、
工夫したことで印象が良くなっても不思議ではないですね!

比較的ライトな豚骨ながらもギミック頼りではなかったですし、
豚骨臭をそこそこ感じさせてくれるスープでもありましたからね!

最初にねぎをスープとまぜたりすると自爆してしまいますが;

スープそのものは「和歌山」よりもよくできていましたしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
このシリーズは食べたことがないなぁ...
コンビニで見かけたことはありますが...

「麺大盛り」というタイトルで
イメージダウンしてしまうんですよね...

結構評価が良さげじゃないですか...
いつものエースコックの豚骨の方向性とは
違うみたいですし...

今度購入してみますわ...
Re:かーとさん
こんばんは!

> ○ねぎ 1RTKO(0:10) かーと●
かーとさんの記事を見てなかったら
自分も葱にヤられていたかもしれませんw

完成度は初版の「和歌山」よりも上だと思います!

最近のエースコックにしては珍しく(…w)
ちゃんと豚骨だったので、葱を途中で少しずつ加えるか、
どんぶり⅓くらいの場所で密集させておけばイイ感じでした。

麺のクオリティも博多を意識して一定の水準を満たしていたし、
明星食品には及ばなかったものの、大盛で伸びにくいのはメリットで、
きちんと食べ応えというコンセプトが感じられたのも良かったです。

余裕があったら葱に対策を立ててリベンジしてもらいたいですね!
Re:鍵コメさん
な、なんと…ご近所さんでしたか(笑)

お値段は張りますけどオススメですよ!

自分は本店に行ったことはないので、
ぜひ握りなんかの感想をお聞かせ願いたいです。

本店でもポン酢は提供されているでしょうし
機会があったら代わりに調査お願いします!(笑)
Re:ハシダ・メンさん
今回でシリーズ第2弾ですね!

初版の「和歌山」は可も無く不可も無しだったんですけど、
第2弾の「博多」はイイ線いってると思います。

かーとさんが葱にノックアウトされてますけどw
そこさえ気にかけてやれば上等な一杯だと思いますよ!

やはり昔の明星食品が作る豚骨味のようにはいきませんが、
最近のエースコックにしては頑張ってる豚骨味だと感じました。

もし機会があったら感想を楽しみにしていますね!

管理者のみに表示

トラックバック