東洋水産「鶏喰~TRICK~鶏の醤油らーめん」(2回目)



3月も半ばを過ぎまして、運転中にコウノトリを見かけるようになりました。但馬にはコウノトリの人口巣塔があるので、車の運転中に田んぼを見たらコウノトリが、なんて光景も珍しくないんですよね。実際にコウノトリを見たことのある人は分かってもらえると思うんですけど、あいつらデカいんですよw めちゃくちゃ目立ちますw これからも野生復帰に向けて、関係者の方々は勿論、コウノトリたちにも頑張ってもらいたいですね。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「鶏喰~TRICK~鶏の醤油らーめん」です。前回はタテ型カップでしたが、どんぶり型になって再登場。今回もファミリーマートの専売品なんですけど、ファミリーマートのHP上では目立ったリリースが見当たりませんでした。ここ最近、ファミリーマートの専売カップ麺って然りげ無く新商品が出てくるので、友人のブログで初めて知ることが多いんですよね。前回のタテ型が美味しかったので、より本格的になったであろう仕上がりに期待しています。





は、東洋水産らしい縮れの付けられた細めのノンフライ麺で、これといって変わった個性を感じさせてくれるようなタイプではなく、言ってしまえば非常に中庸的なノンフライ麺なんですけど、今回の王道路線にある鶏清湯スープとの相性は申し分なかったし、食感も風味も一定の水準を確保。5分も待って大丈夫? くらいの細さなんですけど、細さの割に密度が高く、きちんとコシがあって、経時劣化耐性も比較的高めなので、フライングはしないほうがいいでしょう。東洋水産の作るカップ麺では登場頻度が高い傾向にあるタイプのノンフライ麺ですが、しっかりとした小麦の風味が好印象で、麺の縮れに違和感のないスープであれば(極細ストレート低加水麺の合う博多系の豚骨ラーメンとかじゃなければ)割と万能麺なのかもしれません。麺の表面をコーティングして上がってくる鶏油の香りや、スープの醤油感と麺の風味が合っていて、素直に楽しませてくれるようなバランスでした。

スープは、派手さがなく、まさに王道の鶏清湯と言える味わいですね。動物性の原材料は鶏のみに絞られていて、構成も非常にシンプル。それが味としても出ているのですが、表面に浮かぶ鶏油の芳ばしさが適度なパンチを与えてくれていて、それでいて主張し過ぎない絶妙なバランス。しっかりとベースにも鶏の旨味や甘味を思わせるコクがあって、醤油の風味にも若干のクセを感じるような輪郭があるんですけど、確かな動物性のコクから闇雲に鋭利なイメージは与えません。きちんとした鶏の旨味と、醤油の良い部分を素直に感じられるバランスに好感が持てました。鼻腔を擽る鶏油の芳ばしさに、じんわりと舌に拡がる鶏の旨味、そして後口に香る醤油のキレなど、シンプルだからこそ誤魔化せない路線だと思うのですが、ひとつひとつの仕事が丁寧なので、滋味深く奥行きのあるスープに仕上がっています。珍しく魚系の要素が含まれていないのも個性のひとつだと思うのですが、そっと昆布が然りげ無く旨味をサポートしていて、真っ直ぐに鶏と向き合い、王道を地で行くような鶏清湯スープでした。おそらく実際のラーメン屋さんでも鶏の持つ旨味を丁寧に引き出し、それをストレートに楽しませてくれるようなスープで迎えてくれるのでしょうね。味の方向性はタテ型の時と同じですが、ノンフライ麺になったことで油揚げ麺特有の雑味が無くなり、より洗練されているようでした。

具材は、味付鶏肉だんご、味付チキンダイス、葱、海苔ですね。タテ型の時にも2種類の肉具材が入ってたんですけど、挽肉が団子に変わったのは確実なバージョンアップです。東洋水産の味付鶏肉団子は基本的に優秀ですが、今回も例に漏れず高品質な肉具材。ふんわりとした食感に鶏らしい旨味も感じられ、味付も程よく、存在感があって素直に嬉しい肉具材でした。味付チキンダイスは鶏の旨味がギュッ、と詰まっているような味わいで、鶏肉らしい繊維質を感じさせてくれるような歯触りなんですけど、食感としては意外にソフト。鶏団子とは食感や風味が明らかに違いますし、その個性の違いが互いの存在感を確立していて良かったです。鶏肉団子と手を取り合って、全体的な鶏の要素を色濃くしてくれていました。葱も飾りではなく具材系で、海苔はスープに浸して麺と一緒に食べたら美味しかったです。

(標準は★3です)

まさに「鶏」を「喰」というイメージにピッタリのカップ麺ですね。スープは王道の鶏清湯と称したくなるような仕上がりで、このラーメンが苦手な人っていないんじゃないのかな、とさえ思いました。まさに奇を衒わない直球勝負の鶏清湯なんですけど、シンプルだからこそ誤魔化せない鶏の旨味と絶妙な鶏油の効かせ方が印象的で、醤油の良い部分だけを抽出したような醤油感も好印象。王道の味わいでありながら、物足りなさは全くと言っていいほど感じなかったし、麺は汎用的でも基礎クオリティが高く、取り合わせとしての相性も良くて、具材も2種類の肉具材を筆頭に価値が見出せる構成で、その三者が目指している方向性がピッタリと一致。実直に鶏を中心に据えた醤油ラーメンとして、確かな質の高さを感じました。鶏ベースの醤油ラーメンが好きなら間違いない一杯だと思いますし、王道の味には刺激が足りなくて飽きてるんだよなぁ…って人にこそ、原点回帰という意味合いを込めて食べてもらいたいような一杯です。ベースの鶏、絶妙な鶏油、醤油感のバランスも秀逸だったし、タテ型の時からのイメージを裏切らない完成度の高さでした。ちょっとメーカーの希望小売価格と取得価格が分からなくて、コスパ的な評価が出来ないので、今回の総評(★の数)は単純に味で言えばということでどうかひとつ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:鶏喰~TRICK~鶏の醤油らーめん
製造者:東洋水産
内容量:114g (めん70g)
発売日:2016年2月9日 (火)
発売地区:- (Family Mart)
希望小売価格:-
JANコード:4901990335270

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (液体スープ・かやく・焼のり)

~標準栄養成分表~

1食 (114g) あたり

エネルギー:394kcal
たん白質:13.2g
脂質:12.3g
炭水化物:57.6g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:170mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:394kcal (めん・かやく:301kcal / スープ:93kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物繊維、卵粉)、添付調味料(醤油、チキンエキス、鶏脂、野菜エキス、こんぶエキス、香辛料、砂糖、酵母エキス)、かやく(味付鶏肉だんご、味付チキンダイス、ねぎ、のり)、加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、レシチン、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、増粘多糖類、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
去年のタテ型カップから今年はノンフライ麺使用の
本格的な製品にして発売してきましたね。
やっぱりノンフライ麺はスープの特製をしっかり表現できますね。
ビジュアル的にも美味しそうなスープです。
自分は去年の味の濃さのトラウマ(笑)と同週の他カップ麺のスケジュールで
パスしてしまいましたが、これは食べてもよかったな~ッて感じます。
Re:たういパパ
取得価格が不明なので、ちょっと★付けにくかったです(苦笑)

かなり王道で派手さのないスープだったんですけど、
シンプルイズベストというか、正統派な醤油ラーメンでした。

パパ的にはタテ型版ダメでしたかw

確かに醤油感とかも濃いめにありましたけど、
タテ型の時とは少し違った面持ちでもありましたね。

やはりカップの形状が違うと差は生まれますし、
どんぶり型ならパパも素直に楽しめそうですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:鍵コメさん
いつも冒頭ネタで悩んでいるので
そう言っていただけると嬉しいです!

私のMINIは現行(BMW)なんですよ(笑)

本当はクラシック(BMC)に乗りたかったのですが、
維持の関係や安全面を考慮して、現行に落ち着きました。

> 福知山の入り口のパチンコ屋さんの対面
専門店がありますね! こういう共通した話題で
会話が出来るのが幸せです。いや、本当に(笑)

よく雰囲気をゴーカートなんかに例えられたりしますけど、
現行車でも2シーターは力強くて、なかなか遊べる車ですよ。
No title
takaさん、こんばんは!

これは超王道と呼びたくなるような鶏清湯でしたね!

最近は王道といっても魚介が入るケースなどが多いですが、
これは魚介は入れず補足的に入る要素もほぼ昆布のみと、
ひたすら鶏に注力し、なおかつ味も見事なものでしたね!

最近の東洋水産はこういった正統派に非常に強いですね!

ギミックに頼らず、材料の構成もあくまでシンプルにしながら、
それでいて深みのあるスープを作る技術が光ってますね!(=゚ω゚)

以前は東洋水産のノンフライカップは大人しすぎる印象でしたが、
最近は白湯も清湯もどちらもクオリティが高まっていますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

まさに王道な路線のストレートな鶏清湯で、
このご時世なのに魚介が入らないのも珍しく、
軽く昆布で旨味をサポートしつつ鶏が主体となっていて、
シンプルだからこその魅力が感じられる一杯だと思いました。


たしかに最近の東洋水産は
清湯系や鶏に強い印象がありますね!

本格的でオーソドックスな豚骨味を作らせたら
ややグルタミン酸系の鼻に付くようなクセとかが
自分は気になってしまうんですけど、鶏白湯系のスープや
清湯系のスープは総じて安心できるイメージになってきました。

管理者のみに表示

トラックバック